ビットコイン fx 取引所。 Lightning FX (ビットコイン FX)とは

国内の仮想通貨レバレッジ取引所11社を比較!手数料や使いやすさなど11項目を比べてランキング【2020年7月版】

ビットコイン fx 取引所

04% 無料 0. 24時間365日のシステム監視・運用体制 日本語サポートで誰でも使いやすく、ひとつのアプリで現物とレバレッジ取引が可能! 取引ツール 現物とレバレッジを同時に取引できる取引ツールを提供。 注文機能や高機能チャートなどを一画面集約型で、画面レイアウトがカスタマイズ可能! 取引所の信頼度 登録番号|関東財務局長 第00011号 7億6000万円(資本準備金を含む) 株主にZホールディングス 対応サービス 会社名 手数料 取り扱い通貨 セキュリティー 口コミ 取引サービス 取引ツール 82. 8 88. 1 84. 0 82. 0 94. 0 86. 0 73. 0 64. 5 76. 0 76. 0 85. 0 88. 0 87. 3 56. 2 86. 0 86. 0 88. 0 85. 0 83. 3 39. 9 78. 0 78. 0 89. 0 77. 0 75. 6 41. 7 66. 0 53. 3 81. 0 82. 0 42. 5 25. 7 86. 0 86. 0 85. 0 81. 0 41. 3 48. 0 62. 0 62. 0 92. 0 75. 0 51. 9 32. 5 68. 0 68. 0 88. 0 74. 0 53. 9 24. 7 40. 0 40. 0 75. 0 55. 0 採点の詳細は「」に記載しています。 暗号資産取引所の口座開設に必要なモノと流れ• Q投資初心者におすすめの取引所はどこですか? A東証一部上場のGMOグループが運営する「」です。 投資初心者にも操作が分かり易い取引ツールとスマホアプリを提供しており、顧客サポートもチャット対応があります。 また暗号資産の送付手数料や即時入金手数料、そしてレバレッジ取引の取引手数料も無料となっています。 取引スタイルも、現物取引、販売所、レバレッジ取引、暗号資産FXと4つの取引方法を用意。 レバレッジ取引と暗号資産FXでは最大4倍のレバレッジを効かせた取引ができます。 Q暗号資産とは何ですか? A暗号資産(仮想通貨ともいう)とは、暗号技術を活用してつくられた電子通貨のことを言い、その種類は数千以上存在します。 主に「送金」、「価値の保管」、「決済」の3つの用途がありますが、通貨価値を持つために米ドルや日本円のように投資対象となっています。 パソコンやスマートフォンなどの端末があれば誰でも利用することができます。 Qビットコインは最低いくらから購入できますか? Aビットコインが100万円の時に1,000円となります。 ビットコインの最小取引単位は0. 00000001BTCです。 国内のほぼ全ての取引所では0. 01BTCからの購入ができますが、最低取引単位は取引所によって異なります。 Q誰でも口座開設できるのでしょうか? A基本的に誰でも口座開設が可能です。 ただし、反社会的勢力であったり、マネーロンダリングを行うような人はできません。 口座開設には、免許証などの本人確認書類の提出が義務付けられています。 Q取引所・販売所の違いとは何ですか? A交換業者のユーザーとの売買が取引所。 交換業者との売買が、販売所です。 取引所には、板があり株式取引と同じ方式。 販売所方式は、スプレッドと呼ばれる売値と買値の価格差があり、FXと同じ方式です。 Qスマートフォンで取引可能でしょうか。 A可能です。 暗号資産の取引は、口座開設の申し込みから、入金、取引までスマートフォン1台で行うことができます。 Qハッキングされたらお金は戻ってきますか? A個人に非がない場合は戻ってきます。 国内では、コインチェックとザイフでハッキング事件が発生しました。 そのどちらとも、一定の額が被害者に補填されることとなりました。 日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)の奥山泰全会長は、テレビ番組で「ハッキング被害は戻ってくる」と明言しています。 Q暗号資産 仮想通貨 投資で得た利益に税金はかかりますか? A掛かります。 