ワンオク 今 そう たった今。 手越祐也、会見後にワンオクTakaとの思い出を語る!奇跡のコラボはあるか?

手越祐也、会見後にワンオクTakaとの思い出を語る!奇跡のコラボはあるか?

ワンオク 今 そう たった今

昨年に韓国のBTS 防弾少年団 が、アメリカのアルバムチャート"ビルボード200"でアジア圏のアーティストで初めて1位を獲得しました。 BTSをはじめとするK-POPアーティストが全世界で活躍する中、邦楽アーティストが世界で活躍するためには何が必要なのでしょうか。 ONE OK ROCKの活動から海外活動を考える 日本ではドームツアーを完売させ、日本のみならず海外での活動も視野に入れて活動しているONE OK ROCK 通称ワンオク ですが、なぜ海外でも一定の認知を得られているのでしょう。 引用元: ワンオクの海外での認知度は? BABYMETALやピコ太郎など海外でも認知度が高いアーティストはいますが、彼 彼女 らの場合は他のアーティストにはない物珍しさから人気が出ていたりするので、ワンオクと少々違います。 ワンオクは海外のトレンドを意識した音作りや曲作りを行いつつ、定期的に海外でもツアーを行っており、しっかりとマーケティングを行いながら活動を続けています。 ワンオクは海外ではおよそ3000~5000人規模の会場でライブをできる状態までバンドを成長させてきました。 英詞で歌っている彼らではありますが、元々は日本人による日本のバンド。 他の邦楽アーティストとなんら変わりのない活動を行っていました。 しかし、なぜここまで海外で認知されるまでの存在になりえたのでしょうか。 海外…特にアメリカのリスナーがどのような音楽を求めているか、リリースした曲がどのように聴かれているかなど、アメリカ受けを積極的に取り入れています。 なぜワンオクはアメリカでブレイクしないのか ワンオクは "Panic! At The Disco"や "Paramore"などが在籍している "Fueled By Ramen"というレーベルに在籍しています。 洋楽アーティストを知らない方にレーベルメイトのバンドを紹介すると、海外のフェスなどでヘッドライナーとなれるくらいの実力の持ち主です。 ワンオクはそのようなレーベルに所属しており、中規模のライブ会場でライブができる状態ですが、ビルボードのアルバムチャートのトップ50にランクインするには程遠い状況にあります。 2019年にリリースされた 「Eye of the Storm」はビルボード総合アルバムチャートでは200位圏外となってしまっています。 確かにアメリカでは2019年現在、ヒップホップがメインストリームになっています。 ラウドロックを基調とするワンオクには向かい風な状況ではありますが、BTSはその中でも総合アルバムチャートで1位を獲得しています。 違いは何でしょうか。 最新作の 「Eye of the Storm」ではEDMやヒップホップを基調とした曲が多くありますが、店舗であったり、リズムなどはまだよくあるロックバンドのそれにしか過ぎません。 BTSのビルボード1位になったアルバムはハングルで歌っている曲があるにもかかわらず、売れてたのはマーケティングが上手いというのもありますが、売れる曲調をもっと意識したものだと思われます。 バスドラムの拍の位置、ベースの拍の長さ等、数多くの情報を分析して曲を作らなければワンオクがアメリカでブレイクすることは蒸すかしいのでと思われます。 他の日本人アーティストから海外活動を考えてみる 海外での活動を他の日本人アーティストはどのように行っているのでしょうか。 