ライン スタンプ 無料。 一般販売なしで『自作LINEスタンプ』を家族や友人で楽しもう! 作成や申請手順を解説|TIME&SPACE by KDDI

LINE無料スタンプおすすめランキング・隠しスタンプまとめ

ライン スタンプ 無料

LINEスタンプとは? メッセージのやり取りで言葉では伝えづらい、微妙なニュアンスや感情を表現する時に利用されるものです。 スタンプを使うことで文章だけのやり取りよりも、より多くの情報を伝えることができるため、多くのユーザーが利用しています。 また、企業側もスタンプを配信することで商品やサービスの認知度UPや、スタンプを販売すれば売上から収益を上げることも可能です。 では、実際にどのような種類があるのかPC版で詳しく説明していきます。 アプリをインストールしLINEを開くと、無料で使えるものは赤枠のように表示されます。 line. ユーザーはある一定の条件(友だちに追加する等)を満たすことで、ダウンロードでき一定期間使用することができます。 企業はユーザーに無料でスタンプを配ることで、キャラクターや企業の認知度UPにつながります。 しかし、企業がプロモーションスタンプを配布するには、LINE公式アカウント(初期費用800万円 + 月額250万円)と配信費(2,000万円~)が必要となります。 ただし、LINEによる事前の審査を通過する必要があり、審査を通過しても数多くのクリエイターズスタンプの中から自社のものを選んでもらうには、告知やある程度のクオリティが必要となります。 ユーザー側は、一度購入すると利用期限はなく永続的に利用できます。 企業がクリエイターズスタンプを取り入れるメリット 一番のメリットは、配信にかかる費用を安く抑えることができる点です。 プロモーションスタンプを作成する費用は、すべて含めると安くても約3,000万円ほど必要となります。 しかしクリエイターズスタンプの場合は、登録・事前審査や販売に費用は発生しません。 あえて言えば、作成する際のデザイン費などでしょうか。 また、スタンプを配信しユーザーに利用してもらうことで自社キャラクターや企業の認知度UPにつながります。 企業がクリエイターズスタンプを使うときの注意点 先ほど話したとおり、クリエイターズスタンプは1日数十個以上も追加されています。 一企業が数多くあるスタンプのなかから自社のものを選んでもらうためには、ユーザーが欲しいと思うようなクオリティと告知が必要となります。 また、クリエイターズスタンプを作成し配信するには、事前にLINEの審査を通過する必要もあります。 細かい規定があるので、特に注意すべき点をいくつかご紹介します。 参考: 公式アカウントとの違い クリエイターズスタンプと公式アカウントのスタンプとの違いを説明します。 どのような種類があり費用がどれくらいかかるのか説明します。 【スポンサードスタンプ】 企業のイメージキャラクターなどをスタンプ化し、無料提供するものとなります。 キャラクターや企業を知るきっかけとなったり、ユーザーに好感度や親近感をもってもらうことが可能です。 費用 :3,500万円~ DL期間 :4週間 利用期間 :DLから180日間 【スポンサードミッションスタンプ】 スタンプの無料提供と引き換えに、ユーザーにアンケートの回答や会員登録をしてもらうこ とができます。 費用 :4,000万円~ DL期間 :4週間 利用期間 :DLから180日間 【スポンサードターゲティングスタンプ】 男性女性のどちらかにターゲットを絞り、無料スタンプを提供することができます。 費用 :2,000万円~ DL期間 :4週間 利用期間 :DLから180日間 【ダイレクトスタンプ】 LINE社で提供しているオリジナルスタンプをユーザーに無料提供することができます。 費用 :1,000万円~ DL期間 :12週間 利用期間 :DLから180日間 【ダイレクトミッションスタンプ】 LINE社で提供しているオリジナルスタンプの無料提供と引き換えに、ユーザーにアンケートの回答や会員登録をしてもらうこととができます。 極端なことを言うと、自分でキャラクターを作成してしまえばかかる費用はゼロです。 中小企業にとっても配信のハードルはかなり低いといえます。 しかし、数多く存在するものの中から自社のものを選んでもらうためには、それなりのクオリティが必須といえるでしょう。 クリエイターズスタンプで配信している企業(一例) 実際にクリエイターズスタンプを配信している企業の事例をご紹介します。 各企業がどのようなスタンプを配信しているかご覧下さい。 LINEを起点とした、メガネスーパーの公式キャラクターであるフクタンのキャラクターイメージが浸透し、店頭での販促活動との相乗効果で売上が増加したと報告されています。 登場するキャラクターには、それぞれ名前や性格などの設定があり親しみを持たれるように作られています。 実際に販売するまでの流れ 実際にクリエイターズスタンプを販売するには、LINE Creators Marketに登録する必要があります。 どのような流れで登録し販売するか説明していきます。 その時の状況にもよりますが、審査には約7日間ほどかかります。 現在世界での登録者数は230ヵ国150万人となっており、130万以上のスタンプが販売されています。 ちなみに、上位10名のクリエイターズスタンプでの売上平均は6億4,100万円と報告されています。 クリエイターズスタンプを検討している人、こちらの「マイページ」からクリエイター登録が可能ですので、ぜひ挑戦してみてください。 まとめ 企業がLINEスタンプを配信する方法は大きく2通りの方法があります。 1つは公式アカウントを開設して配信する方法。 そして、もう一つはクリエイターズスタンプを利用する方法です。 中小企業や個人が、公式アカウントを開設して配信するにはかなりハードルが高いですが、クリエイターズスタンプであれば気軽に配信することができます。 そして、上手く利用すればユーザーから企業やキャラクターに親近感を持ってもらえ、最終的にはそれが集客や売上に繋がります。 また、多くの人に購入してもらえれば、それだけでもかなりの収益を上げることができます。 ぜひ、この機会に自社での配信を検討してみてはいかがでしょうか。

