天気 の 子 テッシー。 天気の子ネタバレ|四葉/三葉/瀧/テッシー/サヤちん登場シーンはどこ?

『天気の子』瀧、三葉、四つ葉、サヤちん、テッシーの登場シーン

天気 の 子 テッシー

もくじ• 天気の子で瀧くんが登場したシーンはどこ?立花冨美(ふみ・祖母)も登場! 新海誠監督の2作目の「天気の子」 スゴく気になる!画質も好きだし、「君の名は」は3回見たし。 映画館では見れないからレンタルされて見たい! — はま吉 福島住み Fukusuke2014 新海誠監督の待望の新作『天気の子』が早くも話題になっていますね! 導入文でも書いていますが、今回は 『天気の子』に『君の名は』の瀧くんと三葉が登場したことについて焦点を絞った内容です。 一部 『天気の子』のネタバレ内容を含みますので、その点はご了承ください。 まずは『天気の子』に登場する瀧くん(立花瀧)の登場シーンの流れを下にまとめました。 立花瀧 これだけでどのくらいRTくるだろうか。 公開記念 — 桐島 yuuuu02181 最初に念頭に置いておく情報として、『天気の子』では立花冨美(たちばなふみ)という年配の女性が登場します。 この立花冨美という女性には 『タキ』と呼ばれる孫が存在します。 『君の名は』の瀧くんと同じ、立花姓で『タキ』という孫がいることからも、ここでは立花冨美=瀧くんの祖母という認識で話を進めております。 以上が『天気の子』で瀧くんが登場した流れになります。 流石に『天気の子』での瀧くんの登場シーンは僅かなものですし、会話も挨拶や相槌程度でした。 ただ、『天気の子』の主人公と『君の名は』の主人公の共演には思わず胸が熱くなりましたね! 個人的に、『君の名は』に登場しなかった瀧くんのおばあちゃんである、立花冨美が『天気の子』の物語に絡んでくるのには意表を突かれました。 ちなみに、立花冨美の自宅は東京都の曳舟で、日本家屋が密集した住宅街という設定です。 スポンサーリンク 天気の子で三葉が登場したシーンはどこ?時系列についても 出典 続いては『天気の子』で三葉が登場したシーンについてです。 『天気の子』での 三葉は帆高が指輪を買う場面で店員として登場します。 登場した場所は新宿ルミネのアクセサリーショップであることも小説で言及されていますね。 ちなみに新海監督は以前のインタビューで、三葉は東京で服飾関係の仕事をしているかもしれないと語っていたこともあるようです。 アクセサリーショップの店員というのも、これに近いとも言えますよね。 時系列については正確にはわかりませんが、三葉が東京で働いているということを踏まえると、高校時代ではなく、 瀧くんと再会する前後なのは間違いないでしょう。 スポンサーリンク 天気の子で瀧くんと三葉が結婚したことが判明!?君の名はのその後とは? 「君の名は。 」何回見ても面白い。 瀧くんと三葉が再会した後の続編を作ってほしくてたまりません。 その場面は『天気の子』の終盤で、作中では3年の月日が経過した段階です。 約二年前に依頼された晴れ女の案件を断るために、帆高は再度、立花冨美の元へ訪れます。 小説版ではその際に下のような描写がされております。 (冨美)の部屋にはいくつかの写真が飾られている。 『亡くなった旦那さんらしきおじいちゃん』 『賑やかな家族の集合写真』 『お孫さんの結婚写真』 冨美の孫は瀧くんであることは上でも書きましたよね。 つまり、 お孫さんの結婚写真 = 瀧くんの結婚写真 = 三葉と結婚した!? ということになりませんか? もちろん結婚写真に写っている人物は、瀧くんではない孫だったという可能性もゼロではありません。 しかし一度、孫の瀧くんを登場させた数年後に、孫の結婚写真が並んでいるという描写をしたということは、瀧くんが結婚したということへの信憑性を高めるような気もしますね。 もっとも、 瀧くんが三葉じゃない女性と結婚していればそれまでですが 笑 新海監督のこれまでの作品の傾向を考えても、そういった可能性を完全に否定できないのが怖いところです 笑 きっと『君の名は』を見た多くの人は、瀧くんと三葉の結婚を願っているでしょう! 私もそうであって欲しいと願っております! 余談ですが『君の名は』では、新海監督の作品である 『言の葉の庭』のヒロインであるユキチャン先生が登場して話題になりましたね。 今日の深夜に『言の葉の庭』をやりますがこの作品に出て来る呑んだくれ教師雪野百香里は『君の名は。 』に出て来る国語教師ユキちゃん先生なんで観ておくと明日さらに楽しめると思います。 ちなみに、 陽菜の弟として登場する凪(なぎ)の彼女が『天気の子』作中で実は入れ替わっていたという、『君の名は』的な裏設定も判明しました! 詳細についてはでまとめていますので、そちらも是非見て下さい!.

