ワニ 映画。 ワニ映画人気おすすめ16選:55作品を一覧まとめ!《2020年最新》

100日後に死ぬワニ映画はいつ公開する?チケットや特典は?声優キャストは誰?|akiko's blog

ワニ 映画

CONTENTS• 映画『クロール 凶暴領域』の作品情報 C 2019 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved. 【公開】 2019年(アメリカ映画) 【原題】 Crawl 【監督・製作】 アレクサンドル・アジャ 【製作】 クレイグ・フローレス、サム・ライミ 【脚本】 マイケル・ラスムッセン、ショーン・ラスムッセン 【キャスト】 カヤ・スコデラーリオ、バリー・ペッパー、モーフィッド・クラーク、ロス・アンダーソン、チョチョ 【作品概要】 ハリケーンにより、かつてない洪水に見舞われたフロリダを舞台に、巨大ワニとの命がけの戦いを描くサバイバル・スリラー。 ヘイリーの父親デイブに、1998年の『プライベート・ライアン』で、ダニエル・ジャクソン二等兵を演じブレイクし、以降数々の作品に出演しているバリー・ペッパー。 また、『ドント・ブリーズ』のサム・ライミ製作のもと、『ヒルズ・ハブ・アイズ』のアレクサンドル・アジャ監督が演出を担当。 映画『クロール 凶暴領域』あらすじとネタバレ C 2019 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved. 大学で、競泳チームに所属しているヘイリー。 ヘイリーは、思うような成績が出せず、競泳チームから外され、奨学金が打ち切られる事を恐れていました。 そんな時、ヘイリーの姉のべスから連絡が入り、故郷のフロリダに超大型のハリケーンが迫っているなか、フロリダに住む父親と連絡が取れない為、べスはヘイリーに「父親の様子を見に行ってほしい」と頼まれます。 ヘイリーが、水泳を始めるキッカケを作ってくれたのは、父親のデイブでしたが、最近は何かと小言を聞かせてくる父親を疎ましく思い、ヘイリーはデイブと距離を置いていました。 べスに頼まれ、嫌々父親の様子を見に行く事になったヘイリーは、超大型ハリケーンの接近に伴い、交通規制を敷いている、地元の警察に遭遇します。 警察官の1人は、べスの元彼のウェインで「この先は危険だから通せない」と、ヘイリーに伝えます。 ヘイリーは、ウェインの忠告を聞いたふりをして、警察の交通規制を振り切り、そのままデイブの住居へと車を走らせます。 デイブの自宅へ到着したヘイリーですが、デイブの姿が見えません。 ヘイリーは、避難した可能性も考えますが、デイブが愛犬のシュガーを、自宅に置き去りにしていた事から「近くにいる」と考えます。 「両親が離婚するまで、家族で過ごした思い出の住居にいるだろう」と考えたヘイリーは、車を走らせ住居に向かうと、デイブの車がありました。 シュガーと共に、住居内を探索するヘイリーですが、デイブの姿は見当たりません。 その時、シュガーが地下室への入り口を発見します。 暗く湿った地下室へ、嫌々ながら降りていくヘイリー。 すると、地下室には工具が落ちており、工具をたどって行くと、そこには倒れているデイブの姿がありました。 デイブは意識を失っていますが、息はしています。 そして、肩口には何者かに襲われた爪のような傷が残っています。 ヘイリーは、デイブを外に連れ出そうとした時、突如、巨大なワニが姿を見せます。 C 2019 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved. ヘイリーとデイブを猛スピードで追いかけて来る巨大ワニから逃げ、ヘイリーはデイブを連れて、配管で狭くなっている通路の奥の、小さな空間に逃げ込みます。 通路が狭い為、巨大ワニは侵入する事ができません。 その時、デイブが息を吹き返します。 デイブは住居を売る為に、自分で配管の修理をしていましたが、そこへ巨大ワニが侵入してきて襲われた事を、ヘイリーに伝えます。 ヘイリーは、助けを呼んでワニのいる地下室から脱出する為に、逃げる途中に落としたスマホを拾おうとします。 そこへ、二匹目の巨大ワニが姿を見せ、ヘイリーは足を噛まれながらも、地下室の小さな部屋へ逃げ込みます。 1匹でも厄介な巨大ワニが、2匹いる事で脱出が困難になり、それに加えて、ハリケーンによる洪水で地下室が浸水しており、1時間で水没するという絶望的な状況となります。 救助を呼ぶ為に、壁の隙間から外を見ていたヘイリーは、向かいの雑貨店に泥棒に入っている、3人の若者を見つけます。 ボートを使って移動している若者たちに、懐中電灯の光で助けを求めるヘイリー。 ですが、3人の若者達も、巨大ワニの餌食になり、ボートだけが残されます。 巨大ワニに襲われる若者達を目の当たりにして、塞ぎ込むヘイリーですが、デイブから「もう1つ出口がある」事を聞きます。 