スカイリム 魔術師。 【①序章】スカイリム 最高難易度レベル1縛り解説|がるぴん6v|note

スカイリム 魔術師プレイのまとめ

スカイリム 魔術師

したがって、非戦闘系スキルばかり上昇させると、キャラクターの戦闘能力は平凡なまま、どんどん敵が強くなってしまいます。 そのため、一般的には、不用意に非戦闘系スキルを上げすぎないことを推奨する傾向があります。 スペシャリストとゼネラリスト あらゆる分野に手を出すと、キャラクターのレベルが高いわりに、得意なことが何もないような、いわゆる中途半端なキャラクターになりがちです。 したがって、剣も魔法もそれなりに使いこなせるより、どちらか一方は素人でも片方が一流であることを推奨する傾向があります。 強いスペシャリストを育成するには 概要 強いスペシャリストを育成するには、無駄な行動を省かなくてはいけません。 最終的に一流まで鍛え上げるつもりではない分野には手を出さないようにしましょう。 特に非戦闘系のスキルを不用意に上げないように注意し、方向性が重複する分野を同時に成長させないようにします。 資金源はクエストの報酬をメインにし、話術スキルの成長を抑えるため、アイテムの売買も必要以上に行わないように気をつけます。 戦士の育成 近接攻撃の得意な戦士を育成するなら、弓術、魔法を極力使わないようにしましょう。 レベルが上がったら、体力とスタミナだけにポイントを割きます。 弱点になる遠距離戦は、弓や魔法が得意な従者に頼ったり、魔法の巻物や杖でカバーします。 隠密も使用せず、防具も軽装か重装のどちらか一方だけに決めます。 いつの日か、あなたはスカイリムに名を轟かせる有名な剣豪になっていることでしょう。 魔法使い 魔法使いの育成は、戦士の育成よりさらに徹底する必要があります。 魔法の分野が多岐に渡るため、その中からまず、特定の分野を選択します。 破壊と回復、召喚と破壊、幻惑と変性など、せいぜい2種類くらいまでに止めておいたほうがよいでしょう。 専攻しなかった分野に関しては、巻物や杖、ポーションなどでカバーします。 不意打ち判定がない魔法攻撃にはそもそも隠密スキルは不要です。 肉弾戦は極力避け、やむをえない場合は、付呪された武器などのダメージ効果で武器スキルの拙さを補いましょう。 盾になる従者を連れ、なるべく先に突入させて後方から魔法で支援するスタイルが良いでしょう。 いつの日か、あなたはスカイリム全土を震撼させる高名な魔術師になっていることでしょう。 盗賊 隠密状態から不意打ちを旨とする盗賊の育成は、片手武器、弓術、隠密をメインとして、回復ポーションや毒薬を製造するための錬金術をサブにしましょう。 ダンジョンなどの暗所では基本的に不意打ちで仕掛け、一撃必殺と神出鬼没を心がけましょう。 武器はもちろんダガーを選択し、隠密能力「暗殺者の刃(Assassin's Blade)」は必須です。 いつの日か、あなたはスカイリムで最も悪名高い大盗賊になっていることでしょう。 ゼネラリストのすすめ スキル管理は面倒くさい? 前項のスペシャリストの育成をご覧になって自然に受け入れられた方に本項は不要ですが、「厳密なスキル管理なんて面倒くさい」と思われた方に本項を捧げます。 ちなみに、当サイトはゼネラリストを推奨します。 ゲームプレイを突き詰めれば、徹底的に効率を追求することができるという例を示すために前項を掲載しましたが、実際のプレイ時に筆者がスキル管理を行うことはありません。 何度プレイしても、キャラクターの能力はいつも中途半端です。 