唐沢 寿明 ドラマ。 不毛地帯

唐沢寿明のドラマ&映画おすすめランキング32選【2020最新版】

唐沢 寿明 ドラマ

俳優のと女優のが、7月期の日本テレビ系土曜ドラマ『ボイス 110緊急指令室』(毎週土曜 後10:00)に出演することが、明らかになった。 唐沢が演じるのは、勘と行動力で突き進む凄腕刑事で、猟奇殺人犯に妻を殺され犯人への復讐に燃える男・樋口彰吾。 同局のドラマ初出演となる真木は、緊急指令室の室長でボイスプロファイラー(声紋分析官)・橘ひかり役。 犯罪被害者からの110番通報に迅速に対応すべく、日夜戦い続ける警察の緊急指令室。 彼らの使命は、電話による通報から「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」。 橘ひかりは、どんな微かな音でも聞き分けることができる絶対聴感能力の持ち主。 助けを求める被害者の声と、その後ろから聞こえてくる常人では聞こえないような小さな環境音をヒントに、被害者の場所を迅速に特定し、唐沢演じる樋口彰吾を中心にした現場の刑事に指示を出す。 迫りくる凶悪犯罪者から、声を手掛かりに被害者を助けていく。 唐沢は初共演の真木について「前から一度共演できたらなと思っていました。 彼女は俳優としていい意味で陰があって、悲哀がある…深いストーリーを演じることができる方だと思いますし、今回の役も彼女にとても合っていると思います」とコメント。 真木も唐沢について「現場の空気を明るくしたり役に熱心に取り組んだりメリハリを持っている方だと勝手なイメージがあります。 今から楽しみだしドキドキしています(笑)」とコメントし、初共演に意欲を見せた。 今作のプロデューサーで、『イノセンス 冤罪弁護士』『ヒガンバナ 警視庁捜査七課』などを担当した尾上貴洋氏は「唐沢さんは硬軟併せ持つ圧倒的な存在感の俳優だと常々思っていましたし、真木さんもその凛とした佇まいとたおやかな演技に大きな魅力を感じていました。 いつか仕事をご一緒したいと思っていたお二人ですので、プロデューサーとしてはこの上ない喜びです。 初共演のお二人の、新たな化学反応を楽しんでいただきたい、と思います」と語った。 刑事ドラマといっても『ボイス』はこれまで自分が演じたものとは全く違う刑事像になります。 毎回、違う印象の役をやらせてもらえることはとてもやり甲斐を感じますし、作品を観てくださる方々にそういった部分も楽しんでいただければと思います。 真木さんとは前から一度共演できたらなと思っていました。 彼女は俳優としていい意味で陰があって、悲哀がある…深いストーリーを演じることができる方だと思いますし、今回の役も彼女にとても合っていると思います。 ドラマでは最初、真木さん演じるひかりの持つ能力を信じられずに反発するのですが、そこからどう信頼が生まれていくのかも見どころです。 新しい作品に入るときに自分の中で絶対にブレないのが、毎回「面白い作品を作っている」という自負があることです。 今回も絶対面白いドラマになるので、皆さんには楽しみにしてほしいです。 面白くなりますよ! ・真木よう子コメント 警察官の役はこれまでもさせてもらっていて、クールで男っぽい役が多かったのですが、今作は「人の命を救いたい」という正義感と優しさを持った、どちらかというと女性らしく真っすぐに戦おうとする役です。 「真犯人を突き止める」という自分の信念は真っすぐ持ちながらも、カッコよく男っぽくという方向ではなく、人の命を救うためにチームを作り上げるという、新しい女性像を演じていきたいです。 日本テレビのドラマとして今回が初出演なのですが、私にオファーして頂きありがたいです。 期待に応えられるよう精一杯演じたいと思います。 唐沢さんとは初共演ですが、現場の空気を明るくしたり役に熱心に取り組んだりメリハリを持っている方と勝手なイメージがあります。 今から楽しみだしドキドキしています(笑)。 最初は、唐沢さん演じる樋口に、私が演じるひかりの正義や能力をなかなか信じてもらえませんが、徐々にお互いを信頼し合ってバディになっていきます。 その過程を、見て下さる方が納得してもらえるように丁寧に演じていきたいです。 『ボイス』は、番組をご覧になる方がいい意味で裏切られるような、見応えのあるドラマです。 物語の軸がしっかりしており、ハラハラドキドキしながら先の展開を見守ってください。 妻は殺害される直前、逃げながら緊急指令室に電話で助けを求めたが、その際に指令室は機能せず、居場所を特定することもできなかった。 それどころか、逆に妻に電話をかけ直し、その音で犯人に妻の位置を分からせてしまうという失態を犯した。 樋口はその頃、別の事件の逃亡犯を追いかけており、全てが終わった後に、その絶望的な事実を知る。 捜査の結果浮かび上がった容疑者・相良卓也に対する裁判が行われた。 相良の家から樋口の妻の服が見つかったため、犯人に間違いないと思われていた。 しかし、通報を受けた警察官・橘ひかり(真木よう子)が証人として出廷すると、予想に反して「事件の時に聞こえた声が、相良とは違う」と証言。 さらに、顎からカチカチと微かな音が漏れていたと言い、あくまでも犯人は別にいると主張した。 結果、相良は釈放され、事件は未解決となる。 それから3年…。 妻を亡くして無気力になった樋口は、交番勤務に転属。 一方、橘ひかりは科捜研勤務を経て、緊急指令室の室長に着任した。 それを知った樋口は、指令室に乗り込みひかりを問い詰める。 樋口「聞こえもしない音を、何で聞こえると言ったんだ!何で犯人をかばった!? 」 ひかり「…私が真実を話したら、信じてくれますか?」 その時、緊急指令室へ一件の通報が…それは、誘拐拉致被害にあった若い女性から助けを求める電話だった…!!

