ペット カメラ アプリ。 【見守りアプリ】Alfredをつかって、古いスマホをペットカメラにする方法

監視カメラアプリPC用!無料で使える【Ivideon Serever】

ペット カメラ アプリ

パナソニック・ネットワークカメラ スマホ・アプリ連動 〇 双方向会話機能 〇 Wi-Fi(無線LAN)対応 〇 おすすめスマホ連動見守りカメラ1つ目は、パナソニックのネットワークカメラです。 こちらは室内カメラとホームユニットのセットアイテムです。 ホームユニットとはパナソニック製品とネットワーク環境で繋ぐことができるアイテムのことです。 パナソニック製のドアホンや電話等と接続すれば、家にいなくても大切な人やペットを見守ることができます。 また、こちらのネットワークカメラはSDカードスロットが内蔵しており、SDカードに録画をすることも可能です。 価格は高いですが、連動性に優れているため、導入していると非常に便利です。 こちらの見守りカメラの最大の特徴は、Wi-Fi機能を強化、改良してあるという点です。 従来品に比べスムーズな通信ができる点で進化しており、超高画質の動画をスマホへ送信してくれます。 また、双方向会話機能も備わっているので、見守りカメラとしての使用はもちろんのこと、離れた場所に住む家族とのテレビ電話用機器としても使用することが可能です。 また、専用アプリがあれば家族内で共有することもできるので、幅広い使用用途があると言えます。 そのため、赤ちゃん部屋のチェックから監視カメラとしての使用まで幅広く使用できます。 また、こちらは暗い場所の撮影にも適している夜間撮影機能も搭載されているので、夜間の防犯対策としてはもちろんのこと、旅行や出張等などで家を空ける時の留守の防犯にもとても役立ちます。 ちなみに、動画はすべてスマホアプリを通して見ることができるので、とても便利です。 こちらのカメラの特徴は、プライバシー保護が徹底されているという点です。 動画はすべて暗号データ化されているほか、内臓されているマイクロSDカードが盗難されたとしても動画データを見ることは不可能です。 またこちらのカメラは、平置きできるのはもちろんのこと、監視カメラのように天井に設置することもできます。 場所を選ばないので、家庭用の見守りカメラとしての使用以外にも、会社のオフィスを監視するカメラとしても使用することができます。 こちらのカメラの特徴は、動体検知機能を搭載しているという点です。 そのため、夜間の侵入者があるとカメラがさっと起動し、瞬時に連動しているスマホへ動体検知警報を送ります。 もちろん、赤外線ライトも搭載されているため、夜間の防犯対策にも最適です。 また、双方向機能も搭載されているため、遠方に住む家族や留守間の子供の見守りアイテムとしても使用することができます。 ちなみにこちらのカメラは、専用アプリやQRコードの読み取りで複数のデバイスで動画を見ることができます。 こちらのカメラは、すぐ見てわかる通り本体自身が移動できるというのが最大の特徴です。 スマホアプリのジョイスティックで操作すれば、カメラ自身を写したい場所で移動させることが可能です。 暗視撮影機能も搭載されているので、就寝中にほかの部屋で物音がしたといった場合にもスマホで操作すれば、安全に色々な場所を監視することも可能です。 もちろん、介護や子供の見守りに最適な双方向通話機能も搭載されているので、コミュニケーションツールしても使用することが可能です。 その名の通り、給餌機能がついたこちらのカメラは留守時のペットの見守りに最適なアイテムです。 水や餌をセットし、時間になったらスマホアプリを通して餌をあげることができます。 もちろん、見守り機能もきちんと搭載されているので、ペットとの会話はもちろんのこと、留守中の様子をのぞき見することも可能です。 ちなみに、本体はAC電源以外にも電池を使用することが可能なので、ペットがコンセントをいたずらしてしまう場合には電池を使用するとよいでしょう。 こちらも先ほどの給餌機能付きのカメラ同様、給餌機能がついているアイテムなのですが、こちらはスタイリッシュさとSNS連動機能が付いている点で少々異なると言えます。 まず、インテリアにもしっかり馴染む点がオシャレですよね。 そして、給餌機能については、スナックタイプの餌を、操作によってはじき出すことができます。 そして、このカメラの最大の特徴は、かわいいペットの様子を専用アプリ内のSNSツールにシェアすることが可能だという点です。 この機能により、全世界のペット愛好家たちと友達になることもできます。 こちらは、見た目は完全にLED電球ですが、れっきとした見守りカメラです。 電球の先端部にカメラとマイクが搭載されているので、LED電球としてはもちろんのこと見守り機能もしっかり果たしてくれます。 もちろん、スマホアプリを通して動画を見ることが可能なので監視カメラや見守りカメラとして使用することもできるほか、会話することもできます。 ちなみに、見た目が完全にLED電球なので、カメラであることが来客者に気づかれづらい点でもおすすめです。 通常、監視カメラというと結構なお値段がするものです。 しかし、見守り・介護用のネットワークカメラなら、非常に安価で導入することが可能です。 しかも、パナソニックのアイテムのように、電話やドアホンといった他の機器連携性があるネットワークカメラなら、各部屋1台ずつに監視カメラを設置するよりもずっと便利、しかも安く導入することが可能です。 そのため、使いたい場所に対応した導入しやすいコストのアイテムかどうかを比較して選ぶことも大切だと言えます。 しかし、その間に何かあったらどうしようという不安があっては、自分の意識も散漫になってしまいますよね。 そんなとき、見守りカメラがあれば自分がいないときに相手の確認を簡単にすることができます。 さらに双方向会話機能がついていれば、コミュニケーションツールとしても使うことができます。 防犯カメラや監視カメラというと、少々仰々しい感じもしますが、気軽に導入できる見守りカメラなら比較的嫌がられることなく使うことができるでしょう。 ぜひみなさんも、見守りカメラで大切な人の安全をチェックしてみましょう!•