気ままにプレイしても大丈夫 特に初回のプレイでは、どこで何が起こるか分からず、どのような能力が必要とされるかも分かりません。 スカイリムの全土を気ままに探索して、偶然出会った人から受けたクエストに着手してみたり、偶然見つけたダンジョンに潜ってみたりするなら、特定の分野に傑出した弱点の多いキャラクターより、なるべく色々な状況に柔軟に対応できるキャラクターのほうが有利と考えます。 また、厳密なスキル管理は思うほど容易ではなく、ゲームを進めていく内に早晩破綻することが多くなるでしょう。 そして何より、ゲームをしているのに、興味が湧いたことを我慢するのは苦痛です。 気が向いたら、アイテムを作ってみたり、戦闘スタイルを変えてみたり、金儲けしてみたり、色々と興味が湧いてくるものです。 育成方針を守るために、やりたいことを我慢するなんて耐えられません。 もし、あなたが初心者の方で、このページを読まれているなら、育成に悩まなくても、キャラクターが弱すぎて詰むということはまずないので、安心して好きなようにプレイされることをお勧めします。 (それなりに)強いゼネラリストを育成するには 準備を整えよう 好きなことを気ままにやっていて特定の分野に傑出することは不可能ですから、戦闘で多少苦労することは覚悟しておいてください。 山賊リーダーや猛獣は強敵だと思って敬意を払い、正面から突撃しないようにしましょう。 まず1撃目は隠密で不意打ちを食らわせるくらいの気持ちで臨むとよいでしょう。 また、戦闘で苦労するというのは、要するに敵にダメージを与えられない、敵から受けるダメージが大きすぎるということです。 この問題は、回復ポーションや毒を多く持っていくことで割と簡単に解消します。 強い付呪を施した武器も有用ですよ。 どんどん道具に頼りましょう。 便利なアイテムを作り出せることも戦闘力の1つです。 いざという時に備えて、透明化のポーションもいくつか用意しておきましょう。 危なくなったら、透明化のポーションを飲んでダッシュで逃げ、適当な物陰で隠密状態になれば、敵もあなたを見失うでしょう。 能力の習得 ダメージ増加や成功率上昇などの単純な能力(Perk)の習得は後回しにしたほうがよいでしょう。 ダメージは毒や付呪装備、各種成功率も付呪装備で大幅に上げられます。 取引価格も付呪装備によって良化可能で、開錠はロックピックがある限り何度でも挑戦できます。 したがって、なるべくアイテムで補えないものを主体に習得するとよいでしょう。 例を挙げれば、標的をズームする弓術スキルの「鷲の目(Eagle Eye)」、不意打ちを強化する隠密スキルの「バックスタブ(Backstab)」や「死の弓(Deadly Aim)」などがおすすめです。 敵の所持品に毒を仕込んでダメージを与えられるようになるスリスキルの「毒牙(Poisoned)」も便利です。 また、あらゆるアイテムを売却できるようになる話術の能力「雑貨商(Merchant)」があると、戦利品の売却が楽になるでしょう。 もちろん、ゼネラリストとしてプレイする趣旨は、気ままにゲーム進めることにあるわけですから、気が向いた能力は後先考えずに習得して使ってみましょう。 意外な効果に喜んだり、がっかりするのも楽しみの1つです。 従者 そして忘れてはいけないのが、頼れる従者です。 クエスト完了を条件とする一般的な従者から、町の酒場の傭兵まで、こだわりがなければ、適当に面白そうな奴を連れて行きましょう。 従者を連れて無理さえしなければ、そう簡単に敵に負けることはないでしょう。

