アイコスマルチ 充電完了。 アイコス3マルチの使い方|充電・掃除方法を画像と動画で解説【IQOS 3 MULTI】

アイコス3マルチの使い方|充電・掃除方法を画像と動画で解説【IQOS 3 MULTI】

アイコスマルチ 充電完了

アイコス3マルチなら、まず上部のフタをスライドし、穴にヒートスティックをセットして1本目を吸う。 吸い終わったら、使用済みのスティックを取り出し、 すぐに新しいヒートスティックを差し込み20秒の余熱、2本目を吸う…。 この繰り返しで 最大で連続10本まで吸うことができます。 連続吸いができないためにアイコスシリーズから 他の電子タバコに乗り換えたという声もたくさん出ていた中、一度に何本も 連続吸いが可能になったアイコス3マルチは、アイコスユーザーが待ち望んでいたモデルに間違いないでしょう。 アイコス互換機というものがあったけど…? 純正品でない互換機なら、今までも連続吸いができるモノが存在していました。 しかし純正品でないアイコス互換機は、怪しいメーカーや通販サイトのモノも多く、 酷い時には粗悪品や偽物の場合もあります。 そうでなくても 保証がついていませんのでリスクと隣り合わせだったのです。 アイコス3マルチは、これ1つで完結していて 純正品の中ではたった一つの連続吸い可能なモデルです。 デザインも使い勝手も文句なしなうえに、 安心も付いてくるわけです。 アイコス3マルチの充電時間について 気になるのは、やはり『充電時間』と『どれぐらい持つのか』ですよね? 従来のアイコスであればチャージャー フル充電は約2時間、チャージャーからホルダーへ 1本吸うごとに約3分間充電する…を繰り返して使うこと、およそヒートスティック 20本分は持つといわれていました。 では、 アイコス3マルチの場合の充電時間と、フル充電時にはどれぐらい持つのかを見ていきましょう。 アイコス3マルチのフル充電時間は? アイコス3マルチの充電時間は、 フル充電完了まで約1時間15分となっています。 1時間ちょっと充電器とつないでおくだけでフルになると考えれば まぁ問題なしですね。 アイコス3マルチは1回のフル充電でどれぐらい持つ? デカくて重いポケットチャージャーがなくなり、 小型化&一体化したことによるデメリットは バッテリー容量もコンパクトになったことです。 上で連続吸いは10本までとしましたが、その理由は ヒートスティック10本分でバッテリーがちょうど切れるからなんです。 つまり、アイコス3マルチは追加充電なしでは連続吸いしても分けて吸っても 10本までという事になります。 ヒートスティック10本ってどうなの…? ヒートスティック10本というのは、 何とも言えない本数って感じですよね。 1回の喫煙で何本吸うかというところですが、連続吸いができて嬉しいと考える層ならどれだけ少なく見ても2~3本は吸うはずです。 何本吸うとどれぐらいの感じなのかイメージしてみましょう。 ・連続吸い2本までならタバコ休憩5回分、まぁこれなら十分かもしれません。 ・連続吸い3本までならタバコ休憩3回分です。 これで乗り切れる人もギリギリ居そうなラインでしょうか?• ・連続吸い4~5本となると、喫煙所に足を運べるのは2回分の充電しかありません。 1日で2回分のタバコ休憩しか持たない…ちょっと物足りませんね。 何本も 連続吸いできるメリットに対して、一度のフル充電で10本までしか吸えないのは、一気に連続吸いをするほど、ヘビースモーカーにとっては物足りないことになってしまっています。 