農林中央金庫 やばい。 よくあるご質問:農林中央金庫

JAバンク倒産か?来年の金融危機でヤバい。農林中金、ハイリスクの金融商品、デリバティブ、CLO、CDS、シャドーバンキング

農林中央金庫 やばい

農林水産業のメインバンクとして、系統独自の融資制度等を備え、わが国の農林水産業の成長産業化、お客さまの成長・発展を金融面だけでなく事業面も含めて支援しています。 農林水産業の担い手に対する金融面等の窓口としては、系統団体(JA(農協)、JF(漁協)、JForest(森組)および連合会等)が中心となって取り組んでいますが、当金庫は、大規模な担い手・系統団体等向けの金融対応等を中心に行っています。 このような農林水産業向けの貸出業務は、当金庫の創立以来、業務の根幹として位置付けています。 加えて、食品産業をはじめ、紙・パルプ製造業、農林水産物の生産資材を製造する化学・機械製造業、農林水産物の流通を担う商社、スーパー、外食産業などのように直接農林水産業に関連する産業はもとより、リース・クレジット、情報・通信、不動産、サービス業など、あらゆる産業向けの貸出業務を行っています。 当金庫が持つ農林水産業の担い手との深いつながり、産業界との長年の取引、国内外とのネットワークを活かし、さまざまなソリューション提供を行うことにより、売上拡大・付加価値向上、生産コスト低減、地方創生・地域活性化に取り組んでいます。 当金庫は、国内最大規模の金融機関の一つであると同時に、国内有数の機関投資家としての側面も持っています。 市場運用資産の残高は約65兆円にのぼり、当金庫の総資産のなかで大きなウエイトを占める重要な運用資産となっています。 当金庫の有価証券運用における基本コンセプトは、「国際分散投資」です。 その狙いは、リスク・リターン特性の異なる複数の資産に分散投資することで、金利上昇局面、株価下落局面など、各局面の単年度でのリスクを最小に抑えつつ、中長期的に安定したリターンを目指すことです。 地域別では、日本・米国・欧州・その他の地域、資産別では、債券・株式・クレジット・オルタナティブ資産といった切り口を軸として多面的な分析を行い、局面に応じた機動的な資産配分の見直しを行っています。 また、投資収益の追求にあたっては、ファンドによる運用も活用しています。 なお、運用委託にあたっては、委託先の運用体制・コンプライアンス体制、運用哲学・戦略、運用成績などの綿密な調査や、運用委託後の定量・定性面でのモニタリングを実施し、委託継続の可否についての検証を常時組織的に行っています。 当金庫の預金の大部分は、会員のみなさまからの預金で占められています。 また、その他の預金も、農林水産業に関連する企業や地方公共団体などの非営利法人からのものがほとんどです。 これは、当金庫が農林水産業者の協同組織の全国金融機関であるという性格によるものです。 JA(農協)やJF(漁協)が組合員や地域のみなさまからお預かりした貯金は、組合員や地域のみなさま・企業・地方公共団体などに融資され、余裕資金が都道府県段階のJA信農連・JF信漁連に預けられます。 これらの資金は、JA信農連・JF信漁連により農業・漁業団体、農業・漁業に関連する企業、地方公共団体などに融資され、余裕資金が当金庫へ預けられます。 当金庫では、系統信用事業の全国機関として、こうして預けられた安定した資金を集中運用しています。 なお、JA(農協)・JF(漁協)・JA信農連・JF信漁連・当金庫では、組合員や地域のみなさまの大切な預貯金を安心してお預けいただくために、国の公的な制度である農水産業協同組合貯金保険制度に加入しています。 JA(農協)・JA信農連・JF(漁協)・JF信漁連および当金庫を構成メンバーとする系統金融機関が共同で運営を行っている「系統決済データ通信システム」を中核に各県を結び、全国約7,800店舗(2019年3月末現在)を網羅する民間金融機関最大級のネットワークを実現しています。 系統の特性を活かした内国為替業務 当金庫は、農林水産業者の協同組織の全国金融機関として系統全体の決済業務機能の拡充に力を注いできました。 なかでも内国為替業務は、消費地と生産地を結ぶ農林水産物の販売代金の決済を行うなど重要な機能を担っており、全国にきめ細かい店舗網を持つ系統の特性を活かして、「全国銀行データ通信システム」を通じ、全国銀行内国為替制度に加盟している銀行などとの内国為替取引を行っています。 CD・ATMのネットワーク 系統金融機関は、「全国農協貯金ネットサービス」、「全国漁協貯金ネットサービス」により、全国規模のCD・ATMネットワークを構築しているほか、業態間のCD・ATMオンライン提携業務の円滑な運営を図ることを目的とするMICS(全国キャッシュサービス)に加盟し、民間金融機関7業態(都市銀行・地方銀行・信託銀行・第二地銀協加盟行・信用金庫・信用組合・労働金庫)とのCD・ATMオンライン提携を実施しています。 これにより、利用者は全国の系統金融機関はもとより、ほかのほとんどの金融機関のCD・ATMを利用した貯金の引出し、残高照会などが可能となっています。 口座振込・振替業務 給与・年金などの口座振込、公共料金などの口座振替業務については、「系統決済データ通信システム」とJA(農協)・JF(漁協)各々の全国統一システムとの連携により、大量の各種口座振込・口座振替データを迅速に処理しているほか、「全国銀行データ通信システム」と接続し、ほかの金融機関とも給与振込などのデータ授受を行っています。 2019年3月末現在の内国為替取扱組織数・店舗数を表示しています。 国内外取引先などとのネットワーク 当金庫は、系統の決済ネットワークのほか、総合オンラインシステムを中心にお取引先などとのネットワークを形成しています。 系統団体などのお取引先に対するファームバンキングによる振込サービスなどの提供、本店・海外支店と海外金融機関との決済におけるSWIFT(国際銀行間データ通信システム)の利用なども行っており、多様化・高度化する業務に対応しています。