次の

【スカイリムSE】魔術師プレイ用mod考察 魔法と大学

スカイリム 魔術師

特に、誰かと一緒に旅をしたい人にとっては欠かせない存在のはずだ。 ここに載せた従者はどれも実際に仲間にして共に戦ってみた上で選んだものだ。 中には、今まで知らなかったという従者もいるかもしれないが、どれも頼りになる強い従者ばかりなので是非お気に入りの仲間を見つけてほしい。 近接系の従者-盾使いタンク ゴルディール 「家族を安らかな眠りに戻すために」 【おすすめの装備:片手斧 盾 重装備】 見逃しがちな従者だが、適切な装備を渡せば意外と強い。 攻撃力も高く、斧に対するパークを所持しているという珍しいキャラクター。 彼の斧に切られた相手は出血ダメージを負う。 また盾の能力も高く防御による矢そらしも出来るなど隠れた実力者だ。 これらは他の従者にはない能力である。 臆病なモブキャラだと勘違いされてしまいがちな彼だが、気になる人は仲間にして見よう。 彼らは重装、盾と防御力が上がりやすい適性を持つためにタンクとして向いている。 その性質から攻撃力は決して高くないが、優秀な壁となってくれるだろう。 また、口調も比較的穏やかで共に過ごしやすいという特徴もある。 両手武器の戦士 エリク 「昔は農作業をしてたんだ」 【おすすめの装備: 両手武器 軽装】 傭兵に転職した後は「虐殺者エリク」と名乗るが、普通に優しい農家の青年なので驚かないであげてほしい。 ちょっとカッコつけたくて二つ名を付けてしまっただけだ。 スカイリムでは珍しい?まともな人。 何よりもよく話しかけてくれるので一緒に旅をしていて楽しいはずだ。 良い鎧と良い武器を持たせてあげれば頼もしい相棒となるだろう。 初期装備は片手剣だが、お父さんがギリギリのお金で買ってきてくれた物なので、得意という訳ではない。 得意な軽装の鎧と強い両手武器を渡してあげよう。 農業で鍛え上げたおかげか実は体力もかなり高く、優秀な戦士になる。 最大体力は両手戦士として有名なムジョル 580 よりも高い 605 らしい ムジョル 「ムジョルがこんな顔するなんて」 【おすすめの装備: 両手武器 重装備】 両手武器と重装といういかにも戦士という装備で強力な相棒になってくれるのが彼女だ。 耐久力も攻撃力も申し分ない。 両手武器の扱いがかなり上手く、適切な能力を取得しているため力強い戦いをしてくれる。 (どこまでもストーカーしてくるアエリンが気にならなければ)素晴らしい友人となってくれるだろう。 ヴィルカス 「同胞団に名誉をもたらしたな」 【おすすめの装備:両手武器 盾 重装】 両手武器の戦士と言えばヴィルカスの顔が思い浮かぶ人も多いだろう。 彼の適性は両手武器の方が高いが、高い防御スキルとそれに次ぐ片手武器のスキルも持っている。 つまり、両手武器の戦士として知られている彼は盾を持たせても有能だということだ。 両手片手問わずに適切に力を引き出す彼はとても優秀な戦士だと言える。 同胞団のサークルメンバーである彼は全体的に能力が高く、優秀な右腕になってくれるだろう。 二刀流の戦士 ジェナッサ 「影と刃、静寂と死、それらは私の芸術」 【お勧めの装備:二刀流 軽装】 ホワイトランで雇うことができるダークエルフの傭兵。 彼女は、従者の中では珍しく二刀流のスキルを持っている。 ホワイトランは多くの冒険者が最初に訪れる町であり、しかも宿屋ではなく酒場の方にいるために見逃しがちだが、彼女もまた優秀な従者である。 宿屋には不滅のウスガルドというインパクトの 態度も 大きい従者がいる 特別なパークこそ持っていないが、強力な剣を2本渡してあげれば、持ち前のソードスキルを生かして優秀なダメージソースとなってくれるはずだ。 初期から雇うことが可能なため、人によっては長く冒険を共にする隠れた名従者かもしれない。 遠距離の従者 狩猟の女神 アエラ 「月の中で何かが変わったわ」 【お勧め装備: フォースウォーンの弓 or ドラゴンの弓 軽装】 弓と隠密の名手であるアエラは、遠距離の援護が欲しい人にとって最適な従者だ。 従者は基本的に渡した弓より自前の弓を使いたがるのだが、アエラはフォースウォーンの弓なら存分に使ってくれる。 鍛冶場で強化して渡してあげよう。 その弓スキルの高さを生かして、正確無比な援護をしてくれるはずだ。 デュラック 「吸血鬼と戦う気のあるものは誰でも受け入れている」 【おすすめの装備: クロスボウ or弓 片手斧 軽装備】 オークの戦士というと、つい厳つい鈍器での殴り合いをしてほしいと思ってしまうところだが、彼はスナイパーである。 彼の狙撃は遠距離攻撃とは思えない程の威力を叩き出してくれる。 他のフォロワーよりもかなり距離を取って戦うために、彼の戦いは目立たず、その実力はあまり知られていないのだが、かなりの弓スキル ボウガン を持つ。 より強いボウガンとボルト、あるいは強力な弓を渡すとその真価を発揮してくれる。 もちろんそのままでも十分戦ってくれるが、その場合は防具や指輪を新調してあげればいいだろう。 ちなみに攻撃力増加の専用パークは近接にも応用され、斧で敵を出血させるパークも所持している。 