梅酒 作り方 焼酎。 梅酒の作り方|ホワイトリカーと芋焼酎と泡盛とウイスキー4種類

はちみつ梅酒の作り方・レシピ

梅酒 作り方 焼酎

長期保存&熟成用には「ホワイトリカー」がお薦めです。 ホワイトリカー(35度)は、果実酒用の焼酎で、何度も蒸留して作るため、無味無臭に近いのが特徴です。 それ自体にコクや風味はありませんが、そのぶん果実の風味が生かされ、美味しく仕上がります。 半年~1年で楽しむ場合には、25度の麦焼酎でも良いです。 アルコール臭さがないので、梅の味と香りを楽しめます。 しかし、こちらは熟成(長期保存)には不向きです。 ホワイトリカー以外のお酒で作れますか? はい、作れます。 長期保存には、アルコール35度以上の 焼酎・ブランディ・ウイスキー・ウォッカ・ジンなどが望ましいのですが、 泡盛・黒糖焼酎・ワイン・老酒・麦焼酎・日本酒など いろいろ工夫して、自分だけのオリジナルに挑戦しましょう。 ただし、アルコール度数が低くなると、 梅のエキスが抽出されにくくなり、 長期保存や保管方法も難しくなります。 場合によっては、冷蔵保存が必要に なる場合がありますので、ご注意を。 (ブランデーで漬けた梅酒) 焼酎1升に対して、どれくらい梅を入れれば良いですか? 焼酎1升 1. 8リットル)に対して アルコール度数35度以上のお酒なら、青梅1~1. 2kgが目安です。 コクのある梅酒に仕上げたい時は、青梅を1. 2kg入れましょう。 ただし、25度以下のアルコール度数の低いお酒には、 青梅を1kg以上入れないようにしましょう。 アルコール度数が低くなりすぎて、品質が不安定になり 液が濁る原因となります。 焼酎をブレンドして漬けても良いでしょうか? はい、ブレンドして漬け込むことは可能です。 しかし、仕上がったとき味見して「これは失敗した」と 後悔しても、どうしようもありません。 別々の容器に、それぞれ漬け込み、出来上がったものを 飲む時にブレンドして楽しむと、失敗がありませんよ。

次の

色々なお酒で梅酒を仕込んでみる

梅酒 作り方 焼酎

長期保存&熟成用には「ホワイトリカー」がお薦めです。 ホワイトリカー(35度)は、果実酒用の焼酎で、何度も蒸留して作るため、無味無臭に近いのが特徴です。 それ自体にコクや風味はありませんが、そのぶん果実の風味が生かされ、美味しく仕上がります。 半年~1年で楽しむ場合には、25度の麦焼酎でも良いです。 アルコール臭さがないので、梅の味と香りを楽しめます。 しかし、こちらは熟成(長期保存)には不向きです。 ホワイトリカー以外のお酒で作れますか? はい、作れます。 長期保存には、アルコール35度以上の 焼酎・ブランディ・ウイスキー・ウォッカ・ジンなどが望ましいのですが、 泡盛・黒糖焼酎・ワイン・老酒・麦焼酎・日本酒など いろいろ工夫して、自分だけのオリジナルに挑戦しましょう。 ただし、アルコール度数が低くなると、 梅のエキスが抽出されにくくなり、 長期保存や保管方法も難しくなります。 場合によっては、冷蔵保存が必要に なる場合がありますので、ご注意を。 (ブランデーで漬けた梅酒) 焼酎1升に対して、どれくらい梅を入れれば良いですか? 焼酎1升 1. 8リットル)に対して アルコール度数35度以上のお酒なら、青梅1~1. 2kgが目安です。 コクのある梅酒に仕上げたい時は、青梅を1. 2kg入れましょう。 ただし、25度以下のアルコール度数の低いお酒には、 青梅を1kg以上入れないようにしましょう。 アルコール度数が低くなりすぎて、品質が不安定になり 液が濁る原因となります。 焼酎をブレンドして漬けても良いでしょうか? はい、ブレンドして漬け込むことは可能です。 しかし、仕上がったとき味見して「これは失敗した」と 後悔しても、どうしようもありません。 別々の容器に、それぞれ漬け込み、出来上がったものを 飲む時にブレンドして楽しむと、失敗がありませんよ。

