フォント グラフィー。 fontgraphy

DeNA、AIで一人ひとりの声からオリジナルグラフィックが作れる「fontgraphy」を一般に公開

フォント グラフィー

字を美しく見せる書法という面は日本の など東洋の書と共通する部分があるが、にまたはそれに類する道具を用いているため、を使用する書道とは表現されたものが異なる。 記録媒体としてのが高価であるため、文を残す際により多くの文字を紙に詰め込みつつ、より美しいを試みた結果、発明された。 カリグラフィーでデザインされるものはだけでない。 ではの一部をカリグラフィーを用いて書いたが見られるなど、文字を美しく見せる書法が発達している()。 アラビア書道であらわされる文字はに限定されるが、イスラム圏においてはもう一か国、においてもカリグラフィーは非常に盛んであり、 (、)と呼ばれる。 ペルシア書道はで書かれることを基本とし、をはじめとする様々な書体を生み出した。 においても様々な文字による書法が盛んである()。 の発明後も、さまざまなのデザインにカリグラフィーは影響を与えた。 印刷物の章の頭の1文字で、カリグラフィーの手法でデザインされた通常の活字より大きなものを用いることがあり、直接ペンで描写するもの以外にも応用されている。 には、の () ただし現代ではリュクスイユとカナ転記される で文字を連結させて書くとしてルクソイ小文字体が生まれる。 これは「速く書く」ことを重視した方向への変化である。 一方、やでは、からにかけて、ハーフアンシャル体を基にしてインシュラー大文字体、インシュラー小文字体、アーティフィシャルアンシャル体が作られた(インシュラーとは「島の」という意味である)。 これは宗教的な荘厳さを重視した方向への変化であり、また段落や章の最初の文字を大きく装飾的に書くヴァーサルという書字スタイルも多く使われるようになった。 の「」やの「」は、インシュラー体による代表的な写本であり、独特の紋様による装飾がほどこされ、現存する最も美しい書物と言われている。 この節のが望まれています。 ペン先 前述の通り、ほとんどの場合は先端が平らになったペン先を用いる。 リザーバー インクを溜めておくための小さな部品。 ペン軸 ペン先と合うもの。 インク 耐水性のものはペン先を詰まらせることがあるので避け、水性で、できれば耐光性のものがいい。 カラーインクや墨、絵の具などを使うこともある。 万年筆 カリグラフィー用のペン先のついた万年筆もある。 カラーインクも使えるが、色が濁りやすい。 また、一般的なペン先と比べると、細い線を書いた際にややシャープさに欠けることがある。 マーカー 手軽に楽しむ場合や試し書きの際にはマーカーは便利である。 太さや色も多数ある。 ただし褪色しやすいので、本格的な使用には不向きである。 定規、ディバイダなど ベースラインなどのガイドラインを引く際に用いる。 傾斜板 市販品もあるが、平らな板を本などにたてかけるのでもよい。 技法 [ ] この節のが望まれています。 xハイト その書体で基本となる文字の高さ。 多くの場合、小文字のxの高さが基準となるためこう呼ばれる。 ベースライン 文字の基本となる仮想の線。 文字は視覚的にこの線上に並ぶように見える。 アセンダー xハイトより上に突き出した部分。 多くはたて棒であり、フローリッシュをつける場合もある。 ディセンダー ベースラインより下に突き出した部分。 アセンダー同様、フローリッシュをつける場合もある。 セリフ 文字を構成する線の端につくアクセント的な付属の画。 フローリッシュ 文字につける飾り。 マジャスキュール 大文字体。 アセンダーやディセンダーがないか、あってもわずかで、文字の高さがほぼ均一なもの。 ミナスキュール 小文字体。 文字ごとにアセンダーやディセンダーがあったりなかったりするために高さがまちまちである。 多くの書体では、アセンダーとディセンダーの両方をもつのはfのみである。 その他 [ ] 現代の英文において、書字の練習用に全てのを含む文()として、.