巨大ワニのいる範囲から、離れた場所にある出口へ辿り着いたヘイリーですが、出口には大きな荷物が置いてあり、外に出る事ができません。 そこへ、ウェインと相棒のポールが、ハリケーンから逃げ遅れた人達を救助する為に、巡回に訪れます。 ヘイリーとデイブの車を見つけ、住居に入ったウェインは、地下室に2人がいる事に気づきますが、次の瞬間に巨大ワニに襲われ命を落とします。 さらに、ポールも巨大ワニの犠牲になっていました。 ヘイリーは意を決して、巨大ワニの侵入口になった通路から、逆に脱出する事を考えます。 デイブの制止を聞かずに、通路を進むヘイリーは、ポールの死体を発見、持っていた拳銃を入手します。 そこへ巨大ワニが出現し、ヘイリーの腕に噛みつきますが、拳銃を発砲し巨大ワニを撃退、無事に地下室から脱出します。 ヘイリーは、出口を塞いでいた荷物を動かし、デイブを助け出しますが、水没した地下室にいたデイブは、呼吸が止まっていました。 ヘイリーの必死の救助で、デイブは息を吹き返します。 ワニの巣窟となった住居から逃げる為、ヘイリーは巨大ワニを振り切り、若者達が残したボートに乗り、デイブと共に脱出しようとします。 ですが、ハリケーンにより堤防が決壊し、洪水が押し寄せ、ヘイリーとデイブは再び住居の中へ戻されます。 浸水していない2階へ逃げようとしたヘイリーとデイブですが、デイブが巨大ワニに片手を食いちぎられてしまいます。 命からがら、デイブを屋根裏へ逃がしたヘイリーは、ウェインの持っていた通信機を使い救助ヘリを呼び、発煙筒で自分の場所を知らせようとしますが、そこへ窓ガラスを破り、巨大ワニが襲い掛かってきます。 片手に食いつかれながらも、発煙筒をワニの目に押し付けて撃退したヘイリー。 屋根裏から、屋根の上に避難したデイブの手助けを借りて、屋根の上に避難します。 疲労から、屋根の上で寝転がるヘイリーとデイブ。 ヘイリーはデイブから、本当は、家族の思い出が詰まった住居を、売るつもりはなかったと聞きます。 その時、救助ヘリに気付いたヘイリーが発煙筒を点火させます。 ヘイリーは、救助ヘリのライトに照らされながら、デイブに振り向き微笑むのでした。 映画『クロール -凶暴領域-』感想と評価 C 2019 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved. 巨大ワニの恐怖を描いた 『クロール -凶暴領域-』。 最大の特徴は「住居に閉じ込められ逃げられない」という部分です。 本作の大半は、 家族の思い出が詰まった家、特に地下室で展開され、重傷を負った父親と、巨大ワニの巣になった地下室から、どうやって逃げるのか?が主軸となっています。 絶望的な状況ながらも、途中で何度も助かるチャンスは訪れるのですが、その度に、巨大ワニがチャンスを潰すという展開は、本作の製作を務めた サム・ライミが、同じく製作で携わった映画『ドント・ブリーズ』を彷彿とさせます。 『ドント・ブリーズ』は、盲目で殺人鬼の、元軍人の老人が住む屋敷から、どうやって逃げるか?という展開でしたが、『クロール 凶暴領域』は更に狭い地下室で、常に2匹の巨大ワニが徘徊しており、 脱出不可能さのレベルは上がっている作りになっています。 ただ、絶望的な状況ながらも 「トランシーバー」「発煙筒」「拳銃」など、助かる為の小道具が存在し、ライフラインとも呼べる、これら小道具の使い方が上手く「何で、そんな物がそこに?」という展開はありません。 かなり丁寧に作られており、また、 この作品は親子の絆を描いた映画でもあります。 両親の離婚に責任を感じているヘイリーと、ヘイリーと顔を合わせづらくて距離を置いているデイブ。 お互いに悪態をつきながらも、協力する関係性は、非常に面白いです。 特にヘイリーがボートに乗り込む場面では、猛スピードで接近してくるワニを振り切らせる為に、 デイブがヘイリーを勇気づけ、その期待にヘイリーが応えるという、親子のコンビプレーを描いた素晴らしいシークエンスとなっています。 デイブとヘイリーにとって、家族の思い出の詰まった住居で、巨大ワニが産卵し、巣になってしまった辺り、皮肉的な展開ではありますが、そこはご愛嬌です。 まとめ C 2019 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved. 87分という、最近の映画としては短い上映時間の『クロール -凶暴領域-』。 しかし、巨大ワニが登場して以降は、手に汗握る緊迫の展開が続くため、理想的な映画の尺と言っても良いでしょう。 巨大ワニとのサバイバルを描いた本作は、 撮影の際も、常に強風と豪雨の中で行われたため、過酷な状況となり、作り手側の緊張感が独特の迫力に変わり、作品を通じて伝わってきます。 鑑賞する際は、カヤ・スコデラーリオ演じた、娘ヘイリーを「もしも自分だったら」と置き換えた方が、さらに楽しめるはずです。 その分、観終わった後の疲労度は凄まじいことになることでしょう。

