動画 に モザイク 加工。 無料動画編集ソフト「AviUtl」でカットやモザイク編集

スマホの画像,写真,動画にモザイクをかける,処理するアプリ「ObscuraCam」 │ andropp(あんどろっぷ)

動画 に モザイク 加工

YouTubeってすごい! モザイクをかけることができる! でも「モザイク=いかがわしい」という認識は改めていただきたいわね このモザイクをかける機能は、 「カスタムぼかし機能」といいます。 早速手順を解説していきますね。 まず、YouTubeにログインしましょう。 ここで、 モザイクをかけたい動画を一旦非公開でアップロード します。 (多分あるんでしょうが、アップロード直後だとうまくモザイクがかけられません) その後、以下の手順でモザイクをかけていきましょう。 (しかも自動で動きに合わせてくれる) YouTubeすごい。 ぼかし自体はこれだけでOKです! YouTube「カスタムぼかし」の時間を調整したい 両端の赤い部分をドラッグ! ぼかしの数に制限はありませんので、こんな感じで ぼかしたい場所の数だけドラッグで範囲指定していけばOKです。 (モザイクをぞんぶんにかけたら、公開設定などに変更すればOK) ただドラッグしたあとは結構適当な時間が自動で設定されるので、画面に合わせてぼかしの時間を調整してあげる必要があります。 そんなときの手順もご紹介しておきます。 これだけ! YouTube「カスタムぼかし」が揺れてしまう そんなときは「ロック機能」 さらにこのぼかし、画面の移り変わりにあわせて思いのほか揺れ動きます。 結構激しめです。 「これでおれもモザイクをかけられる!」 と喜ぶのはいいのですが、ひとつ注意点があります。 それは、 Googleさん側はぼかしをかける前の動画をおそらく把握できる、という点です。 なので、「一応モザイクかけときたいなー」というぐらいならこの機能でまったく問題ありませんが、絶対Googleさんに知られたくないような情報が含まれていれば、やはりアップロード前に動画編集ソフトなどでモザイクをかけておくほうが安全では、というのが私の見解です。 (まったく詳しくないので、なんとなくなのですが) まとめ 動画をぼかすときはYouTubeの「動画加工ツール」で というわけで、動画にモザイクをかけたいときに使えるテクニックをご紹介しました。 さっくり流れをまとめると、• YouTubeにログイン• 時間の調整もロックもできる! という感じです。

