星ひとみ インスタ。 星ひとみの天星術で占う「ふたりの相性バランス」【無料占い】

星蘭ひとみ路線落ち?メイク法やインスタは?

星ひとみ インスタ

皆さんこんにちは?どんどん寒い季節になってきましたね!そしてどの組も初日が開いて少し慣れてきた時期なのではないのでしょうか? 私も実は気になる作品を見る予定が二つもあるんです!とても楽しみすぎて待ちきれません。 そして更に宝塚以外にも気になる作品が多すぎて追いつけていないこの事実がなんだか悔しい…と思いながらも自分のペースを保ちつつ芸術鑑賞を楽しもうという感じでございます。 そんな中この間驚くべき発表がありました。 2109年11月30日、星蘭ひとみさんが2019年12月23日付けでなんと専科に移動することが発表されたのです。 この発表に驚いた方は多いのではないでしょうか?でも考えてみればいろんな意味でこの流れになったのに違いない…ですから本日は 星蘭ひとみの路線落ち?メイク法やインスタは?などについてご紹介していきたいと思います。 Contents• 生い立ちと来歴 本名:吉原真由(よしはら まゆ)恐らく1994年5月26日生まれの25歳 東京都港区のご出身です。 父母年上のお兄さんがいらっしゃるそうで4人家族だそうです。 ご実家は出光興産ということもありかなり裕福な生活をされてきたのだと思います。 なんと小さい頃は明石焼きを食べに行く為だけに、東京からわざわざ明石市まで母と2人で行っていたそうです。 それなのに明石焼き…というところが面白い!さらに彼女の好きな食べ物を聞いてびっくり!なんとキュウリ。 彼女にとって河童巻きとかは最高な食べ物なんだそうです。 お家柄が凄いだけに、こんな庶民的な食べ物を愛するなんてギャップ萌えです。 下級生なのであまりプライベートなエピソードがわかっていませんがかなりのお嬢様で学習院女子高等学校に通いながらスカウトされたアミューズに少しだけ所属していたことがあるそうで、芸能活動より宝塚に興味を持った事をきっかけに高校3年生の時に初めて宝塚音楽学校を受験し見事一発での合格を果たす。 2013年に101期生として宝塚音楽学校入学する。 同期には雪組男役の縣千(あがた せん)宙組男役の鷹翔千空(たかと ちあき)月組娘役の天紫珠李(あまし じゅり)結愛かれん(ゆい かれん)などがいる。 2年間の学校生活を終え2015年に卒業。 そして入団する。 なんとこの時の成績は40人中37番。 結構後ろの方だったことにびっくり。 2015年、月組公演「1789」で初舞台を踏む。 その後、星組に配属される 同年放送のNHKドラマ「経世済民の男 小林一三」の後編に総勢14名の生徒を使って初期の宝塚歌劇の舞台を再現した。 この映像に彼女も参加している。 Sings Disney/II. Sings TAKARAZUKA-」ディズニーとのコラボレーション 2016年「こうもり…こうもり博士の愉快な復讐劇…」「THE ENTERTAINER! 」 2106年「桜華に舞え-SAMURAI The FINAL-」 新人公演:村田岩熊(本役:天飛華音)「ロマンス!! 」 2107年「THE SCARLET PIMPERNEL」 ルイ・シャルル役 新人公演:ケイト(本役:音波みのり) 2107年「オーム・シャンティ・オーム-恋する輪廻-」 ドリー役 2017年「ベルリン、わが愛」 テオの幼少期 新人公演:ジル・クライン(本役:綺咲愛里)新人公演初ヒロインに抜擢される。 「Bouquet de TAKARAZUKA」 2108年「うたかたの恋」ステファニー役「Bouquet de TAKARAZUKA」 2018年「ANOTHER WORLD」舞姫役 新人公演:お澄(本役:綺咲愛里)2度目のヒロインに選ばれる。 実家は出光興産でお金持ち? さて皆さん、星蘭ひとみと調べると必ずといっていいほど出てくるワードがお金持ちというワード。 まぁ無理もありませんこれは事実なのですから。 彼女は出光興産の直系にに当たるそうなのです。 ここで簡単に出光興産の説明をします。 出光佐三により1911年に福岡県北九州市で石油小売を始め1940年に現法人が設立され、戦後の高度経済成長の波に乗り石油の輸入、精製を手がける元売り大手の会社に成長した。 その後、代々受け継がれ日本でも大きな家族経営の会社であったが、お家騒動が勃発し2019年4月1日から経営統合により昭和シェル石油を子会社化した。 