節約 食材 ランキング。 お金持ち1000人の「本当に効いた!節約術ランキング」ベスト10を発表

食事を節約したい!ママが買っている、まとめ買いに適した「ストック食材」TOP10 [ママリ]

節約 食材 ランキング

今回のアンケートで断トツ人気だったのは、もやし。 自由回答形式で、およそ2人に1人が推すほどの勢いで、食費節約にとって、もやしは不可欠な存在といっても過言ではありません。 「もやし。 安いときは10円を切る値段なのに、炒め物などに入れると食べ応えがあっておいしいから」(30歳/その他) 「もやし。 もやしは安くサラダにも炒め物にもしやすく調味料で味付けすればどんな味にもなれるすぐれもの」(22歳/総務・人事・事務) 「もやし。 蒸しシャブの時に、大量に使う。 他の野菜を減らせるし、肉と合って美味しいから」(47歳/総務・人事・事務) 「もやし。 どんな料理にも使えるし、レンジでチンしてお手軽副菜になるから」(34歳/主婦) 「もやし。 お味噌汁に入れると、具沢山になり、一品減らせる」(58歳/総務・人事・事務) 「もやし。 ごま、塩であえて、ナムルにして食べるとおいしい」(55歳/その他) 「もやし。 ひき肉と混ぜて、直径5cmくらいにして、ごま油で焼き、油分をふき取り、醤油・みりん・酒で照り焼き。 もやし一袋と豚ひき肉200gでできるので、経済的」(53歳/主婦) もやしは味にクセがないので、どんな食材、調味料とも合わせやすいすぐれもの。 サラダ、炒め物、和え物、鍋……とさまざまな料理に変化して、食卓で大活躍してくれます。 「お豆腐。 安い時にたくさん買って凍らせておけば、煮物にも炒め物にもなんでも使える」(51歳/その他) 「豆腐。 ミンチと豆腐を混ぜてハンバーグやつくねを作ることで節約にもなるしカロリーオフにもなり栄養バランスも良い」(44歳/主婦) 「豆腐。 汁もの、煮物に入れてかさ増ししますが、低カロリーで高たんぱく、栄養バランスを気にしている私達には便利です」(53歳/会社経営・役員) 「もめん豆腐。 サラダの上にもめん豆腐を角切りに小さくして置く」(50歳/主婦) 「木綿豆腐の豆腐ステーキは意外とボリュームある」(41歳/主婦) 豆腐については、ハンバーグのかさましに使っているというコメントが続出しました。 「厚揚げ。 人参や椎茸、鶏肉だけでは寂しいなという時に厚揚げを添えるとボリュームが出ていい」(59歳/主婦) 「厚揚げを肉のかさましに使うとボリュームがでる。 鉄やカルシウムが豊富と知ってよく使うようになった」(39歳/その他) 「厚揚げを豚薄切りに巻いて焼くとボリュームが出て満腹感が得られる」(55歳/主婦) 「厚揚げ。 片栗粉をまぶして炒めればお店みたいな仕上がりになる」(44歳/総務・人事・事務) 豆腐の表面を揚げた厚揚げは、食べ応え十分。 かさましに使えるだけでなく、メインのおかずにもできるので、お財布がピンチのときに頼りになります。 『kufura』の過去記事でも、幅広くレシピをご紹介しているので要チェックですよ。 「白滝。 低カロリーでお腹もいっぱいになるし、日持ちもします。 白滝のペペロンチーノや和風パスタ風などを作ります」(24歳/金融関係) 「春雨、野菜炒め、スープなどに使えてヘルシーでたくさん食べれるからです」(42歳/主婦) 「切り干し大根。 食感が良く、いろんな料理に使えるから」(52歳/主婦) 「麩。 野菜炒めに入れると水分を吸ってくれるので、野菜のエキスも残さず食べられる」(57歳/主婦) 「こんにゃく。 炒め物や煮物に入れるだけでかさましになる」(29歳/主婦) 「玉ねぎ。 豚バラや豚こまの炒め物の時にレシピの半量を玉ねぎに変える。 ヘルシーだし美味しい」(38歳/主婦) 「水菜。 サラダのレタスが高いため水菜をいれてかさまし。 彩りよくお店みたいな仕上がりになる」(37歳/その他) 「豆苗。 茹でるとカサが減ってしまうので生でもやしなどと一緒にサラダにして食べると食べ応えがある。 水につけておくとまた生えてくるので節約にはうってつけ」(30歳/主婦) いずれもスーパーで手軽に入手できるものばかり。 節約目的だけでなく、栄養バランスを整えるためにも、積極的に活用していきたいですね。 以上、主婦のみなさんお墨付きのかさまし食材をご紹介しましたがいかがでしたか? 右肩上がりの食費を何とかしたい!……という人はぜひ参考にしてみてくださいね。