次の

天気の子と君の名は時系列比較!瀧と三葉と四葉の登場シーンと結婚!|MoviesLABO

天気 の 子 テッシー

映画の中に前作「 君の名は。 」(2016年)の主人公である 瀧くんこと 立花 瀧(たちばな たき)や、ヒロインの 宮水 三葉(みやみず みつは)、三葉の妹の 宮水 四葉(みやみず よつは)、三葉の同級生である テッシーこと 勅使河原 克彦(てしがわら かつひこ)、同じく同級生の 名取 早耶香(なとり さやか)がサプライズ登場します。 エンドロールで名前を見て驚いた方が多かったのではないでしょうか? 今回は、もう一度鑑賞して確認したい方のために、どこに登場していたのかをセリフと合わせて紹介していきます。 」のキャラクターの中で一番見逃しやすかったのが、 宮水 三葉(みやみず みつは)の妹である 宮水 四葉(みやみず よつは)ではないでしょうか? まず、2013年の時点で小学4年生の9歳だった 宮水四葉は、映画「 天気の子」の舞台である2021年時点では 17歳になっていて、映画「 君の名。 」のラストでも見せた ツインテールの女子高校生の姿で登場しています。 そして、登場シーンは、主人公・ 森嶋帆高と 天野陽菜、 天野凪の3人でホテルに泊まった後、 天野陽奈が消えたことで空が晴れていきました。 そのすぐ後の、 久しぶりの晴天に喜ぶ人達が映し出されるシーンの中の、学校のベランダから青空を見上げて歓声をあげる女子高校生3人組の手前にいる、空を指差すツインテールの女の子が 宮水四葉だったのです。 宮水 四葉(みやみず よつは) 天野陽菜が消えた後、久しぶりの晴天に喜ぶ人達が映し出されるシーンの中の、 学校のベランダから青空を見上げて歓声をあげる女子高校生3人組の、手前にいる空を指差すツインテールの女の子 17歳の女子高校生で、制服姿で登場! セリフは、 「なんか涙出るね」。 」のヒロイン・ 宮水 三葉(みやみず みつは)は、2013年の時点で17歳だったため、2021年では24歳になっていて、登場した時点で既に 立花 瀧(たちばな たき)と再会しています。 映画「 天気の子」の中で、主人公・ 森嶋帆高が 天野陽菜の誕生日プレゼントを買いに出掛けました。 指輪を買いに行った先の ジュエリーショップの店員として 宮水三葉が登場します。 宮水三葉の特徴でもある赤い組紐が結ばれていて、ネームプレートには「 Miyamizu」と書かれているので注目してみてください。 この時は2021年の夏なので、 宮水三葉は 立花瀧と再会を果たし、愛を育んでいることでしょう。 宮水 三葉(みやみず みつは) 主人公・ 森嶋帆高が 天野陽菜の誕生日プレゼントとして指輪を買いに行った時の、 指輪を売っていたジュエリーショップの店員 24歳の販売員の姿で登場しました! セリフは、 「3時間も迷って選んだのですから、喜んでもらえますよ。 」 スポンサーリンク 天気の子【映画ネタバレ】立花瀧の登場シーンとセリフは? 映画「 君の名は。 」の主人公・ 立花 瀧(たちばな たき)は、2013年の時点で14歳なので、2021年の時点では21歳になっていて、登場した時点で既に 宮水 三葉(みやみず みつは)と再会しています。 立花瀧は、出演シーンが多かったため皆さんすぐにわかったと思います^^ 物語の前半で、 森嶋帆高と 天野陽菜と 天野凪の3人は、晴れを望む人たちに向けた「お天気お届けサービス」の仕事をはじめます。 そのビジネスが評判を呼んで、 天野陽菜がテレビに映ってしまったことが原因で休業を決めるのですが、休業前最後の依頼の一つとして「初盆を晴れにして欲しい」という願いを叶えるために訪れたのが、老婦人・ 立花冨美の家でした。 立花冨美さんは、 立花瀧の祖母にあたります。 そして、 森嶋帆高たちが晴れにする準備をしている時に現れたのが、 立花瀧でした。 立花 瀧(たちばな たき) 立花瀧の祖母にあたる 立花冨美の家に「初盆を晴れにして欲しい」という願いを叶えるために訪れた時に、 「おばあちゃんの友達?」と言いながら部屋に入ってくる。 21歳の爽やかな感じで登場しました! セリフは、 「おばあちゃんの友達?」「君たち何才?」「プレゼントあげなきゃね」etc 天気の子【映画ネタバレ】勅使河原克彦と名取早耶香の登場シーンとセリフは? 勅使河原夫妻が後ろ姿で映った気がするけど、もう一回見ないとわかんない。 それは、初めて 天野陽菜が「お天気ビジネス」を行うフリーマーケットのシーンです。 雨が降るフリーマーケットが晴れになっていくところを、観覧車の中から見ている後ろ姿の二人組が、 勅使河原克彦と 名取早耶香です。 セリフはあるものの、ほんのわずかな時間であり、二人とも後ろ姿なので見逃さないように気をつけてくださいね^^.

