マジック ミラー レース カーテン。 外からの視線が気にならず 中から景色が楽しめる暮らし|通販のベルメゾンネット

マジックミラーのレースカーテンは夜も透けるのか?

マジック ミラー レース カーテン

外の景色がよく見える。 UVカット・ミラーレースカーテン 子どもの成長を やさしい気持ちで見守れたり。 家の中にいながら感じる 四季のうつろいにほっこりしたり。 一生懸命に何かをしようとしなくても、 ただカーテンを変えただけで 暮らしのそこかしこに流れるおだやかな時間。 「エガオノハナシ」、はじまりはじまり。 娘の帰宅にすぐ気づける カーテン1枚でエガオが増えた。 娘が小学校に入学するタイミングで、念願だった家を新築したときにまずこだわったのは、通りに面したリビングに大きな窓を確保することでした。 もう小学生だから学校まで迎えに行けないけれど、ついこの前まで幼稚園に送り迎えしていたからやっぱり心配で…。 帰宅時間が近づくときっとソワソワしてしまうだろうし、1年生のうちはまだまだ娘も不安だろうから、帰ってきたことにすぐに気づいてあげたくて大きな窓が必要でした。 それに、リビングから庭を眺める暮らしに憧れていたので、たとえ小さなスペースでも好きな木々や花を植えて育てることを決めていました。 でもそうすると、当然外からの視線が気になるはずなので昼間の外から視線をカットできるミラーレースカーテンを引越し前から用意。 大きな窓に合わせて新しく購入して準備万端なはずでしたが、ミラーレースカーテンをかけたら外の景色がほぼ見えなくなってしまってがっかり…。 帰ってきた娘の姿もわからないし、丹精込めて手入れしている庭も眺められないしで大きな誤算でした。 そんなモヤモヤを解消したくて、探して探してやっと見つけたのがベルメゾンの[外の景色がよく見える。 UVカット・ミラーレースカーテン]。 「こんなカーテンあったんだ!」って目からウロコのおどろきでした。 家の中で緑や花々も眺められる まるでマジックミラーみたい。 このカーテンのすごいところは、外からの視線は普通のミラーレースカーテンと同じように遮ることができるのに、外の風景はしっかりきれいに見えること。 まるで刑事ドラマとかに出てくるマジックミラーみたいだなって、窓を眺めるたびに思っています。 カーテン越しでも、娘が大きなランドセルを重そうに背負って一生懸命歩いてくる姿にすぐ気づくので、いちはやく玄関に向かって「おかえり!」って出迎えてあげられます。 それに丹精込めて手入れしている、木々の緑が深まる姿や暖かな日差しをあびる花、真っ青な空に雲が流れていく様まで、ミラーレースカーテン越しとは思えない風景を眺めることができて、ほっこりできる時間が増えました。 紫外線をカットする効果がありながらリビングがぐんと明るくなったので、起きるのがちょっと憂鬱な日も朝から気持ちよく過ごせています。 室内がシンプルにすっきりと見えて憧れていたけれど、それは家それぞれの敷地が広くて庭もたっぷりある海外の住宅事情だからできることだとあきらめていました。 わが家の前の道路もそうなのですが、狭いのでお向かいさんとの間隔が近かったり、そもそも隣接するお宅との間に十分なスペースを取れない日本の住宅時事情では、厚手のカーテンなどで室内を見せない工夫が必要になってきます。 でもこのカーテンなら、海外の住宅のような軽やかな窓辺が叶います。 カーテンを変えただけで 変わる日常が心地いい。 ふと考えてみれば、カーテンって本当に買い替える機会が少ないように思います。 あまり考えずにずっと同じカーテンを使っていたり、そもそもどんなカーテンが必要なのかを考えたことがなったり。 わが家も引越ししなったから[外の景色がよく見える。 UVカット・ミラーレースカーテン]に買い替えることはなかったはずです。 でも今は、カーテンを変えただけでこんなに日常が気持ちよくなることを知って、カーテンに注目しないなんてもったいないと感じています。 58サイズも揃っていて家中の窓に合わせやすいから、ほかの窓にもこのカーテンを取り入れたいです。 カーテンにちょっとこだわるだけで、暮らしがずいぶんと快適になる。 なによりエガオが増えたことがうれしくて、このカーテンはわが家のマストになりました。 岸村バイヤー 足立プランナー [外の景色がよく見える。 UVカット・ミラーレースカーテン]は、ミラーレースカーテンを使用しているバイヤー自身が、外の景色が見えないことを残念に思い開発がスタートしました。 市場にない商品を誕生させるために、これまでのカーテンづくりで培ってきた知識や使ってきた素材をいったんリセット。 試作にたどり着くまでも長い時間を費やしました。 いったんデビューを決めてからも「もっと室内からの景色をはっきりさせたい」「生地を軽やかにしたい」など、要望が次々と出てきて試作に次ぐ試作を繰り返した渾身作となりました。 企画をスタートさせてからデビューまで丸2年、こんなに時間をかけて開発したカーテンははじめてというくらいこだわり抜いた商品ですので、自信を持ってみなさんにおすすめしたいですね。

