さば の みぞれ 煮。 プロの逸品「さばのみぞれ煮」

【楽天市場】さば(煮魚) > さばのみぞれ煮:氷温熟成煮魚と混ぜご飯のみうらや

さば の みぞれ 煮

「お魚イヤッ」なのは、骨があるから。 毎日の食卓に魚料理が登場する機会、減っていませんか? 特に小さなお子さんがいる家庭では「子どもが食べてくれない」という理由で敬遠されがちな魚料理。 かつては魚食が主流だった日本人の食卓ですが、今では、お肉中心のメニューが並ぶ、いわゆる「食の欧米化」が進んでいる背景もあり、魚を食べる量は年々減少しています。 子どもが魚を食べない一番の理由は「骨があること」。 親の方も骨を取って食べさせる手間を考えると、魚料理を避けてしまいがちです。 でも、子どもの健康のことを考えると、魚を食べてもらいたいと思うのが親ごころ。 そんな組合員さんの想いを受けて開発されたのが、骨を取って食べやすくしたコープの骨取りさばのシリーズです。 初めてコープデリ宅配に「骨取りさば」が登場したのは、2009年。 その1年前に発表された水産白書(水産庁)で、魚嫌いの原因として一番に挙げられていたのが「骨があるから」という理由でした。 その頃はまだ、骨を取り除いた魚商品は一般的ではありませんでしたが、「骨がなければ、子どもももっと魚を食べてくれるはず」と、約半年かけて骨のない魚商品の開発に取り組みました。 人の手で1本ずつ 取り除いているのね。 「骨取りさば」シリーズの骨を取り除く作業はすべて手作業で行われています。 その理由について、骨取りさばシリーズの製造を手がける株式会社極洋(以下、極洋)の宮宗邦享さんは、「さばによって個体差があり、骨がある位置や太さ、長さなどがまちまちなので機械できれいに取り除くのは不可能です」と説明します。 ノルウェー沖で水揚げされたさばは、鮮度を保ったまま一気に凍結され、タイ、またはベトナムの加工場に運ばれます。 加工場では、熟練されたスタッフが魚を3枚におろし、中骨を取り除いた切り身から、さらに細かい骨を骨取り専用のピンセットで、1本1本丁寧に取り除いていきます。 骨を取り除いたさばは、鮮度を保つために低温管理しながら目視や触手で残骨がないかを確認。 最近は大まかに骨を取り除く機械も登場してきていますが、「骨取りさば」に関してはすべてを手作業で行っています。 家庭で骨を取っても、どうしても小骨を残してしまいがちで、特に子どもは少しでも骨があると口から出してしまい、食べてくれないということも。 でも「骨取りさば」シリーズなら、手作業による入念な骨取りを施しているのでそんな心配もいりません。 骨をよけながらちょっとずつ食べるのではなく、文字通り、お魚をパクパク食べられるのが「骨取りさば」のうれしいところです。 原料のさばは、チルドルームで一晩かけて軽く解凍しておきます。 頭を切り落とした後、3枚におろし、内臓や血合いを取り除きます。 太い腹骨を丁寧に取り除いていきます。 さらに細かい骨を骨取り専用に開発したハサミやピンセットを使って取り除きます。 ノルウェー産のさばを 選んだワケ。 コープデリの「骨取りさば」シリーズの2商品には、ノルウェー産のさばを使用しています。 極洋の宮宗さんにノルウェー産のさばについて詳しくお聞きしました。 「ノルウェーでは、さば資源の管理は国が行っています。 漁獲枠も厳密に決められ、9月〜11月のベストシーズンを中心に水揚げされています。 極洋では、この時期に専門のスタッフがノルウェーに赴き、品質を目で確認し、選別した上で買い付けを行っています」。 中には、現地で「さばの神様」のように思われている熟練スタッフもいるのだとか。 ノルウェーで水揚げされるさばは、脂ののりがいいのが特徴です。 その理由のひとつは、ノルウェーの自然環境にあります。 国土の半分以上が氷河によって作り上げられた複雑な入り江・フィヨルドに接しているノルウェーでは、雪解け水が山から海に流れ込み、海水が魚の成育に適した塩分濃度となると同時に海水温が下がるため、身にたっぷりと脂を蓄えるのです。 また、アイスランド海域でたっぷりエサを食べたさばは、南下してノルウェー沖に到着する頃、ちょうどエサの養分が身にまわり、しっかりと脂がのった状態になっています。 もうひとつノルウェー産のさばがおいしい理由は、徹底した品質管理にあります。 ポンプから加工場のいけすに移し、急速冷凍されます。 ノルウェーならではの最新鋭の漁業システムによって、鮮度を維持された状態で加工場に運ばれているのです。 ご飯がすすむ甘めの味付け。 「子どもに魚を食べさせたい」という組合員さんの声を受けて開発をスタートさせたこともあり、「骨取りさば」シリーズの2商品は、味付けをちょっと甘めにして幅広い年代の方に食べていただけるように工夫しました。 コープデリ宅配の和総菜部門でベスト1の人気を誇る「CO・OP骨取りさばの味噌煮」は、信州味噌を使い、コクのある甘めの味付けに。 「CO・OP骨取りさばのみぞれ煮」は、しょうゆベースの甘めのたれに大根おろしを加えて、さっぱりとした味わいに仕上げました。 ひと切れ、ひと切れを真空パックで冷凍してあるので、ストックしておくのに便利。 食べたい時に、食べたい分だけ、湯せんで温めるだけで手軽にお召し上がりいただけます。 「骨取りさば」シリーズには、ほかにも生姜の効いたしょうゆベースのたれで煮付けた「CO・OP骨取りさばの煮付け(しょうゆ)」、辛さを抑えた和風のカレー味で甘めに煮付けた「CO・OP骨取りさばの和風カレー煮」をラインナップしています。 組合員さんの声 ・魚が苦手な息子も、これだとペロリ!と食べてくれます。 まだ幼い子は、お魚=骨が嫌いという感覚があるようなので、まずは「嫌い」という先入観を取り除いてあげるにはもってこいです。 ・骨がないので、子どもでも「切り身」のまま食卓に出せます。 いつもは骨を取るために身を崩してしまうのでフレーク状態になってしまうのですが、これは骨を取る必要がないので助かります。 ・これのおかげで、食卓に魚が上がる機会がグンと増えました。 仕事柄深夜帰宅が多い夫にも安心して出すことができます。 さすがにこの歳になると夜中の肉料理は控えたいので。 湯せんだけでおいしい煮魚が食べられるなんて、いい時代になったものです(笑)。 ・冷凍庫に常備しています。