サラリーマンやOLの場合は、利益が20万円以上出た場合に確定申告を行う必要があります。 税金区分は雑所得となり、利益に応じて5~45%の税金を支払う必要があります。 例えば、年収400万円の人が暗号資産で100万円の利益をあげたとすると、57万円程度の税金を支払う必要があります。 さらに、課税所得の10%を住民税として支払う必要があります。 暗号資産取引所関連コラム 会社名 取引所トークン 取り扱い通貨数 手数料 レバレッジ取引 レンディング セキュリティー 1日の売買代金 主な言語 拠点 BNB 188種類 Maker:-0. 025 Taker: 0. 5倍 有り A- 約62億2000万円 英語 アメリカ - 252種類 Maker: 0. 一見、同じように見えますが、投資方法や取引の枚数によって大きく投資結果が異なりますので、しっかり押さえておきましょう。 基本的に「 取引所」で売買を行った方が、取引コストが安く、利益を上げやすくなります。 ただし、100BTCなどの 大口の注文であれば「 販売所」を使った方が良いかもしれません。 ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 口コミの内容はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 また、『みんなの仮想通貨』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 最新情報は各証券会社の公式サイトにてご確認ください。 キャンペーン・特典は各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。 【暗号資産取引におけるリスク】 ビットコインをはじめとする暗号資産の取引には、価格変動、流動性、ネットワークリスク等のリスクがあります。 当サイトは情報提供を目的としており、売買推奨は行っておりません。 投資を行う際はご本人様の責任においてお願い致します。 【当サイトについて】 当サイトはネット証券会社に関する情報の提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 株式・FXの口座比較はこちら! 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、株式会社マネーパートナーズソリューションズ、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 、株式会社FXプライムbyGMO、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、SIX ファイナンシャルインフォメーションジャパン、Dow Jones、Hang Seng Indexes、株式会社bitFlyer 等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

国内の仮想通貨レバレッジ取引所11社を比較!手数料や使いやすさなど11項目を比べてランキング【2020年7月版】

ビットコイン fx 取引所

もくじ• 【結論】仮想通貨(暗号資産)のレバレッジ取引にオススメな取引所 出展: 結論としては、が仮想通貨(暗号資産)のレバレッジ取引に一番オススメな取引所です! なおランキング結果は、以下のようになりました。 GMOコインのレバレッジ取引について詳しく知りたひ人は「」をご覧ください。 そして2つの部門を合わせた総合部門が、15点+18点で最大33点になります。 まず改めて総合部門ランキングをご覧ください。 つまり、 コストが安くてかつ使いやすいレバレッジ取引を、提供している仮想通貨取引所のランキングと言えます。 ランキング上位の取引所は、といあえず口座開設しておいて損はないでしょう。 次に2部門のランキングも見てみましょう。 このランキングを見ると、2019年に新規参入した と Deccuret(ディーカレット)が、手数料の安さで勝負に出ていることが顕著にわかります。 今後 や らとの競争で、コストがより安くるかもしれません。 仮想通貨の先物取引を提供していたり、また様々な注文方法ができたりすることで得点が上がっています。 しかしコストの安さ部門と同様に、 と が上位を独占している構図は変わりません。 