大沢樹生。 大沢樹生の現在は? 息子とのDNA鑑定の結果が「ひどい…」と話題に

大沢樹生の子供、二人目は嫁のさやか(モデル)の不妊治療の末に!

大沢樹生

元光GENJIで俳優の大沢樹生(49)が昨年12月30日、プロレスデビューを果たした。 大沢は50歳の節目を前に、子どものころからの夢だった「プロレスラーになること」に挑戦した。 公開練習を取材した以上、本戦も目に焼き付けたい。 そんな思いから会場に足を運んだ。 試合は船木誠勝・服部健太とタッグを組み、高岩竜一・佐藤光留・NOSAWA論外との6人タッグマッチ30分1本勝負で行われた。 試合では、持ち前のエンターテイナー性を発揮した。 入場からたっぷり時間を使い、リングの周りを闊歩(かっぽ)し、相手も挑発した。 試合後に船木は、「デビュー戦であれだけ時間を使えるのはさすがだ」と話していた。 大沢の出番は約10分だったが、試合自体が約17分だったことを考えれば、十分な活躍といえるだろう。 明らかに体格で劣る大沢の奮闘ぶりには、ありきたりの言い方になるが、感動した。 論外にはチョップや蹴りを浴び、高岩には顔を足で踏みつけられ、場外乱闘では鉄柱攻撃を2度もくらった。 それでも、体重62kgの大沢が88kgの論外を投げ飛ばし、高岩には飛びつき腕十字をかけた。 試合は船木が佐藤をブレーンバスターでしとめたが、その横で大沢は論外にコブラツイストを決めアシストした。 アントニオ猪木、ジャイアント馬場で育った私の目には、49歳での挑戦としては十分すぎる戦いっぷりに映った。 さらに試合終了後の会見前、関係者が大沢のあばら骨2本の骨折を明かした。 これには、正直驚いた。 それで論外のチョップを受けていたとは…。 大沢にプロレスを指導した服部が目にうっすら涙を浮かべながら(少なくとも私にはそう見えた)「コンディションの悪い中、よく戦った」と話すと、大沢は「いいって」と制した。 大沢はあくまでも骨折を隠そうとしていたのだ。 練習中に負傷したが、最後まで言い訳にしなかった。 その潔さにも同じ年の男として、心揺さぶられた。 大沢は試合終了後のマイクパフォーマンスで、「これで芸能界に戻れます」と話した。 だが、個人的にはコンディションが万全な状態で、もう1度だけリングに上がってほしいとさえ思った。 なお、リングパンツ右太ももあたりの星のマークにはKOJI、KAZU、HIRO、JUN、AKIRA、ATSUと、かつての盟友光GENJIメンバーの名前がひそかに記されていた。

次の

大沢樹生の子供、二人目は嫁のさやか(モデル)の不妊治療の末に!

