新幹線 の 切符 予約。 おトクなきっぷ:JR東日本

きっぷの発売日:JR東日本

新幹線 の 切符 予約

新幹線は一般的な在来線と異なり、「乗車券」と「特急券」の2種類が必要です。 【乗車券】 乗車券とは、電車を利用する際絶対に購入しなければならない券のこと。 いつも在来線で購入している切符と同じものです。 自宅の最寄駅〜目的地の最寄駅が、乗車券の区間となります。 【特急券】 特急券とは、新幹線や特急列車に乗るために必要な券のこと。 普通列車よりも、速くて快適に移動できる利点に対するプラス料金と考えましょう。 特急券には、新幹線が停車する駅の区間が記載されていますので、購入後は買い間違えていないかチェックしてみてください。 通常、乗車券と特急券は各1枚ずつ発行されますが、場合によっては1枚で発券されることもあります。 また、複数の新幹線を乗り継ぐ場合は、特急列車に乗る回数分の特急券が必要です。 特急券にはさらに「自由席」と「指定席」の2種類があります。 新幹線の種類によってはグリーン・グランクラスといった上のクラスの券もありますので、希望する席を決めてから購入するといいでしょう。 【自由席特急券】 自由席特急券は、席を指定せず、乗る列車も指定されていません。 自分の好きな時間の新幹線に乗れること、最も安価というのがメリットですが、席が決まっていないため、混雑時には移動区間中ずっと立ちっぱなしということもありますのでご注意を。 【指定席特急券】 指定席特急券は乗る新幹線の時間を指定して、席を確保できます。 必ず席に座れるため、電車での移動に慣れていない方や荷物が多い方、小さなお子様を連れている方は指定席特急券を選択するのがおすすめ。 また、当日購入だと希望の時間帯が満席だったということもあるため、繁忙期は事前予約をしておくとよいでしょう。 新幹線の切符はJRの窓口、みどりの窓口、自動券売機、旅行代理店、インターネットなど様々な場所で購入できます。 慣れている方はいつでもどこでも購入できるインターネット、初心者の方は窓口購入がおすすめ! 窓口購入時は ・乗車区間 ・日時 ・人数 ・指定席か自由席か を伝えるだけでOKです。 禁煙が良いのか、窓側か通路側どちらが良いか、などの詳しい選択は販売員さんから聞いてくれます。 順番に答えていきましょう。 支払は現金以外にも、クレジットカードや金券が使用可能。 切符は当日でも購入可能ですが、満席で希望の時間を取れない場合や、グループで席が離れてしまう場合もあります。 前日までに購入しておくのがベターでしょう。 特にGWやお盆、年末年始などの繁忙期は事前購入が必須です!切符は乗車日1か月前の午前10:00から発売が開始されます。 また、トラブルを回避するために、切符購入後は日付や時間をきちんと確認するようにしましょう。 在来線と新幹線の改札口は異なります。 必ず「新幹線」と書かれた改札口を探してください。 新幹線の駅まで在来線で来た場合は、構内にある新幹線乗換口へ向かいます。 改札機では、乗車券と特急券の2枚を同時に通しましょう。 改札を通ったら2枚とも忘れずに回収します。 取り忘れると大変なことになりますので、切符は最後まで大切に保管しておいてください。 新幹線にあまり慣れていない方は、発車時刻より少し早めに駅についておくのがよいでしょう。 新幹線の駅は大きくて広い駅にあることが多いため、改札口を探すのに迷ってしまうかもしれません。 乗り遅れてしまうことのないように、時間に余裕をもって行動することを心がけましょう! 改札を通ったあとでも待合所やお土産屋があるので、乗車時間までゆっくりと過ごすことができますよ。 駅弁を買って、新幹線の中で食べるのも旅の醍醐味ですね! 【乗り方】 改札を通ったら、自分が乗る新幹線のホームを電光掲示板で確認しておきます。 また、自分の席がホームのどの位置に到着するのかまで確認しておくと、スムーズに乗り降りができます。 16両編成もある新幹線のホームは非常に長く、位置を間違えてしまうと端から端まで歩くことに。 【乗車中】 乗車後は、しばらくすると車掌が切符の確認に回ってくることがあります。 その際は持っている切符をすべて見せてくださいね。 【降り方】 新幹線の乗降時間はとても短いです。 到着のアナウンスが流れたら、荷物をまとめてすぐに降りられるよう準備しておきましょう。 無事に降りることができたら、出発同様、2枚の切符を通して改札口を出てください。