いかに良いレバレッジ 取引サービスを提供しているのかが分かります。 2 【採点表】使いやすさ・機能性比較、仮想通貨レバレッジ取引 取引所 JapanEX BITPoint ビットポイント Zaif ザイフ Deccuret (ディーカレット) BTC ボックス 楽天ウォレット Huobi Japan フォビ 取引種別、種類 2 2 3 1 3 2 2 1 1 2 1 通貨ペア 1 3 2 3 3 2 2 2 1 2 1 注文種別 、種類 2 2 3 3 3 2 3 2 1 3 3 使いやすさ (スマホアプリ) 1 3 3 2 1 0 3 3 1 3 1 使いやすさ (デスクトップ) 1 2 2 1 1 0 2 2 2 ナシ 3 特徴 独自機能 2 3 2 3 2 1 3 2 1 2 3 合計 9 15 15 13 13 7 14 12 7 12 12 この表から自身に合った取引所が見つかったら、早速口座開設をしてみましょう。 口座開設の手順や審査日数、必要書類については「 」を参考にしてみてください。 【ランキング項目解説】コストの安さ部門 ここからは、部門ごとの各審査項目の具体的な内容について解説します。 具体的にどのような基準でランキング付けしているのか?ということを知りたい人は読んでみてください。 [ランキング項目1]スプレッドと売買価格差の狭さ 出所:DMM Bticoin 上の「仮想通貨FXとレバレッジ取引所の違い」の文章で説明した通り、 スプレッドと売買価格差の大きさは損益に大きく左右します。 できるだけ価格差が狭い取引所を選ぶようにしましょう。 ちなみにスプレッドが0. 21 円 209 円 54 円 GMOコイン 280 円 18 円 0. 08 円 40 円 28 円 decurret 400 円 30 円 0. 12 円 140 円 30 円 TAOTAO 500 円 100 円 0. 21 円 248 円 70 円 取得時の価格 818,882 円 16,392 円 24. 90 円 23,199 円 4,960 円 [ランキング項目2]建玉手数料 建玉(たてぎょく)手数料は「スワップ」とも呼ばれ、ポジション保有中い1日ごとに発生する手数料です。 平均的な建玉手数料は0. 例えば、 1BTC50万円のときに建玉手数料が 0. 04%となります。 なおBITPointは、新規建時に建玉金額の0. そして当取引日から翌取引日へ建玉を持ち越した場合、建玉金額の0. [ランキング項目3]入出金手数料 レバレッジトレードを始めるときに、入金手数料が無料だと気軽に始められますよね。 またせっかく利益が出ても、出金するときに手数料が発生すると損した気分になりますよね。 それぞれの手数料は高くても1回700円程度ですが、こまめに入出金をする人は、入金・手金手数料無料の取引所を選んだ方が良いでしょう。 [ランキング項目4]ロスカットルールの基準値(証拠金維持率) ロスカットルールとは、 ポジションを保有しているときに含み損(未決済の損失)が、口座資金に対して一定の割合を超えた場合に、強制的にそのポジションが決済される取引ルールのことです。 その際に基準となる値が低いほど、口座に置いておかなければいけない資金額(必要証拠金)が少なくなります。 そうすると、より少ない資金で大きなポジションを持てるようになったり、逆にポジションを大きくせずによりロスカットルールを発動させにくくしたりできるのです。 以外と見落としがちな項目ですが、国内の平均は70%から110%までと広く差が開いているため、確認するようにしましょう。 必要証拠金や証拠金維持率、ロスカットルールについて詳しく知りたい人は、まず「」の記事を読んでみてください。 [ランキング項目5]手数料キャンペーン 引用:出所: 仮想通貨取引所によってはスプレッドが狭くなったり、建玉手数料が無料になったりといったキャンペーンを不定期で開催しています。 よりキャンペーンの開催が多い取引所を選ぶことで、よりコストを抑えられます。 【ランキング項目解説】使いやすさ・機能性部門 次に使いやすいさや機能性についての審査項目について説明します。 「コストよりも使いやすいさ重視!」という人のための部門です。 【ランキング項目1】レバレッジ取引の種類 ように、レバレッジ取引には4つの種類があります。 