次の

唐沢寿明 日本版バウアー役「24」主演 「最大の危機だよ」米人気ドラマリメーク/芸能/デイリースポーツ online

唐沢 寿明 ドラマ

俳優のと女優のが、7月期の日本テレビ系土曜ドラマ『ボイス 110緊急指令室』(毎週土曜 後10:00)に出演することが、明らかになった。 唐沢が演じるのは、勘と行動力で突き進む凄腕刑事で、猟奇殺人犯に妻を殺され犯人への復讐に燃える男・樋口彰吾。 同局のドラマ初出演となる真木は、緊急指令室の室長でボイスプロファイラー(声紋分析官)・橘ひかり役。 犯罪被害者からの110番通報に迅速に対応すべく、日夜戦い続ける警察の緊急指令室。 彼らの使命は、電話による通報から「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」。 橘ひかりは、どんな微かな音でも聞き分けることができる絶対聴感能力の持ち主。 助けを求める被害者の声と、その後ろから聞こえてくる常人では聞こえないような小さな環境音をヒントに、被害者の場所を迅速に特定し、唐沢演じる樋口彰吾を中心にした現場の刑事に指示を出す。 迫りくる凶悪犯罪者から、声を手掛かりに被害者を助けていく。 唐沢は初共演の真木について「前から一度共演できたらなと思っていました。 彼女は俳優としていい意味で陰があって、悲哀がある…深いストーリーを演じることができる方だと思いますし、今回の役も彼女にとても合っていると思います」とコメント。 真木も唐沢について「現場の空気を明るくしたり役に熱心に取り組んだりメリハリを持っている方だと勝手なイメージがあります。 今から楽しみだしドキドキしています(笑)」とコメントし、初共演に意欲を見せた。 今作のプロデューサーで、『イノセンス 冤罪弁護士』『ヒガンバナ 警視庁捜査七課』などを担当した尾上貴洋氏は「唐沢さんは硬軟併せ持つ圧倒的な存在感の俳優だと常々思っていましたし、真木さんもその凛とした佇まいとたおやかな演技に大きな魅力を感じていました。 いつか仕事をご一緒したいと思っていたお二人ですので、プロデューサーとしてはこの上ない喜びです。 初共演のお二人の、新たな化学反応を楽しんでいただきたい、と思います」と語った。 刑事ドラマといっても『ボイス』はこれまで自分が演じたものとは全く違う刑事像になります。 毎回、違う印象の役をやらせてもらえることはとてもやり甲斐を感じますし、作品を観てくださる方々にそういった部分も楽しんでいただければと思います。 真木さんとは前から一度共演できたらなと思っていました。 彼女は俳優としていい意味で陰があって、悲哀がある…深いストーリーを演じることができる方だと思いますし、今回の役も彼女にとても合っていると思います。 ドラマでは最初、真木さん演じるひかりの持つ能力を信じられずに反発するのですが、そこからどう信頼が生まれていくのかも見どころです。 新しい作品に入るときに自分の中で絶対にブレないのが、毎回「面白い作品を作っている」という自負があることです。 今回も絶対面白いドラマになるので、皆さんには楽しみにしてほしいです。 面白くなりますよ! ・真木よう子コメント 警察官の役はこれまでもさせてもらっていて、クールで男っぽい役が多かったのですが、今作は「人の命を救いたい」という正義感と優しさを持った、どちらかというと女性らしく真っすぐに戦おうとする役です。 「真犯人を突き止める」という自分の信念は真っすぐ持ちながらも、カッコよく男っぽくという方向ではなく、人の命を救うためにチームを作り上げるという、新しい女性像を演じていきたいです。 日本テレビのドラマとして今回が初出演なのですが、私にオファーして頂きありがたいです。 期待に応えられるよう精一杯演じたいと思います。 唐沢さんとは初共演ですが、現場の空気を明るくしたり役に熱心に取り組んだりメリハリを持っている方と勝手なイメージがあります。 今から楽しみだしドキドキしています(笑)。 最初は、唐沢さん演じる樋口に、私が演じるひかりの正義や能力をなかなか信じてもらえませんが、徐々にお互いを信頼し合ってバディになっていきます。 その過程を、見て下さる方が納得してもらえるように丁寧に演じていきたいです。 『ボイス』は、番組をご覧になる方がいい意味で裏切られるような、見応えのあるドラマです。 物語の軸がしっかりしており、ハラハラドキドキしながら先の展開を見守ってください。 妻は殺害される直前、逃げながら緊急指令室に電話で助けを求めたが、その際に指令室は機能せず、居場所を特定することもできなかった。 それどころか、逆に妻に電話をかけ直し、その音で犯人に妻の位置を分からせてしまうという失態を犯した。 樋口はその頃、別の事件の逃亡犯を追いかけており、全てが終わった後に、その絶望的な事実を知る。 捜査の結果浮かび上がった容疑者・相良卓也に対する裁判が行われた。 相良の家から樋口の妻の服が見つかったため、犯人に間違いないと思われていた。 しかし、通報を受けた警察官・橘ひかり(真木よう子)が証人として出廷すると、予想に反して「事件の時に聞こえた声が、相良とは違う」と証言。 さらに、顎からカチカチと微かな音が漏れていたと言い、あくまでも犯人は別にいると主張した。 結果、相良は釈放され、事件は未解決となる。 それから3年…。 妻を亡くして無気力になった樋口は、交番勤務に転属。 一方、橘ひかりは科捜研勤務を経て、緊急指令室の室長に着任した。 それを知った樋口は、指令室に乗り込みひかりを問い詰める。 樋口「聞こえもしない音を、何で聞こえると言ったんだ!何で犯人をかばった!? 」 ひかり「…私が真実を話したら、信じてくれますか?」 その時、緊急指令室へ一件の通報が…それは、誘拐拉致被害にあった若い女性から助けを求める電話だった…!!