今、邦楽アーティストとは言わずに日本人アーティストと記載したのは理由があります。 海外で活躍する日本人アーティストは邦楽…つまり日本のマーケットでは活動しなくなっている方が多くなっているからです。 海外で売れるには海外で活動をする イギリスで活動をしているBO NINGENというサイケバンドを知っていますでしょうか。 イギリスを中心に活動しており、イギリスのファッション誌で特集されていたり、KASABIANなどの大物アーティストとワールドツアーに同行したりしているバンドです。 彼らは日本語や英語それぞれので歌う曲を持っていますが、どちらもイギリスでリリースしています。 彼らはどんなに海外アーティストと同じ環境で海外アーティストと同じ曲調で演奏をしても「グレイトジャパニーズ」だと表現されることが多いそうです。 さらにSuperorganismという多国籍バンドのメインボーカルを野口オロノ のぐちおろの もイギリスで英詞のみで歌を歌っており、ワールドツアーを回っています。 彼女もまた「すごいアジア人だ」という認識をされることが多いそうです。 日本人受けを意識しながら海外で活動するとどっちつかずで売れないのであれば、最初から海外で活動してみてはどうか。 と割り切るのも方法の一つとしてよいのではないでしょうか。 売れるためにいちばん重要なのはネット戦略 全世界でほぼ同時に新曲を聴くことができる現代では、音楽の世界においてもインターネットの重要性がとても高いことが分かります。 しかし、日本の事務所や邦楽アーティストはインターネットでのマーケティングが下手だと言えます。 音楽ストリーミングサービスのSpotifyの世界ランキングでは "J. balvin"を筆頭に近年ラテン音楽が多く入ってきています。 スペイン語で歌うことを誇りに活動している彼らは、ラテン音楽と流行をお互いに掛け合わせています。 アメリカのアーティストがラテンアーティストをフューチャーし、ラテンアーティストがアメリカのアーティストをフューチャーするなど世界で活動する幅を大きく広げてきています。 単純にスペイン語は母国語としている国が多いという側面もありますが、ストリーミングやYouTubeなどで世界に積極的に発信し、ライブを全世界に公開するなど認知度を飛躍的に高め、ここ数年で一気に流行となりつつあります。 邦楽アーティストはMVをショートバージョンで公開してたり、ライブの撮影も禁止。 ストリーミングでも音楽を配信しない。 などCDの売り上げを維持しようとすることにだけ必死になっているように感じます。 インターネットは誰でもアクセスできる可能性を秘めているにも関わらず、それを自ら放棄してしまう。 そのような状況であれば検索にも引っかからないでしょうし、潜在的なリスナーを排除している状況を作り出してしまっていると言えるでしょう。 特にBTSなどのK-POPのアーティストはハングルで歌っていてもアメリカで成功している例も多々あるため、日本語で曲を作っているから海外で売れないと言い切ることはできないのではないでしょうか。 まとめ 邦楽アーティストがさらに活躍することで新しい日本の音楽シーンを築き上げることもできるかもしれません。 しかし今のままでは邦楽はさらに海外と隔絶されたニッチなジャンルになってしまいます。 そうならないためには「世界のトレンドを細かいところまで意識する」「インターネットを今以上に活用する」この2点が絶対的に必要だと言えるでしょう。 もちろん、売れるためには良い曲を作れることが前提条件ですので、悪しからず。

