ぬえ ツイッター。 Twitter(ツイッター)に最適な投稿本数とは? 10業種50アカウントを徹底調査!

ぬえ

ぬえ ツイッター

10,924件のツイート• 12,932件のツイート• 33,136件のツイート• 57,248件のツイート• 66,785件のツイート• 11,853件のツイート• 10,230件のツイート• 45,015件のツイート• 37,167件のツイート• 97,778件のツイート• 36,170件のツイート• 28,297件のツイート• 21位以下も見る• 11,290件のツイート• 57,487件のツイート• 66,874件のツイート• 12,088件のツイート• 10,298件のツイート• 45,185件のツイート• 12,972件のツイート• 33,277件のツイート• 37,178件のツイート• 36,319件のツイート• 97,828件のツイート• 88,071件のツイート• 64,533件のツイート• 163,795件のツイート• 47,746件のツイート• 20,969件のツイート• 64,174件のツイート• 87,731件のツイート 21位以下も見る• 11,290件のツイート• 12,972件のツイート• 33,277件のツイート• 57,487件のツイート• 66,874件のツイート• 12,088件のツイート• 10,298件のツイート• 45,185件のツイート• 37,178件のツイート• 36,319件のツイート• 97,828件のツイート• 28,342件のツイート• 21位以下も見る• 10,924件のツイート• 12,932件のツイート• 33,136件のツイート• 57,248件のツイート• 66,785件のツイート• 11,853件のツイート• 10,230件のツイート• 45,015件のツイート• 37,167件のツイート• 97,778件のツイート• 36,170件のツイート• 28,297件のツイート• 21位以下も見る• 11,290件のツイート• 12,972件のツイート• 33,277件のツイート• 57,487件のツイート• 66,874件のツイート• 12,088件のツイート• 10,298件のツイート• 45,185件のツイート• 37,178件のツイート• 36,319件のツイート• 97,828件のツイート• 28,342件のツイート• 21位以下も見る.

次の

年齢確認

ぬえ ツイッター

この記事は、ネット中傷に悩む方々の参考として、また、ネット中傷をする人達への牽制にもなると考えて書きました。 以下の流れで経緯を説明していきます。 (今回の件の中傷投稿者をX氏とします。 ・ 1. IPアドレスから判明したプロバイダ2社に通信ログの保存請求 (2018年5月17日) 5. X1の本人特定をする a. 開示されたIPアドレスを基に警察に被害届をして捜査をしてもらう (2018年5月~) b. 本人特定(2019年3月) 被害者(私)の居住地域(北海道函館市)の警察が捜査するので、加害者(X氏)の居住地が遠方(首都圏)であり本人特定までに時間を要した。 法的対処 ・民事:損害賠償請求(2019年5月9日) a. 判決とその内容(2019年7月17日) 損害賠償263万8000円 (内訳: 慰謝料200万円、弁護士費用20万円、調査費用43万8000円) 及び 謝罪文の交付が命じられる c. 中傷投稿がされる <発端> 2017年7月27日、森友学園や加計学園の政府や安部首相についての疑惑に関して、私は次のツイートをしました。 「疑われた側が潔白を証明すべし」という理屈は絶対に認めるべきではないという論調もありますが、政府や行政機関にはアカウンタビリティー(国民に対する説明責任)が当然求められます。 論のすり替えでしょうね。 社会に影響力を及ぼす組織で権限を行使する者に対しては、一般人とは異なりますよ。 — 片瀬久美子🍀 kumikokatase これは、あくまで説明責任について述べたもので、証明責任について述べたものではなく、政府や内閣総理大臣といった国のトップについて生じた疑惑であれば、国民に対して説明する責任があると考えて、証明責任と説明資任のレベルを分けて説明したものです。 しかし、投稿した当時から 説明責任と立証責任を混同して、原告(私)が悪魔の証明を要求しているといった批判が数多く寄せられました。 なお、このアカウントX2もX氏が利用している可能性が高いと思われますが、本人特定はされておらず、 上記ツイートは今回の法的対処の対象外です。 【 X 氏による投稿】 多数の中傷が投稿されましたが、その中で代表的なものとして5つを示します。 投稿1 投稿2 投稿3 投稿4 投稿5 2. Twitter 社に中傷投稿を通報する 「投稿1」に気付いたので、Twitter社に嫌がらせ行為として通報しました。 しかし、「Twitterのルールには違反していない」とされてしまいました。 (補足)X氏のアカウントX1は、その後に別の投稿によって凍結されました。 X氏は、X1の他にも多数のアカウント(数百~数千規模…本人も全て覚えていないらしい)を作成しており、凍結されると次々と別のアカウントに乗り換えてツイッターでの投稿を続けているという情報を得ています。 ツイッター社に発信者情報開示請求をする X氏による私への中傷の内容はどんどんエスカレートしていき、このまま放置しているとさらに酷くなっていくことが予想されました。 そしてTwitter社に通報を繰り返してなんとか凍結されたとしても、また別のアカウントに乗り換えて同じ事をすると予想されるので、X氏の中傷投稿を止めさせるのは面倒ですが本人特定をして法的な対処をすることが必要だと考えました。 私の代理人となって頂いた清水陽平弁護士と相談して、X1からの「投稿1」と、その後に投稿された「投稿2」~「投稿5」を加えて、投稿者の特定に必要な「発信者情報」の開示をTwitter社に求める申し立てを東京地裁に行いました。 東京地裁はこの申立てを相当と認めて「発信者情報を開示せよ」との仮処分が出され、Twitter社からIPアドレスとタイムスタンプのリストが開示されました。 プロバイダに通信ログの保存請求をする X氏からの投稿のIPアドレスとタイムスタンプが開示されましたが、本人特定に手間取って時間が経ってしまうと、そのままでは接続プロバイダが保有する通信ログが消されてしまうので、代理人弁護士がIPアドレスから判明したX氏が利用している接続プロバイダに、通信ログの保存請求をしておきました。 投稿者の本人特定をする 函館の警察署に名誉毀損罪で刑事告訴をすることにより、同署が北海道警サイバー犯罪対策課のサポートを受けて、IPアドレスから判明したプロバイダに捜索差押えを行うことで、X氏の本人特定ができました。 本人特定には、函館の警察署から捜査員が何度も遠方に住むX氏の所(首都圏)まで行く必要があり、出張の手続きも含めて時間と手間を要したことで、約1年かかりました。 遠方まで何度も足を運び、地道に捜査をして下さった刑事さんたちに心より感謝をいたします。 法的対処 X氏の本人特定ができたので、悪質で執拗な中傷行為に対するお灸をすえるために、示談交渉などはせずに法的対処に進みました。 刑事告訴と併せて、民事でも提訴をしました。 ・民事:損害賠償請求 さいたま地裁に損害賠償と謝罪文の交付を求めて提訴しました。 事件番号「平成31 年(ワ)第997 号」 a. 受送達者(名宛人)に、直接交付して送達を行う方法ですが、「不在(居留守を含む)」の場合は「不在連絡票」が郵便ポストに入れられて、通知されます。 被告がこれを無視した場合は、次に休日に郵便局員が配達をする「休日送達」という方法がとられますが、それでも「不在(居留守を含む)」の場合は「不在連絡票」がまた郵便ポストに入れられて通知されます。 さらに被告がこれを無視した場合、実際に送付先の住所に被告が居住しているのか、原告側に「現地調査」をするように裁判所から求められます。 