それにより現在の商号は「出光昭和シェル」になった。 そんな日本を代表する大きな会社である。 想像してみただけでかなりのお家柄だということがわかります。 ですが現在はあまり会社の方には関与していないそうで、お兄さんも全くちがうお仕事をされている様です。 そんな規模が大きすぎる想像を超えたお家柄の星蘭さん実は、宝塚に親戚がいるそうなのです。 皆さんどなたかわかりますか?私も聞いてびっくり!なんと月組95期の晴音アキさんが再従兄弟?に当たるみたいなのです。 親戚ということは…調べて見るとなんと晴音アキさんも出光興産のご子息だということがわかりました。 なんと同じ家系から2人もタカラジェンヌが出るなんて!これには大変驚きました。 どうも祖父か祖母がご兄弟なんだとか…だから再従兄弟。 割と近い親戚関係にびっくり!あまり知られていない真実にそれもかなりのお家柄という…きっと2人にも親戚ならではの交流があるのでしょうね! そして彼女が高校3年間通った学校がまたすごい!日本でもトップのお嬢様学校。 学習院女子高等学校。 大企業のお金持ちの子や皇室御用達の子の学校。 次元が違いすぎて想像もできません… 色々と調べて見てわかるのが授業料の高さ。 授業料 年間65万8000円 維持費 年間27万2000円 諸会費 年間13300円 その他行事費等 年間18600円 とにかくお金がかかっています。 さらに話を聞いてみるとお金持ちの中でも更にお金持ちのお家柄の子だけ違うクラスに抜粋されているそうでその子達が皇族の方々と同じクラスになるみたいなのです。 もちろん星蘭お嬢様もそちらのグループだそうで、クラスメイトが秋篠宮様の娘である佳子さまだそうです。 きっとその他にも戦国武将の子孫などもいたのではないのかなと想像されます。 想像すればするほど「花より男子」をイメージしてしまう私ですが、宝塚同様に謎に包まれた学校の一つですね!また詳細がわかれば書きたいと思います。 インスタグラムやメイク方法 最近ではインスタグラムで宝塚をチェックする方も多いのではないでしょうか?そんな私は…はい!もちろん毎日暇さえあれば宝塚のチェックをしています。 そんな中毎回、宝塚の生徒さんを記事にすると必ず調べられているのがインスタグラムやツイッターなどのSNSです。 実際調べて見ると毎回同じ結果。 彼女達の所蔵権が宝塚にある為に一切の本人でのアカウントのインスタグラムやSNSを禁じられているのです。 やはり秘密の花園は謎に包まれていた方がいいこともありますし…ですかハッシュタグなどで出てくるアカウントはファンの方々が上げているものなので皆さん知っておいてくださいね!でも本当に便利だなと思うのは、スカイステージや歌劇、graphなどのメディア出演を見逃してしまった時に必ずファンの方が上げてくださるので、大変助かっています。 もしかすると見る用のアカウントや裏アカウントを持っているジェンヌさんが必ずいると思うのでもし見つけたら教えてください! そして星蘭さんの注目されているポイントはお顔立ち。 誰もが認める美人だとおもいます。 中にはオードリーヘップバーンに似ているとおっしゃる方もいますよね。 そんな美しい彼女のメイクも注目されていて、彼女の派手なお顔立ちに合ったシンプルでお顔立ちを生かしたメイク方法が宝塚のファンの間で話題になっているそうです!真似したくても最初の土台が違うから難しいところもあると思うのですが、きっと世の男性にもこういったナチュラルな感じがウケるに違いない!私もこれを気に彼女のメイク方法を真似してみる価値はありそうですね! 歌唱力 どんな人にも得意不得意というものがあるものです。 ですが彼女の場合は何が得意なのでしょうか… 頑張って考えてみたのですが、思いつかない。 今回問題視されている歌唱力はもちろんですが、それと同じくらい見ていられないのがダンス…衣装を着て少しはましに見えるかと思いたいのですがお世辞でも言えない現状です。 歌唱力はとにかく声が細すぎてなんと歌っているのか聞き取れない。 そもそも入団時の成績と今現在もほぼ変わらないということ…ここにもかなりの問題があります。 お顔立ちがかなり華があるだけに毎回げんなりするのは私だけなのでしょうか? とにかく勿体無い。 今までにも若くして抜擢されてきた生徒さんは沢山いますが、歌唱力を問題視されていた方は少なくありません。 