次の

さばのみぞれ煮(骨とり)

さば の みぞれ 煮

「お魚イヤッ」なのは、骨があるから。 毎日の食卓に魚料理が登場する機会、減っていませんか? 特に小さなお子さんがいる家庭では「子どもが食べてくれない」という理由で敬遠されがちな魚料理。 かつては魚食が主流だった日本人の食卓ですが、今では、お肉中心のメニューが並ぶ、いわゆる「食の欧米化」が進んでいる背景もあり、魚を食べる量は年々減少しています。 子どもが魚を食べない一番の理由は「骨があること」。 親の方も骨を取って食べさせる手間を考えると、魚料理を避けてしまいがちです。 でも、子どもの健康のことを考えると、魚を食べてもらいたいと思うのが親ごころ。 そんな組合員さんの想いを受けて開発されたのが、骨を取って食べやすくしたコープの骨取りさばのシリーズです。 初めてコープデリ宅配に「骨取りさば」が登場したのは、2009年。 その1年前に発表された水産白書(水産庁)で、魚嫌いの原因として一番に挙げられていたのが「骨があるから」という理由でした。 その頃はまだ、骨を取り除いた魚商品は一般的ではありませんでしたが、「骨がなければ、子どもももっと魚を食べてくれるはず」と、約半年かけて骨のない魚商品の開発に取り組みました。 人の手で1本ずつ 取り除いているのね。 「骨取りさば」シリーズの骨を取り除く作業はすべて手作業で行われています。 その理由について、骨取りさばシリーズの製造を手がける株式会社極洋(以下、極洋)の宮宗邦享さんは、「さばによって個体差があり、骨がある位置や太さ、長さなどがまちまちなので機械できれいに取り除くのは不可能です」と説明します。 ノルウェー沖で水揚げされたさばは、鮮度を保ったまま一気に凍結され、タイ、またはベトナムの加工場に運ばれます。 加工場では、熟練されたスタッフが魚を3枚におろし、中骨を取り除いた切り身から、さらに細かい骨を骨取り専用のピンセットで、1本1本丁寧に取り除いていきます。 骨を取り除いたさばは、鮮度を保つために低温管理しながら目視や触手で残骨がないかを確認。 最近は大まかに骨を取り除く機械も登場してきていますが、「骨取りさば」に関してはすべてを手作業で行っています。 家庭で骨を取っても、どうしても小骨を残してしまいがちで、特に子どもは少しでも骨があると口から出してしまい、食べてくれないということも。 でも「骨取りさば」シリーズなら、手作業による入念な骨取りを施しているのでそんな心配もいりません。 骨をよけながらちょっとずつ食べるのではなく、文字通り、お魚をパクパク食べられるのが「骨取りさば」のうれしいところです。 原料のさばは、チルドルームで一晩かけて軽く解凍しておきます。 頭を切り落とした後、3枚におろし、内臓や血合いを取り除きます。 太い腹骨を丁寧に取り除いていきます。 さらに細かい骨を骨取り専用に開発したハサミやピンセットを使って取り除きます。 ノルウェー産のさばを 選んだワケ。 コープデリの「骨取りさば」シリーズの2商品には、ノルウェー産のさばを使用しています。 極洋の宮宗さんにノルウェー産のさばについて詳しくお聞きしました。 「ノルウェーでは、さば資源の管理は国が行っています。 漁獲枠も厳密に決められ、9月〜11月のベストシーズンを中心に水揚げされています。 極洋では、この時期に専門のスタッフがノルウェーに赴き、品質を目で確認し、選別した上で買い付けを行っています」。 中には、現地で「さばの神様」のように思われている熟練スタッフもいるのだとか。 ノルウェーで水揚げされるさばは、脂ののりがいいのが特徴です。 その理由のひとつは、ノルウェーの自然環境にあります。 国土の半分以上が氷河によって作り上げられた複雑な入り江・フィヨルドに接しているノルウェーでは、雪解け水が山から海に流れ込み、海水が魚の成育に適した塩分濃度となると同時に海水温が下がるため、身にたっぷりと脂を蓄えるのです。 