次の

Windows標準装備のペイントで、画像にモザイク処理・加工をする方法【動画有】

動画 に モザイク 加工

最近はSNSの普及により、人との情報交換が簡単な時代になりました。 それと同時にスマートフォンも普及を始め、SNSはより便利に使いやすくなりました。 文章だけではなく画像を投稿することもできるので、他の人と共有もしやすいです。 写真はスマートフォンを使って手軽に撮影することができます。 ですが、投稿する際は何が写っているかよく確認するようにしましょう。 なぜなら、通りすがりの人や身元が特定されるものなどが写りこんでいる可能性があるからです。 これらは個人情報となるので、写っている状態でネット上に投稿しないように気をつけましょう。 では、そういった写真を使いたい時にどうしたらいいのかというと、見せたくない部分は隠してしまいましょう。 隠す方法はいくつかありますが、写真にモザイク加工をするのがわかりやすいと思います。 今では モザイク処理機のようなもの以外にも、パソコン用のソフトや、スマートフォンで使える モザイク加工アプリなど様々なものがでています。 そこで今回は、モザイク加工できるソフトをいくつか調べてみたので、紹介していきたいと思います。 あらかじめパソコンに移しておいた写真を選択し、モザイクにしたい箇所を範囲指定するだけなので、操作も簡単になっています。 他にも様々な機能がついているので、使いやすい便利なソフトだと思います。 ソフト2:「GIMP」 GIMPは、無料で使える本格的な画像加工、モザイクをかけられるソフトです。 モザイクも部分的にかけられ、荒さの調節もできます。 間違えてしまった場合の修正や解除もできるので、初めての人でも使いやすいと思います。 他にも、写真の合成やグラデーションなど機能も多いです。 ソフト3:「JTrim」 デジタルカメラやスマートフォンなどで撮影した画像の、加工・編集ができるフリーソフトです。 もちろん、画像にモザイク加工することもできます。 基本的な機能が揃っており、ソフトも軽めなので使いやすくなっています。 ソフト4:「PhotoFiltre」 高度な画像編集を簡単に行うことができるソフトです。 画像にモザイク処理やコントラストの調整、白黒や古い写真風にするなど様々な機能がついています。 操作も簡単で扱いやすいです。 海外のソフトですが、日本語にも対応しています。 ソフト5:「XnView」 画像や写真を管理でき、モザイクやぼかし、サムネイルの作成などができる編集ソフトです。 画像のファイル形式にも幅広く対応しています。 基本的な機能は揃っているので、扱いに困ることはないと思います。 ここまでは画像にモザイクをかけられるソフトを紹介しましたが、次は動画にモザイクをかけられるソフトを紹介したいと思います。 Part2.「Filmora(旧名:動画編集プロ)」を使って動画にモザイク加工する方法 Wondershareのは、簡単な操作で強力な動画編集機能を搭載しています。 動画を編集するための必要な機能はほぼ全て揃っているので、モザイクなどの特別効果も充実しています。 編集画面を開くと、下半分がタイムラインと呼ばれる場所になっていて、ほとんどの作業をここで行います。 モザイクをかける時もタイムライン上で行うので、やり方を紹介したいと思います。 Step 1:. ビデオや動画の取り込み 編集するための動画をソフトに取り込みます。 Step 2. タイムラインに入れ、パワーツールをクリックします。 取り込んだらタイムラインに入れ、パワーツールをクリックします。 Step 3. 調節が完成です。 モザイクという箇所がでてくるので選択します。 画面上に黄色い枠がでてくるので、位置と大きさを調節して完成です。 また、モザイクは複数選択できます。 このように、多機能で操作も簡単なので、初心者の人にも使いやすくなっています。 SNSにも直接アップロードできるため、とても便利なソフトです。 現在ではパソコン用 加工ソフトや、スマートフォン用の 写真加工アプリなどでモザイクは簡単にかけられるようになりました。 自分で使いやすいソフトを見つけ、個人情報を保護していくようにしましょう。

次の

スマホの画像,写真,動画にモザイクをかける,処理するアプリ「ObscuraCam」 │ andropp(あんどろっぷ)