本件では代理人弁護士が現地に赴いて、実際にX氏がその住所に居住していることを確認して裁判所に報告しました。 被告は「居留守」を使っていると判断できたので、次に「付郵便送達」という方法がとられて、郵便ポストに投函された時点で「送達完了」となりました。 判決とその内容(2019年7月17日) 損害賠償263 万8000 円 (内訳: 慰謝料200万円、弁護士費用20万円、調査費用43万8000円) 及び 謝罪文の交付が命じられました。 いわゆる「欠席裁判」による「欠席判決」が出されましたが、 慰謝料額の認定は裁判官の判断になり、原告側の主張に拘束されないため、高額を請求しても相当でない部分については認められないことが通常です。 この判決では請求した 慰謝料200万円が認められましたが、これは 裁判官が妥当な請求額であると判断した結果です。 慰謝料200万円というのは、過去のインターネット上の名誉毀損(ネット中傷)で認められた慰謝料の中では比較的高額になりますが、投稿内容の悪質さ(原告の女性と母親という属性や研究経歴に対して愚弄の限りを尽くした嘘を創作し、さらにそれを真実だったとして流布)に加えて、裁判を起こされて逃げてしまったX氏の不誠実な態度が裁判官の心証をかなり悪くしたのだろうと推察されます。 担当裁判官は女性ですが、知り合いの裁判官経験者(男性)もX氏の中傷投稿を見て「これは酷い…」と絶句していたので、性別無関係に裁判官の一般的な認識による判断だろうと思われます。 一般的に「ネット中傷」による名誉毀損に対して認められる個人への慰謝料額の多くが10万円前後であり、その程度の額では執拗なネット中傷によって心が深く傷ついた被害者は「私の社会的名誉の価値はそれっぽっちなのか…」とさらに気落ちしてしまうでしょう。 今回の判決によって慰謝料として200万円が認められた事例を増やしたことで、少しでもネット中傷被害者への慰謝料額の底上げに寄与できればと思っています。 判決文のP9~「損害」より引用 (注:この部分は訴状に書かれた原告側の主張です) 1 総論 「本件においては、上述のとおり、被告による各投稿は原告の名誉権を侵害し、違法性阻却事由も存在しないものであることが明らかである。 そのため、本件の主たる争点は損害額にあるというべきである。 名誉毀損を理由とする損害賠償においては、もっぱら100万円程度を賠償額の上限とする例が多く見られ、とりわけインターネットを利用した名誉権侵害においては損害額の算定がより謙抑的なものが多い。 しかし、インターネットやSNSの普及を受けて、インターネット上に投稿された内容の伝播力が高まっている今日において、ひとたび名誉毀損表現がなされればそれは短時間で広範囲に伝わることになる。 また、クチコミサイトや掲示板サイトなどが多数立ち上げられ、サービスを利用する前にどのようなクチコミがされているのかを事前に調べることが常態化した現代社会においては、社会的評価の低下をもたらす投稿の存在の影響力は極めて大きい。 これにより、被害者は社会的に抹殺されたに等しい致命的なダメージを負うケースもある。 しかもインターネット上に拡散した情報は完全に消去することはほぼ不可能であり、被害者は極めて長期間にわたり損害を受け続けることになる。 昨今においては、「炎上」が発生するなどして、インターネット上の物事により現実に多大な影響が出るということが頻発している。 したがって、名誉毀損における損害賠償の算定は、速やかに改められることが必要である。 」 2 慰謝料 「一般的な上限額とされてきた100万円という金額は、交通事故事案における5か月間の通院慰謝料105万円(平成30年度版民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準参照)よりも低額である。 交通事故における賠償額は、貨幣価値の変動なども考慮して上がっていったという歴史的経緯があるにもかかわらず、名誉毀損の賠償額はこれを考慮している様子が見られない。 