次の

一人暮らしの食費をガッツリ節約できるオススメ食材ランキング5選!

節約 食材 ランキング

主婦にとって献立を考えるのはホントに大変! しかもできるだけ節約したいときが絶対ありますよね。 どんな節約食材があるだろう? もやしって定番。 他には? それに、節約と言ってもやっぱりお腹いっぱいにはなりたいもの。 家族も満足してくれる節約料理を探してみました。 節約食材ランキング!! 食費節約が上手なご家庭がどんな食材を購入しているか、調べてご紹介します。 お肉部門 まずは お肉部門。 なんといっても、鶏むね肉と豚小間切れがダントツ1位です。 価格が安いし、鶏むね肉は高たんぱくで低脂肪。 豚小間はバラ肉より脂身が少ないです。 セールでまとめて買って冷凍しておきましょう。 野菜部門 次に野菜部門です。 1、もやし 2、豆苗 3、玉ねぎ・じゃがいも・にんじん これらがあがっています。 もやしはもちろんのこと、 豆苗は最近よく取り上げられています。 切って根っこの部分を水につければ、もう一度収穫できるというありがたいもの。 玉ねぎ・じゃがいも・にんじんは料理の基本食材。 これさえあれば一応何かできますものね。 日持ちもしますからまとめ買い。 番外編 他には、 やはり卵。 1パック98円程度のお買い得の時があります。 豆腐もオススメ。 栄養素も高く、低カロリーでも肉魚に負けない良いです。 カマ・ちくわ・こんにゃくもたいていお安めです。 アクセントにも使いやすい食材です。 そして、お菓子代が意外とね…という人には を利用したお菓子が節約になりますよ。 節約食材はセールでまとめ買いをして、冷凍保存できるものは冷凍し、 献立を工夫していろいろ使いまわせるとよさそうです。 次に一週間乗り切るメニューを探ってみました。 節約料理で一週間乗り切るメニュー 【月曜日】 ・マヨチキン 鶏むね肉を塩酒にんにくで下味をつけて片栗粉をまぶして揚げ、ソースをからめます。 、蜂蜜、ップ、しょうゆ、マヨネーズを混ぜるソース。 ・もやしとわかめの和え物 【火曜日】 ・肉豆腐 豚小間切れとキムチ、豆腐をいためるだけ もやしのスープ もやし、カマ、にんじんなどを入れて簡単スープに。 【水曜日】 ・揚げと卵のキツネとじ お肉は入ってないけど、お揚げが美味しいカツとじふう~ ・ジャガイモの煮っころがし 【木曜日】 ・鶏むね肉のピカタ 鶏肉に卵とチーズの衣をつけて焼きます。 豆苗と大根、ツナのサラダ ツナ缶は保存であることが多いですね。 シャキシャキと美味しいです。 【金曜日】 ・ドラレー ミンチ肉も安い時に買うと便利。 野菜もいろいろみじん切りにして。 ・ゆで卵のサラダ 【土曜日】 ・麻婆豆腐 ミンチ肉のバリエーション。 どんぶりにもなるし手軽です。 ・ちくわと小松菜めんつゆいため めんつゆで簡単味付け。 ・具だくさんお味噌汁 週末なので、ここで残り野菜を使ってしまいます。 【日曜日】 ・お好み焼き キャベツがひと玉安かったら、ドーンと使ってみんなでわいわいテッパン料理。 ・でチーズケーキ 卵2個、150g、ヨーグルト450g、砂糖大さじ5、粉チーズ大さじ2を加えてよく混ぜる。 炊飯器に流し込み、スイッチオン。 これでカンタンスイーツ完成。 節約食材を使った一週間メニューを例として挙げました。 週末には冷蔵庫のお掃除のつもりで、具たくさんのお味噌汁やスープを作ったりすると 経済的かなと思います。 旦那も満足!!節約でも満腹になる料理 テクニックを3つご紹介。 1 もやし、豆腐、厚揚げなどの安くてカサ増しできる食材を使うこと。 2 味付けでアクセント。 カレー粉やマヨネーズ、ピリ辛にするなど。 3 具材に工夫する。 色どりや味をプラスするものを付け加える 次に紹介するメニューは1品100円程度だそうです。 おからとひき肉のメンチカツ ひき肉 おから、玉ねぎ、卵の食材です。 おからが入ってあっさりめだけど、食べやすくボリュームがあります。 クリームシチュー 白菜 冷凍むきえび、冷凍ベジタブル の食材。 炒めた食材に小麦粉をふって牛乳、鶏がらスープを加えて塩コショウ。 エビが入ると色どりも良くなります。 もちろんここに他の野菜も入れたらもっと満腹に。 厚揚げとキャベツ炒め 厚揚げ、キャベツを炒めて、塩コショウ。 ごま油と生姜すりおろしを混ぜてかけ、からめます。 早いっ! まとめ 節約料理のポイントは、やはり安い食材のまとめ買いに尽きるようです。 そして、味付けを変えたり色どりをよくして、ちょっと目先を変えると 満腹感もある料理になりそうです。 参考にして1週間乗り切ってくださいね。