むしろ皆さん今後の将来を考えて自分の苦手な部分としっかり向き合って結果成長していく姿がなんとなく感じられるんですが、彼女にはそこが不足している気がするんです。 歌唱力か演技力、ダンスのどれかで少しでも人より秀でているものがあれば今後星組での活躍も考えられてであろうに、なかなか難しい現実ですね。 そもそも彼女が宝塚に入る前にどのような経緯があったのかと言いますと、少し宝塚に興味を持ち始めた彼女は鳳蘭さんが広告塔になっている受験スクールに通い始めます。 そこで彼女の美貌に目をつけた鳳蘭さんが絶対に宝塚に入るように彼女に言ったそうです。 そこから鳳蘭さんは宝塚の演出家で理事でもある小池修一郎先生に宝塚一美人な子が受験するからとご連絡しているそうで…鶴の一声で彼女は合格したようなものなので。 ですから努力してやっと入れたというより、何も準備なく受けたら合格したというラッキーな子!だから芸名の由来は恩師より一字貰いと書いてあるのですがこれは、鳳蘭さんのことなのです。 こういった感じで今まで来ているので今更歌唱力を求めても正直無駄なところがあるかもしれませんが、できれば他にも頑張っている子達がいるのでその子たちのやる気や意欲に影響のないような行動をしてもらいたいと願います。 路線落ち? 2019年11月30日にここ最近でもびっくりする発表が宝塚歌劇団からありました。 それは2019年12月23日をもって星蘭ひとみさんが専科へ組み替えする内容でした。 これにはきっと団員を始め、ファンもかなりびっくりしたのではないでしょうか? それもその内容にさらに驚き!それは今後は映像を中心に出演する予定です。 異動後に出演する公演は未定です。 とのことでした。 この事からまず予測されること、それは完全に路線落ちだということです。 まぁ確かに考えてみれば自分の一期下の舞空ひとみさんがトップ娘役に就任し組みとしても、2度も新人公演のヒロインを与えた身として今後の役の付け所に色々と意見が出て作品に影響を及ぼす事を考えると今回の出来事は完全にヒロインからの路線落ち。 先ほども話しましたが歌唱や様々な技術面で毎回迷惑をかけている彼女、他の団員からのクレームも絶えないと聞いたことがあります。 そんな彼女が異動する専科というところはどんな場所なのでしょうか? まず轟悠さんをはじめ松本悠里さんといった宝塚の株主である理事と呼ばれる方々。 それから各組みで組長を経験されたことのある方々。 ダンスや歌、演技が群を抜いて得意で出演するたんびに各組みでかなりの力を発揮される方。 スター路線であったがトップにはなれないので特別出演でいろんな組みに出演される方様々な方がいます。 そして今回、彼女が今後映像を主に活動して行くということは、舞台には立たなくなる可能性も出てくる気がします。 確かにこれだけの美貌があるので舞台というよりは映像向きな気もします。 話によれば以前アミューズに所属していたという経歴もあるので、何かしら伝手はあると思われます。 それに出光興産というバックもあるわけですから今後も苦労することはないのではと考えられます。 以前は専科の中にも映画専科と呼ばれる方々がいて、八千草薫さん、扇千景さんが所属し舞台とは別に映画の方にも出演されていました。 他にも遙くららさんがテレビに出演したり、NHK連続テレビ小説「ぴあの」のヒロインを純名里沙さんが演じたり、鮎ゆうきさんや黒木瞳さんが番組のアシスタントとしてテレビに出演されていました。 この制度が無くなった理由として舞台との両立が難しいということが1番の理由でした。 ですが今回のような異動だとまず舞台に出ることは今後少ない気がします。 さらに彼女を使ってより一層世間の皆さまに宝塚のファンを増やすのではということも考えらえますね。 どちらにせよ一番は星蘭さんがしっかり役目を果たさないと異動する意味もなくなるわけです。 今後彼女が映画やドラマなどで活躍する姿を私たちは温かく見守っていく事しかできませんね。 これからの彼女にまだまだ大注目ですね! まとめ 皆さんいかがでしたでしょうか?星蘭さんの謎が少しは解明されたのではないでしょうか?書いている身としても、下級生すぎてあまりにもエピソードがなく少し考えさせられる人物でした。 今後私たちの想像を超える何かが怒るような気がするのは私だけでしょうか?今後も彼女に大注目ですね! 今回は 星蘭ひとみの路線落ち?メイク法やインスタは?などについてご紹介しました。