しかし、インターネットをはじめとしたメディアの発達、人格的な価値に対する社会評価の高まりや貨幣価値の変動などの社会情勢の変化を考えれば、今日においては、一般的な上限とされている100万円という賠償額でさえあまりに低額である。 しかも、上述のとおり、インターネット上に拡散した情報は完全に消去することはほぼ不可能であり、被害者は極めて長期間にわたり損害を受け続けることになる。 したがって、その損害額が交通事故によるわずか5か月間の通院慰謝料にも満たないというのは社会常識に反する。 このような問題意識を前提に『近時においては、国民の人格権に対する重要性の認識やその社会的、経済的価値に対する認識が高くなってきており、人格権の構成要素である名誉権、肖像権、その肖像、氏名、芸名及び人格的イメージの商業的利用価値及びプライバシーの権利の保護やそれらの侵害に対する補償についての要求も高くなっている。 これらの法的状況と過去と現在の相対的な金銭価値観の変動を考慮すると、とかく軽く評価してきた過去の名誉毀損等による損害賠償等事件の裁判例の慰藉料額に拘束されたり、これとの均衡に拘ることは、必ずしも正義と公平の理念に適うものとはいえない。 』(東京高判平成13年7月5日判例時報1760号93頁)と述べる裁判例も出ているところである。 ツイッターはインターネット上で全世界に向けて公開されているものであり、原告のツイッターアカウントのフォロワーは2万人以上いる。 そのため、債権者の氏名を出した本件各投稿は極めて多くの者に閲覧されてしまっているのであり、原告の社会的評価は大きく毀損された。 そのため、その損害は金200万円を下らない。 この判決では 裁判官の判断を経ても 200 万円が相当であるとされたので、それだけ悪質な投稿だと認定されたことになります。 ・刑事:告訴して処罰を求める 無事に告訴が受理され、X氏は書類送検されて函館地検からX氏の居住地の地検に移送されました。 現在、検察の裁定を待っています。 X氏は、独自の論理による酷い中傷を執拗に投稿してインターネット上に流布しておきながら、いざ訴えられると反論もせずに裁判から逃げてしまうという不誠実極まりない態度をとっており、反省の色も無く刑事の方で厳しく罰して頂きたいと願っております。 不起訴理由について説明する文書を検察に出して頂くように申立ましたが、応じて頂けませんでした。 検察審査会に「不起訴」の裁定を不服として審査を申し立てる準備をしています。 【参考文献】.

次の

キングジム、Twitter運用の「お手本」とも言えるコミュニケーション

ぬえ ツイッター

Twitterでアカウント運用を行っている企業の担当者の方、またはこれからアカウントを開設しようとしている方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、編集部が各業種の有名企業アカウントの投稿を6か月にわたってさかのぼり、各投稿本数を記録しました。 その中でコンテンツ数の確保するためのヒントとなる特徴的な投稿をそれぞれ取り上げて考察していきます。 調査概要• 業界別調査• まとめ 1. 調査概要 国内外でもフォロワー数、投稿の反応が多い有名アカウントのなかから、編集部が選りすぐりのアカウントをピックアップしました。 調査期間は、 2016年11月から2017年4月までの6か月間になります。 対象にした10業界 商品やサービスの種類に偏りがないよう、編集部が各業界のなかから5アカウントを選定しました。 交通・輸送• 食品・飲料• 金融・保険• 美容・ライフスタイル• 小売り• 日用品• 住宅・建築・不動産• 電気・通信• エンターテイメント• サービス• 業界別調査 交通・輸送 アカウント名 月間最多投稿本数 月間最少投稿本数 6か月間の月間投稿本数平均 JAPAN AIRLINES JAL 90 20 73. 3 スズキ株式会社・四輪公式アカウント 15 0 7. 5 ANA旅のつぶやき【公式】 76 15 59. 3 マツダ 広報部 35 23 28. 