その見かけによらず堅実な戦いをしてくれるので玄人好みなプレイヤーにお勧めだ。 魔術師 マーキュリオ 「自分は見習いウィザードだ。 荷物係じゃない!」 【おすすめの装備: ローブ】 魔法による援護が欲しいならまず候補にあがるのがマーキュリオだろう。 リフテンの宿屋にいて500ゴールドで雇えるため、序盤から簡単に雇うことが出来る傭兵だ。 彼は魔法主体で戦うために装備を整える必要が殆どない。 武器スキルを殆ど持たない純粋な魔術師である。 そのため、初心者で敵が強くて困っているという人にもお勧めな従者の一人だ。 もちろん彼の雷魔法は非常に強力で、レベルが高くなり敵が強くなってきても役立つ。 装備は殆ど必要ないが体力やマジカのアクセサリーを装備させると更に心強くなるだろう。 セラーナ 「どうしましたの?」 【おすすめ装備: 片手剣 軽装】 アイススパイクを好んで使用し、ライトニングボルトなどの魔法も使ってくれる。 高レベルになればアイスストームやチェインライトニングなどの高威力の魔法も使うようになる。 また吸血鬼のため相手からの体力吸収も得意とする。 魔法の攻撃力はそこそこだが、意外にも片手武器の攻撃力が高いのでなるべく強い剣を渡してあげると良い働きをしてくれる。 距離の取り方や戦い方は遠距離の魔法使いだが、彼女自身の性能は近接もこなせるために万能型に近い。 ジェイザルゴ 「ジェイザルゴは大成するよ、それは間違いない」 【おすすめの装備: 杖 片手武器 重装】 魔術師としての魔法能力は決して高くないのだが、すべてのジェイザルゴファンのために参戦した。 この猫族は高いレベルと武器防具への適性を持つために、基礎的な魔法を使える戦士としてのスペックを備えている。 …はずなのだが、基本的には低威力の魔法をぺちぺちと当ててくれるだけで武器を使う姿はあまり見ることが出来ない。 それでも彼のレベル上限がないという特性と魔法使いという特性を生かせば、これ以上なく優秀な杖使いとなる。 最強の杖使いと言っても過言ではないかもしれない。 通常のプレイではあまりがちな杖を、捨てたり売ったりせずに彼に渡すといいだろう。 重装備に身を包んだ彼が、ウインターホールド大学の学生として再びローブを着ることはあるのだろうか。 万能型 ベルランド 「もらっていいのか?はは、冗談だよ」 【おすすめ装備: 片手武器 軽装】 ナイスミドルな魔法戦士であり片手武器と簡易的な魔法を使う。 戦闘中の動きがよく、熟練した戦士の様相を見せる。 その頭は伊達ではないと言うことだ。 彼はよく霊体の犬を召喚するのだが、これも従者としては少し珍しい。 幽霊の犬と共に戦うその姿は彼以外にはなかなか見られない。 ソリチュードに初めて訪れたときはパッとしないかもしれないが、装備を新調し共に戦えばその印象は一変する。 彼にフードを渡すか渡さないかという部分はかなりの論争を呼びそうだが、フードも似合うので気になる方は被せて上げよう。 また、彼はソリチュードへ馬車を飛ばせば宿屋にいる。 葉柄のため最初から強力な仲間を手に入れることが出来るという点も魅力だろう。 テルドリン・セロ 「次はどうする?」 【おすすめ装備: 片手剣 軽装】 遠距離でも近距離でもその攻撃力の高さで敵を圧倒してくれるのがこのテルドリンセロだ。 彼は常に兜をかぶっているためにその顔を拝むことは出来ないがダークエルフである。 ダンマーらしく炎魔法を好んで使用する。 遠距離ではファイアボルトを連発し、近距離では得意の剣撃で戦うその姿はまるで英雄のようだ。 非常に攻撃力が高く、複数の敵を相手にしても次々とキルムーブを決めてくれる。 装備は動きの速い軽装備と、他の武器と比べて速度が速い剣をお勧めする。 番外編-サイコな従者 シセロ 「誰かころそうよ~」 【おすすめ装備: 短剣 軽装】 スカイリムで最も愛されている?キャラクターの一人がこのシセロだ。 彼は初期装備である弓を持っていないため、誰よりも積極的に敵に切りかかる。 強力なダガーを持たせれば思う存分彼の能力を発揮できるだろう。 多くの人が彼を相棒としていることからも、彼の強さは折り紙つきだ。 ちなみに彼はダガーしか使わない。 弓も持たず所持する武器のタイプも限られているため闇の一等としての強いこだわりがあるのだろう。 ちなみに防具はしっかり装備してくれるので安心してほしい その荒ぶる性格を表しているかような猛攻で敵を切り刻んでくれるだろう。 エオラ 「はじめは偶然かもしれません」 【おすすめ装備:片手武器 軽装】 よくないモノを食べている。 彼女を仲間にするには、よくないモノを食べないといけない。 だが、彼女はエクスプロージョンなどの派手な攻撃魔法や召喚魔法を覚えており、意外な戦いぶりを見せてくれる。 番外編と言いながら、彼らは従者の中でも上位の戦闘力を誇る。 おまけ:従者の装備について 体力上昇の指輪やネックレスを渡すと更に強くなるので、入手したらぜひ渡してあげよう。 魔術師の従者で近接を望まない場合はマジカ上昇も選択肢に入る。 他にも魔法耐性上昇なども有効だ。 カテゴリー, 投稿ナビゲーション.