次の

天気の子に瀧・三葉・四葉・テッシー&サヤちん(君の名は。キャラクター)が登場!物語の時系列や繋がりは?

天気 の 子 テッシー

まず見て頂ければ分かる通り、 東京は水没します。 そしてこの問題は解決されることはなく、ラストシーンでも東京は水没したまま終わります。 陽菜を雲の上の世界から救い出して、 「おぉ、これでエンディングかー」 と思ってたら、まさかのいきなり 「東京の雨は3年間止むことがなかった」というナレーションからの「東京は海に沈んだ」というサラッと語られるとんでもない事実。 また、主人公の帆高くんは家出少年。 どこぞの島からフェリーで東京に出てきた高校生なので、両親から捜索願いを出され、 物語全編通して警察に追われています。 また、物語の途中から陽菜と弟の凪もホームレスと化すので、3人で警察に追われるハメに。 さらにさらに、ストーリー終盤で大人2人(須賀さんと夏美)も逃亡に協力するので、最終的に5人全員が警察に捕まるというなかなかの非行映画になっています(笑) バッドエンドの理由1:東京水没したけどどうすんの? バッドエンドの理由2:主要人物5人、全員警察行き バッドエンドの理由3:帆高くん、あんまり成長してなくない? バッドエンドの理由4:陽菜のメンタルの問題 1. 東京水没したけどどうすんの? 「天気の子」のラストでも語られている通り、 天気の巫女である陽菜を助け出した代わりに、再び東京は雨の降り続ける街になってしまいました。 そして、東京水没(笑) 物語を見てると、浜松町駅(JR駅)がフェリーの停留所になっていたり、なんだかんだ都民はたくましく生きていたので、住めば都なのかもしれませんが… 少なくとも、陽菜が死ぬまで もしくは東京を出ていくまで? 東京はひたすら雨&水没都市となるわけで、都民の生活的にも日本の経済的にも大打撃です。 いわば、東京が常時「日本沈没」状態になるわけなので、帆高くんと弟の凪くん以外からしてみたら、陽菜には素直に人柱になってもらいたいレベルでしょう。 晴れ女になったのも、自分の行動が理由なわけですし。 東京都民にとってみれば、陽菜が生存してしまったのは間違いなくバッドエンドと言えます。 主要人物5人、全員警察行き 「君の名は」では、三葉の友人であるテッシーが変電所を爆破する(しかも、好きな女の子の彗星が落ちてくる!という発言を信じて)シーンがありました。 ところが 「天気の子」は、それ以上に軽犯罪から重犯罪までのオンパレードです。 須賀おじさんに至っては、警察官思いっきり殴ってますからね(笑) 陽菜を救出したあとは、世界が改変されて今までの犯罪はすべて無かったことに…なんて事もなく、救出された陽菜も含めて全員が警察のお世話になることになります。 一番犯罪しまくった帆高くんは、結局保護観察処分(親元に送り返されて、高校卒業まで監視つきで暮らす)だけで済んだので、さすがは未成年パワー。 一方で、成人でありながら「公務執行妨害+暴行」した須賀さんは普通の逮捕案件です。 陽菜を助けるためとは言え、もうちょっとスマートにいけなかったのかと。 帆高くん、あんまり成長してなくない? 帆高くんが家出した理由は 「 退屈」 「 窮屈」 あたりです。 ただ、 やたら実家に帰ろうとしないところを見ると、両親とも不仲なところがあるのかな?と感じます。 少なくとも、仲が良ければ家出なんてしないでしょうし。 結局、物語の最後に陽菜を地上に連れ戻したあと、帆高くんは実家に送り返されます。 そして、保護観察処分を受けて3年間を島で過ごすわけです。 でも、3年後に島を出る時のナレーションを聞いている限り、今まで通り「退屈な島で退屈に過ごした」と思われます。 そして、高校卒業後に再び東京へ来て1人ぐらしを始めます。 