アドビ。 Adobe(アドビ)製品

Adobe Flash Player Install for all versions

アドビ

Windows 10はリリース段階でサポート中のバージョンのみ , リリース段階でサポート中のバージョンのみ , ( Premiereと After Effectsと Flashはx64必須) 種別 Web制作ソフトウェア サブスクリプション契約 公式サイト Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)とは、が開発している、及び、のをサブスクリプション方式で利用できるサービス、及びそれに属するソフトウェア群とサービスを指す。 略称は CC。 概要 [ ] 、と同時にリリースされた。 当時からアドビシステムズは、Creative Cloudへの移行を予告しており、に、Creative SuiteはCreative Cloudに移行することが正式発表され、Creative Cloudに一本化された。 月額制となっており、一部の単体ソフトウェアを個別に契約できるほか、コンプリートプランを契約すればすべてのソフトウェアを利用できる。 やクラウドストレージなどのクラウドサービスも利用できるが、ソフトウェアに関しては、従来と同じくにする形態を取っており、インターネット回線に常時接続しないと使えない訳ではなく、クラウド化されたわけではない。 また、Creative Suiteでは購入したバージョンのみ利用可能であったが、CCは最新版に限らず、CCでリリースされたどのバージョンでも利用可能となっていたが、に直近2バージョンを除いた旧バージョンのインストールができなくなった。 背景にドルビーとの訴訟を起こされていることが影響しているとされている。 プランを解約するとソフトウェアとクラウドサービスは利用できなくなる。 CC移行後も、、は単品の永久ライセンス版が販売されている。 バージョン [ ] Creative Cloud [ ] にリリースされた最初のバージョン。 CS6とほぼ同等。 Creative Cloud 13 [ ] にリリース。 とはCS6で開発終了したため、CC版はリリースされていない。 の動作環境がx64のみとなった。 Creative Cloud 13. 1 [ ] 2013年にリリース。 Creative Cloud 2014 [ ] にリリース。 Creative Cloud 2014. 1 [ ] 2014年にリリース。 新たにモバイルアプリケーションの、、、、、、、、、が追加された。 PC用ソフトウェアとは異なり、Adobe IDに登録すれば無料で利用できる。

次の

Adobe Creative Cloud

アドビ

「Photoshop」では、Photoshop CC 2017(バージョン18)までしかダウンロードできなくなっている 今回の件についてアドビ広報部に確認したところ、二つの理由を挙げた。 まず、「最新バージョンを是非使ってもらいたい。 アップデートすることで、最適なパフォーマンスとセキュリティ、メリットを享受できる」と語る。 そして一番の理由として、「第三者の権利を一部製品で侵害していることが判明した。 私たちの権利侵害のため責任を持って対応しないといけないが、ユーザーが古いバージョンを使い続けることで直接権利侵害の指摘を受けるリスクがある。 それを回避するために今回の措置を執った」と説明する。 続けて、「急な変更のため、一部のユーザーにご迷惑をかけてしまい大変申し訳ないと思っている」としつつ、「今回の変更はグローバル全体の方針で決定したもの。 私どもとしては、日本のユーザーを考えるときちんとしたコミュニケーションを取りたかったが、(事前に案内できなかったのは)グローバルの方針でスタンスが決まっており、それに従った」とする。 どういった権利侵害をしたかについては「申し上げられない」としているが、海外の一部報道ではDolbyとのライセンスでトラブルがあったことが原因だとの指摘もある。 なお、ドルビージャパンに確認したが、「本国からは何も聞かされていない。 コメントは差し控える」との返答があった。 2019年2月にはがあったこともあり、価格改定した上に旧バージョンの使用を制限した形となったため、ユーザーからはSNSなどで批判の声が多く挙がった。 アドビの製品群は毎年豊富な新機能が搭載される一方で、最新バージョンで動作が安定しなかったり、UIが変更されていたり、ファイルの互換性を確保するために旧バージョンを好んで使うユーザーも少なくない。 また、印刷業界などでは今もCS6を使用しているケースもあることから、影響の範囲は大きいといえる(同社によると今回の変更は日本が最も反響があったという)。 同社では、個別の案件についてはコールセンターまで相談するように案内している。 The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc. , San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News. com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright c CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News. com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.

次の

アドビ、「Creative Cloud」旧バージョンのダウンロードを突如廃止

アドビ

「Photoshop」では、Photoshop CC 2017(バージョン18)までしかダウンロードできなくなっている 今回の件についてアドビ広報部に確認したところ、二つの理由を挙げた。 まず、「最新バージョンを是非使ってもらいたい。 アップデートすることで、最適なパフォーマンスとセキュリティ、メリットを享受できる」と語る。 そして一番の理由として、「第三者の権利を一部製品で侵害していることが判明した。 私たちの権利侵害のため責任を持って対応しないといけないが、ユーザーが古いバージョンを使い続けることで直接権利侵害の指摘を受けるリスクがある。 それを回避するために今回の措置を執った」と説明する。 続けて、「急な変更のため、一部のユーザーにご迷惑をかけてしまい大変申し訳ないと思っている」としつつ、「今回の変更はグローバル全体の方針で決定したもの。 私どもとしては、日本のユーザーを考えるときちんとしたコミュニケーションを取りたかったが、(事前に案内できなかったのは)グローバルの方針でスタンスが決まっており、それに従った」とする。 どういった権利侵害をしたかについては「申し上げられない」としているが、海外の一部報道ではDolbyとのライセンスでトラブルがあったことが原因だとの指摘もある。 なお、ドルビージャパンに確認したが、「本国からは何も聞かされていない。 コメントは差し控える」との返答があった。 2019年2月にはがあったこともあり、価格改定した上に旧バージョンの使用を制限した形となったため、ユーザーからはSNSなどで批判の声が多く挙がった。 アドビの製品群は毎年豊富な新機能が搭載される一方で、最新バージョンで動作が安定しなかったり、UIが変更されていたり、ファイルの互換性を確保するために旧バージョンを好んで使うユーザーも少なくない。 また、印刷業界などでは今もCS6を使用しているケースもあることから、影響の範囲は大きいといえる(同社によると今回の変更は日本が最も反響があったという)。 同社では、個別の案件についてはコールセンターまで相談するように案内している。 The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc. , San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News. com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright c CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News. com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.

次の