次の

【人気俳優】唐沢寿明さんの過去のドラマ・映画・CMなど一覧を紹介!

唐沢 寿明 ドラマ

俺は犯人を地獄の果てまで追いかける。 かつては凄腕の刑事。 性格は情熱的で、時には感情任せで動いてしまうが、情に厚く後輩たちからも信頼される昔気質な男だった。 3年前、正体不明の暴漢により妻を撲殺される。 妻は殺害される前、樋口に助けを求める電話をかけていたが、仕事中だった樋口はそれに気づかなかった。 一番愛する人を守れなかった悲しみは樋口の心に重い十字架となって残り、酒を飲んでは妻の幻影に涙する日々が続いた。 そんなある時、緊急指令室の中に新たにECU(Emergency Call Unit)が発足。 そのメンバーに樋口が召集された。 しかし、その室長が、3年前の妻が亡くなった事件で通報電話を受けた橘ひかりだと知り、樋口はチームに入ることを頑なに拒む——。 唐沢寿明さんのコメント紹介! 「ボイス」はストーリー展開がとても面白いと思いますし、演じる上でも視聴者がどんどん引き込まれていくエンターテイメント作品にしていきたいと思っています。 刑事ドラマといっても「ボイス」はこれまで自分が演じたものとは全く違う刑事像になります。 毎回、違う印象の役をやらせてもらえることはとてもやり甲斐を感じますし、作品を観てくださる方々にそういった部分も楽しんでいただければと思います。 真木さんとは前から一度共演できたらなと思っていました。 彼女は俳優としていい意味で陰があって、悲哀がある…深いストーリーを演じることができる方だと思いますし、今回の役も彼女にとても合っていると思います。 ドラマでは最初、真木さん演じるひかりの持つ能力を信じられずに反発するのですが、そこからどう信頼が生まれていくのかも見どころです。 新しい作品に入るときに自分の中で絶対にブレないのが、毎回「面白い作品を作っている」という自負があることです。 今回も絶対面白いドラマになるので、皆さんには楽しみにしてほしいです。 私たちが存在する意味であり、義務です。 ボイスプロファイラー。 幼少期、事故で目をケガしてしまったが、同時に微かな音も聞くことができる絶対聴感能力が生じた。 警察大学を首席で卒業した後、緊急指令室で働いていたが、ある日、ひかりが受けた電話で通報をしてきた女性(樋口の妻)が電話口の向こうで正体不明の暴漢に無残に殺される。 さらにその後、現場付近を巡回していた警官だった父親も同じ男に撲殺されてしまう。 助けを求めている人が、自分と電話でつながったすぐ先にいるのに、何もできなかったという失意と悔しさに苛まれるひかりは、やがてボイスプロファイルの専門家となる。 「緊急指令室」の室長に就任したひかりは、室内に独自の捜査チーム・ECU(Emergency Call Unit)を新設する。 真木よう子さんのコメント紹介! 警察官の役はこれまでもさせてもらっていて、クールで男っぽい役が多かったのですが、今作は「人の命を救いたい」という正義感と優しさを持った、どちらかというと女性らしく真っすぐに戦おうとする役です。 「真犯人を突き止める」という自分の信念は真っすぐ持ちながらも、カッコよく男っぽくという方向ではなく、人の命を救うためにチームを作り上げるという、新しい女性像を演じていきたいです。 日本テレビのドラマとして今回が初出演なのですが、私にオファーして頂きありがたいです。 期待に応えられるよう精一杯演じたいと思います。 唐沢さんとは初共演ですが、現場の空気を明るくしたり、役に熱心に取り組んだり、メリハリを持っている方と勝手なイメージがあります。 