1つの取引所で複数の種類を取扱っていた方が、他の取引所と使い分ける手間がなくなり良いでしょう。 通貨ペアは多いに越したことはありません。 【ランキング項目3】注文種別・種類の豊富さ レバレッジトレードに慣れてくると、「この価格になったら自動で決済や発注をしたい!」と思うようになります。 そんなときにIFD(イフダン)注文やOCO(オーシーオー)注文があれば、注文のし忘れや自動化ができるようになります。 成行・指値は当たり前として、最低でも逆指値は選べて欲しいものです。 注文方法につていもっと知りたい人は「」をご覧ください。 【ランキング項目4・5】スマホアプリ・デスクトップ版の使いやすさ レバレッジトレードをする上で、 スマホアプリやデスクトップ版の使いやすさは機会損失に直結します。 もし 「今すぐエントリーしたい!」という時に、注文ボタンの位置が分かりにくかったり、数量や価格を入力しにくかったりして、気づいたらエントリーチャンスを逃していた……、という風になるのは嫌ですよね。 スピード注文機能があるか、画面は見やすいかなど実際に触ってチェックしてみましょう。 【ランキング項目6】取引所の特徴 ・独自機能 取引所のコストや使い勝手があまり良くなくても、独自の強みがあればサブ口座として開設しておいて、メイン口座と使い分けるといったことができます。 ここまででランキングの審査項目の解説は以上です。 仮想通貨のレバレッジ取引とは? さて、 そもそもレバレッジ取引とは何なのか?と疑問に思う人もいるかと思います。 まずはレバレッジ取引の概要や、レバレッジ取引の種類について説明します。 仮想通貨のレバレッジ取引の仕組み 仮想通貨のレバレッジ取引とは、 レバレッジ(てこ)の原理のように、実際のお金よりも大きなお金を動かせる取引のことを言います。 上の図のように、レバレッジ倍率を高く(重く)するほど、実際に掛かる費用(必要証拠金)は安くなるのです。 次にレバレッジ取引のメリットとデメリットを見てみましょう。 仮想通貨レバレッジ取引のメリット• 口座の資金よりも 大きな金額を運用できる• 仮想通貨を保有しなくていい• 買いポジションであれば、まだ売り注文を出していない又は売り注文が約定していない状態のことで、売りポジションであれば、まだ買い注文を出していない又は買い注文が約定していない状態のこと指す。 また 買いポジションのことを「ロング(ポジション)」また 売りポジションのことを「ショート(ポジション)」と言うこともある。 仮想通貨レバレッジ取引のデメリット• 仮想通貨の外部送金ができない• 買った仮想通貨(ロングポジション)では、他の仮想通貨を買えない• ポジションを保有すると1日ごとに手数料がかかる• ロスカットルールがあり、一定の損失を上回ると強制的に決済される• 追証(追加証拠金)になる場合も レバレッジ取引の誤解、リスク調整すれば危険ではない もちろん最初から大きなレバレッジを掛ける必要はありませんし、レバレッジの大きさは自分自身でコントロールすることも可能です。 つまり レバレッジ取引は、投資家自身が調整できる金融商品なのです。 初心者の方にの中は 「必ず口座資金の4倍で取引しないといけなくて、損失が恐い……」と勘違いされている方もいらっしゃいますが、これは誤りでレバレッジ取引の仕組みやルールを理解すれば、資金効率の良いトレードが行えるのです。 【例】仮想通貨レバレッジ取引の計算方法 レバレッジ取引の計算イメージ 例えば、ビットコインの価格(BTC)が70万円の場合にレバレッジ10倍で取引ができるとします。 通常、この時に1ビットコインを購入するには、70万円を口座に用意しなければなりません。 しかしレバレッジが4倍の場合は、約4 分の1の資金である17万5,000円を口座に入れておけば購入できるのです。 なお国内取引所のレバレッジ倍率は1倍から最大4倍の中から選べるようになってます。 ただし中には4倍で固定されている取引所もあるので、2倍や3倍で取引した人は注意しましょう。 ここまで駆け足で「仮想通貨のレバレッジ取引」について解説しました。 もっと詳しく知りたい方は、「」の記事をご覧ください。 レバ2倍はいつからか?仮想通貨証拠金取引の最大レバレッジ規制時期の予想 仮想通貨の証拠金取引の最大レバレッジ倍率が、4倍から2倍に規制される方針であると、2020年1月に日経新聞により。 