1日に20本以上吸いたい場合は、どうしても 途中で充電を挟む必要があります。 充電で困っている人におすすめのアイテムがあった! 「アイコス3マルチ 結構良さそうだけど、 10本しか吸えないんだったらちょっと…」 ずっと外で仕事だから途中で充電なんてできないという人も居ますよね? なんと言っても、 連続吸いがスムーズにできることで、従来のアイコスよりも 吸う本数が増えるかもしれないという所に注目すると、1日 10本で乗り切るのは難しい…という人も多いはずです。 そんな追加充電で困っている人でもアイコス3マルチを思う存分使うには、今やスマホやタブレットでもすっかりおなじみとなった モバイルバッテリーを使用する方法があります。 アイコス3マルチに適したモバイルバッテリーは まずは容量を見ましょう。 アイコス3マルチのバッテリー容量から考えると、 10000mAh程度の容量のモバイルバッテリーなら十分と言えます。 MAX充電が4回できる程度の容量ですので、アイコス3マルチフル充電+モバイルバッテリーフル充電で 吸える本数は50本になります。 いくら何本も吸うと言ってもこれだけあれば大丈夫でしょう。 電流もしっかりチェック! もう一つはのポイントは 電流をチェックです。 モバイルバッテリーには出力があります。 アイコス3マルチの 充電の際の電流は2Aなのですが、モバイルバッテリーには2Aだったり1Aだったり、もしくは2種類ともついている物もあります。 商品によっては 2AのUSBポートは急速充電ポートなどと言われていたりもしますのでよく見てみて下さい。 モバイルバッテリーは 「2A」のものを選びましょう!1Aと2A両方のポートが付いている場合は2Aの方を使用しましょう! アイコス3シリーズ用の『USB-type-Cケーブル』にも注意 アイコス3マルチの充電関連や連続吸いについてまとめましたがいかがでしたでしょうか? アイコス3マルチは、 軽くてコンパクトで、何本も連続吸いができることが特徴でした。 およそ1時間15分でフル充電でき、フル充電されたアイコス3マルチではヒートスティック10本分吸うことができます。 朝、家を出てしまうと長時間充電ができないけど 1日に10本以上吸いたい!という人にとっては、 モバイルバッテリーを携帯するのがおすすめです! ただ、ポケットチャージャーとホルダーがセットになっている従来のアイコスシリーズと、アイコス3マルチ&モバイルバッテリーのセットで比較しても、連続吸いができるメリットの部分で優れていると考えると アイコス3マルチは優秀と言えそうですね。 アメリカで爆発的な人気で今や米国の電子タバコシェアの半数以上を占める、日本でもこれから確実に流行る『JUUL ジュール 』という電子タバコをあなたはご存知ですか? ジュールの一番の特徴は電子タバコなのにニコチンが入っており、火を一切使用しないのでタールも無く、コンパクトでスタイリッシュなデザインにあります。 え?「どうせプルームテックと同じ煙量?」いや、マジでビビりますよw信じられなければYOUTUBEを今すぐ開いて『JUUL』で検索してみて下さいw 強いニコチン感と煙草と同様のキック感を得られる『JUUL ジュール 』は通販で誰でも簡単に購入する事ができ、POD リキッド のカートリッジを入れ替えるだけで簡単に交換が完了してしまいます。 勿論、 液漏れも一切しない凄いヤツですw.