次の

逆境や苦難、努力の先にある未来とは?ワンオクTakaの人生から教えてもらったこと

ワンオク 今 そう たった今

WANIMAがワンオクのライブに対バン相手として出演したが、すごくアフェーだったという話を耳にした。 スポンサーリンク 普段なら良い意味で荒れるライブをするWANIMA。 けれど、今日はモッシュなしダイブなし、そして健太のMCでは笑いなしという有様だったとのこと。 要は客層が違うかったのであり、ワンオクのファンの多くがWANIMAに関心がなかった、そもそもWANIMAというバンドを知らなかったという話ではあるのだろうけども、なぜ盛り上がらないのか不思議といえば不思議である。 そりゃあワンオクを観たくてそのライブに来た、というのはわかる。 動いたら疲れるから極力関心を示さないようにする、という策略を練っていたというのもわかる。 とはいえ、仮にも日常的に音楽というものに触れていたならば、FOBとかならともかく、WANIMAのことをまったく知らないことはないと思うのだ。 CMにも使われているし存在くらいは認知してそうなものだし、そもそも初聴きだとしても、ワンオクみたいなゴリゴリなロックサウンドが 仮にも 好きなら、WANIMAもいいやん!みたいな感じになりそうなものである。 でも、そうはならないのだ。 もちろんワンオクファンの中にもWANIMAが好きな人はたくさんいたと思うけれど ワンオクファンの一部はTakaを観ることが目当てなのであって音なんてどうでもいいんだ、という指摘はもっともなのだが、今作のワンオクのアルバムを評価をみたりしていると、ワンオクはこんな音を作ってほしいのにみたいな願望が書かれていることがよくある。 つまりそれってちゃんとワンオクの作る音楽に対してはわりとちゃんと聴いているわけだ。 完全に音楽を無視しているわけではなくて、こんな感じのワンオクの音が好き!みたいなのは各々にあるということ。 ワンオクファンは、ちゃんと音は聴いているのだ。 ということは、WANIMAの音楽だって、聴こえてくるぶんにはちゃんと聴いているはず。 けれど、WANIMAの音にはぐっと来なかったわけだ。 こう考えると、知名度とかではなくて、ワンオクファンを虜にできなかったWANIMAの負けだったという感じもしてくる。 でも、その一方で、音楽的なノリが近かったとしても、そのバンドにしか関心を示さない人もわりと多い。 ちなみに個人的には、同じタイプのバンドが来てもあまり反応を示さず、フェスではそのファンが煙たがれてしまうバンドは3つ、頭に浮かぶ。 ワンオク、ミスチル、そしてハイスタだ。 ラルクなんかもフェスに出たら見事なまでにそのバランスを崩すんだろうけど、少なくともラルクがフェスに出そうな気配は今のところないので除外しておく。 ミスチルファンの一部は面白いくらいにミスチルにしか関心を示さない。 しかもミスチルファンは年齢が比較的高く財力のある人が多いので、フェスなのにミスチルしか見ずに帰るみたいなかっこいいことをやりのける人もいる。 スポンサーリンク また、意外に思うかもしれないが、ハイスタファンもハイスタにしか関心を示さないことが多い。 若いハイスタファンは色んなバンドを楽しむ傾向があるが、初期のエアジャムからハイスタが好きな人はエアジャムに行ってもハイスタ直前まではタバコ吸って、ろくに他のバンドのライブはろくに見ない人が多い。 世代だから仕方ないといえば仕方ないのかもしれないが、ハイスタが好きすぎるがゆえに、線引きしたがるファンが多いのは実態としてある。 まあ、対バンだからって無理に同じように盛り上がる必要なんてないし、感じたら動いたらいいし感じなかったら動かなくていいのだ、ライブなんて、とは思う。 問題なのは、音の届かなさにあると個人的に思う。 どういうことか? つまりワンオクファンにWANIMAの音が刺さらなかった、というところが問題と思うわけだ。 下手くそな3流バンドだったらいざしれず、ロック界のニューヒーローといわれるあのWANIMAである。 それなのに、その音は見事なまでにスルーされたということ。 ネットにあったレポが正しいならば、の話だが これって音楽の力が失われつつあることを意味しているのかなーと思うのだ。 実際問題、音楽好きと公言している人たちですら、ひとつの音楽に対して「ちゃんと聴いているところ」「反応しているところ」なんて、ほんの一部なのである。 ギターはわかるけど、ベースのことはよくわからんみたいな。 ここのスネアとここのスネアは音を変えてるねん、みたいなこだわりだって、一切気付かれないみたいな。 つまり、音楽そのものの捉え方が、すごく平面的になってしまっているからこそ、一部のアーティスト以外は反応できない、という事態が生まれてしまっているのかなーと。 ボーカルの声、あるいは好きな曲のメロディーにしか反応できないからこそ、こういう事態が生まれるのかなーと。 この事態を食事に例えたらわかりやすい。 味の濃いものばかり食べていたら、それでしか「美味しい」と感じなくなってしまったみたいな。 マクドばっか食ってたから、高級な京料理じゃ味が感じれなくて、美味しいと思えなくなってしまったみたいな。 そういう事態が音楽の世界にも、訪れているのかなーと。 星野源は好きだけど、ブラックミュージックには関心を示さない人だって多いわけで。 たぶんワンオクはそういう問題意識をもっているからこそ、自分たちをきっかけにして色んな音楽を聴いてほしいと思い、色んなバンドとライブしたり、フェスに出たりしているのだと思う。 なかなか上手くは行ってない部分もあるけれど。 これは正直、教育の部分もあるわけで、こういう音楽が良いのだと頭ごなしに教育でもしない限りは、変わらない気がする。 けれど、そんなことをしだしたら、もはやどっかの宗教団体の洗脳と変わらない話になってしまう。 でも、そのせいで日本に流通している音楽の種類はどんどんと減っていたりもするし。 ワンオクのライブの問題は、そういうことも孕んでいるのかなーと、ふとそんなことを思ったりする。 もちろん、人による、というのは絶対的にあるとしても。 関連記事: 関連記事: スポンサーリンク.