そこで多くの人は「 もし仮想通貨の証拠金取引の最大レバレッジが4倍から2倍に規制されるのはいつからか?」と疑問に思うことでしょう。 ただし予想としては、 最短で2020年春頃に自主規制を実施し、2020年以内に最大にレバレッジ2倍変更完了に合わせて法律を公布する流れが考えられます。 その理由やその他レバレッジ2倍規制スケージュールの予想ついては、「」をご覧ください。 取引相手はユーザー同士になり「取引所取引」とも呼ばれる• 取引相手が取引所になり「相対取引」とも呼ばれる• 限月までに決済する必要がある。 設定された期間以内にへ利子を合わせた額を返却する必要がある 取引所の多くはレバレッジ取引か仮想通貨FXを取扱っていて、先物取引と信用取引は一部の取引所のみとなっています。 また中には複数種類のレバレッジ取引を扱ってる取引所もあり、詳しくは下にあるをご覧ください。 仮想通貨のFXとレバレッジ取引所の違い 仮想通貨FXとレバレッジ取引所の大きな違いは、 「板の有無」と 「スプレッド(売りと買いの価格差)の有無」の2つです。 出所: 仮想通貨FXには板がありません。 そのため基本的に提示されている価格で売買することができるのです。 しかし取引相手となる取引所も利益を出さなければいけません。 なので売りと買いの価格の間に差を設けそれを調整することで、利益を出しています。 そして これをスプレッドと言います。 出所: 一方レバレッジ取引所には板があるので、他のユーザーの注文状況を見ながらトレード戦略を立てられます。 これを 「板読み」と言います。 またレバレッジ取引所にはスプレッドがない代わりに、売り注文と買い注文の間にだに価格差があります。 一般的には 板に並んでいる売買注文の、価格数と注文量が多いほどこの価格差は狭まり、より安くトレードができるようになっています。 板についてもっと知りたい人は「」をご覧ください。 いかがでしょうか。 レバレッジ取引は全く怖くないですよね?この仕組が理解できれば、実際にやってみることをおすすめします。 また取引所ごとに、取引ツールや通貨ペア、スプレッド差、 スマホアプリの有無など特徴があります。 以下の項目ではそれらの違いを比較して、どの取引所でレバレッジ取引をするのが良いのかをランキング形式でまとめました。 自分の投資スタイルに合った取引所をぜひ見つけてみてくださいね! 各取引所のレバレッジ取引サービスの特徴を解説! では最後に、このランキングを元にひろぴーがにオススメするレバレッジ トレードに向いている取引所を、いくつかピックアップして紹介します。 おすすめ取引所No. 1 GMOコイン 出展: がレバレッジ取引にオススメな理由 ビットコインFXの取引高1. 5兆円(月) スマホアプリが一番使いやすい! クイック入金、出金、BTC送金が無料 現物取引、レバレッジ取引、仮想通貨FX GMOコインのレバレッジ取引情報 レバレッジ 通貨ペア 最小取引単位 取引手数料 BTC円 スプレッド 5通貨ペア 0. 01BTC〜 無料 約700円程度 スワップ レバレッジ スマホ クイック入金 0. 取引手数料はテイカー手数料が若干掛かりますが、取引できる通貨も多く仮想通貨のレバレッジ取引に適している取引所の一つです。 出所:「」 PCとスマホ両方の取引ツールも充実しており、買いや売りが明確にわかりやすく初心者にもおすすめです。 初めてのビットコインのレバレッジ取引はから初めると良いでしょう。 ビットコインとアルトコインのレバレッジは 4倍のみ。 ロスカットルール制で 追証なし、限られた資金の中で取引しようと試みるレバレッジ取引入門者はぜひこちらの取引所からスタートすると良いでしょう。 01BTC 〜etc 無料 約1000円〜 スワップ レバレッジ スマホ クイック入金 0. なんといっても非常に豊富な通貨ペア! BTCJPY,ETHJPY,BCHJPY,XRPJPY,LTCJPY,ETCJPY,NEMJPYの7通貨ペアを始め、BTC建てやETH建ての通貨ペア含む、 計14通貨ペアが揃っております! 現在、はBTCJPYのみの通貨ペアしかないのに対して、こちらはアルトコインのレバレッジ取引ができることが最も強みです。 