7 MKタクシー 266 190 212. 3 5アカウント平均 76. 2 MKタクシーの投稿本数が1日に7本ペースと同アカウント群の中でも非常に多く、JAPAN AIRLINESやANA旅のつぶやきの1日2本ペース、マツダ 広報部の1日1本ペースとなっています。 5アカウントの平均投稿本数を見ても、交通・輸送業界は比較的投稿本数が多いことがわかります。 交通・輸送業界ということもあり、自社の乗り物で行ける場所の紹介や手軽に利用できるようなキャンペーンの情報や、自社の機体や車両を綺麗な景色と共に撮影し訴求している投稿など、各アカウントの運用戦略の違いが見られました。 綺麗な写真とその場所を魅力的に紹介する写真を使った構成でユーザーの目を引き付けています。 ほぼすべての投稿にコンテンツで扱った場所への旅行プランを表示している、Webページに遷移するリンクが添付されており、ユーザーを楽しませると同時に自社プランの訴求も行う効果的なコンテンツとなっています。 MKタクシー 恐らく、一般的に京都に「海」のイメージがあまりないかもしれませんが、先日京都の海に行ってきましたのでご紹介していきます。 本投稿でも京都と聞いて連想されづらい「海」を紹介し、タクシー会社ならではのニッチなポイントを紹介しています。 また、これらのコンテンツ以外にも中の人が気づいたことをツイートするなど、一般ユーザーと同じ温度感でのツイートも見られ、親しみを持ってもらえるような運用方法だといえます。 食品・飲料 アカウント名 月間最多投稿本数 月間最少投稿本数 6か月間の月間投稿本数平均 い・ろ・は・す 18 3 12. 5 ハーゲンダッツ 21 7 13. 8 どん兵衛 公式 11 0 2. 8 爽健美茶 12 5 7. 7 ザ・プレミアム・モルツ 43 6 23. 3 5アカウント平均 12 食品・飲料業界の5アカウント平均本数は12本と、4日に1回のペースになっています。 しかし、ザ・プレミアム・モルツはほぼ1日1回ペース、どん兵衛 公式は約2週間に1回ペースとアカウントによって大きな差があるようです。 主に自社商品の紹介や自社商品と相性の良い食べ物などとのコラボ写真を用いてコンテンツを作成しています。 また、動画やキャンペーンを利用したリッチな投稿やCMで起用している有名人を登場させた投稿など各アカウント独自の強みを活かした運用方法をしています。 ハーゲンダッツ / は、 グラスで飲むともっとうまくなる。 \ きめ細やかな泡がおいしさを閉じ込め、より一層、深いコクと広がる香りをお愉しみいただけます。 自社商品の紹介という同じコンセプトでも、商品単品の写真やおつまみとの写真、有名人がおいしそうに飲む姿を用いた投稿など、様々な視点から見せることでコンテンツの種類を確保しています。 ユーザーとしても商品訴求感が薄れ、見やすい投稿になるため、通常の商品紹介系投稿よりも効果的であると考えられます。 金融・保険 アカウント名 月間最多投稿本数 月間最少投稿本数 6か月間の月間投稿本数平均 りそにゃ【公式】 50 17 33. 5 ミドすけ(三井住友銀行 公式) 11 4 6. 3 三菱東京UFJ銀行(BTMU) 19 7 14. 5 ジェーシービー 37 27 33. 8 5アカウント平均 21. りそにゃ【公式】やジェーシービーは、1日1回ペースでの運用を行っており、最も投稿頻度の低いミドすけ(三井住友銀行 公式)は5日に1回ペースです。 同業界は世間的に堅苦しいイメージが付きやすいということもあり、今回の調査の中でもりそにゃ【公式】やミドすけ(三井住友銀行 公式)は、キャラクターを利用した運用方法でユーザーに親しみを感じてもらえるような運用を行っています。 また、毎日「何の日」についてのトピック紹介をしたり、自社Webページへの遷移を促進する投稿をしたりと各アカウントで様々な工夫をしています。 りそにゃ【公式】 今日は夏至。 1年で昼が最も長い日です。 広告感が少ないコンテンツを適度に用いることでアカウントのバランスを取っています。 