次の

サメ映画の次はワニ映画だ!巨大ワニが町を襲うパニックスリラー「CRAWL」 | ガジェット通信 GetNews

ワニ 映画

色々あったので、リハビリがてらにこういう記事を書いてみました。 やはり、なぜnoteをしているかといえば自分の意見を世間に発表するためでしょう。 というわけで唐突ですが、ワニ映画のベスト5を決めていきたいと思います。 どうでもいいことですが、 僕は爬虫類が大好きです。 中でもワニは大好きです、ワニの恐ろしさといえば陸上にも水中にも出てこれるその幅の広さでしょう。 さらに言えば恐竜時代のワニ、ディノスクスはその時代の地域の頂点捕食者でもありジュラシックパーク3で有名なスピノサウルスをかなり追いやったことでも有名です。 実はワニ映画というのはサメ映画よりも内容がクオリティが高い映画が多く、知られざる名作が隠れている可能性がまだまだ高いコンテンツではあります。 今回はそんなワニ映画の中でもベスト5を決めていきたいと思います。 当然、ネタバレしてるので注意してください。 1位:アリゲーター 1980年にできたこの映画、しょせん当時の流行だった「ジョーズ」に始まったパニック/ホラーの亜流の一つですが そのクオリティはジョーズとタメを張れるレベルだと思います。 ストーリーのおおまなかな内容は アメリカの大都市を舞台にホルモン剤を投与された家畜の死体を食い漁って生きていたワニが巨大化アンド狂暴化していったことで恐竜並みのサイズに成長してしまい、殺戮と破壊の限りをつくすというすさまじい内容。 はっきりいって ハリウッド版ゴジラやシン・ゴジラよりもゴジラらしいそれは女であろうと子供であろうと容赦なく血祭りにあげていきます。 タランティーノは この映画がお気に入りらしく、たびたびこの映画で主人公を演じたロバート・フォスターを映画で起用しています。 (頭の禿げ具合が気になるさえない中年刑事というのがまたツボ) またただのパニック映画で終わらずブラック企業の闇・彼らと絡んだ政治家の汚い陰謀・そして冒頭のシーンが映画のカギを握っているという隠し味。 そして怪獣映画独自の 「繰り返される悪事によってまた怪獣が生み出される」という恐怖。 胸をはってホラー映画の歴史に残る映画だといっていいでしょう。 2位:カニングキラー 殺戮の沼 かつてウォルトディズニー系列の映画会社で批評家から "If it's the Sphinx, it stinks. " - スフィンクス Sphinx だったら、悪臭を放つ stinks といわれたハリウッドピクチャーズ、そんな彼らでも割と普通にいい映画は作っていたりします。 その中の一つにカニングキラーがあるでしょう。 映画の舞台はブルンジ共和国にいる伝説の巨大ワニのグスターブを取材していたアメリカのTV局の取材陣たち、しかしそこには地元の武装ゲリラ「リトルグスターブ」が恐怖支配をしていたという内容。 ただでさえ恐ろしい 巨大ワニ(これが手榴弾が通じないほどに頑丈で強い)がいるのにそれ以上に恐ろしいゲリラに追いかけられるという二重の恐怖を抱えた本作。 しいていえば「ブラックホークダウン」+「アリゲーター」という感じです。 