次の

簡単!無料スマホアプリで見守りカメラを設置(ペットなど)

ペット カメラ アプリ

パナソニック・ネットワークカメラ スマホ・アプリ連動 〇 双方向会話機能 〇 Wi-Fi(無線LAN)対応 〇 おすすめスマホ連動見守りカメラ1つ目は、パナソニックのネットワークカメラです。 こちらは室内カメラとホームユニットのセットアイテムです。 ホームユニットとはパナソニック製品とネットワーク環境で繋ぐことができるアイテムのことです。 パナソニック製のドアホンや電話等と接続すれば、家にいなくても大切な人やペットを見守ることができます。 また、こちらのネットワークカメラはSDカードスロットが内蔵しており、SDカードに録画をすることも可能です。 価格は高いですが、連動性に優れているため、導入していると非常に便利です。 こちらの見守りカメラの最大の特徴は、Wi-Fi機能を強化、改良してあるという点です。 従来品に比べスムーズな通信ができる点で進化しており、超高画質の動画をスマホへ送信してくれます。 また、双方向会話機能も備わっているので、見守りカメラとしての使用はもちろんのこと、離れた場所に住む家族とのテレビ電話用機器としても使用することが可能です。 また、専用アプリがあれば家族内で共有することもできるので、幅広い使用用途があると言えます。 そのため、赤ちゃん部屋のチェックから監視カメラとしての使用まで幅広く使用できます。 また、こちらは暗い場所の撮影にも適している夜間撮影機能も搭載されているので、夜間の防犯対策としてはもちろんのこと、旅行や出張等などで家を空ける時の留守の防犯にもとても役立ちます。 ちなみに、動画はすべてスマホアプリを通して見ることができるので、とても便利です。 こちらのカメラの特徴は、プライバシー保護が徹底されているという点です。 動画はすべて暗号データ化されているほか、内臓されているマイクロSDカードが盗難されたとしても動画データを見ることは不可能です。 またこちらのカメラは、平置きできるのはもちろんのこと、監視カメラのように天井に設置することもできます。 場所を選ばないので、家庭用の見守りカメラとしての使用以外にも、会社のオフィスを監視するカメラとしても使用することができます。 こちらのカメラの特徴は、動体検知機能を搭載しているという点です。 そのため、夜間の侵入者があるとカメラがさっと起動し、瞬時に連動しているスマホへ動体検知警報を送ります。 もちろん、赤外線ライトも搭載されているため、夜間の防犯対策にも最適です。 また、双方向機能も搭載されているため、遠方に住む家族や留守間の子供の見守りアイテムとしても使用することができます。 ちなみにこちらのカメラは、専用アプリやQRコードの読み取りで複数のデバイスで動画を見ることができます。 こちらのカメラは、すぐ見てわかる通り本体自身が移動できるというのが最大の特徴です。 スマホアプリのジョイスティックで操作すれば、カメラ自身を写したい場所で移動させることが可能です。 暗視撮影機能も搭載されているので、就寝中にほかの部屋で物音がしたといった場合にもスマホで操作すれば、安全に色々な場所を監視することも可能です。 もちろん、介護や子供の見守りに最適な双方向通話機能も搭載されているので、コミュニケーションツールしても使用することが可能です。 その名の通り、給餌機能がついたこちらのカメラは留守時のペットの見守りに最適なアイテムです。 水や餌をセットし、時間になったらスマホアプリを通して餌をあげることができます。 もちろん、見守り機能もきちんと搭載されているので、ペットとの会話はもちろんのこと、留守中の様子をのぞき見することも可能です。 ちなみに、本体はAC電源以外にも電池を使用することが可能なので、ペットがコンセントをいたずらしてしまう場合には電池を使用するとよいでしょう。 こちらも先ほどの給餌機能付きのカメラ同様、給餌機能がついているアイテムなのですが、こちらはスタイリッシュさとSNS連動機能が付いている点で少々異なると言えます。 まず、インテリアにもしっかり馴染む点がオシャレですよね。 そして、給餌機能については、スナックタイプの餌を、操作によってはじき出すことができます。 そして、このカメラの最大の特徴は、かわいいペットの様子を専用アプリ内のSNSツールにシェアすることが可能だという点です。 この機能により、全世界のペット愛好家たちと友達になることもできます。 こちらは、見た目は完全にLED電球ですが、れっきとした見守りカメラです。 電球の先端部にカメラとマイクが搭載されているので、LED電球としてはもちろんのこと見守り機能もしっかり果たしてくれます。 もちろん、スマホアプリを通して動画を見ることが可能なので監視カメラや見守りカメラとして使用することもできるほか、会話することもできます。 ちなみに、見た目が完全にLED電球なので、カメラであることが来客者に気づかれづらい点でもおすすめです。 通常、監視カメラというと結構なお値段がするものです。 しかし、見守り・介護用のネットワークカメラなら、非常に安価で導入することが可能です。 しかも、パナソニックのアイテムのように、電話やドアホンといった他の機器連携性があるネットワークカメラなら、各部屋1台ずつに監視カメラを設置するよりもずっと便利、しかも安く導入することが可能です。 そのため、使いたい場所に対応した導入しやすいコストのアイテムかどうかを比較して選ぶことも大切だと言えます。 しかし、その間に何かあったらどうしようという不安があっては、自分の意識も散漫になってしまいますよね。 そんなとき、見守りカメラがあれば自分がいないときに相手の確認を簡単にすることができます。 さらに双方向会話機能がついていれば、コミュニケーションツールとしても使うことができます。 防犯カメラや監視カメラというと、少々仰々しい感じもしますが、気軽に導入できる見守りカメラなら比較的嫌がられることなく使うことができるでしょう。 ぜひみなさんも、見守りカメラで大切な人の安全をチェックしてみましょう!•