また、画像に自社の名前を入れることで企業からのメッセージ性を強調しています。 美容・ライフスタイル アカウント名 月間最多投稿本数 月間最少投稿本数 6か月間の月間投稿本数平均 BOTANIST【official】 9 5 6 雪肌精 公式 JAPAN 10 8 8. 5 マジョリカ マジョルカ 23 4 13. 3 キールズ公式 17 9 13. 自社製品と季節を組み合わせた投稿やキャラクターを利用した運用、また、動画を利用したブランディング重視の運用などアカウントによって運用方針が異なる業界であることがわかります。 様々な場面、時節に絡めてイメージガールを起用しユーザーの注目を集め、かつコンテンツも確保している点は秀逸です。 また、商品紹介の投稿はWebページへの遷移を促す形式にもなっているため、Twitterから2次的なコンテンツへと誘導させることもでき、ユーザーへ多角的に訴求している戦略が伺えます。 特にファッションショーで発表される新モデルを紹介することでユーザーに対して多様な商品を扱うブランドであることを伝えています。 動画コンテンツも写真コンテンツもシンプルでおしゃれな投稿が多く、ブランディングに力をいれた運用であると考えられます。 小売り アカウント名 月間最多投稿本数 月間最少投稿本数 6か月間の月間投稿本数平均 サーティワンアイスクリーム 10 4 7. 3 お買いものパンダ【公式】 35 29 32. 5 ミニストップ公式アカウント 28 15 23. 8 マクドナルド 174 119 141. 8 ローソン 182 134 159. 5 5アカウント平均 73 マクドナルドとローソンの投稿数の多さが目立ちます。 1日に5投稿ペースで運用しており、同業種の他アカウントとの大きな差があります。 基本的には新商品の紹介や自社商品関連のキャンペーンについてのコンテンツを扱っていますが、平均投稿数の多いアカウントは同じコンテンツを何度も投稿しており、ユーザーの目に入る機会を増やすことで訴求力を高めていると考えられます。 お買いものパンダ【公式】 \ローソン社員の動画公開中/ Lチキポーズ コンテスト実施中。 本投稿ではプレゼント付きの「Lチキポーズコンテスト」を行っており、ユーザー参加型の投稿イベントも行っています。 この「Lチキポーズコンテスト」は、ユーザーの中で「Lチキポーズダンス」に代わり、多くのユーザーが投稿する一大コンテンツになりました。 一般ユーザーのリツイートや日頃の商品紹介投稿などでユーザーを飽きさせない投稿をし続けています。 日用品 アカウント名 月間最多投稿本数 月間最少投稿本数 6か月間の月間投稿本数平均 キングジム 167 91 123. 3 柔軟剤のソフラン公式アカウント 38 10 18. 5 スーパーNANOX公式アカウント 25 14 19 ルル【ぺんてる公式】 87 22 44. 8 資生堂 uno(ウーノ) 12 4 8 5アカウント平均 42. 7 キングジムの1日4投稿のペースが業界平均投稿回数を引き上げていますが、1日1投稿ペースや1週間に2投稿ペースなどアカウントによってばらつきがあります。 投稿数が多いキングジムなどは、企業アカウント感の少ないユーザーに親しみを持ってもらえるような投稿をしており、企業アカウント特有の投稿ハードルの高さが感じられない点が投稿数の多い要因だと考えられます。 また、小売り業界ということもあって他にも自社Webページのリンクを貼りつけるなどして商品の特性を秀逸に活かしているアカウントが多く見受けられました。 キングジム あなたのTLに クーラーが設置されました _____ 三三三三 ヽエエエエエエエヽ 彡  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 彡 彡 ソヨソヨ 彡 彡 ソヨソヨ. — キングジム kingjim 日用品業界で最も投稿数の多いキングジムは、中の人視点の主観的な投稿が主軸となっています。 