次の

星ひとみに占ってもらうには?お店はどこ?料金や予約方法を調査

星ひとみ インスタ

入力した情報がそのままインターネット上に公開されるようなことはありませんのでご安心ください。 天星術ってどんな占い? 「天星術」とは、中国に古くから伝わる東洋占星術をもとに統計学や人間科学、心理学などの要素から作り上げた、星ひとみさんの完全オリジナル占術です。 さらにそれぞれが4~6のグループに細かく分かれます。 ちなみに星ひとみさんは、巫女の家系に生まれた注目の占い師で、芸能人・著名人を中心とした顧客は常時1000人余り。 鑑定人数は2万人以上という若き実力派です。 最近のTVレギュラー出演も話題ですが、数年前にも大物芸能人カップルを結婚へと導いたことでも評判になりました。 【満月】想像力豊かな反面、現実的な面を持ち合わせたロマンチスト 【上弦の月】美的感覚の高い無邪気なガンコ者 【下弦の月】順応性にすぐれた世渡り上手。 好奇心旺盛 【新月】空想力がとても高い、心優しいさびしがりや 【空】寛大な心を持った親分気質。 実は臆病な一面も 【山脈】男女問わず広く浅く協調性を大切にする平和主義者 【大陸】クリエイティブな才能が豊か。 少々ドライなこだわり派 【海】しっかり者の現実派。 ステータスに弱い一面も 【朝日】冒険心旺盛で楽観的。 マイペースで自由人 【真昼】時に熱しやすく冷めやすい。 決断力と情をあわせ持つ 【夕焼け】信念が強く、少々頑固な努力の人 【深夜】マイペースな個性派。 我が道を突き進む 「天星術」ではこの"天星"を用いて、出会いの時期や結婚に適した時期、恋人との相性などを占うことができます。 占いのために下記に情報を入力してください あなたの情報.