次の

「消える農協」はどこだ?JA赤字危険度ランキング【ワースト100】

農林中央金庫 やばい

住専問題、そしてサブプライムローン問題で大きな痛手を被り資本注入を受けた農林中金 その農林中金が、また同じような失敗をするのではないか?と、市場の一部で囁かれています。 問題の中心になっているのは、ローン担保証券 CLO。 農林中金は、この所有比率が非常に高く、システミックなリスクに耐えられるか疑問を呈する記事が、欧米の主要紙に増えてきています。 今回はそんなお話をしていくことにします。 農林中金が所有するCLO資産残高は620億ドル 約6. 9兆円 Wall Street Journalが伝えるところによると、農林中金が保有するCLO資産は620億ドル 約6兆9000億円 となっているとのことです。 これはウェルズ・ファーゴとJPモルガン・チェースのCLO資産残価をも上回るとのこと。 ご存知の通り、JPモルガン・チェースは世界最大級の銀行ですし、 ウェルズ・ファーゴも米地方銀行を集めた銀行であり、規模としてはJPモルガンよりやや小さい程度です。 農林中金とは桁が違います。 そんな外銀相手にやりあう農林中金・・・すごいですね。 ぜんぜん褒められたものじゃありませんけどね。 農林中金は2018年10-12月期の暴落時にさらに100億ドルCLOを積み増し なお記事によれば、農林中金は先日のレバレッジドローン市場の大暴落時に、果敢にも買い向かって100億ドルCLOを増やしたとのことです。 とりあえず、その頃よりもレバレッジドローン市場も、その組成した金融商品も回復してきていますから、農林中金の読みは短期的にはうまく行っているようです。 しかし、長期的にみてリスクの取り方として大丈夫なのか?という疑問が出てきます。 2018年1Q以降のCLO発行額全体の23%を買い漁る農林中金 なお記事によると、農林中金がCLOを買い漁っているのは2018年4Qだけでなく、より長い期間だということです。 2018年1Qからの欧米のCLO発行額全体の23%を農林中金が買っているとのこと。 凄まじい大人買いです。 こういった農林中金をはじめとした日本勢のマネーが欧米の企業の債務借り入れを助けていた部分があり、 まさに日本の金融緩和のおかげで世界が回っている、といっても過言ではない状態になっているようです。 しかしどうなんでしょう? こんなことは持続可能なんでしょうか? 農林中金は住専問題で同様の投資を行った過去 農林中金といえば、古い方なら皆おぼえていることとして、住宅金融専門会社、いわゆる住専問題があります。 地上げ目的や原野開発のようなリスクの高い不動産物件に融資を拡大させていた住専ですが、この資金の供給元が、まさに農林中金でした。 住専はその後、バブル崩壊とその後の大不況でほぼすべてが倒産するのですが、それによって大きく農林中金の資産も毀損。 農林中金は破綻するのではないか、と言われました。 その後、いわゆる住専国会によって日本の財政、国費で住専処理を進めることが決定され、農林中金はからくも金融破綻の危機を脱します。 もし農林中金が破綻すれば、自民党の票田である農業票を失うことになりかねない状況でしたから、高度な政治的判断が働いたといわれています。 農林中金はサブプライムローン危機でも破綻の危機に 農林中金と言えば、もう一つ忘れてならないのがサブプライムローンです。 1980年代からすでに米国など海外投資を進めていた農林中金でしたが、そのほとんどは株式ではなく債券でした。 とくに米連邦住宅抵当公社ファニーメイや米連邦住宅金融抵当公庫フレディマックの債券も大量に保有しており 当時はメジャーな債券でした。 証券会社が個人にも売るような。 サブプライムローンバブル崩壊で両公社が破綻の危機に瀕した時には、両社の債券を5兆5000億円も保有する農林中金にも連鎖破綻の可能性が浮上しました。 結果として両公社が米政府に救済されたために農林中金はどうにか、かろうじて倒産を免れましたが、巨額の赤字を発生させることになり、懲りることになりました。 そしてまたCLOでつかまった農林中金 そんなこんなで、いろいろと懲りているはずの農林中金なのですが、またもや一つの金融商品ばかりに入れ込んで、大きな損失をだしそうな状況になっているようです。 もしCLO市場で格付けが落ちるものが増え、解散が相次いだらどうなるか。 もし日本からのマネーの流れが止まったらどうなるか。 そういった懸念を語る人が増えてきています。

