プレミアム 商品 券 大田 区。 「プレミアム付き区内共通お買い物券」を販売します(発行総額1億2千万円) 荒川区公式ホームページ

品川区内共通商品券とは | 品川区商店街連合会

プレミアム 商品 券 大田 区

こんにちは。 okometsubuです。 ニュースをよく観ている人なら既にご存知かと思いますが、「プレミアム商品券」なるものが国から支給されるようです。 これは住民税が非課税な世帯やら子育て世帯が対象になるようです、私は子育て世帯のため恩恵に預かることが出来ます! 内容としては、20,000円払って25,000円の地元で使える商品券を購入する権利を得られます。 また、対象の世帯に、いわゆるは購入権利書が9月に送られて来るようです。 以下のサイト ホームページ:プレミアム付商品券を販売します 使用可能店舗につきましては、内共通商品券(商店街振興組合連合会発行)の取扱店約3,000店を中心に、現在募集中です。 区内の商店街の、おおよそのお店で使える予定です。 購入までの流れ(非課税の方)• 8月初旬頃に区が送付する「購入引換券交付申請書」に必要事項を記入し専用封筒にて返信してください。 返信された方は審査後、 9月中旬以降に「購入引換券」を送付します。 「購入引換券」と本人確認書類(運転免許証、健康保険証、バーカード、公共料金の領収書など、購入引換券に記載されている氏名・住所と一致するもの)と商品券購入費用を購入場所に持参して、商品券をお買い求めください。 購入までの流れ(子育て世帯の世帯主• 9月中旬以降に対象者宛に「購入引換券」を送付します。 「購入引換券」と本人確認書類(運転免許証、健康保険証、バーカード、公共料金の領収書など、購入引換券に記載されている氏名・住所と一致するもの)と商品券購入費用を購入場所に持参して、商品券をお買い求めください。 ここで私は?となりました。 ん?となった部分• 使用可能店舗• 購入する意思を専用封筒に入れて送り返さなくてはならない事• 購入する場合は自分で販売開始している場所まで出向かなくてはならないこと 基本的には問題なさそうですが、もしかしたら激安店で使えない可能性がありますので対応しているかは抑えておきたいですね。 私が気になるのはその次。 購入意思を返送しなくてはならないようです。 但し、これは住民税が非課税の方のみが対象のようです。 現時点で非課税の人に送っているのかな? なぜこう面倒なことをしているかよく分かりませんでした。 私は子育て世帯だったのでとりあえずセフセフです。 私は以前、役所から返送が必要な書類を貰ったときに、返送時に切手が必要でした。 返送しないと多大な不利益をこちらが被るので切手を貼って返送せざるを得ませんでした。 その内容も別に郵送じゃなくてもどうでもいい内容だったためガッカリしたことを覚えています。 もし今回も切手が必要な場合は切手代を削られてしまいます。 個人的には結構ショックに打ちのめされる所でした。 そしてそれが終わったらようやく権利書である「 購入引換券」を頂けるのです。 子育て世帯は何もしなくても勝手に送られて来るようですはずなので良いですね。 さて、そんな引換券ですが、なんと 商品券を売っている場所まで行かなくてはなりません。 の場合は 郵便局でも購入可能なのでそれ程問題にはならなそうなので、の人は割と気にしなくて良さそうですが、ちょっと手間ですね。 これは市や区に寄って販が変わる可能性があるので要注意かもしれません。 基本はどの場所でも郵便局で問題なさそうだとは思いますが、最悪、電車やバスを使う覚悟もしておかなくてはなりません。 そうこうしているうちにもう9月です。 まだ到着していませんが、私がよく利用する安売りスーパーが対象であることを祈りつつ、今回はここまでと致します。 okometsubu-blog.