次の

星ひとみに占ってもらうには?お店はどこ?料金や予約方法を調査

星ひとみ インスタ

星蘭ひとみ組み替えの背景とは? 星蘭ひとみは、101期生として宝塚歌劇団に入団。 入団時の成績は37番。 月組「1789」で初舞台を踏んだ後に、星組に配属され、その後は「ベルリン、わが愛」「ANOTHER WORLD」で新人公演ヒロインに抜擢されました。 将来の星組トップ娘役として期待されていたものの、次期トップには後輩である102期の実力派娘役、舞空瞳が就任。 また、演技力・歌唱力とも正直なところトップとしての実力にはかなりの差がある一方で、外見の美しさは人一倍際立っていたために、今後どのような道を歩んでいくのかファンとしても先が見えない状態でした。 おそらく、星蘭ひとみの専科への組み替えは、 「トップにはなれないけれども、このまま埋もれさせるには勿体無い」 という劇団側の判断でしょう。 私としては、今回の専科組み替えは、「今までテリトリーではなかった若い客層向けの広告塔として星蘭ひとみを起用する」というメッセージだと捉えています。 スクリーンタイムを奪うため、ユーチューバーやインスタグラマーとしての活動も 星蘭ひとみは宝塚所属の女優として、今後映像作品に出演することとなりますが、気になるのはどのような作品か。 ただし、 「どんな映画やドラマ?」 と気になる方は、少し昔の発想かなと思います(私も最初聞いたときは、どんな映画に出るのだろうかと思いました)。 かつて映像作品といえばテレビドラマや映画でしたが、今の感覚だと映像作品はYouTubeやSNSの短時間の動画、Netflixの方が意味合いが強い気がします。 マーケティングの基本としてユーザーのスクリーンタイムを奪いにいくのは当然であり、映画やテレビではなく「映像」と記載してあるのも、若者が時間を使っているSNSのストーリーやYouTubeに出演する可能性を示唆していると思います。 宝塚公式インスタグラムを開設してインスタグラマーとして活動したり、ユーチューバーとしてYouTubeに出演する、またはディズニーチャンネルなどインターネットでの配信を前提とした作品に出演する可能性も考えられます。 星蘭ひとみの魅力は? 星蘭ひとみは東京都出身。 「1789」のロケットを見ても、星蘭ひとみだけパッと一目で分かるくらいの美貌の持ち主です。 顔は上品さと愛らしさを兼ね備え、オードリー・ヘップバーンのような美しさです。 インスタグラマー的な可愛さもあるし、舞台で見るとスタイリッシュな美しさもある。 容姿だけでいえば右に出るものはいないと思います。 Instagramや YouTubeを通して、今の若者からも確実に支持されると思います。 (おまけ)映画専科とは? 元々専科は、「映画専科」「舞踊専科」「演劇専科」「声楽専科」「ダンス専科」などに分かれており、 今年お亡くなりになった八千草薫さんも、美貌・清純派の娘役として活躍後、1952年に新設された「映画専科」に配属、『人間萬歳』(雪組)や『みにくい家鴨の子』『王春讃歌』(花組)など宝塚作品に出演しながらも、第28回アカデミー賞名誉賞(最優秀外国語映画)を受賞した「宮本武蔵」にメインキャストとして出演するなど、映画・宝塚と両方のフィールドで活躍されました。 春日野八千代さんも専科に組み替え後、数々の映画に出演。 また、参議院議長など退団後は政治家として活動された扇千景さんも、映画専科に編入し、宝塚映画製作所の数々の映画に出演しています。 宝塚夫人(1951年)• 目下恋愛中(1951年)• メスを持つ處女(1951年)• 昔話ホルモン物語(1952年)• 一等社員 三等重役兄弟篇(1953年)• 千姫(1953年)• プーサン(1953年)看護婦・織壁さん• 旅はそよ風(1953年)• 金さん捕物帖 謎の人形師(1953年)• かっぱ六銃士(1953年)• 喧嘩駕籠(1953年)• 誘蛾燈(1953年)• 今宵ひと夜を(1954年)• 若い瞳(1954年)• 宮本武蔵• 蝶々夫人• 続宮本武蔵 一乗寺の決斗(1955年)• 夏目漱石の三四郎(1955年)• くちづけ(1955年)• へそくり社長(1956年)• 決闘巌流島(1956年)• 乱菊物語(1956年)• 続へそくり社長(1956年)• 愛情の決算(1956年)• 白夫人の妖恋(1956年)• 殉愛(1956年)• 世にも面白い男の一生 桂春団治(1956年).

次の