出所:DMM Bitcoinnスマホアプリ画面 これならばで 仮想通貨市場が急落時に、 ショート戦略が組めるため、総資産の減少を限定的にすることが可能です。 非常に助かるサービスなんですね!のニーズがある相場局面は必ずやってきますので、こちらも口座開設しておく必要があるでしょう。 現物ポジションの保険も兼ねて ヘッジできますので、ぜひある程度の資金をいれて 有事に備えておくべきだと思います。 もちろん、アルトコイン大相場のときは、レバレッジをかけて買い戦略を立てればとんでもない利益につながる可能性だってあります!ぜひ、チェックしてみてください。 おすすめ取引所No. 01BTC 無料 約400円〜 スワップ レバレッジ スマホ クイック入金 0. 28億円と業界一の規模を誇る仮想通貨取引所です。 また日本で初めて仮想通貨を電子マネーにチャージできるサービスを提供しています。 出所;スマホアプリ「DeCurret-仮想通貨レバレッジ取引」 レバレッジ取引にも注力していて、専用アプリ「」を提供していたり、業界最安値のスプレッドを提示していたりします。 またデスクトップトップ版には、全通貨ペアのレートや資産状況が常に表示されていて、本格的なトレーダーができるようになっています。 画面のカラーテーマをダークモードへ切り替えられるのも、トレーダーには嬉しい点です。 引用:ディーカレット なおディーカレットは2020年の3月末まで、を開催しています。 現物・レバレッジ共に充実したサービスを提供していているので、とりあえず口座開設しておいて良いでしょう。 ディーカレットの人気記事は『』です。

次の

ビットコインFXおすすめ取引所とトレードのやり方注意点を解説

ビットコイン fx 取引所

ビットコイン、仮想通貨のおすすめ取引所比較 日本国内で金融庁から認可がおりてる交換所をランキング形式で紹介していきます。 アプリのトレード画面、サービス内容、取り扱い通貨などを記載しています。 基本的にレートが各取引所異なるので、気になる全ての取引所で口座開設しておくのがおすすめです。 メイン・サブで利用するなどご自身の取引スタイルに合わせて使い分けるのもいいでしょう。 ランキングは、5段階評価となっているので参考にしてください。 マクロミルとの共同で、アンケートに答えるだけでビットコインがもらえる「Coincheckアンケート」のサービスを始めるなど、より多くの人が仮想通貨に触れられるように第一線で動き続けています。 また、保有している仮想通貨を貸し出すことで年利最大5%の利用料を受取ることができる「貸仮想通貨サービス」や、自動で仮想通貨の積立を行ってくれる「Coincheckつみたて」、電気・ガス料金の支払いでビットコインがもらえる「コインチェックでんき・ガス」など、多様な関連サービスを展開しています。 そのため、これから仮想通貨を始めるとい人にとって口座開設を済ませておいて損はない取引所と言えます。 またコインチェックは、規制後初の新規通貨上場(MONAの取り扱い開始)を果たし、今後もこれまた国内初となるイニシャル・エクスチェンジ・オファリングを検討しています。 また、アプリの使いやすさはトップレベルであり、仮想通貨に初めて触れる人にはおすすめしたい販売所です。 板取引はビットコイン(BTC)のみ可能になっています。 ディーカレット DeCurret の取り扱い通貨 ティッカー 通貨名 BTC ビットコイン ETH イーサリアム XRP リップル BCH ビットコインキャッシュ LTC ライトコイン ディーカレットおすすめポイント 2019年8月21日にはレバレッジ取引のサービスも開始。 「au WALLET」と「楽天Edy」、「nanaco」といった電子マネーへ仮想通貨で直接チャージできるサービスも開始し、今後の実用的展開もありそうです。 JRや電通など大企業がパートナーとして参加しておりまだまだサービスに展開に大きな期待を抱かせます。 また、トレード画面が非常に使いやすく、インジケーターも豊富なので、トレーダーの人向けの取引所でもあります。 ビットバンクは、相場やコラム、インタビュー、ブロックチェーン技術などを幅広く網羅しているニュースサイトのBTCNを自社運営しています。 仮想通貨業界の中では、有名かつ老舗のサイトで、インフルエンサーライターなどの記事を見ることも可能です。 