次の

LINE(ライン) 有料のスタンプを無料で手に入れる方法

ライン スタンプ 無料

LINEスタンプとは? メッセージのやり取りで言葉では伝えづらい、微妙なニュアンスや感情を表現する時に利用されるものです。 スタンプを使うことで文章だけのやり取りよりも、より多くの情報を伝えることができるため、多くのユーザーが利用しています。 また、企業側もスタンプを配信することで商品やサービスの認知度UPや、スタンプを販売すれば売上から収益を上げることも可能です。 では、実際にどのような種類があるのかPC版で詳しく説明していきます。 アプリをインストールしLINEを開くと、無料で使えるものは赤枠のように表示されます。 line. ユーザーはある一定の条件(友だちに追加する等)を満たすことで、ダウンロードでき一定期間使用することができます。 企業はユーザーに無料でスタンプを配ることで、キャラクターや企業の認知度UPにつながります。 しかし、企業がプロモーションスタンプを配布するには、LINE公式アカウント(初期費用800万円 + 月額250万円)と配信費(2,000万円~)が必要となります。 ただし、LINEによる事前の審査を通過する必要があり、審査を通過しても数多くのクリエイターズスタンプの中から自社のものを選んでもらうには、告知やある程度のクオリティが必要となります。 ユーザー側は、一度購入すると利用期限はなく永続的に利用できます。 企業がクリエイターズスタンプを取り入れるメリット 一番のメリットは、配信にかかる費用を安く抑えることができる点です。 プロモーションスタンプを作成する費用は、すべて含めると安くても約3,000万円ほど必要となります。 しかしクリエイターズスタンプの場合は、登録・事前審査や販売に費用は発生しません。 あえて言えば、作成する際のデザイン費などでしょうか。 また、スタンプを配信しユーザーに利用してもらうことで自社キャラクターや企業の認知度UPにつながります。 企業がクリエイターズスタンプを使うときの注意点 先ほど話したとおり、クリエイターズスタンプは1日数十個以上も追加されています。 一企業が数多くあるスタンプのなかから自社のものを選んでもらうためには、ユーザーが欲しいと思うようなクオリティと告知が必要となります。 また、クリエイターズスタンプを作成し配信するには、事前にLINEの審査を通過する必要もあります。 細かい規定があるので、特に注意すべき点をいくつかご紹介します。 参考: 公式アカウントとの違い クリエイターズスタンプと公式アカウントのスタンプとの違いを説明します。 どのような種類があり費用がどれくらいかかるのか説明します。 【スポンサードスタンプ】 企業のイメージキャラクターなどをスタンプ化し、無料提供するものとなります。 キャラクターや企業を知るきっかけとなったり、ユーザーに好感度や親近感をもってもらうことが可能です。 費用 :3,500万円~ DL期間 :4週間 利用期間 :DLから180日間 【スポンサードミッションスタンプ】 スタンプの無料提供と引き換えに、ユーザーにアンケートの回答や会員登録をしてもらうこ とができます。 費用 :4,000万円~ DL期間 :4週間 利用期間 :DLから180日間 【スポンサードターゲティングスタンプ】 男性女性のどちらかにターゲットを絞り、無料スタンプを提供することができます。 費用 :2,000万円~ DL期間 :4週間 利用期間 :DLから180日間 【ダイレクトスタンプ】 LINE社で提供しているオリジナルスタンプをユーザーに無料提供することができます。 費用 :1,000万円~ DL期間 :12週間 利用期間 :DLから180日間 【ダイレクトミッションスタンプ】 LINE社で提供しているオリジナルスタンプの無料提供と引き換えに、ユーザーにアンケートの回答や会員登録をしてもらうこととができます。 極端なことを言うと、自分でキャラクターを作成してしまえばかかる費用はゼロです。 中小企業にとっても配信のハードルはかなり低いといえます。 しかし、数多く存在するものの中から自社のものを選んでもらうためには、それなりのクオリティが必須といえるでしょう。 クリエイターズスタンプで配信している企業(一例) 実際にクリエイターズスタンプを配信している企業の事例をご紹介します。 各企業がどのようなスタンプを配信しているかご覧下さい。 LINEを起点とした、メガネスーパーの公式キャラクターであるフクタンのキャラクターイメージが浸透し、店頭での販促活動との相乗効果で売上が増加したと報告されています。 登場するキャラクターには、それぞれ名前や性格などの設定があり親しみを持たれるように作られています。 実際に販売するまでの流れ 実際にクリエイターズスタンプを販売するには、LINE Creators Marketに登録する必要があります。 どのような流れで登録し販売するか説明していきます。 その時の状況にもよりますが、審査には約7日間ほどかかります。 現在世界での登録者数は230ヵ国150万人となっており、130万以上のスタンプが販売されています。 ちなみに、上位10名のクリエイターズスタンプでの売上平均は6億4,100万円と報告されています。 クリエイターズスタンプを検討している人、こちらの「マイページ」からクリエイター登録が可能ですので、ぜひ挑戦してみてください。 まとめ 企業がLINEスタンプを配信する方法は大きく2通りの方法があります。 1つは公式アカウントを開設して配信する方法。 そして、もう一つはクリエイターズスタンプを利用する方法です。 中小企業や個人が、公式アカウントを開設して配信するにはかなりハードルが高いですが、クリエイターズスタンプであれば気軽に配信することができます。 そして、上手く利用すればユーザーから企業やキャラクターに親近感を持ってもらえ、最終的にはそれが集客や売上に繋がります。 また、多くの人に購入してもらえれば、それだけでもかなりの収益を上げることができます。 ぜひ、この機会に自社での配信を検討してみてはいかがでしょうか。