次の

きっぷ受取方法の変更について|エクスプレス予約 新幹線の会員制ネット予約

新幹線 の 切符 予約

指定券の発売開始日は1ヶ月前 指定券やグリーン券などの予約は、乗車予定日の1ヶ月前の午前10時からスタートします。 つまりこの日が新幹線チケットの発売日です。 たとえば、4月1日の列車の予約は3月1日に開始されます。 一ヶ月前に同日がない場合(例:3月31日の1ヶ月前に2月28日はない)、同月1日です。 3月31日の予約は3月1日午前10時開始です。 お金を払わずに予約することはできない 新幹線の予約を行う場合は、原則として同時に購入もしなければなりません。 指定券やグリーン券を購入することで、予約が成立します。 お金を払わずに予約することはできません。 予約場所と予約方法 みどりの窓口 新幹線予約でもっとも簡単なのが「みどりの窓口」での予約です。 「みどりの窓口」はJRの駅の窓口のことで、全国の主要駅にあります。 みどりの窓口では、利用したい日時と区間を伝えると、係員が候補の列車を挙げてくれます。 事前に時刻表を調べておいて、希望列車を伝えるとよりスムーズです。 空席があれば、その場でお金を払って購入できます。 慣れていない人は、みどりの窓口で購入するのがおすすめです。 指定席券売機 JR駅にある「指定席券売機」でも新幹線の指定席・グリーン席・グランクラスが予約・購入できます。 利用したい日時と区間などを、画面の指示に従って入力していくと、候補列車が表示されます。 空席があれば、お金を投入したりクレジットカードで購入できます。 みどりの窓口が混雑しているときや、閉まっている時間にはとくにおすすめです。 旅行会社 JTBなどの一部旅行会社でも、新幹線の指定席・グリーン席の予約・購入ができます。 要領は「みどりの窓口」での予約と同じです。 旅行会社の旅行券が使えるというメリットがあります。 しかし、払戻や変更などの際に、JR駅で取り扱ってもらえない場合もありますので、注意が必要です。 みどりの窓口以外の駅窓口 JRの小さい駅では「みどりの窓口」がない場合もあります。 その場合でも、その駅の窓口に問い合わせてください。 最寄りのみどりの窓口に連絡して指定席の手配をしてくれます。 インターネット JR各社のウェブサイトでも新幹線の指定券・グリーン券・グランクラス券の予約ができます。 一部の会社のサイトでは、指定席券・グリーン券・グランクラス券の申し込みを予約開始日より早く行うこともできます。 インターネット予約についての詳細は、「」の項目をご覧ください。

次の

えきねっと(JR東日本)|新幹線・JR特急列車のきっぷ予約

新幹線 の 切符 予約

「受取コード」の有効期限は7日間です。 複数の予約をお持ちの場合、1会員IDにつき1つの「受取コード」で全ての予約が受け取れます。 「受取コード」発行後に予約変更した場合や新たに予約した場合も、表示した「受取コード」で受け取れます。 このため、きっぷ受取前までに、「受取コード」を印刷していただくか、スクリーンショット等で画面保存していただくことをお勧めいたします(受取コードは大切に保管してください)。 再度「受取コード」を発行すると再表示したものが有効になり、前に表示した「受取コード」は無効になりますのでご注意ください。 有効でないメールアドレスしか登録されておらずメールが受信できないと、「受取コード」が発行できませんので、必ず有効なメールアドレスをご登録ください。 ワンタイムパスワードは、ログインパスワードと異なります。 「メール送信」ボタンをタップすると、ご登録のメールアドレスに「受取コード」を表示させるためのパスワードを送信します。 詳しくは• 移行措置として、2020年6月30日(火)まではこれまで通り、エクスプレス予約の決済用クレジットカードでもお受け取りいただけます。 きっぷ受取後の払い戻しには、これまで通り、エクスプレス予約の決済用クレジットカードが必要です。 エクスプレス予約をご利用の際はエクスプレス予約の決済用クレジットカードをお持ちください。 きっぷの受取方法の変更に伴い、2020年3月21日(土)に会員規約の改定を実施いたします。 改定内容は、後日ホームページでお知らせします。 指定席券売機や受取専用機できっぷを受け取る際は、引き続き、EX予約専用ICカードできっぷの受取ができます。 EX予約専用ICカードをお持ちでない場合は、「QRコードリーダー」に「受取コード(QRコード)」をかざしてください。 「受取コード(QRコード)」を読み取れない場合は、「受取コード(16桁の英数字)」を入力してください。 JR東海・JR西日本の駅窓口できっぷを受け取る場合、引き続き、EX予約専用ICカードできっぷの受取ができます。 EX予約専用ICカードをお持ちでない場合は、「受取コード(16桁の英数字)」の提示が必要になります。 窓口では「受取コード(QRコード)」ではお受け取りできません。 予め「受取コード(16桁の英数字)」をご用意ください。

次の