次の

品川区内共通商品券とは | 品川区商店街連合会

プレミアム 商品 券 大田 区

大田区商店街連合会 以降:区商連 から販売される、プレミアム付・大田区内共通商品券 以降:区内共通券。 2015年は春と秋に販売されます。 池上の商店街では4月16日に池上駅前のコミュニティーストア前で販売しました。 1セット2,500円で3,000円分の区内共通券が購入できます。 次は秋、10月くらいです。 販売開始日は区報や区商連のサイトで確認してくださいね。 池上では独自に池上の使えるお店リストを購入時に配布しました。 池上で使って欲しいですからね。 最新版の使用可能店舗については、区商連にお問い合わせください。 前年2014年の方式、 5000円で『売りだした商店街限定で使える商品券 以降:地域限定券 3,000円分+区内共通券2,500円分』のセットで販売する方式 この地域限定券+区内共通券のセット販売方式を大田区役所の人は、池上モデルと読んでるそうです。 『利用者にとって使いやすいならば良いのではないか?』とも考えらます。 しかし、補助金を使用した地域事業で、大規模な店舗、全国展開している店舗を助けることは、 意味があるのか?という意見もあり、 どちらの意見も大切にしたいものですね。 前年2014年の方式、池上モデルと比較しながら、見て行きたいと思います。 そもそもプレミアム付商品券はなんで作られるの? 購入した区内共通券の表紙には、地域住民生活等緊急支援のための交付金事業 地域消費喚起型 と書いてあります。 そうすると、 地域の人が全体的に恩恵を受けて、 地域で営業している地域の業者の消費を喚起する事業といったところでしょうか。 元々は郵便局で区内共通券のみを販売していた。 の流れで販売が継続されていました。 そもそも区商連を支える組織である商店街というくくりが曖昧 区内共通券は、区商連の『大田区内共通商品券取扱店 以降:取扱店 』で使用できます。 この説明を見ると、『区商連てことは商店街かぁ。 商店街のお店とかで使えるのかぁ』『使う機会あるかなぁ』と、思ってしまうところですが、 大森・蒲田などの駅ビルの中の店舗も、駅ビル単位で商店街としての組織を作り、区商連に登録しているため、 思っているよりも商店街というくくりが広く、取扱店も多いです。 取扱店一覧の冊子のページが多すぎて、見るのが大変。 大田区内のお店って数1,000店舗は確実にありますよね? そこから気に入ったお店を見つけるのって大変。 共通商品券は駅ビルでも使えることを書きましたが、 駅ビルやスーパーで使えることにより、通常の生活サイクルで使用できる券となっています。 わざわざ、使える店を調べて新規開拓するような流れになりづらいです。 そこで、 地域限定券だと、使える店舗もそう多くないので、 『どこで使えるかなぁ』『どんなお店があるのかなぁ』となり、 『こんなにお店あったっけ?』 『初めてのお店だけど行ってみようかな?』 『最近行ってなかったけど、あの店で使えるみたいだから行ってみようかな?』 となっていき、個人でやっているお店としては、地域消費喚起の良い流れになります。 郵便局で販売する=平日の昼間に買いに行ける人しか買えない。 地元の郵便局で販売されるということは、 平日に普通に働いている人は購入できないということです。 そこで、 郵便局ではなく、商店街の数店舗で販売されているとなると、 土日営業のお店や、夜まで営業しているお店で購入できるので、 平日に普通に働いている人が購入できるようになるわけです。 ただ、 前回は数週間は店舗在庫があったのですが、 今回は1日で完売となっているので、 今回の形式で店舗での販売を行っても、夜まで残っている可能性は低いですね。 区内共通商品券のほとんどは、駅ビル、スーパー、コンビニで利用されている 区内共通券の販売を郵便局で行っていたときは、 区内共通券が小規模のお店で使われることは少なく、 使用可能かが分かりやすい、駅ビルやスーパーに集中していました。 これは、大田区という広大なエリア、使えるお店が多数ある中、 『どこが使えるのか?』『小規模なお店で使おうとすると断られるのではないか?』 といったことを考えたくないという消費者心理があるからだと思います。 今まで区内共通券が使われていなかった店舗から続々と商品券が使われたと連絡ありました。 まとめ 長々としてきたのでまとめます。 ・商品券は、購入した地域住民の生活支援と、地域の消費を喚起する事業みたいだよ。 ・消費者としては、今回みたいに区内共通券のみのほうが使いやすいよ。 ・ただし、区内共通券のみで販売しても、駅ビルやスーパーでの買い物が増えるのみで、小規模の個人経営のお店ではあまり使われないよ。 ・地域の消費を喚起する事業として考えると、個人経営のお店にも恩恵があったほうが良いよ。 ・地域限定券は、どこで買い物するか悩むから、地域のお店のことを知ろうと考える人が増えると思うよ。 ・今回のように区内共通券のみだとすぐ売れてしまうので平日に仕事している人は買えないので、地域住民の生活支援なんだから、働いている人も買える時間帯にも売って欲しいよ。 ・仕様がどうであれお得なので、商品券が買えると単純にうれしいよ。 ・商店街関係者としては、個人経営のお店の消費を喚起してほしいから、2016年は池上方式で売りたいよ。 ということで、楽しみにしている人が多い事業なので、 行政・商店街・消費者の皆さん、色々な方面から検討して、良い事業にしてもらえればいいなと思っています。