次の

アイコス3 DUO(デュオ)の使い方を徹底解説!連続吸いが可能になったアイコス 3 DUO充電時間も半分に?!

アイコスマルチ 充電完了

本記事では、加熱式たばこIQOS(アイコス)のホルダー、及びポケットチャージャーにおける ランプの点滅、点灯パターンについて詳しく解説しています。 アイコスには、主にヒートスティックを挿入する 「ホルダー」と、ホルダーを充電する 「ポケットチャージャー」の2つが存在します。 ホルダー、ポケットチャージャーは共に機械ですので、電源を入れるためには必ず充電が必要です。 アイコスを使い続けていくと、 必ずと言っても良いほど故障に遭遇することになると思いますので、ホルダーとポケットチャージャーに付いてるランプの点滅・点灯パターンを理解しておくことで、早い段階で故障を見極めることが可能です。 ホルダー充電時のステイタスライト• ポケットチャージャー充電時のステイタスライト• 自動加熱クリーニング起動時のステイタスライト ホルダー充電時のステイタスライト 緑色点滅【充電中】 主に、ホルダーを充電している時に、緑色のランプが点滅します。 緑色点灯【充電完了】 主に、ホルダーの充電が完了した際に、緑色のランプが数秒点灯します。 オレンジ色点滅【充電不備】 主に、ホルダーとポケットチャージャーの接触不良の際に、オレンジ色のランプが点滅します。 こうなるとホルダーの充電はできませんので、ホルダーを抜き差しするか、または保証期間内であればIQOSのカスタマーサポートに連絡の上、新品と交換してもらう必要があります。 赤色点滅、または点灯【故障の可能性大】 故障の可能性大 何らかの故障が原因で、赤色の点滅、または点灯します。 ただちに、IQOSのカスタマーサポートに連絡の上、新品と交換してもらう必要があります。 また、本体のをすることで直る可能性があります。 以下記事にて、赤点滅発生時の対処法や再起動(リセット)の方法をご紹介していますので、併せてご覧ください。 ポケットチャージャー充電時のステイタスライト 緑色点滅【充電中】 主に、ポケットチャージャーを充電している時に、緑色に点滅します。 全てのランプが緑色点灯【充電完了】 主に、ポケットチャージャーの充電が完了した際に、緑色に数秒点灯します。 一つのランプだけ緑色点灯【要充電】 主に、ポケットチャージャーの充電が残り少ないことを意味します。 ただちに、ポケットチャージャーの充電をしてください。 自動クリーニング起動時のステイタスライト オレンジ色点灯【クリーニング待機中】 ホルダーの充電が完了次第、自動クリーニングが作動します。 特に異常があるわけではなく正常です。 緑色点滅【クリーニング中】 ホルダーのクリーニングをしている際に、緑色に点滅します。 クリーニングが完了次第、再度ホルダーの充電が始まります。 赤色点滅【故障の可能性大】 故障の可能性大 IQOSホルダー充電ステイタスライトと、自動加熱クリーニングステイタスライトの 両方が赤色で点滅している場合には故障している可能性があります。 ただちに、IQOSカスタマーサポートに連絡をして交換してもらう必要があります。 また、本体のをすることで直る可能性もあります。 以下記事にて、赤点滅発生時の対処法や再起動(リセット)の方法をご紹介していますので、併せてご覧ください。 ホルダーのランプ点滅・点灯パターン 次に、IQOS(アイコス)の ホルダーに付いているランプの点滅、点灯パターンを解説していきます。 アイコスのホルダーには、一つのランプしか存在しませんが、全部で5通りの点滅、点灯パターンが存在します。 緑色点滅【加熱中】 主に、ヒートスティックを加熱している時に、緑色に点滅します。 (約20秒) 緑色点灯【加熱完了】 主に、ヒートスティックの加熱が完了した際に、緑色に点灯します。 最長6分間、または約14回吸引することが可能です。 オレンジ色点灯【残り30秒で充電が切れる】 主に、ヒートスティックの吸い終わりを意味していて、残り時間約30秒後にホルダーの充電が切れます。 赤色点滅【故障の可能性大】 故障の可能性大 ホルダーが故障している際に、赤色に点滅します。 ただちに、IQOSカスタマーサポートに連絡をして交換してもらう必要があります。 また、本体のをすることで直る可能性もあります。 以下記事にて、赤点滅発生時の対処法や再起動(リセット)の方法をご紹介していますので、併せてご覧ください。 赤色点灯【要充電】 主に、ホルダーの充電がない時に、赤色に点灯します。 ホルダーをポケットチャージャーに入れて、充電してください。 故障がほぼ確定するランプの点滅・点灯パターン 続いて、IQOS(アイコス)のホルダーやポケットチャージャーが、 ほぼ故障していることが確定するランプの点滅、点灯パターンについてまとめてみました。 基本的に、アイコスの ランプの点滅は緑色が正常です。 オレンジ色や赤色に点滅、または点灯している場合には、 接触不良や故障している可能性があります。 特にオレンジ色は問題ないケースがほとんどですが、 赤色に点滅、または点灯した場合はほぼ故障していることが確定しますので、まずはをして、それでもダメな場合はカスタマーサポートに連絡するようにしましょう。 まとめ まとめになりますが、基本的にアイコスのランプは緑色のうちは何も問題ありませんが、 オレンジ色が頻繁に確認できたり、赤色の点滅、または点灯した場合は故障の可能性があります。 アイコスは 保証期間内であれば無償で新品と交換してもらえますので、早い段階で交換してもらうことをおすすめ致します。 ちなみに私は、アイコスを複数台所有していますが、いずれも故障をして交換してもらっています…汗 保証期間が過ぎた場合には無償で交換してもらうことが出来なくなってしまいますので、面倒でも購入後すぐに製品登録をして、 故障かなと感じたら早い段階で交換申し込みをするようにしましょう。 その他IQOS(アイコス)の故障に関する記事.

次の

IQOS(アイコス) 充電不良の原因はこれ!ポケットチャージャーを分解して直した!