次の

【ミラーレースカーテンには欠点も?】選ぶ前に知っておきたい3つのデメリット

マジック ミラー レース カーテン

夜も見えにくいミラーレースカーテンって? 近頃、あちこちのカーテン屋さんでおすすめされている「ミラーレースカーテン」をご存知ですか? このミラーレースカーテンは普通のレースカーテンと違い、外から見ると中が透けないで見えなくなります。 これは、光を反射させたり屈折させる特殊な糸を織り上げることで表面に鏡のような効果(ミラー効果)を持たせ、ものを見る光(可視光線)を鏡のように跳ね返して透けないようにしているのです。 そのため、たとえば、お隣さんの2階から家のリビングが見えてしまうため視線が気になる、といった場合にピッタリなのです。 このようなミラーレースカーテンは太陽の光を反射して部屋に入ることも防ぐため、 UV カット効果や 遮熱効果も一緒に得ることができます。 「でも、ミラーレースカーテンは夜になると透けると聞いたけれど…」 このような疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもれません。 確かに、ミラー効果は光が外から入ってくるときに効果が出るので、外が暗く部屋が明るい夜になると、多くのミラーレースは透けてしまいます。 この弱点を補うため、ミラーレースの織りを密にすることで遮像性を高めた、夜も見えにくいミラーレースカーテンも販売されています。 ただし、 織りを密にするとそれだけ透け感は失われるため、昼でも透けないレースになってしまうことには注意が必要です。 夜も見えにくいミラーレースカーテンを使う他に、日中はミラーレースカーテンで目隠しをし、夜はドレープカーテンを閉めるといった方法など、生活に合った使い方をしましょう。 おすすめミラーレースカーテン7選 ミラーレースカーテンにも昼間のミラー効果だけのもの、夜も見えにくい効果があるもの、UVカット効果の違いなど、さまざまな種類のものがあります。 デザインと用途に応じて、ぴったりのミラーレースを選んでみてください。 透け感が楽しめる柄であるにもかかわらず、ミラー効果があるため透けない機能性のある一枚です。 ナチュラルテイストなレースに防炎、防汚、遮熱などうれしい機能の付いた多機能レースカーテンです。 ミラー効果による目隠し効果で透けないため、プライバシーも安心できる、デザインと機能性を備えた一枚。 どんなインテリアにも合わせやすいシンプルなメッシュタイプの生地に、パステルのカラーバリエーションが嬉しいレースです。 ミラー効果がありながらほどよい透け感で、オフホワイトの色合いはどのようなインテリアにもマッチします。 2%のUVをカットする効果など機能性に優れています。 厚手で目が詰まっているのに加えてもちろん透けないミラー効果もあるため、プライバシーを守るのにも適しており、1人暮らしの方にも安心です。 もちろん遮熱効果や74. 8%のUVカット効果などもあり、ミラー効果がありながら適度な透け感で部屋を暗くしません。 いかがでしたか? 一口にミラーレースといっても、夜も透けない分厚いもの、柄があり適度な透け感をたのしめるもの、防炎や断熱、抗菌などの機能がついたものまで様々です。 用途に応じて選んでみてはいかがでしょうか?.