次の

※LINEスタンプを無料配布したい…果たして可能なのか?

ライン スタンプ 無料

LINEスタンプにはさまざまな種類がある。 なかでも最近よく見かけるのが「 オリジナルのLINEスタンプ」だ。 家族やペットの写真、はたまた自分で描いたキャラクターのイラストをスタンプにしているという人も増えている。 今回は、スマホで簡単にできるオリジナルLINEスタンプの作成から申請方法や注意点を紹介する。 仲間内だけでオリジナルスタンプを利用できる「プライベート設定」 自分や家族の写真でオリジナルのLINEスタンプを作成し、使ってみたいと思ったことはないだろうか。 家族や仲間内で使用すれば、より豊かなコミュニケーションがとれるようになるだろう。 ただし、オリジナルスタンプを作成するとスタンプショップに掲載されるので、販売することが目的でなくても自分や家族の写真を題材にしたスタンプが多くの人の目に触れてしまうのは不安だ。 そこで、制作者本人と仲間内だけでオリジナルLINEスタンプが使用できるように、スタンプを制作&申請できる「LINE Creators Studio」アプリに「プライベート設定」が追加された。 これによって 他人の目に触れることなく、自作したオリジナルLINEスタンプを利用することができるようになった。 この「LINE Creators Studio」アプリ経由で申請したスタンプに限り、売上の分配金がない代わりに作成者は無料でオリジナルスタンプを利用できるというわけだ。 LINEスタンプを自作する方法は2つ スタンプを自作する方法は、以下の2つのパターンがある。 スタンプ作成の操作や申請方法が簡単で、作成者は無料でスタンプをダウンロードできる。 LINEスタンプのシステム上、自作スタンプを販売せずに利用することはできない。 しかし、「LINE Creators Studio」アプリを使えば、 販売しているスタンプを非公開にすることで、他人が閲覧・購入しないようにできるのだ。 気を付けたいのが、 作成者以外の人がスタンプをダウンロードする際には料金(120円〜)が発生すること。 グループの他の人が使うにはスタンプを購入してもらうか、プレゼントする必要がある。 なお、「LINE Creators Studio」アプリでスタンプを作成すると、 誰かがスタンプを購入しても分配金が入ってこない。 「LINE Creators Studio」でスタンプをつくる手順 なお、紙などにすでに描いたイラストをスタンプにしたいという場合は、そのイラストをスマホのカメラで撮影したり、自宅にスキャナーがある場合には、スキャンして取り込み、写真と同じ要領でスタンプをつくることもできる。 スタンプができたら、個数を選び販売情報を入力 スタンプが8個以上完成すると「販売申請」ボタンが緑色になるのでタップしよう。 すると、メイン画像の選択、続いてスタンプの販売個数を選択する画面が表示される。 個数は 8個・16個・24個・32個・40個から選択できる。 これ以外の数での販売はできないので注意。 たとえば作成したスタンプが10個ある場合には、その中から8個を選択するか、もしくは16個つくる必要がある。 