次の

5年で半分くらい潰れる?倒産するかもしれない銀行ワースト10!|マンゴー SNS Pay 農家 沖縄 熱帯果樹 マンゴー製作所|note

農林中央金庫 やばい

先日黒川さんのヨーツーブを見ていて正直驚きました。 どうやらJAバンクが全国のおじいちゃん、おばあちゃんが長年に渡りコツコツ貯めた貯金を勝手にハイリスクの外資系金融商品にかなりの金額ぶっこんでるらしいです。 JAバンクといえば農協・信連の信用事業と農林中金によって構成される金融事業の総称です。 その中央機関は農林中金で預金残高が60兆2211億円にものぼる日本最大のヘッジファンドと言われています。 また、JAバンクはかつてリーマンショックで1兆5000億円もの損失を出したようで 大きい銀行がある中、リーマンショックでだした損失では国内最大規模だったようです。 3文字略語のわけのわからない金融商品を大量保有していたことが原因とのこと。 現在もこのわけのわからない金融商品を大量に保有しているらしく次の金融危機では倒産するぐらいの損失を出してもおかしくないといわれています。 というのも次の金融危機はリーマンショックの10倍以上、下手したら本当に100倍かもしれないと言われている中で非常に高いリスクを持ってしまっています。 本来ならば農林中金こそが一次産業への貸し出しをして日本の食の安全食料自給率の問題を解決していくべき銀行のはずです。 本当にこんなことが許されるんでしょうか? もともと銀行で預かっているお金というのは元本保証されているはずですが、ハイリスクハイリターン商品に多額の資金を投資するようなヘッジファンドになってしまっているというのはおかしくないですかね? とどめはアメリカウォール街の投資家たちはこの農林中金のことを "何でも買ってくれるゴミ箱" と呼んでいるようです。 これは本当にショッキングな話ではないでしょうか? 本当に情けないというか、何でこうも日本の経営陣というのは騙されやすく愚かなんでしょうか。 頭も相当悪いと思います。 ようやく金融庁も調査するようですが、まあどうにもならないでしょうね。 また国外ではドイツ銀行が有名ですね。 こちらも様々な怪しいデリバティブを抱えてるようで倒産寸前と言われていますが、この3つ(JAバンク・ソフトバンク・ドイツ銀行)のどれかが引き金を引いて令和大恐慌に突入する可能性があると考えています。 そうなったら、いよいよ仮想通貨の時代に突入でしょうね。 最近、仮想通貨は詐欺だという批判も多く見受けられるようになりましたが、周囲が騒げば騒ぐだけ逆にチャンスだと個人的には思います。 ちなみに今巷で騒がれているキャッシュレスサービスやその他様々なスマホ決済の類は全部お遊び程度と考えておいたほうが良いでしょう。 そんなものは速やかに仮想通貨に取って代わられます。 世界の支配者層がその導入を決定し現在も開発が進んでいる仮想通貨こそが未来の本当の通貨であると思います。 momota00.

次の