次の

ONE OK ROCK ワンオク 元気が出る!!応援ソング!!和訳&歌詞

ワンオク 今 そう たった今

今更聞けない! ワンオクってどんなバンド? 左から時計回りにRyota,Toru,Tomoya,Taka オススメ曲ご紹介の前にワンオクについて簡単におさらいしておきましょう! ONE OK ROCKは2005年に結成されたロックバンド。 バンド名の読み方は「ワンオクロック」と読みます(知ってますよね…(笑))。 現在のメンバーはvo. Taka,Gt. Toru,Ba. Ryota,Dr. Tomoyaの4人組体制ですが、過去には現在は俳優として活躍する小栁友(ワンオクではドラムを担当)やギターを担当していたAlexが所属していました。 現在の形になったのは2009年のこと、ここからワンオクの快進撃がスタートします。 Who are we?? また、2015年にはアメリカのワーナー・ブラザース・レコードと契約を果たし、本格的に世界を戦場として活動の場を広げました。 それが理由かワンオクの楽曲には全て英詞の楽曲も多く、日本のみならず海外に出しても爆発的な人気を誇るサウンドを常に生み出しているんです! 4人体制になってからの約10年でここまでモンスターバンドになったONE OK ROCK。 どんな楽曲を生み出しているのでしょうか? それではオススメ曲をご紹介していきますよ! ワンオクのオススメ曲はこの5つ! 世界的なサウンドになったワンオクですが、初期の頃の楽曲もセンスありありでかなりかっこいいです! ワンオクを語るなら初期の曲も知らなきゃということで、今回は初期の曲から海外進出までの楽曲を筆者の独断でご紹介します。 メッセージ性の強い楽曲は、当時20代前半の彼らの思いが強く反映されています。 犯した罪の数が 寂しさを物語ってんだよ そしたら大人はソレ見て 全てを悪く言うんだろ? 言えない見えない見たくもなくない? だから飛べるはずない しょうがないっちゃしょうがないけど 本当はそうじゃない 分かったようなフリで近づく金の亡者 ツメを伸ばしたウソ書き人 こんな時代だから… Aメロの歌詞には当時の社会的な事柄(ネットの普及や詐欺やいじめなど)を思わす歌詞をシンプルながら力強い演奏で訴えかけるサウンドは圧巻。 結成からわずか2年でメジャーに進出したのも頷ける、衝撃的なデビューシングルですね。 ちなみに筆者が学生時代のバンド活動で初めて歌った楽曲もこの内秘心書(この情報はいらない(笑))。 アルバム全体をエモーショナルに仕上げただけあって、この楽曲も情熱的な楽曲に仕上がっています。 ハイテンポな展開で激しい楽曲ではありますが歌詞を見ると、恋愛の曲。 恋をしてしまった男の気持ちを激しく情熱的に表現しています。 また、ライブの動画、ラストサビ前にTakaの「STOP!! 」の一声で演奏が全て止まる場面があるのですが、これは生で体感して欲しいですね。 疾走感溢れるサウンドは今までのワンオクとは一味違う。 ギターを担当していたAlexが脱退し、編成が変わり音数が減ったのにも関わらず彼らのサウンドはパワーアップしているんです。 サウンドだけでなく、歌詞も力強くこれからこのメンバーでトップを目指して行こうと思っているのがよく分かるパワフルな歌詞は胸に突き刺さるんですよね。 結婚式でも多くの方がBGMや余興で歌っていたりする楽曲ですよね! サビを和訳してみると、より一層この楽曲が良いラブソングなのかが分かります。 同映画の主演を務める佐藤健とTakaはプラベートでも仲が良く、この楽曲に関しては、「彼が一生懸命頑張った映画に対してONE OK ROCKに何ができるかを考えるだけだった。 」と語っており制作に関してはスムーズにいったようです。 これを機に、ワンオクは映画「るろうに剣心」の続編でも主題歌を担当し、世間にONE OK ROCKの名をより広めることになりました。 この楽曲は当初、ピアノで制作されておりバンドサウンドに置き換えて制作されたものなのですが、聴いていて分かるように疾走感溢れるサウンドでピアノで作られていたなんて想像がつきませんよね! またTakaの音域の広さには驚かされます。 サビ前からサビにいくところなんか、一級品の音域です! The Beginningの発表後、2013年ごろからワンオクは海外での活動も精力的に行うようになり、全編英語の歌詞の楽曲も増えました。 比較的英詞の多いこの楽曲こそがワールドワイドな活躍の足がかりになっているのかもしれませんね! 世界的なサウンドにパワーアップしたワンオク。 新しい順に聴いて行くのも悪くはありませんが、真のOORerを目指すなら初期の楽曲から入門してみるのはいかがでしょう? 今回紹介した楽曲の他にも、アンサイズニアや欠落オートメーション、光芒などなど、聴いていただきたい名曲がたくさんあるのでyoutubeやApple Music、LINE MUSICなどの音楽配信アプリで探して聴いてみてくださいね。 これからどこまでパワーアップするか、未知数なモンスターバンドONE OK ROCKの楽曲を聴いて、この暑い夏を乗り切りましょう! ONEOKROCK公式サイト: ONEOKROCK公式Twitter: ONEOKROCK公式Instagram:.

次の