会社の裏側の珍しい写真などが投稿されている他、中の人で有名な他アカウントの絡みや企業には関係のないユーモアのある投稿まで自由な運用が行われています。 本投稿では、「あなたのTLにクーラーが設置されました」というテキスト共にクーラーを表した絵文字が投稿されています。 夏の暑い日に便乗したユニークな投稿で同じタイプの扇風機verもありました。 しかし、単なる商品紹介投稿ではなく、自社商品を用いたスタイリングの仕方など工夫を凝らしおり、商品販売ページやスタイリング解説が掲載されたWebページなど内容の濃い投稿が多く、投稿本数の少なさを内容でカバーしていることが伺えます。 また、【ヘアメーク谷口 丈児より】というシリーズコンテンツも存在し、世界で行われるパリコレなどの最新情報を提供しています。 住宅・建築・不動産 アカウント名 月間最多投稿本数 月間最少投稿本数 6か月間の月間投稿本数平均 東建コーポレーション 10 7 8. 2 株式会社オープンハウス 56 5 27. 7 goodroom 225 59 122. 3 チンタイガー 15 0 6. 5 ietty 9 2 6. 2 5アカウント平均 34. 自社が保有する建築物の紹介や部屋の内装紹介などが主な投稿内容ですが、中には自社物件と季節の訪れを掛け合わせてた投稿や中の人の視点で親しみやすい投稿をしているアカウントも見受けられました。 一見物件の紹介のみをしていて飽きられがちな当業界もテキストの表現やリノベーションブームに便乗したおしゃれ空間の紹介など様々な工夫をすることでユーザーを引き付けていることがわかります。 goodroom 連載コーナー「はじめてのショールーム訪問」 先日連載がスタートしたショールーム体験レポート。 しかし、中の人の人間味が感じられる投稿も多々あり、ユーザーを楽しませています。 テキストも親しみを感じやすいものになっています。 また、中の人は野球好きなようで「速報チラ」というテキストと共に野球の試合についての投稿をすることも多く、このような点も一般ユーザーから好感を持たれやすいポイントになっています。 電気・通信 アカウント名 月間最多投稿本数 月間最少投稿本数 6か月間の月間投稿本数平均 SHARP シャープ株式会社 415 260 369 Panasonic Japan公式 88 27 64. 5 NECパーソナルコンピュータ 50 14 31 au 47 25 37. 5 富士通 株 FUJITSU Japan 61 44 54. 3 5アカウント平均 111. 3 電気・通信の業界ではSHARP シャープ株式会社を筆頭に1日1投稿以上のペースで運用されており、5アカウントの平均投稿数も1日3投稿ペースと高い水準になっています。 投稿内容は、自社商品の紹介やキャンペーンやイベントについてのものが主になっており、扱う商品の種類が豊富なためユーザーも飽きずに投稿に接することができると考えられます。 また、同業界はCMなども多く放送されており、出演している有名人や世界感をSNSでもそのまま利用して画像や動画を投稿する手法も取られています。 Panasonic Japan公式 西島秀俊さん、留守宅に訪れた宅配業者とスマホでやりとり?実は、これ。 使ってみたら結構便利なようです。 その投稿の多くがストーリー性のある動画付きの投稿で、ユーザーにリッチな体験を提供しています。 このような動画は、TVCMとも連動しており記憶に残りやすいため非常に有効な手法です。 また、ストーリ性のある投稿を演出しているのは常に自社商品であり、感動やおもしろさなど様々なテーマを扱っている点もポイントです。 富士通 株 FUJITSU Japan 今日は「パフェの日」。 1950年の今日、巨人の藤本投手が日本プロ野球史上初のパーフェクトゲームを達成した事が由来。 パフェだからデザートと思いきや、野球に関する記念日ですが、パフェの由来はフランス語の「パルフェ」で「完璧・完全」といった意味。 