次の

食材宅配8社の価格を比較!安い会社ランキングと食費を節約するコツ|【食材宅配48社を子育てママが調査比較】おすすめはココ!食材宅配な日々

節約 食材 ランキング

こんにちは、ヨムーノライターの内山愛理です。 マネー系編集者として10年以上、1000人を超える食費節約の達人を取材してきました。 今回は、食費月2万円台でやりくりしている人や、食費のコスト半減に成功した人など、食費節約の達人たちが、こよなく愛する「5大節約食材」を大発表! 食費の節約には、「低コストで満足度の高い食材」=コスパのいい「節約食材」こそがキモなのです。 食べ応えがバツグンなのにヘルシーで、食べ盛りの子どもに食べさせたいたんぱく質も摂れるとあっては、使わない手はありません。 食費達人たちは、さまざまな形で使っています。 ハンバーグに混ぜて「豆腐ハンバーグ」にすれば、ふわふわな触感になり、肉代は半減。 「麻婆豆腐」や「湯豆腐」など、豆腐をメインにすれば1人分の1食は100円台程度に収まります。 水切りした豆腐を牛脂で焼く「豆腐ステーキ」も、食費達人宅でよく見るメニューの1つ。 たっぷりの薬味を載せて食べるのがおすすめです。 また、豆腐は凍らせると触感が変わります。 水分が抜け、しっかりとした歯ごたえになった豆腐と少量の鶏ひき肉で「豆腐ナゲット」を作れば、サクサクふわふわのやみつき豆腐ナゲットに! もちろん、冷ややっこや温奴でそのまま出しても。 味付けやトッピングを変えれば、毎日でも楽しめます。 メイン料理に副菜に、賢く使うことで、美味しく食費が節約できて、しかもダイエットにもよさそうという優秀な節約食材なのです。 【食費節約に効く食材2】もやし もやしは安ければ一袋10円程度。 使わない手はありません。 でも、「節約感」がある食材でもあるので、大切なのは使い方。 「節約のためにもやしを使っている」のではなく、「美味しいからたっぷりもやしを使っている」というスタンスが重要です。 みんなが作っているのは「もやしナムル」。 ナムルなら「もやし」であることに必然性があるので貧乏くさくないですし、作り置きもできて便利。 安定した価格のにんじんや、そのときに安い青菜のナムルと一緒に作っておけば、いろいろと使いまわせて便利です。 また、もやしは味付けしやすい食材。 ナポリタンやカルボナーラの味付けをして、子どもウケの良い副菜にしている達人も! これからの季節は「もつ鍋」もおすすめ。 山盛りのもやしとニラは、歓声が上がる節約感ゼロのビジュアルです。 ラーメン次郎風に、もやしをマシマシにしても受けそうです(麺は減らしても!)。 定番の炒め物にもどんどん使って。 たっぷり使っても100円以下のもやしは、使えば使うほどお腹一杯になって、食費が節約できるのです。 【食費節約に効く食材3】鶏むね肉 節約の定番とも言われている、肉の中で断トツ低コストの鶏むね肉。 ひと昔前は「パサパサする」とあまり好まれませんでしたが、空前のブームで帰り咲いて以来、コストと美味しさを兼ね備えた、優秀な節約食材になりました。 