次の

【PS4版スカイリム】おすすめMod/スカイリム歴3年の僕が実際に導入しているもの

スカイリム 魔術師

スカイリムで難易度高で魔法使いプレイでクリアできますか? 魔法使いなので鎧や盾は装備しません。 HPも上げません。 マジカを徹底して上げます。 そうなると一撃でも喰らえば即死亡です。 以前は剣士プレイをしていたのですが魔法でチマチマやるより剣の方が威力があるしゴリ押しでいくらでも倒せます。 魔法は間合いを取ったりでゴリ押しが通用せず戦略が必要です。 その意味での楽しさは戦士プレイよりも断然あると思うのですが実際クリア可能なのでしょうか? 特にドラゴンは一人では到底手に負えず? こちらをちょっと参考にしたのですが破壊魔法は不要でしょうか? 幻惑や召喚や変性が最優先ですか? 破壊魔法は炎以外は微妙だともありました。 氷は通用しない種族がいたり雷は消費MPが多い割に対した威力無し? 魔法使いプレイだと 幻惑、召喚、変性、隠密、弓が最優先して鍛えるべきスキルですか? 破壊魔法より弓の方が強くて、MPも消費せず、隠密から隠れて撃てば大ダメージ? しかし弓使ってしまうとちょっと魔法使いっぽく無いところが気になるところなのですが。 魔法使いプレイは戦士よりも辛いけど楽しいですか? 一方ではマゾプレイでストレスが溜まるだけという話もあったり。 魔法剣士みたいな感じでやるのが良いのかもしれませんがスキルの振り分けがそうなると中途半端にもなりますし。 一撃で死んだら話にならないので鎧くらいは装備した方が良いでしょうか? 正直バニラだと無理ゲー…っていうか9割9分詰むと思います。 まずスカイリムは魔法がそこまで強くありません、雷然り、炎然り、ノックバックする訳でもないので前衛職の敵、特に重装で硬めているような敵と遭遇すると攻撃を物ともせずに突っ込まれ叩き潰されます。 次に多対戦に不利、囲まれると対応しきれず押し切られます 次に魔法の種類に関して、雷は仰る通りマジカの消費量と威力が比例しない、燃費が悪いので却下、では氷はどうか?これもまた話にならない、敵の足が遅くなる、なんて利点はありますがスカイリムは元々雪国なので氷耐性をもつ敵が多く氷魔法は単発式なので仲間のフォローくらいしか役に立ちません、結果破壊魔法は炎しか機能しない訳です 次に変性、召喚、幻惑についてまずは変性から 変性魔法は魔法使いにとって必須のスキルです、魔法使いは変性魔法で自らの防御力を底上げしなければまともに戦えません そして召喚魔法、これは魔法系の中でも強力な部類です。 精霊はスキルを取れば召喚時間も延び強力な戦力になりますし倒した敵を蘇らせる。 など多様性もあります そして幻惑魔法、これはまた色物ですが吸血鬼になることで破格の性能を発揮します。 吸血鬼は3段階目に入ると全NPCから敵対されますが変わりに幻惑魔法に補正が入ります。 強力な幻惑魔法の使い手ならばスカイリムのドラゴン以外の生物すべてにその効力を発揮するでしょう、恐ろしい事にドラゴンプリーストにすら効きます そして最後になぜ魔法使いが不遇なのか?それはスキルの成長速度の遅さにある、と私は思っています。 他のスキルは使うだけで経験が積まれますが魔法は効力を発揮する相手に使わなければ成長しない、にも関わらずまともに使えるようになるのはそこそこ成長してから、という使いにくさ、更に多様な種類故にスキルポイントも多量に必要になる 以上の点から魔法使いロールはやろうと思えば出来るが進んでやるようなモンじゃない、訳です サルモールの連中よろしく魔法戦士のスタイルが1番妥当でしょう まぁMODなどを入れれば大分改善されるらしいですがそれでも使いにくいモンは使いにくいらしいですし 以上、長文失礼しました 難易度がハード以上になっちゃうと厳しくなると思います。 確かに破壊魔法が有効的に通じるのは低難易度で、ハード以上でもただの山賊くらいなもんですか…。 難易度あがれば上がるほど、幻惑and召喚and変性大活躍だと思います。 破壊も使うなら、幻惑50の戦慄の幻+炎系って感じですかね。 でも質問者様の「クリア」という条件がメインクエストクリアなら、いけると思います。 自分は難易度ノーマルでしたが、マジ500以上体力150で基本防御力0、って感じでしたがクリアしました。 ドラゴンのブレス対策はシールドスペル最強です。 魔術師プレイはかなりM耐性ないときついと思いますが、極めるならとことん、頑張ってください。

次の