なのでデザートと無関係でもないようです。 — 富士通 株 FUJITSU Japan FujitsuOfficial 富士通 株 FUJITSU Japanでは、自社商品の紹介よりも舞台裏をみせるようなコンテンツや自社が関わる取り組みの紹介などのブランド向上を目的とした投稿が多いです。 エンターテイメント アカウント名 月間最多投稿本数 月間最少投稿本数 6か月間の月間投稿本数平均 東京ディズニーリゾートPR【公式】 55 44 48. 9 当業界も各アカウントの投稿頻度が高く、エンターテインメント業界ならではのユーザーとの繋がりの重要性が伺えます。 各アカウントごとにエンターテインメントの種類が異なるため投稿内容にはばらつきがありますが、通常は見れない舞台裏を紹介する投稿や各アカウントのファンのニーズを捉えたリッチな投稿が多く見受けられます。 当業界は、テーマパークなどの公式アカウントも多く、パーク内の雰囲気や特殊な空間を損なわないような楽しさを感じられる投稿が多く、様々な種類のコンテンツを用いてTwitterでもユーザーを楽しませる姿勢が伺えました。 東京ディズニーリゾートPR【公式】 【夏ならでは!】 和装に身を包んだミッキーたちのぬいぐるみバッジ。 用いられている写真は鮮やかでフォトジェニックなものが多く、パーク内の楽し気な雰囲気をTwitterでも表現しています。 ゲストのために常日頃から新たなアイデアを生み出してるディズニーリゾートにコンテンツ不足の心配は必要無さそうです。 ご不便をおかけしますが、ご協力をお願いいたします。 アプリローンチ当初から同じアカウントで、同じTOP画像を用いており、ゲームで遊んでいる人たちからは大きな信頼のあるアカウントです。 アプリ提供会社から配信されているYouTube動画の情報なども投稿しており、様々なコンテンツを駆使して運用しています。 また、本投稿のようにアプリ内の障害やトラブルなども本アカウントがいち早く察知し対応しているのでブランドの評判が落ちるような騒ぎにもなりづらいと考えられます。 TOP画像が人であることもユーザーへの説得力付与に貢献しているかもしれません。 2 WILLER TRAVEL 39 20 29. 7 じゃらんnet〈公式〉 352 178 258 アニヴェルセル 26 6 16. 7 マイナビ2018 85 29 48. 5 5アカウント平均 77. 4 じゃらんnet〈公式〉の投稿が非常に多く、1日8投稿ペースとなっています。 これは自社オウンドメディアの活用によるコンテンツの量産が成功していることが大きな要因として考えられます。 他アカウントも約1日1投稿ペースで運用しています。 ユーザー参加型の占い系コンテンツを用いた投稿やキャンペーンイベント告知、投票機能の活用など様々な角度からユーザーへのアプローチを行っています。 本投稿のような季節に合わせた質問で投票機能を用いることで、多くの投票数を確保でき、自社Webサイトへのリーチを伸ばすことができます。 まとめ 下記が平均投稿数のまとめになります。 交通・輸送:76. 食品・飲料:12本• 金融・保険:21. 美容・ライフスタイル:17本• 小売り:73本• 日用品:42. 住宅・建築・不動産:34. 電気・通信:111. エンターテイメント:80. サービス:77. 4本 各業種、自社の商材に合わせて様々な施策を行いアカウント運用をしていることがわかりました。 Twitterのタイムラインは昨年、従来の時系列型から「最近のハイライト」といった関連性を重視した表示形式を一部導入し始めました。 とはいえ、 投稿本数を増やしてインプレッション総数を稼ぐことで有利に働く場合も十分にあります。 一方で、コンテンツの量産ができない場合でも、 投稿内容を工夫してユーザーにリッチな体験を提供できるコンテンツを作る施策を取ることで、認知をぐっと深めることもできます。 今回の記事を参考に、自社の商材やコンテンツの生産力などを把握したうえで投稿コンセプトの設計をしてみてください。

次の