また、アイスランド海域でたっぷりエサを食べたさばは、南下してノルウェー沖に到着する頃、ちょうどエサの養分が身にまわり、しっかりと脂がのった状態になっています。 もうひとつノルウェー産のさばがおいしい理由は、徹底した品質管理にあります。 ポンプから加工場のいけすに移し、急速冷凍されます。 ノルウェーならではの最新鋭の漁業システムによって、鮮度を維持された状態で加工場に運ばれているのです。 ご飯がすすむ甘めの味付け。 「子どもに魚を食べさせたい」という組合員さんの声を受けて開発をスタートさせたこともあり、「骨取りさば」シリーズの2商品は、味付けをちょっと甘めにして幅広い年代の方に食べていただけるように工夫しました。 コープデリ宅配の和総菜部門でベスト1の人気を誇る「CO・OP骨取りさばの味噌煮」は、信州味噌を使い、コクのある甘めの味付けに。 「CO・OP骨取りさばのみぞれ煮」は、しょうゆベースの甘めのたれに大根おろしを加えて、さっぱりとした味わいに仕上げました。 ひと切れ、ひと切れを真空パックで冷凍してあるので、ストックしておくのに便利。 食べたい時に、食べたい分だけ、湯せんで温めるだけで手軽にお召し上がりいただけます。 「骨取りさば」シリーズには、ほかにも生姜の効いたしょうゆベースのたれで煮付けた「CO・OP骨取りさばの煮付け(しょうゆ)」、辛さを抑えた和風のカレー味で甘めに煮付けた「CO・OP骨取りさばの和風カレー煮」をラインナップしています。 組合員さんの声 ・魚が苦手な息子も、これだとペロリ!と食べてくれます。 まだ幼い子は、お魚=骨が嫌いという感覚があるようなので、まずは「嫌い」という先入観を取り除いてあげるにはもってこいです。 ・骨がないので、子どもでも「切り身」のまま食卓に出せます。 いつもは骨を取るために身を崩してしまうのでフレーク状態になってしまうのですが、これは骨を取る必要がないので助かります。 ・これのおかげで、食卓に魚が上がる機会がグンと増えました。 仕事柄深夜帰宅が多い夫にも安心して出すことができます。 さすがにこの歳になると夜中の肉料理は控えたいので。 湯せんだけでおいしい煮魚が食べられるなんて、いい時代になったものです(笑)。 ・冷凍庫に常備しています。

次の

さばのみぞれ煮(骨とり)

さば の みぞれ 煮

繊細な仕事で上質な味わいに仕上げる 10月に入り、空気がひんやりと冷たくなり、キッチンに立って火を使うのも楽しい季節になりました。 美味しいものを自分で作れるようになるべく、今すぐに覚えたい「秋の美味しうるわし和食」の第2弾。 先生は前回に引き続き、江戸懐石近茶流嗣家で和食界のプリンスとして知られる柳原尚之さんです。 今回は、主菜となる「さばのみぞれ煮」を教わります。 >> 外国産なども含めると通年で手に入るさばですが、脂が最ものって美味しい時期は秋から初冬まで。 10月~11月頃に日本近海でとれる「真さば」(秋さば)は、脂のりが良いだけでなく、海流にもまれて身が締まり、肉厚でうま味がたっぷり! このさばを竜田揚げにして、大根おろしでさっぱりといただきましょう。 さばにかける大根おろしは、水洗いして軽く絞って使います。 大根おろしはお酢や温かいものと合わせると臭みが出てしまいますが、こうすることで臭いの発生を防ぐことができます。 すりおろすときには、受け皿にふきんを敷いておくとよいでしょう。 すりおろした大根をふきんで包み、手で軽くもみながら流水にあて、水気を取りすぎない程度に軽く絞ればOK。 さばの皮目に切れ目を入れ、味をしみ込みやすくさせてから、辛子じょうゆに浸けます。 「竜田揚げにはしょうがをよく使いますが、油が多いものにはしょうがよりも辛子が合いますよ」 さばに片栗粉をまぶしてカラッと揚げ、煮汁の中で煮て、みぞれをかけます。 菊とあさつきを散らしたら完成です。

次の