グループにはGMOクリック証券などがあることから、仮想通貨のFX取引においても安定した強さのシステムを誇っているため、GMOコインを愛用している人も多いです。 また販売所サービスも行っており、そのスプレッドも低めなことから、板取引に慣れていない人でも簡単に購入できるのも魅力の一つ。 初心者から経験者までにおススメできる取引所です。 その他の特徴としてGMOコインは、スマートフォンアプリ「ビットレ君」を提供しています。 「ビットレ君」レバレッジ取引専用という珍しいスマートフォンアプリです。 使いやすさに特化しており、イフダン(IFD)注文やOCO注文など、さまざまな注文方法もアプリでやりやすく設計されています。 ただし、仮想通貨の送金が専用のハードウェアウォレットにしか行えないため、「他のアルトコインとまとめて一つのウォレットで管理したい!」という方などにはネックとなってしまうかもしれません。 XRPに関するキャンペーンも多く、XRPホルダーならば開設しておきたい取引所です。 また、トレード向けの機能が非常に充実しており、ロング(買い注文)・ショート(売り注文)のポジションが現在どれだけあるかが一目でわかる建玉表はTAOTAO独自の機能です。 操作には少し慣れが必要で、普段使いをしたい人より、がっつりトレードをしたい人向けの取引所という印象を抱かれるかもしれません。 キャンペーンも多く開催しており、また先日は取引所の独自トークンであるフォビトークン(HT)の取り扱いも開始しました。 HTを使って、決済・取引手数料の割引・ガバナンスなど、さまざまなサービス展開も予定されており、今後の展開に期待できます。 実際にLINEに問い合わせを行ったところ、メッセージを送ってから3分程度で返信がありました。 最初の返信は、自動返信用の文言が記載されるものの、次のメッセージはカスタマーサポートが担当してくれるので、ユーザーに非常に親切な取引所となっています。 FX取引においても、日本最大級の出来高を誇っています。 「ビットコインをもらう」というポイントサービスのようなものも展開しており、bitFlyer経由で旅行などを注文すると、パーセンテージに応じて、ビットコインで還元してくれるのも嬉しいですね。 最近ではTポイントをビットコインに交換するというサービスも開始しており、業界を引っ張ってきた取引所の一つとして、これからの事業展開にも大きな期待が生まれます。 トレードを主とする人にとっては前述の「SFD」がひっかかるかも…それも踏まえると手数料はかなり高めの印象に。 日本円以外にもドルやユーロなどさまざまな法定通貨での取引に対応しています。 Liquid by QUOINE トレードアプリ シンプルで使いやすいアプリです。 指紋認証設定も可能なのでセキュリティに関しても安心で、またウィジェット機能も搭載しています。 ビットコイン、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、キャッシュをスマホのホーム画面に追加することが可能となっています。 ポートフォリオページの右上部にあるカメラボタンをタップすると、Twitterが起動するので仮想通貨ポートフォリオを公開したり、共有したりすることが2タップで完了できます。 Zaifとの統合が近々予定されているので、今後の活動に注目した取引所でもあります。 仮想通貨取引所の比較・選定の際の項目 スプレッド、手数料に関して これは仮想通貨取引所の利益につながる部分になります。 利益を上げようと考えるのであれば、スプレッドを広げたり、手数料を多くとったりします。 価格が急騰、急落する場合などスプレッドが大きくなることがあるのでそのあたり含めて、どの仮想通貨取引所を選ぶかを決める必要があります。 取り扱い仮想通貨に関して 購入したい仮想通貨がある場合は、重要な項目になります。 現在、日本国内でのホワイトリスト(認可されている)である仮想通貨には次のようなコインがあります。 有名どころだと、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、モナコイン(MONA)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、ネム(NEM:XEM)、リスク(LSK)・・・その他多数の取り扱いがあります。 