次の

「プレミアム付き区内共通お買い物券」を販売します(発行総額1億2千万円) 荒川区公式ホームページ

プレミアム 商品 券 大田 区

大田区商店街連合会 以降:区商連 から販売される、プレミアム付・大田区内共通商品券 以降:区内共通券。 2015年は春と秋に販売されます。 池上の商店街では4月16日に池上駅前のコミュニティーストア前で販売しました。 1セット2,500円で3,000円分の区内共通券が購入できます。 次は秋、10月くらいです。 販売開始日は区報や区商連のサイトで確認してくださいね。 池上では独自に池上の使えるお店リストを購入時に配布しました。 池上で使って欲しいですからね。 最新版の使用可能店舗については、区商連にお問い合わせください。 前年2014年の方式、 5000円で『売りだした商店街限定で使える商品券 以降:地域限定券 3,000円分+区内共通券2,500円分』のセットで販売する方式 この地域限定券+区内共通券のセット販売方式を大田区役所の人は、池上モデルと読んでるそうです。 『利用者にとって使いやすいならば良いのではないか?』とも考えらます。 しかし、補助金を使用した地域事業で、大規模な店舗、全国展開している店舗を助けることは、 意味があるのか?という意見もあり、 どちらの意見も大切にしたいものですね。 前年2014年の方式、池上モデルと比較しながら、見て行きたいと思います。 そもそもプレミアム付商品券はなんで作られるの? 購入した区内共通券の表紙には、地域住民生活等緊急支援のための交付金事業 地域消費喚起型 と書いてあります。 そうすると、 地域の人が全体的に恩恵を受けて、 地域で営業している地域の業者の消費を喚起する事業といったところでしょうか。 元々は郵便局で区内共通券のみを販売していた。 の流れで販売が継続されていました。 そもそも区商連を支える組織である商店街というくくりが曖昧 区内共通券は、区商連の『大田区内共通商品券取扱店 以降:取扱店 』で使用できます。 この説明を見ると、『区商連てことは商店街かぁ。 商店街のお店とかで使えるのかぁ』『使う機会あるかなぁ』と、思ってしまうところですが、 大森・蒲田などの駅ビルの中の店舗も、駅ビル単位で商店街としての組織を作り、区商連に登録しているため、 思っているよりも商店街というくくりが広く、取扱店も多いです。 取扱店一覧の冊子のページが多すぎて、見るのが大変。 大田区内のお店って数1,000店舗は確実にありますよね? そこから気に入ったお店を見つけるのって大変。 共通商品券は駅ビルでも使えることを書きましたが、 駅ビルやスーパーで使えることにより、通常の生活サイクルで使用できる券となっています。 わざわざ、使える店を調べて新規開拓するような流れになりづらいです。 そこで、 地域限定券だと、使える店舗もそう多くないので、 『どこで使えるかなぁ』『どんなお店があるのかなぁ』となり、 『こんなにお店あったっけ?』 『初めてのお店だけど行ってみようかな?』 『最近行ってなかったけど、あの店で使えるみたいだから行ってみようかな?』 となっていき、個人でやっているお店としては、地域消費喚起の良い流れになります。 郵便局で販売する=平日の昼間に買いに行ける人しか買えない。 地元の郵便局で販売されるということは、 平日に普通に働いている人は購入できないということです。 そこで、 郵便局ではなく、商店街の数店舗で販売されているとなると、 土日営業のお店や、夜まで営業しているお店で購入できるので、 平日に普通に働いている人が購入できるようになるわけです。 ただ、 前回は数週間は店舗在庫があったのですが、 今回は1日で完売となっているので、 今回の形式で店舗での販売を行っても、夜まで残っている可能性は低いですね。 区内共通商品券のほとんどは、駅ビル、スーパー、コンビニで利用されている 区内共通券の販売を郵便局で行っていたときは、 区内共通券が小規模のお店で使われることは少なく、 使用可能かが分かりやすい、駅ビルやスーパーに集中していました。 これは、大田区という広大なエリア、使えるお店が多数ある中、 『どこが使えるのか?』『小規模なお店で使おうとすると断られるのではないか?』 といったことを考えたくないという消費者心理があるからだと思います。 今まで区内共通券が使われていなかった店舗から続々と商品券が使われたと連絡ありました。 まとめ 長々としてきたのでまとめます。 ・商品券は、購入した地域住民の生活支援と、地域の消費を喚起する事業みたいだよ。 ・消費者としては、今回みたいに区内共通券のみのほうが使いやすいよ。 ・ただし、区内共通券のみで販売しても、駅ビルやスーパーでの買い物が増えるのみで、小規模の個人経営のお店ではあまり使われないよ。 ・地域の消費を喚起する事業として考えると、個人経営のお店にも恩恵があったほうが良いよ。 ・地域限定券は、どこで買い物するか悩むから、地域のお店のことを知ろうと考える人が増えると思うよ。 ・今回のように区内共通券のみだとすぐ売れてしまうので平日に仕事している人は買えないので、地域住民の生活支援なんだから、働いている人も買える時間帯にも売って欲しいよ。 ・仕様がどうであれお得なので、商品券が買えると単純にうれしいよ。 ・商店街関係者としては、個人経営のお店の消費を喚起してほしいから、2016年は池上方式で売りたいよ。 ということで、楽しみにしている人が多い事業なので、 行政・商店街・消費者の皆さん、色々な方面から検討して、良い事業にしてもらえればいいなと思っています。

次の