こういう映画に出てくるテロリストはマヌケですが、この映画のゲリラたちは本気で恐ろしくマジで殺しにかかってきます。 (そんな彼らもワニの前ではただの餌にすぎません) 「怪獣より人間のが恐ろしい」陳腐な言葉ですが この映画に関してはガチです。 3位:ディノクロコ 清く正しいロジャー・コーマン製作総指揮の本作。 しかし、内容はマジで面白いという困った本作。 内容は恐竜と古代ワニのハイブリット怪獣「ディノクロコ」が解放されて殺戮と破壊の限りを尽くすという内容。 活躍しそうな子供をなんと中盤あたりであっさり殺してしまいます。 しかもそのシーンはなんと勢いよく 生首ポーンな首チョンパだったりします、ここまで露骨に子供が殺される怪獣映画も少ないと思います。 最後はなんと電車に轢かせて殺しますが、当然の如く「実は生きていた!」というオチな本作。 子供が死ぬシーンが陰惨ですが、そればかりではなくお色気シーンあり笑いあり冒険あり 悪徳女社長が殺される因果応報シーンありの娯楽映画なのでおすすめです! 4位:グリード グリードといってもスティーブン・ソマーズの傑作映画ではない本作。 しかし、なかなか どうして面白い本作。 ドイツ制作の本作、密漁したワニで儲けようとするマフィア(実際に日本のヤクザも密漁で儲けているので笑えない)しかしミスで逃がしてしまい、ワニを回収しようとするマフィアと主人公のワニハンターと追いかけっこをするという変わった内容の本作。 悪役のはずのマフィアたちが恐ろしくマヌケでどうしようもなく、 主人公の相棒はお色気生物学者(しかもツンデレで眼鏡属性)とデブでマヌケなオカマちゃんというまるで漫画のような楽しさがある本作。 あまり人が死ななくて怖さも薄く、笑えるシーンのほうが多い本作。 しかしだからこそ面白く、ドイツ映画ならではの歪んだユーモアがあり多くの人におすすめです。 ワニという題材一つでもここまで面白くさせるのは本当に素晴らしいことだと思います。 5位:ブラックウォーター オーストラリアで製作された割とシャレにならない ストロングスタイルなワニのホラー映画。 今まで語った映画は怖さ半分エンタメ半分といった感じですが、 こっちは本物のワニを使ってる分かなりマジな内容だったりします。 主人公たちは、仲のいい姉妹と姉の夫という異色の組み合わせオーストラリアのツアーを満喫中にワニに襲われるというちょっとありえそうで怖い話なのがツボです。 なんとほかの映画と異なり実話をネタにしています。 おそらく電車に轢かれても死んでないディノクロコや手榴弾の通じないグスタブ、下水道を勝ち割るアリゲーターと違いただの名もないワニですが恐ろしくしつこく執念深く嫌なワニです。 後味は恐ろしいほど悪く、殺される姉が「実は妊娠していた」ということがわかってしまうという絶望的なオチが待ってます。 バカなワニ怪獣映画もいいですが、こういう暗くて悲しくて救いのない映画もいいでしょう。 ただ娯楽度は低く、途中でダレてきますのでご注意ください。 以上、ワニ映画ベスト5でした。 ランペイジがないじゃん!マンイーターがないじゃん!悪魔の沼はないじゃん!という意見はわかりますが・・・・ 悪魔の沼はワニ映画ではなくキチガイ映画なので除外しました。