アイコスマルチ 充電完了

Contents• 外装はこんな箱 アイコス3 マルチの外装はゴールド色したキャップを外すとこのようにシンプルな箱になっています。 アイコス3とほぼ一緒ですね。 シンプルでありながら高級感をかんじさせるデザインになっています。 それでは中を見てみましょう。 箱を開けてみる 箱を開けるとアイコス3 マルチの本体が出てきました。 従来のアイコスであれば、チャージャーの中にホルダーが収納されていて、ホルダーを充電しながら吸うといった感じでしたが、アイコス3 マルチはチャージャーとホルダーが一体型になったと思って頂けると分かりやすいのではないかと思います。 写真に出ている本体にヒートスティックを差し込んで吸います。 そして、充電がなくなると直接本体を充電していきます。 gloを知っている方であれば、gloのアイコス版と思って頂ければ分かるかと思います。 もう一段開いてみる もう一段開いてみると、クリーナーと綿棒の掃除用品セットが入っています。 クリーナーは従来のアイコスですとブラシが付いていて掃除しても全然キレイにならないので、つまようじを使用して掃除をしていましたが、アイコス3 マルチのクリーナーはブレード状になっておりますので、焦げを掻き取ってくれます。 以前のアイコスクリーナーと比較すると断然進歩していることがわかります。 更に開けてみる クリーナーが入っているところを取り外し、更に下側には、ACアダプタとUSBケーブルが入っています。 これはアイコス3 マルチの本体を充電するための充電用ケーブルになります。 ACアダプタをコンセントに差し込み、反対側にはUSBポートがありますのでケーブルのUSBを差し込みます。 反対側はTYPE-Cのコネクタになっていますので、これを本体に差し込めば充電されます。 従来のアイコスですと、マイクロUSBになっていたため、差し込みの向きを気にしなければなりませんでしたが、TYPE-Cに変更されていますので、アダプターの向きを気にすることなく本体に差し込むことができるようになりました。 最近のアンドロイドスマホもTYPE-Cに切り替わってきてます。 スマホ以外にもUSBを使用するデバイスであれば最近のものはTYPE-Cに切り替わってきていますので、今後はどこでも充電ができそうですね。 アイコス3 マルチ本体• クリーナー• ACアダプタ• TYPE-C充電ケーブル• 取扱説明書 アイコス3 マルチ本体を見てみる アイコス3 マルチは今までのアイコスとは違い、チャージャーとホルダーが一体型の形状をしています。 今までアイコスを使用していた人であればホルダーが少し大きくなったという感じです。 おれでは本体がどのようになっているのかを見ていきましょう。 ヒートスティック差込部にカバー ヒートスティックの差し込み部分はスライド式のカバーが付いています。 このカバーをずらしてヒートスティックを差し込むようになっています。 カバーは写真のようにスライドして開くようになっています。 そして、ちょっとした衝撃で自然に戻る構造になっていますので気がついたら蓋がしまっています。 この中にヒーターが入っていて起動ボタンを押すことでヒートスティックに加熱していきます。 キャップを外してみる 本体のキャップを外すとこのようになっています。 アイコスと同様のブレードヒーターが内蔵されていてここで加熱されます。 蓋はどうゆう構造になっているのか分かりませんが半開きにしていると自然に戻っていきます。 バネが入っている形跡もありませんので、おそらく磁力で自然に戻るようになっているのではないでしょうか。 充電は底面から 底面はこのようになっていて、TYPE-C用のUSBポートがあります。 TYPE-Cのコネクタなので向きを気にすることなく差込が行えますので、従来のアイコスよりも使い勝手が良くなっています。 実際にUSBに差し込んで充電してみます。 上側にランプがついてますので、ランプが点灯しますので充電していることがひと目で分かるようになっています。 アイコス3 マルチのここが良い アイコス3 マルチはホルダーとチャージャーが一体化しています。 これにより多くのメリットがあります。 軽量でコンパクト• 連続で10本吸える• オシャレなデザイン これらが最大のポイントになります。 先ず、軽量という点では、本体が僅か50gしかありません。 持っていても重たいという感覚はありませんので連続吸いでも抵抗なく吸うことができます。 ポケットやカバンなどに収納も容易にできますので持っていても場所をとることはありません。 そして、最大のメリットは連続吸いができるという点です。 従来のアイコスですと1本吸うごとにホルダーの充電で3~4分の待ち時間がありましたが、アイコス3 マルチは吸い終わってからまた直ぐに吸うことができます。 ホルダーの充電にストレスを感じている人であれば、アイコス3 マルチが良いのではないでしょうか。 最後に、デザインがオシャレという点です。 スリムなボディにボタンが1つしか付いてませんのでとてもシンプルでスタイリッシュなデザインになっています。 持っているだけで注目を浴びてしまうデザインですね。 アイコス3 マルチまとめ アイコス3 マルチのレビューをしました。 アイコス3とアイコス3 マルチで購入を迷っている人もいるかと思います。 選ぶポイントとしては、ホルダーの充電時間が気になる人はアイコス3 マルチが断然おすすめです。 しかし、充電が切れるのも早いので外出が多い人には不向きかもしれません。 そんな場合は、モバイルバッテリーをセットで持ち歩くのが良いかもしれません。 参照 連続吸いを余り行わない人はアイコス3を購入するのがおすすめです。

次の