八戸 殺人。 八戸市雑談掲示板|爆サイ.com東北版

八戸市雑談掲示板|爆サイ.com東北版

八戸 殺人

お金を下ろされないように、暗証番号を変えた方がいいです。 暗証番号を教えてください。 今のカードは傷をつけて捨てなければいけません」などと言われ、Aさん名義のキャッシュカード3枚の暗証番号を教えた。 すると、電話の相手が女性に代わり、「今、女の人が行きます。 キャッシュカードとハサミを渡して切ってもらってください。 キャッシュカードは女の人に渡してください。 」などと言われ、同日、Aさん方に女性1名が尋ねてきたことから、Aさんはその女性にキャッシュカード3枚を手渡したところ、Aさんの面前で同キャッシュカードの端を切った後、そのまま同キャッシュカード3枚を持ち去り、だまし取られた。 同キャッシュカード3枚は使用されており、合計199万9,000円が払戻しされた。 3人は共謀して、4月23日午後1時55分ころ、青森県内居住の男性方において、また、5月15日午後0時ころ、青森県内の金融機関駐車場において、男性に対し、債権買取名目で因縁をつけて脅迫し、現金合計百数十万円を脅し取った。 男は、6月25日午前8時40分ころ、青森市内のホームセンターにおいて、商品のサプリメント1箱等23点(販売価格合計約1万円)を窃取した。 内容は、弘前警察署「ササキ」「カネダ」「コガワ」「ムラコシ」と名乗る男から電話があり、「あなたの通帳等が届いているが落とした記憶はあるか。 」「捕まえた犯人が持っていた名簿に名前が載っていた。 キャッシュカードはありますか。 口座残高を教えてほしい。 」などと言われたものです。 いずれも、被害を受けた方が不審に感じ警察へ相談し、被害はありませんでした。 内容は、青森警察署生活安全課の「カガワ」「カネダ」等を名乗る男や女から電話があり、「タカハシなる者を捕まえたが、そちらに泥棒に入ったと供述している。 」「家から盗まれたものはないか。 」「詐欺グループを捕まえたところ、あなたの通帳とキャッシュカードを持っていた。 」「キャッシュカードと通帳はしっかり保管しているか。 」「キャッシュカードや通帳を紛失したことはないか。 」などと言われた。 いずれも、電話を受けた方が不審に感じ警察へ相談し、被害はありませんでした。 男は、6月8日午前8時35分ころ、自宅において、大麻約5. 4グラムを所持した。

次の

青森県で先月起きた惨殺事件(旦那さんが奥様とお子様三人を殺害、後...

八戸 殺人

[1] 0分前 675件• [2] 7分前 30件• [3] 33分前 123件• [4] 38分前 63件• [5] 39分前 84件• [6] 40分前 111件• [7] 41分前 8件• [8] 45分前 909件• [9] 45分前 249件• [10] 56分前 150件• [11] 1時間前 3件• [12] 1時間前 662件• [13] 2時間前 10件• [14] 2時間前 1件• [15] 2時間前 106件• [16] 2時間前 367件• [17] 2時間前 11件• [18] 3時間前 90件• [19] 3時間前 11件• [20] 3時間前 968件• [21] 4時間前 373件• [22] 4時間前 34件• [23] 4時間前 4件• [24] 6時間前 3件• [25] 8時間前 46件• [26] 8時間前 938件• [27] 8時間前 143件• [28] 8時間前 348件• [29] 8時間前 160件• [30] 8時間前 13件.

次の

青森県で先月起きた惨殺事件(旦那さんが奥様とお子様三人を殺害、後...

八戸 殺人

真由美さんと耀君は居間で、直弥君と奨君は子供部屋で発見され、室内には大量の血が流れていた。 秀人が無断欠勤をした為、連絡を受けた親族が様子を見に来て事件を発見した。 この日、勤務先を無断欠勤し行方が分からなくなっていた秀人は同日16:15ごろ、約40キロ南の岩手・一戸町内の県道わきに停車していた乗用車内にいるところを、岩手県警の捜査員に発見された。 秀人は職務質問を受けている途中に突然、車をバックさせて捜査車両に衝突させ、さらに自分の首を刃物で切り、窓を壊そうとした捜査員を振り切って車ごと約10メートルの崖下に転落。 間もなく死亡が確認された。 死因は、首を切ったことによる失血死。 殺害された4人は27日20:00以降の食後2〜3時間に殺害されたことが司法解剖で分かった。 青森県警八戸署によると、次男・奨君は首を刃物で刺された失血死で、他の3人には首を絞められた窒息死だった。 自殺した秀人の乗用車の車種と色が一致する車が、事件発覚の約9時間前に起きたパチンコ店強盗未遂事件の現場近くで目撃されていたことがわかり、八戸署は二つの事件の関連について捜査。 パチンコ店の強盗未遂事件は、会社員宅から直線距離で約2キロの同市城下3で、28日2:10ごろ発生。 無施錠の店舗通用口から刃物を持った男が侵入。 店内にいた31歳男性店長と従業員2人を刃物で脅し、ビニールテープで縛って現金を要求した。 店長がすきをみて逃げたため、男は金を取らずに逃走した。 殺害現場の室内から自殺した秀人のものとみられる血のついた衣類と、凶器とみられる包丁が見つかった。 包丁は刃渡り約20センチで、会社員宅の台所に血の付いた状態で置かれていた。 衣類は男性用で、血のついたまま室内に放置されていた。 澤田秀人は32年前にも殺人事件を犯していた。 1975 昭和50 年12月21日13:27、青森・八戸市小中野町新堀の角アパート1階で、会社員の女性・沢口さん 29 が玄関先で血まみれになって助けを求めているのを、隣の女性 64 が見つけた。 沢口さんは20ヶ所を刃物で刺されており、出血多量で死亡。 後ろからふいに刺され、滅多刺しにされたらしい。 部屋から血のついた菜切り包丁が見つかり、それを少年が捨てて逃げていくのを近所の人が目撃しており、小学5年の澤田秀人 11 が12月22日11:40、アパート2階のおばの家に戻ったところを保護された。 秀人は妹と2人でおばの家を訪問しており、トイレへ行くと1階へ降りた後、悲鳴が聞こえたという。 秀人の家は5人家族で、漁船を持ち金持ちだった。 秀人は1973 昭和48 年秋にも近所の家へ行き、マッチ遊びをして3棟を全焼させており、沢口方へ盗みに入ったらしい。

次の