今から楽しみだしドキドキしています(笑)。 最初は、唐沢さん演じる樋口に、私が演じるひかりの正義や能力をなかなか信じてもらえませんが、徐々にお互いを信頼し合ってバディになっていきます。 その過程を、見て下さる方が納得してもらえるように丁寧に演じていきたいです。 「ボイス」は、番組をご覧になる方がいい意味で裏切られるような、見応えのあるドラマです。 物語の軸がしっかりしており、ハラハラドキドキしながら先の展開を見守ってください。 全ての方に向けて「面白いです」と胸を張って言える作品です! より引用 樋口を兄貴と慕う若手敏腕刑事・石川透という役よ! 港東署ECU緊急出動班・捜査員。 もともとは強行犯係に在籍し、当時係長だった樋口(唐沢寿明)のことを今でも「兄貴」と呼び、大変慕っている。 樋口のECU(Emergency Call Unit)配属とともに、自らも配属となる。 主に現場で樋口とともに捜査活動にあたり、樋口としても心を許せる存在。 ひょうひょうとしており、現場のムードメーカー。 だが、腕っぷしは強い。 増田貴久さんのコメント紹介! 「ボイス」の出演が決まったときは、とても嬉しかったです。 日本テレビの連続ドラマにレギュラーキャストとして出演するのも初めてなので、それもまた嬉しかったですね。 頼り甲斐があって、強く、優しい刑事を演じていきたいです。 撮影初日は、いつも緊張して現場に入るのですが、一足先にクランクインしていた唐沢さんやスタッフの方々に優しく迎えて頂き、いい緊張感のままリラックスして撮影に臨むことができました。 唐沢さんと共演するのは今回が初めてですが、大好きな俳優さんなので、一緒の空間で時を刻めることがとても嬉しいです。 あと、セットがすごいです! あるお店を再現したセットなのですが、最初は本当のお店をお借りしているんだと思っていました。 ホコリをかぶった小物が置いてあるなど、一から作ったとは思えないセットに感動しています! 美術さんの細部への想いなどを聞くためにお友達になりたいです。 「ボイス」は、ハラハラドキドキする展開で、一度観たら抜け出せなくなること間違いなしです! ぜひご覧ください! より引用 【主なドラマ出演作】• ケータイ恋愛小説 君のせい(2009年5月4日 — 5日、TBS) — 三上 柚梨奈 役(主演)• マッサージ探偵ジョー(2017年4月15日、テレビ東京) — 玉子 役• トットちゃん! 昭和元禄落語心中(2018年、NHK総合) - お千代 役• ゾンビが来たから人生見つめ直した件(2019年1月 — 、NHK総合) — 小池みずほ 役(主演) 緒方拓海/田村健太郎 「コンビニ」の稽古をしております。 我々草チームということで、植物と共に稽古をしております。 それに伴い、この時期の蚊の元気さにやられ、また、岩瀬さんは開けっ放しにしてあったリュック内のビニール音をゴキブリが入ったと勘違いをしてびびっておりました。 金曜ドラマ「ヤンキー君とメガネちゃん」(TBS) — 工藤拓也 役/レギュラー• 超ドSナイトの夜(静岡放送)• 女囚セブン(2017年、テレビ朝日) — 大平仁 役• 植木等とのぼせもん(2017年) — 青島幸男 役• 連続テレビ小説 半分、青い。 ヒガンバナ〜女たちの犯罪ファイル(2014年10月24日、日本テレビ) — 柳幸子 役• 問題のあるレストラン(2015年1月 — 3月、フジテレビ) — 烏森奈々美 役• リバース(2017年4月14日 — 6月16日、TBS) — 乾恭子 役• ヒモメン(2018年7月28日 — 9月8日、テレビ朝日) — 尾島和子 役•

次の