これらの通貨は、仮想通貨交換業者登録されている業者が扱ってる通貨の種類となっています。 ここには無い取引所だと海外の仮想通貨取引所を利用する必要性が出てきますが、信頼・安心感というところで少しリスクを考える必要があります。 セキュリティ管理に関して 特にウォレットの管理の体制をしっかりと調べる必要があります。 ホットウォレットに多くの通貨を残している取引所は避けた方が良いでしょう。 ウォレット管理体制にはさまざまな方法があります。 例えば、強固な管理体制の一つとして、コールドウォレットを利用しており、秘密鍵を知っているのは業社内で数名、利用するPCは一つ。 または社内とは別のネットワークを使い、PCを利用する部屋はモニター含め24時間カメラ撮影されている形などになります。 セキュリティに関する指標として、「ICORating」の取引所セキュリティレポートというものが、1日100万ドル以上の取引高がある仮想通貨取引所が対象となる格付けです。 ちなみに世界1位のHuobiは100点の満点評価を得ています。 コールドウォレットは、一時的にネット接続するウォレットの種類のこと。 信頼、安心感に関して 例えば、強固なセキュリティがあったとしても仮想通貨が流出してしまったなどの事故が起こった場合に、どこまで責任を取ってくれるのか?また、他のサービスでもユーザーから良く利用されているものがあるなど、どこまで顧客の事を考えているかなどが指標の一つとなります。 上場企業などは、非上場企業よりも信頼・安心感という側面では良いものだと思われます。 販売所・取引所・仮想通貨FXの違いを理解する 自身で仮想通貨を保持したい人は、販売所・取引所 現物取引 を利用してください。 仮想通貨の値動きで資産を増やしたい方は、取引所 レバレッジ取引 、仮想通貨FXの利用となります。 レバレッジ取引、仮想通貨FXは、実際に仮想通貨を保有するものではないので注意してください。 また業者によってサービス内容が異なります。 例えばGMOコインの取引所 レバレッジ取引 の場合、板寄せ形式という方式を取っており、売買の需給を見ながら発注することができます。 一方で、仮想通貨FXは、2wayプライス方式で店頭取引となっており画面の表示がシンプルになってます。 また、注文方法も異なりレバレッジ取引では、成行、指値注文のみとなりますが、仮想通貨FXでは、逆指値、OCO、IFD、IFD-OCO注文と多彩な注文方法が選択出来ます。 さらにロスカットルール等にも差があるので注意が必要です。 現物取引手数料で比較 取引所名 取引所 販売所 アルト Maker:-0. 海外の取引所では一般的ですが、日本で導入しているのはbitFlyerしかありません。 これは、現物価格とFX価格の差(乖離率)が5%を超えた際に、約定時にパーセンテージに応じた手数料が徴収もしくは付与されます。 乖離を広げる方向(買い)の場合だと、新しく取引を板に載せる「新規注文」も、既に板にある自分が発注した取引を手じまいにする「決済注文」のどちらでも計算式に応じた手数料が徴収されます。 そして、価格を縮める方向(売り)では、「新規注文」を行った際に手数料分の金額がもらえるという仕組みです。 00% 取引手数料自体は無料ですが、状況によってはこのような手数料が発生することは念頭に置いておきましょう。 セキュリティ状況で比較 基本的にユーザー 顧客 からの預け入れはホットウォレット、交換事業者側で通貨の保管にはコールドウォレットを利用しているところがオススメです。 また、シグネチャー 署名 に関して、シングルシグネチャー、マルチシグネチャーがありますが、マルチシグネチャーを採用している方がセキュリティレベルが高いと言えます。 【参考】 外部とのやり取りする際のビットコインアドレスが、マルチシグであり、保管用がコールドウォレットでマルチシグを利用している業者を「レベルが高い」と評価できます。 逆に外部とのやり取りするウォレットにシングルシグを利用している業者は「レベルが普通」とした際に、セキュリティレベルが高い業者としてはビットバンク、QUOINE、DeCurretが挙げれます。 GMOコイン、コインチェックはセキュリティレベルが普通の業者として分類できます。 仮想通貨取引所 おすすめ比較ランキング•

次の