個数を選んだら、次にどのスタンプを実際に使うのか選択しよう。 スタンプの選択が終わると、自身のクリエイター名やタイトル、説明文、販売エリアなどを入力する画面が出てくる。 ここで重要なのが、「プライベート情報」の選択。 「ショップ公開」と「ショップ非公開」が選べるようになっているので、販売しない場合は かならず「ショップ非公開」を選択しよう。 そうすることで、スタンプショップの検索結果やランキングに表示されなくなる。 ただし、「ショップ非公開」にしていても、作成者がLINEアプリのトークでスタンプを使った際、相手がそのスタンプをタップすれば購入することができる。 「自分以外の誰にも使われたくない」という場合には、スタンプを入手したらすぐに販売を停止しておこう。 また、 「LINEスタンプ プレミアム」の項目は、「参加しない」にチェックを入れよう。 「LINEスタンプ プレミアム」は、定額制の使い放題サービスだ。 初期設定では「参加する」にチェックが入っており、そのままだと「LINEスタンププレミアム」を契約している人は使用できてしまうので、非公開にしたい場合は、チェックを外しておこう。 なお、写真を使用しているにもかかわらず「写真を使用していません」にチェックがあるとリジェクト(審査落ち)してしまうことがある。 申請するスタンプの中に1つでも写真を使ったものがある場合、 「写真の使用」の項目はかならず「使用しています」にチェックを入れよう。 審査のリクエストをし、結果を待つこと1週間 スタンプに写真を使用している場合には、続いて写真使用についての注意事項が出てくるので、内容を確認して[リクエスト]ボタンをタップすれば審査のリクエストは完了だ。 通常はリクエストより1週間程度で結果が出るとのことだが、筆者の場合にはリクエスト翌日には審査が通った。 とはいえ、なんらかの理由で申請が通らない可能性もあるため、時間には余裕を持って申請しよう。 リジェクトされた場合にはLINEアプリを通じて連絡がくるので確認して修正・再申請の必要がある。 申請が承認されると、作成者のみ無料でスタンプをダウンロードすることができる。 自分以外の人にもスタンプを使ってほしい場合は、「LINE Creators Studio」アプリの「申請済みリスト」から該当スタンプの情報をシェアしよう。 もちろん、プレゼントすることもできる。 また、誰かがスタンプを購入したとしても、作成者には売上金が分配されない。 審査完了までは1週間程度かかる可能性もあるため、時間に余裕を持って申請しよう。 「不快な表現が含まれている」をはじめ、「同じデザインが複数のスタンプで使われている」「デザインが特定の団体を連想させる」など、気づかずに陥ってしまいそうなミスも。 日常的にスタンプを使用する人は、仲間内で話題になった写真やフレーズをスタンプにすれば盛り上がること間違いなし。 「LINE Creators Studio」アプリで作成すればプライバシーもしっかりと確保できるので、プライベートな写真も安心して使うことができる。 ぜひこの機会に、世界で1つだけのスタンプを作ってみてはいかがだろうか。

次の