いや、結局のところ帆高くんあんまり成長してないよね? 1人の女の子を守ったことは評価されるべきですが、 肝心の帆高くんの考え方にそこまで成長が見られなかった点は気になりますね。 「天気の子」のなかで東京でもがいてきた日々はなんだったのかと。 陽菜のメンタルの問題 陽菜が帆高の助けを受け入れて、雨の振り続ける「狂った世界」で生きていくことになります。 その間、大雨で東京は水没し、中には亡くなる人も出てくるでしょう。 そこで問題なのが、陽菜のメンタルです。 「 自分がいるから東京が水没して、自分がいるから人が亡くなって…」 という状況で、何も気にせず過ごしていられるかという話です。 1度は救われた命とはいえ、この覚悟を持って生きるのは尋常じゃないメンタルが必要だと思われます。 おまけに、自分を救ってくれた男の子は3年も姿を表さないし。 雰囲気からして電話などでも一切連絡を取っていないようですし、ある意味、3年後も平然と生き続けている陽菜のメンタルが強すぎると言えます。 晴れるようにお祈りしているシーンを見ても、すべて受け入れて生きているような、達観みたいな雰囲気すら感じますが… 雲の上で人柱になった方が良かった、とは必ずしも言えません。 でも、「自分のせい」という感覚を引きずったまま生きていくのは予想以上に辛いでしょうね。 スポンサーリンク 新海誠監督はバッドエンドが好き? 新海誠監督の「君の名は」はハッピーエンドですよね。 三葉の故郷である糸守が彗星で吹き飛んでしまったのは確かに残念ですが、結果的に人は死なず、おまけに三葉と瀧は記憶が消えていても再会することができた。 ただ、 新海誠監督ってバッドエンド大好きです。 「君の名は」ももともと「瀧が三葉と再会するも、すでに三葉には彼氏がいた」というストーリーが計画されていたところ、編集者の意見で今のラストに変更されていたとかなんとか。 もし、君の名はのラストシーンで三葉の彼氏が出てきたら、あの作品は今より遥かに売れてなかったでしょう。 編集の有能アドバイスがなければ、バッドエンド一直線だったわけです。 もちろん、それ以外の作品も同じ。 あまりにもバッドエンド作品が多すぎるせいで、昔からのファンは「君の名は」がハッピーエンドになったことに驚いたくらい。 だからこそ、今回は「1人の女の子」「世界」を天秤にかけたんでしょう。 最後に主人公とヒロインがすれ違って気づかず終わり…みたいなラストでは売れないと、君の名はで学習した。 だが、完全勝利のハッピーエンドにしたくない。 その結果、東京の街が水没したという話です(笑) 「天気の子」を見終わった瞬間、 「 絶対に、完全勝利のハッピーエンドなど許すものか!」 という新海誠監督の声が聞こえてくるようでした。 女の子と出会わせてやるんだから、世界の1つくらいおかしくなってもいいだろ?的な。 バッドエンドの映画が好きな人もいますが、ハッピーエンドの方が好きな人が多いですし、「天気の子」は「君の名は」ほどの人気にはならないでしょうね。 スポンサーリンク 「天気の子」はバッドエンド 陽菜を助けて、東京で陽菜に再会して… ラストシーンは意外に爽やかなのでハッピーエンド臭がしますが、実際には東京の街が終わっていたり、その代償として前科者が大量発生したり、陽菜自身も生きていくのに相当な気力が必要だったり…結構なバッドエンドな気がします。 もちろん、「世界より1人の女の子」を選んだ帆高にはハッピーエンドでしょうけどね。 マインド的な問題で、陽菜自身は必ずしも「助かってよかった!」と言えないだろうところが余計に悲しくなりますね。 すでにコメントを頂いていますが、「私はこう思ったよ!」という意見がありましたら、ぜひコメント欄から教えて頂ければと思います。

次の