次の

小林章氏 メッセージ

フォント グラフィー

第四弾!招待状や席札、ウェルカムボードに使えるフリーフォント 無料でダウンロード 結婚式の花嫁DIYといえば、招待状や席札・メニュー表などの「ペーパーアイテム」が代表的ですよね。 ペーパーアイテムを手作りするときには、フォントにこだわるのがオシャレに仕上げる近道。 カリグラフィーの無料フォントをご紹介 そこで今回は、トレンドのカリグラフィーのフリーフォントに焦点を当てて厳選してご紹介。 結婚式に使えるものばかり集めたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 カリグラフィーとは? カリグラフィーとは、ギリシャ語で「美しい書き物」を意味する言葉。 文字を美しく見せるための手法のことを指します。 欧米ではグリーティングカードや看板などで活用されて、古くから生活に馴染んできたもの。 最近では、日本でもウェディングシーンなどでよく見かけるようになりました。 通常は手書き文字を指すのですが、なかなかこのクオリティの文字を自分で書くのは難しいですよね。 そんな時に活用したいのが、カリグラフィーのフォントなんです。 結婚式に使えるカリグラフィーフリーフォント10選 ダウンロードのやり方をおさらい フリーフォントのダウンロードはとっても簡単。 フォントのリンク先にある「DOWNLOAD」ボタンを押すとzipファイルがダウンロードされるので、そのなかのフォントファイルをダブルクリック。 左上のインストールボタンをクリックすればお使いのPCにインストール完了! その際WordやPower Pointなどの編集ソフトを起動している場合は、一度閉じて再起動するとフォントが反映された状態になります。 エレガントな曲線が美しいフォント。 大人っぽい雰囲気になるので、結婚式にはぴったりですよね。 手書き感が強いのが特徴で、「自分で書いたの?」なんてびっくりされそう。 全体的にではなく、ポイント使いするのがおすすめ。 はっきりしていて読みやすいので、ウェルカムボードなどにもおすすめ。 カリグラフィーというとエレガントなイメージですが、カジュアル感が強いのが特徴。 クセが強すぎるものは可愛くても他のフォントと合わない場合が多いので、使い勝手の良いものもダウンロードしておくと安心ですよね。 男性的なラインがカッコいい手書き風フォントです。 強い印象を残しますが読みやすくはないので、お二人の名前など強調したい部分に使うのがおすすめです。 シンプルなので長めの文章を書くときにも読みやすく、かつオシャレに仕上げてくれます。 ポイント使いするとオシャレに仕上がりますよ。 まずはダウンロードして、色々組み合わせてためしてみることが大事。 ぜひ参考にしてみてくださいね。 無料でなくなるなど仕様が変更されることがあるので、詳しくは飛び先の説明文をご確認ください。

次の

DeNA、AIで一人ひとりの声からオリジナルグラフィックが作れる「fontgraphy(フォントグラフィー)」を公開 :日本経済新聞

フォント グラフィー

— 2019年12月月13日午前1時29分PST 近年、SNSでも何かと話題のカリグラフィー。 そのおしゃれな見た目から、大人女子の趣味としても大人気なのです。 最初から上手に書くことはできませんが、練習を重ねるうちにだんだん慣れていくはず。 とはいえ、いきなり手書きで書くのは至難の業ですよね。 そこで今回は、Microsoftの文書作成ソフト・Word(ワード)を使いながらパソコンでカリグラフィーを書いてみましょう。 「この春、新しい趣味にチャレンジしたい!」 と思っている方は、ぜひこの機会にカリグラフィーを始めてみませんか? カリグラフィーの基本「イタリック体」 — 2019年 8月月14日午後6時53分PDT でもいざ見よう見まねで書いてみようと思っても、なかなかお手本通りにには上手く書けませんよね。 その方法は、Wordの中にイタリック体のフリーフォントをインストールし、文字を選んでフォントを変更するだけ。 ちなみにWordが入っていない方は、キングソフトの「WPS Writer」でも代用可能。 低価格でありながらWordと同じ機能を備えているので、なるべくコストを抑えて使いたい方にもおすすめです。 ダウンロード方法はサイトによってさまざまですが、だいたいはクリックするだけでダウンロード可能です。 ごく稀ではありますが、クリックするだけでは上手くダウンロードできないことも。 どれを買っていいかわからない場合は、自分のパソコンの種類 OSやメーカーなど を控えて、お店の方に直接聞いてみるのが一番確実かもしれませんね。 「できるだけソフトにお金をかけたくない」という方は、先ほどご紹介したキングソフトの「WPS Writer」や「Google ドキュメント」もおすすめです。 陶器に文字を書き込めるペンを使って、Wordで作った文字をお好きなガラス食器に転写してみましょう。 その方法はお好きな文字をWordで書いて印刷し、お皿の下に差し込みます。 印刷するときは、なるべく濃いカラーでプリントするのがコツ。 見づらい薄めの色だと転写がしにくいので、できるだけ濃い文字で印刷しておきましょう。 季節感たっぷりのインテリア小物が素敵ですよね。 そんな時、Wordと以下の3アイテムさえあればすぐに作れてしまうのです! ・黒い画用紙 ・オレンジの画用紙 ・木のクリップ こちらの作品は文字を手書きしていますが、 「簡単にカリグラフィー作品を作ってみたい!」 という方は、Wordで直接打ち出せば手軽にカリグラファー気分を味わえますよ。 特に季節感のあるインテリア小物は、飾っておく期間も短いはず。 簡単なのにクオリティの高いグッズが仕上がるので、いろいろな作品を作ってみたくなってしまうかも。 ブラッシュカリグラフィーやモダンカリグラフィーも習得すれば、SNS映えするようなアルファベットもスラスラ~っと書けるようになるはず。

次の