宮島競艇 展示リプレイ。 ボートレース若松 公式サイト

スマホでもパソコンでも!競艇リプレイ動画の見方を詳しく解説

宮島競艇 展示リプレイ

4002 古結宏 『テレしずサマーカップ』は7月23日(祝)から27日(月)までの5日間開催。 経験豊富なベテランからデビューしたての126期の若手まで幅広いメンバー構成です。 ダントツの優勝候補は、今年ここまでV2としている中澤和志選手。 3月の津と7月の戸田で優勝を飾っています。 現勝率も7. 35で高水準。 3連対率75. 型にはまらない柔軟な調整やレースぶりがもたらす自然体のレースに注目したいものです。 この中澤和志選手に次ぐのが、古結宏選手。 現勝率を7. 15としています。 圧巻なのはその2連対率。 中澤選手をしのぐ57. そのレースぶりは中澤選手同様、自在戦。 インの信頼度はもとより、まくりも差しもまくり差しも状況に応じて繰り出してきます。 さらに、マスターズ世代の大澤普司選手にも注目。 今年はまだ優勝こそないものの、ベテランのさばきで連に絡んできます。 特に2着が多いのが特徴。 覚えておいていいでしょう。 そのさばきの背景にあるのは、レースができることへの感謝の気持ち。 一戦入魂の精神で戦いに挑んできます。 さらに、息子の大澤風葵選手が126期でデビューしました。 現在フライング休みに入っている息子の分までやってほしいものです。 そのほか… 決して派手な印象はないものの、外連味のない競走スタイルで確実に舟券に絡む尾嶋一広選手 愛知の精鋭として期待が集まるのは、そのポテンシャルの高さゆえ。 浜名湖は一昨年11月に優勝を飾っている本多宏和選手 自然体で力みなくレースに臨み、流れの中で混戦を抜け出してくる大阪の雄・鶴本崇文選手 鶴本選手と同じ大阪支部。 堅実なレース運びでファンの期待に応える濱本優一選手と藤山翔大選手 地元静岡から参戦するメンバーのリーダー役となる魂の男・石田章央選手と時に意外性を発揮する芹澤克彦選手 現在A2ながら、持てる実力は完全なA1、記念級。 調整が合えば、毎回「勝利にリーチ」してくる作間章選手 伸びを中心とした独特な舟足があるのは、自ら考案した調整方法があるから。 仕上がれば連戦連勝の勢いでぶっちぎる佐藤大佑選手 さらに、126期としてデビューし、現在研鑽の道を歩きはじめた堀越雄貴選手と大場恒季選手など、多士済々です。 7月23日(祝)から27日(月)まで開催の『テレしずサマーカップ』に、どうぞご期待ください。

次の

「スタート展示」 試行開始 − Miyajima Kyotei Freaks(宮島競艇フリークス)

宮島競艇 展示リプレイ

ピット スタート展示および展示航走は、1Rを除き 本番ピット(奥)の隣のピット(手前)のみを 使用します。 (使用するピットは競艇場によって異なり ます。 ) 2000年5月まではここが本番ピットでした。 (この時のピット移設ついては) 艇番 スタート展示の際は、右側のみスタート 展示用の艇番を装着し、展示航走時には 通常の艇番(番号札)に交換します。 スタート展示用の艇番は、競艇場によって デザインが異なります。 (「S 3」など) 宮島では「S」で、上下が分かりやすいよう 下にラインが入っています。 なお、2001年8月までは試運転用が「S」 でした。 (現在の試運転用艇番は「試」) スタート展示 慣れないうちは進行が分かりにくいかも しれませんが、放送・表示等をよくご確認 下さい。 リプレイ 大型映像装置にて、スタート展示終了直後 および前レースの本番リプレイ後に スタート展示のリプレイが放映されます。 スリット写真 スタート展示は本番とは別のスリットカメラ でスタート写真を撮影し、大型映像装置に 放映しています。 とは異なり、0. 10秒 ごとにラインが入っています。 現在は画面左に艇番とスタートタイミングも 表示されるようになっています。 スタート展示のリプレイ終了後だけでなく、 スタート展示1マーク旋回後にも放映 されます。 スタート展示結果 前レース本番リプレイ後のスタート展示 リプレイ後に放映され、スタートタイミングも 表示されます。 (これは、左写真と同じレースのスタート 展示のものです。 ) なお、進入コースおよびスロー/ダッシュ の区別については、スタート展示終了時 および展示航走終了時に放送も行われて います。 ニュース番外編.

次の

ボートレース宮島 展示情報

宮島競艇 展示リプレイ

枠 選手情報 級別/支部/出身地/年齢 登録番号/選手名 体重 モーター チルト 展示 一周 まわり足 直線 番号 2連率 広 島/広 島/52 3430 角浜 修 51. 0 15 -0. 5 -. -- 表示するデータがありません 31. 5 50 -0. 5 -. -- 38. 1 32 -0. 5 -. -- 26. 2 30 -0. 5 -. -- 32. 4 23 -0. 5 -. -- 40. 2 34 -0. 5 -. -- 31.

次の