大沢樹生

歌手や俳優として活動し、多くの女性ファンがいる大沢樹生(おおさわみきお)さん。 タレントとしてバラエティ番組などにも出演しています。 そんな大沢樹生さんのアイドル時代や、息子とのDNA鑑定についてなど、さまざまな情報をご紹介します。 大沢樹生は昔、『光GENJI』のメンバーだった 大沢樹生さんは、アイドルグループ『光GENJI』の元メンバーです。 『光GENJI』は、1987年にジャニーズ事務所からデビューしたアイドルグループ。 大沢樹生さん、諸星和巳(もろぼしかずみ)さん、内海光司(うちうみこうじ)さん、佐藤寛之(さとうひろゆき)さん、山本淳一(やまもとじゅんいち)さん、赤坂晃(あかさかあきら)さん、佐藤敦啓(さとうあつひろ)さんの7人で構成されています。 『ガラスの十代』『パラダイス銀河』などヒット曲をリリースしますが、1995年に解散。 大沢樹生さんは解散の前年にグループを脱退し、俳優として活動しています。 2019年7月9日、ジャニーズ事務所の社長を務めたジャニー喜多川さんが亡くなりました。 ジャニー喜多川さんの死去にともない、大沢樹生さんはブログで想いをこのようにつづっています。 今の自分があるのもジャニーさんの導きがなければ有り得ないことです。 感謝してもしきれないです、、、 心より御冥福をお祈り申し上げます。 ーより引用 この日のブログは『ジャニーさん』と題し、過去の回想を踏まえながら、感慨深くジャニー喜多川さんとの思い出を振り返る内容でした。 また「大沢くん、来週から電車に乗って1人でレッスン来れるかな?」「ユー、ローラースケートやってみない?必ずスターになれるよ」など、ジャニー喜多川さんからかけられた言葉も振り返っています。 大沢樹生さんはジャニー喜多川さんとの思い出を刻みながら、今後も活動していくのではないでしょうか。 大沢樹生 プロレスデビュー経験も!? 大沢樹生さんは2018年12月30日にプロレスデビューを果たし、白星を飾っています。 東京・浅草橋ヒューリックホールでプロレスデビュー。 勝利後は「これで潔く芸能界に戻れる」と早々に引退宣言をしました。 プロレスラーの船木誠勝(ふなきまさかつ)さん、服部健太(はっとりけんた)さんとタッグを組み、試合は6人タッグの30分1本勝負。 船木誠勝さんからタッチを受けた大沢樹生さんは、強烈なパンチの打ち合いを見せます。 会場からは『樹生コール』が沸き起こり、盛り上がりを見せました。 リングの場外に2度突き落とされますが、ファンの歓声を受けてリングインして最後は船木誠勝さんのフォール勝ち。 見事にプロレスデビュー戦を勝利で終えました。 試合後、大沢樹生さんは「個人的な夢の舞台に立たせていただきありがとうございました」と感謝の言葉を述べています。 大沢樹生は自叙伝『昨夜未明、大沢樹生が死にました…』でプライベートを赤裸々告白 大沢樹生さんは2008年12月に自叙伝『昨夜未明、大沢樹生が死にました…』を出版。 自叙伝の内容は、『光GENJI』を脱退した経緯や元俳優の喜多嶋舞(きたじままい)さんとの離婚、子育てについてなどです。 Amazonの情報を掲載しています 1980年代後半から1990年代前半は『光GENJI』が世間から注目され、時代を象徴するようなアイドルでした。 人気絶頂期にグループを脱退し、その後、仕事不振にも陥った大沢樹生さん。 それらの真相が明らかになっている1冊です。 当時、出版記念イベントでは「ここまで私生活を告白したことはない」と振り返り、人生を振り返るコメントを出しています。 自叙伝を出版した2008年の4月に再婚した大沢樹生さんは「これまで安定がなかった」とも話し、「今後は安定していきたい」との本音を漏らす場面も。 喜多嶋舞さんとの間に授かった息子が新しい妻に懐いていることに嬉しさを感じ、「新たな大沢家が確立できたので、守りに入らず攻撃しながら家族を守りたい」と意気込みを語りました。 大沢樹生 元妻・喜多嶋舞との息子をDNA鑑定!? 大沢樹生さんは1996年に、喜多嶋舞さんと結婚。 結婚当時、喜多嶋舞さんは妊娠3か月でした。 (生まれてきた息子を仮にAさんとする)その後、2人は離婚。 離婚後、Aさんは学校が近いとの理由から、大沢樹生さんと同居します。 親権は喜多嶋舞さんにありましたが、2007年に喜多嶋舞さんが再婚すると、正式に親権が大沢樹生さんに移りました。 その時期から大沢樹生さんとAさんの関係が少しずつ悪化。 理由は、大沢樹生さんと新しい妻との間にできた子供が死産したことでした。 死産したのは2012年5月のことです。 同年、Aさんは大沢樹生さんや喜多嶋舞さんから虐待を受けていたことを週刊誌に告白。 これは、大沢樹生さんも喜多嶋舞さんも否定します。 そして、大沢樹生さんはAさんとのDNA鑑定に踏み切りました。 鑑定の結果、Aさんは大沢樹生さんの子供ではないことが発覚。 親権が喜多嶋舞さんに戻りました。 しかし、喜多嶋舞さんとAさんは主張を認めなかったため、大沢樹生さんは親子関係不存在確認の調停を申し立てます。 結果的に調停は不成立となり、大沢樹生さんが改めて裁判で訴えることに。 裁判の結果、大沢樹生さんとAさんの親子関係は認められませんでした。 そこまでして、Aさんとの親子関係をはっきりさせたかったのは、2014年に生まれた娘の存在が大きかったとの見かたもできます。 大沢樹生さんに何かあった時、血縁関係にないAさんに財産分与されれば、娘の取り分が少なくなります。 それを避けた可能性もあるでしょう。 大沢樹生さんの最新情報は、オフィシャルブログやインスタグラム、オフィシャルサイト『MIKIO OFFICE』で確認できます。

次の

大沢樹生と喜多嶋舞の息子騒動まとめ!子供の実父 伏石泰宏の正体がヤバい

大沢樹生

元光GENJIで俳優の大沢樹生(49)が昨年12月30日、プロレスデビューを果たした。 大沢は50歳の節目を前に、子どものころからの夢だった「プロレスラーになること」に挑戦した。 公開練習を取材した以上、本戦も目に焼き付けたい。 そんな思いから会場に足を運んだ。 試合は船木誠勝・服部健太とタッグを組み、高岩竜一・佐藤光留・NOSAWA論外との6人タッグマッチ30分1本勝負で行われた。 試合では、持ち前のエンターテイナー性を発揮した。 入場からたっぷり時間を使い、リングの周りを闊歩(かっぽ)し、相手も挑発した。 試合後に船木は、「デビュー戦であれだけ時間を使えるのはさすがだ」と話していた。 大沢の出番は約10分だったが、試合自体が約17分だったことを考えれば、十分な活躍といえるだろう。 明らかに体格で劣る大沢の奮闘ぶりには、ありきたりの言い方になるが、感動した。 論外にはチョップや蹴りを浴び、高岩には顔を足で踏みつけられ、場外乱闘では鉄柱攻撃を2度もくらった。 それでも、体重62kgの大沢が88kgの論外を投げ飛ばし、高岩には飛びつき腕十字をかけた。 試合は船木が佐藤をブレーンバスターでしとめたが、その横で大沢は論外にコブラツイストを決めアシストした。 アントニオ猪木、ジャイアント馬場で育った私の目には、49歳での挑戦としては十分すぎる戦いっぷりに映った。 さらに試合終了後の会見前、関係者が大沢のあばら骨2本の骨折を明かした。 これには、正直驚いた。 それで論外のチョップを受けていたとは…。 大沢にプロレスを指導した服部が目にうっすら涙を浮かべながら(少なくとも私にはそう見えた)「コンディションの悪い中、よく戦った」と話すと、大沢は「いいって」と制した。 大沢はあくまでも骨折を隠そうとしていたのだ。 練習中に負傷したが、最後まで言い訳にしなかった。 その潔さにも同じ年の男として、心揺さぶられた。 大沢は試合終了後のマイクパフォーマンスで、「これで芸能界に戻れます」と話した。 だが、個人的にはコンディションが万全な状態で、もう1度だけリングに上がってほしいとさえ思った。 なお、リングパンツ右太ももあたりの星のマークにはKOJI、KAZU、HIRO、JUN、AKIRA、ATSUと、かつての盟友光GENJIメンバーの名前がひそかに記されていた。

次の