次の

映画【クロール

ワニ 映画

近年「MEG ザ・モンスター」や「シャークネード」などサメ映画が公開されヒットしました。 しかし今年サメ映画を脅かす「ワニ」映画が公開されようとしています。 今回は嵐と共にやってきてしまった巨大ワニの恐怖を描く映画「CRAWL」を紹介していきます。 CRAWLってどんな映画? サム・ライミ監督の最新作の『Crawl』がめちゃくちゃ金かけた本格ワニパニック映画でめちゃくちゃ観たい。 頼むから日本でも公開してくれ。 最強のハリケーン「カテゴリー5」が、主人公のいる町に襲来します。 緊急避難の指示が出されたのですが、主人公と父親が家に取り残されてしまいます。 家の中は浸水して危機的状況なのに、さらに巨大ワニまで出現し家の中はパニック状態!(どこから来たんだ) 果たして主人公たちは生き延びることはできるのか?というサバイバル・アクション・ホラー映画となっています。 CRAWLの監督・キャスト紹介 ここからは「CRAWL」の監督と、出演するキャストを順番に紹介していきます。 まず「CRAWL」の監督は「ヒルズ・ハブ・アイズ」や「ピラニア3D」などホラー・パニック映画を生み出したアレクサンドル・アジャです。 twitter. com eigacom 2018年5月19日 主人公ヘイリーを演じているのは、「カヤ・スコデラリオ」です。 彼女は「メイズランナー」のテレサ役や、「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」のカリーナ役を演じていました。 予告編を見る限り、巨大ワニと戦う雰囲気が出ていました(笑) PARIS, FRANCE — APRIL 10: Actress Kaya Scodelario attends the ヘイリーの父親役を演じているのは、「バリー・ペッパー」です。 彼は「プライベート・ライアン」や「グリーンマイル」など名作映画に出演していました。 LOS ANGELES, CA — DECEMBER 01: Barry Pepper is seen on December 1, 2018 in Los Angeles, CA. どの作品も見ごたえのある作品ばかりなので、気になったら見てください。 実話をベースにしており、映画に登場するワニはなんと「本物」のクロコダイルを使って撮影しています。 この映画男性陣が弱く、女性陣がめちゃくちゃ強いです(笑)というよりもワニが女性陣に優しいような感じがします。 他のワニ映画よりCGのクオリティが高く、話もテンポよく進んでいくのでストレスなく楽しむことができる作品です。 グロいシーンも少ないので、ワニ映画入門作品としてもおすすめです。 単独ワニ映画ではないのですが、この映画に登場するワニは巨大化し町を襲うしゴリラのジョージと戦うなど、かなり活躍する場面があります。 実質この映画のラスボスです。 ストーリーもわかりやすく、戦闘シーンは動物たちが大暴れするのが見ていて気持ちいいです。 CRAWLの公開日はいつ? CRAWLの気になる公開日ですが、パラマウント配給で7月12日に米国で公開予定です。 日本での公開日は未定となっています。 果たして2人は危機的状況から脱出できるのか?今から公開が楽しみです! 関連記事リンク(外部サイト).

次の