次の

‎「防犯カメラ・ペットとベビーの見守りカメラ」をApp Storeで

ペット カメラ アプリ

Ivideon Sereverの導入方法 【Ivideon Serever】を使うためにはパソコンとスマホの両方にアプリをインストールする必要があります。 exe」をダブルクリックしてインストール。 インストール完了後、初回起動時の設定ウイザードに沿って設定していきます。 先にHPでアカウント登録していればそのメアドを入力。 (ここで使うメアドはスマホのメアドでなくてもかまいません。 ここでパスワード設定を行います。 次にウェブカメラの設定。 ノートパソコンはウエブカメラが組み込まれていると思うので、そのまま進みます。 外付けのウエブカメラを利用する場合はここで接続しておきます。 ウエブカメラが認識されればこのようにカメラ名が表示されます。 ウエブカメラが内臓されているパソコンに外付けカメラを接続した場合は2つ表示されるので、使用する方のカメラにチェックを入れる。 「アーカイブへの録画を有効にする」にチェックを入れ、「パス」で録画されたカメラ映像の保存先を選びます。 これでパソコンソフトの導入は完了。 続いてスマホアプリを導入します。 Ivideon Sereverの使い方 1. ログインするとパソコンのカメラで撮れている映像が確認できます。 カメラの設定 まず「停止」をクリックしてカメラを止めます。 カメラ名をダブルクリックするとプレビュー画面の下にカメラ設定ボタンが表示される。 「動画」タブ:映像をどのような時に録画するのか選びます。 デフォルトでは映像を記録するのはカメラの前で何かが動いた時のみになっています。 スポンサーリンク 「モーション検知」タブ:カメラの前でどの程度の動きがあれば記録を始めるのか設定できます。 最高にすると眼球の動きでも反応しました。 「サウンド検知」タブ:「一般」タブで「音源を使用する」にチェックを入れると音に対しても反応するようにできます。 「スケジュール」タブ:「動画」タブで「スケジュール」を選択すると設定したスケジュール通りに録画できます。 スケジュールを組む場合は「編集」をクリック。 デフォルトでは全時間帯で「センサー検出」になっていますので、これを例えば「月曜日の10時から2時間だけ連続で録画」にする場合は「連続録画」をクリック。 スマホアプリの設定 インストールしたIvideon Sereverアプリを立ち上げるとログイン画面になります。 登録したメアドとパスワードを入力してログイン。 若干タイムラグはあるものの、綺麗なカメラ映像を見ることができます。 まとめ 【Ivideon Serever】はカメラ映像をクラウド上で他の人と共有もでき、使い方次第では非常に役に立つソフトです。 くれぐれも犯罪には使わないように! 最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

次の