動画 に モザイク 加工

2、 こちらのサイトから、AviUtl本体「 aviutl100. zip」をダウンロード 3、 ダウンロードが完了したらこちらをクリック 4、 本体だけではこれだけのファイルがあります。 5、 続いて、上記「1」のページから「 拡張編集」の「 exedit92. zip」を ダウンロード。 6、 ダウンロードが完了したらこちらをクリック 7、 「 4」で開いた、 AviUtl本体のフォルダと、「 exedit92. zip」のフォルダを 並べて開き「 exedit92. zip」内のファイルをすべて AviUtl本体のフォルダの中にドラッグ&ドロップで移動する。 8、 続いてこちらのページから DirectShow File Reader プラグイン をダウンロードします。 lzh」内のファイルをすべて AviUtl本体のフォルダの中にドラッグ&ドロップで移動する。 これで準備は完了です。 auf 」 こちらをダウンロードしておくと「 MP4」での エンコードが可能になります。 AviUtlで不要な部分のカットとモザイク編集 1、 AviUtlのフォルダ内「 aviutl. exe」をWクリックして開く。 2、 このままでは、大きなファイルが読み取れませんので、 サイズの変更をします。 4、 編集したい動画のフォルダから、AviUtlに対象のファイルを ドラッグ&ドロップで読み取ります。 7、 まずは 不要部分のカット。 8、 「 編集」メニューを開き「 選択範囲のフレーム削除」をクリックして カット完了です。 9、 モザイクを入れる。 拡張編集画面に「 Layer1」「 Layer2」「 Layer3」…とあり、 重ねて、様々な効果の編集を加える時は、 「 Layer2」「 Layer3」…と選択していきます。 今回は「 Layer1」で編集していきます。 10、 「 部分フィルタ」画面が表示されます。 A:拡張編集画面の緑色の四角をマウスでクリックしたまま動かして 位置を決めます。 また、四角のいちばん後ろの部分をクリックすると 長さを調節できます。 こちらは、「 部分フィルタ」画面の Aの部分で、 再生位置を変えることができます。 「 X」「 Y」「 サイズ」はそれぞれクリックして「 直線移動」を クリックしておきます。 プレビュー画面上に四角が表示されるので、そちらをマウスで ドラッグしながら、 モザイクをかけたい 位置や 大きさに合わせます。 モザイクの設定をする時は「 Layer1」と書かれた部分をクリックして、 他と同じ 薄いグレーにすると XYの白い点線が表示されるようになります。 部分フィルタ画面の「 X」「 Y」「 サイズ」にあるスライドを 動かしても 調節できます。 11、 「メディアフィルタオブジェクトの追加」では、 動画や画像、音楽、図形といった別ファイルを 付け足すことができます。 例: 図形 モザイクの時と同じように、表示したい位置を決め、 サイズ等を設定します。 12、 画面左側の「 ファイル」から「 AVI出力」をクリックして 動画ファイルとして書き出します。 13、 保存先、ファイル名を設定して「 保存」をクリック 14、 画面上部に書き出しの様子が表示されます。 15、 尚、「 MP4Plugin mp4input. せっかくお試しくださいましたのに、音声が入らずガッカリされたことと思います。 AviUtlで編集した際、音声が入らないのは、元の動画の音声ファイルによるところが大きいようですが、 まずは、設定から「音量の調節の設定」でチェックがハズレいていないか、確認してみてくださいませ。 また、動画ファイルを追加する時、手順「4」のようにドラッグ&ドロップで追加していれば 問題ないようですが、 拡張編集画面を右クリックして「オブジェクトの追加」から追加をすると 動画と音声を別々に取り込む必要があるようです。 html また、音声ファイルの形式によってうまくいかない場合は こちらも参考になるかと思います。 goo. html それでもうまくいかない場合は、別の動画編集ソフトを使ってみるというのはいかがでしょうか? VideoPadという無料ソフトも使いやすくておすすめですよ。 こんばんは。 AviUtlの使用方法に四苦八苦していたのですが、動画&コチラのサイトで何とか動画を作れるようになりました。 ありがとうございます。 動画の音声も聞きとりやすい素敵な声でした。 ただ、私が動画編集したいと思ったきっかけはその編集した動画をtwitterにアップしたかったからなのですが、情けないかなその方法が分かりません。 ネットでも少し調べてはみたのですが編集した動画を一度、動画サイト等に投稿をし、その時のURLをtwitterにアップする方法しか解りませんでした。 (その他コーデックとかエンコードとか???の単語があったのですがちんぷんかんぷんでした。 泣) もっと簡単に、twitterで動画を自動投稿したいのですが、なにか別のよい方法はないでしょうか? また同時に参考に出来るサイトなどがあればご教授頂ければ幸いです。 お忙しいところ恐縮ですがアドバイス頂ければ幸いです。 コメント頂きありがとうございます。 私の拙い解説がお役に立ちましたら嬉しいです。 Twitterへの動画投稿をご検討されていらっしゃるとのこと。 ただいま確認してみましたところ、パソコンからだとダイレクトに動画をアップする方法がないようです。 issyan様の仰る通り、Youtube等のリンクを貼っていただくやり方です。 ダイレクトに動画をアップするにはスマホからTwitterアプリを使ってやるしか 今のところ方法がないようでした。 スマホからでしたら、カメラマークや画像選択マークから 撮影、もしくはスマホ内に保存されている動画を選択することで ダイレクトに動画を投稿できるようでした。 また、投稿するときに前後位でしたら不要部分をカットできるようです。 やり方の詳しい動画解説につきましては、近日中に作成して、 こちらのサイトにてご案内させていただきます。 よろしくお願い致します。

次の