次の

梅酒の作り方|ホワイトリカーと芋焼酎と泡盛とウイスキー4種類

梅酒 作り方 焼酎

手作り梅酒に使用するお酒の注意点 手作り梅酒のベースにおすすめのお酒ランキングに入る前に、作る上で 使用するお酒の注意点をご説明しておきます。 本来梅酒に限らず梅酒を作るには免許が必要です。 これは酒税法によって定められており、梅酒も含まれます。 それだけ聞くと作れないのでは、と思われるかもしれませんが、酒税法の中には梅酒を含む果樹酒に限り、以下の条件下であれば 自家製を認めている部分があります。 製造した本人が飲用することを目的として、販売や提供をしないこと• お酒は販売にも免許が必要なので、作ったものを販売、あるいは金銭を受け取らなくても提供すれば酒税法に抵触してしまいます。 上手くできたからと言って、 友人知人に提供しないように気を付けましょう。 さて、ベースのお酒については次が問題です。 これは製造上の問題で、 アルコール度数が低いものを使うと、次にのような問題が起こる可能性があるためです。 梅酒のアルコール度数が低くなり、殺菌能力が低下するため雑菌が沸く可能性が高くなる• 糖のアルコール発酵が進み、人体に有害なメタノールが生成される アルコールが低いとこのように体に悪影響を与える可能性が高まってしまうため、法律では禁止されているのです。 梅酒との相性や出来上がる梅酒の特徴、使用される頻度などを元に順位付けさせていただいていますので、 梅酒作りに使うベースのお酒選びの参考にしてください。 第1位:ホワイトリカー(焼酎甲類) ホワイトリカーをベースとした梅酒は一般家庭で作る梅酒の中でも最もポピュラーです。 元々酎ハイなどにも使われる 無味無臭の甲類焼酎であるため、梅酒にした場合も梅本来の香りや味を楽しめるのが特徴となっています。 そのため梅酒の中でも特に飲みやすく、お酒が苦手な方でもすんなりいけてしまう飲み口となっています。 梅が本来持つ香りや甘酸っぱさを活かした梅酒を作るのにもおすすめですし、そのすっきりした 飲みやすさからも相性は抜群、ベースとするお酒の中では一番扱いやすく、失敗しずらいお酒として第1位にランクインしました。 ブランデーは元々香り高いお酒なので、梅酒の香りと相まって普通の梅酒とは違った香りが楽しめます。 またホワイトリカーベースのものよりも まろやかで甘味があるのも特徴です。 ブランデー本来の刺激もなくなるので、飲みやすくなるのもポイントでしょう。 また他のお酒をベースにした場合、熟成期間に6カ月から1年かかるのに対し、ブランデーの場合は 最短で3カ月ほどで美味しい梅酒が出来上がります。 これはエキスの抽出が早いことが挙がりますが、もちろんブランデーも時間をかけただけ深い味わいの梅酒ができます。 ただ早く飲みたい方にとってはブランデーもおすすめです。 アルコール度数が高いので、 出来上がる梅酒も高めのアルコール度数になってしまうため、アルコールが苦手な方には飲みにくい梅酒になるかもしれません。 そのような点を踏まえた上でこの順位になりました。 この甘味が梅酒の甘酸っぱさとマッチすることで、自然な甘味がより引き立った仕上がりとなります。 そのため丸みのあるまろやかさと コクがある深い味わいと口当たりの梅酒が出来上がります。 しかし日本酒が使えれば、 焼酎よりも梅の香りや味を活かしつつ、飲み応えのある梅酒が出来上がります。 泡盛で梅酒を作ると、泡盛のコクと梅酒の甘酸っぱさが上手い具合でミックスされ、まろやかで味わい深いものとなります。 泡盛自体も甘味を持っているので、独特の甘味を持つ梅酒としても人気です。 ただ独特なだけに好みも分かれる部分があるので、第4位となっています。 しかし 泡盛が好きな方なら好みの梅酒ができる事請け合いです。 第5位:本格焼酎 本格焼酎で作っても美味しい梅酒ができます。 本格焼酎は元々ある独特の香りや味を持っているので、それを活かした梅酒が出来上がります。 麦や芋、玄米、米など高品質の焼酎を使うことで、梅の成分がしっかりと溶け出し混ざり合うので、本格焼酎で作ったとき 特有のコクやキレのあるまろやかさが生まれるのです。 焼酎の種類によって味わいも変わるので、ご自宅で作る際にもいろいろ試してみてもいいかもしれません。 ただ梅本来の香りを楽しみたいのであれば、こちらは 少し癖があることもあり第5位になりました。

次の