次の

中からは見えるのに外からは見えないマジックミラーレースカーテン

マジック ミラー レース カーテン

遮像カーテンとミラーカーテンの違いとは 遮像カーテンとミラーカーテンの違いや特徴を解説します。 「遮像カーテン」とは、昼夜を問わずカーテンの「向こう側」が見えにくくなるように作られたカーテンです。 最近はレースタイプも登場し、好みや用途に合わせて活用することができるようになりました。 「遮像カーテン」は夜も室内が見えづらいという特徴があるので、カーテンはレースタイプのみにしたいなどのこだわりがある場合にぴったりでしょう。 しかしながら「外から見えづらくなる」というメリットとともに、「室内からも外の景色が見えづらい」というデメリットもあるので、よく検討した上で購入するのがおすすめです。 また、「ミラーカーテン」とは、カーテンを掛けた際に屋外側になる部分に、光沢のある糸を使用して作られたカーテンのこと。 外からの太陽光を反射することによって、室内を見えにくくすることができます。 「ミラーカーテン」は日中に使用する場合は高い効果を期待できますが、夜間に室内の電気をつけてしまうと通常のレースタイプ同様に室内の様子が見えやすくなります。 それぞれのメリット・デメリットを良く理解してから使用することが大切です。 プライバシーが守られる遮像カーテン 目隠しのために使われることが多いカーテンですが、最近ではその他の機能を持ったものも発売されるようになりました。 例えば、夏場に熱が入りにくい遮熱カーテン、UVカットや防炎加工をプラスしたカーテン、そしてプライバシー性を高める遮像カーテンです。 遮像カーテンの一番のメリットは、室外から室内が見えにくいこと。 日中は一般的なカーテンでも室内が外から見えにくいですが、夜に室内の明かりをつけた時は人影などが暗い外から見えてしまう場合が多くあります。 しかし、遮像カーテンの場合は室内の方が明るい場合でも外から見えにくいという効果を発揮。 1階など人通りのある場所に住む人におすすめのカーテンです。 デメリットとしては、室外から見えにくい分、室内からも見えにくい時があるという点。 また、価格も加工がしてある分、多くの遮像カーテンが一般的なカーテンよりも割高になってしまいます。 さらに遮像のみではなく、いくつかの機能が組み合わされたカーテンもあります。 例えば、遮像と遮熱のついているカーテンの場合は、室外から室内が見えにくいというメリットの他に、室外からの熱を調整する遮熱効果でエアコン効率を高め、節電できるというメリットも付きます。 住んでいる場所の立地によって欲しい機能のついたカーテン選びが必要になります。 光を反射して室内が見えにくいミラーカーテン レースカーテンは外から部屋を覗かれてしまったり、部屋が明るければ明るいほど外からはっきりと室内の様子が分かってしまいます。 そんな悩みを解決したいときに役立つのが、ミラーカーテンです。 ミラーカーテンは「ブライト糸」を裏面に使用することで、室外側にミラー(鏡)のような光沢を持たせたもの。 そのため、ブラインドカーテンと言われたり、目隠しカーテンと呼ばれることもあります。 原理はマジックミラーと同じ。 外から室内は見えにくいけれど室内からは外の景色が見えるという特徴があり、プライバシーを確保するのにおすすめです。 「通気性や採光性といったレースカーテンのメリットはそのまま、日中に外からの視線をシャットアウトしたい」という方には、ミラーカーテンがぴったりのアイテムと言えるでしょう。

次の