ちなみにこの鶏むね肉ですが、フランスでは高級食材の1つとして愛されています。 脂っぽいお肉より脂身がない方が上品とされ、しっとりと仕上げる鶏のソテーは、フレンチの定番です。 鶏むね肉がパサパサしてしまうのは、調理法のせい。 水分が多いため、高温で焼くと水分が流出してしまい、肉が固くなってしまうのです。 粉をまぶしたり、繊維を断ち切るようにそぎ切りするなど、料理本や料理サイトで、しっとり仕上げる鶏むね肉のレシピを検索してみてください。 驚くほどおいしい鶏むねのソテーが作れるはず! コンビニで大人気のサラダチキンもおうちで作れます。 100g50円前後の鶏むね肉を使いこなせれば、4人分でも肉代はたった200円!100g100円以上のほかのお肉の半額です。 4人家族で2枚、たっぷり食べたとしても400円程度。 豊かな食卓をキープしつつ、食費をガクンと節約するには、鶏むね肉の活躍が不可欠です。 【食費節約に効く食材4】きのこ 1袋100円、しかもどんな時期でも値段が安定しているきのこは、食費節約の救世主。 達人たちは、いろんな種類のきのこを上手に使って食費をグングン節約しています。 きのこを使うメリットは、調理しても形が変わらず、量(カサ)が減りづらいこと。 見た目にも、食べ応えも、しっかりボリュームを出すことができます。 きのこ単品でソテーするのはもちろん、どんな料理にも混ぜてOK。 お肉の上にきのこソースとして乗せれば、いつもの8割程度の肉量でもお腹いっぱいになること請け合いです 笑。 ボリュームを出したい時、上手にきのこをつかうことで、高コストの食材の量をコントロールし、美味しく食べながらも食費が上がるのを防ぐことができるんです。 【食費節約に効く食材5】魚のあら 食費は気にしつつも、栄養バランスの取れた食卓にしたいというのは、だれしも思うこと。 お肉だけでなく、魚も週に1~2回は出したいものです。 家族分を買うとお肉より高くつきがちな魚。 食費達人たちは「魚のあら」や「カマ」を上手に使っています。 「魚のあら」とは、魚をおろした後に残った骨やエラ、ヒレなどの部分で、「カマ」は頭。 切り身ほど全部が食べられるわけではありませんが、煮物や汁物にはもってこい。 「豚のこま切れ肉」のように色々な部位の寄せ集めなので、しっかり脂が乗っていることも多いのです。 「あら」や「カマ」を食卓に取り入れることで、魚を食べながらも食費を節約することができるんです。 【食費節約に効く食材まとめ】:食費節約はコスパ食材を美味しく使うこと 食費を節約しようとして、安い食材をたくさん買い込み、食べたくもない「節約料理」ばかりするのは絶対にNG。 だんだんテンションが下がり、反動でドカ買いをしてしまうことが目に見えています。 節約のためではなく、「必要だから」「美味しいから」安い食材を使う、という心持ちが大事です。 豊かな食卓はキープしつつ、使える節約食材で上手に食費を減らしてみてくださいね。 食費節約にも役立つ!家計簿アプリZaimのダウンロードはこちら.

次の