ピット フォール と は。 ピットフォールとは

集中攻略『スーパーピットフォール』

ピット フォール と は

ピットフォール ジャンル 対応機種 開発元 発売元 アクティビジョン 人数 1人 メディア 発売日 198204201982年4月20日 その他 型式:AX-018 テンプレートを表示 『 ピットフォール』 Pitfall! はに社から発売された用。 主人公の探検家ハリー( Pitfall Harry)を操作してさまざまなやを乗り越え、制限時間内に財宝を集めるアクションゲーム。 舞台はジャングル、はサイドビューで、はせず主人公が画面端に達すると次の画面に切り替わる。 操作はレバーによる左右移動とハシゴ昇降、ボタンによるジャンプのみで、敵を攻撃することはできない。 本作はAtari 2600ののひとつであり、用ソフト『』()が登場するまで世界で最も売れたアクションゲームであった。 売り上げ本数は400万本を超え、Atari 2600用ゲームの売り上げとしてはの700万本に次ぐ第2位となっている。 多くの機種に移植され、米国においてはいまだ知名度が高く、2000年代以降も同名のシリーズ作が作られている。 開発 [編集 ] 背景 [編集 ] 本作の開発者であるデヴィッド・クレーンがアタリに在籍していたころ、創業者のが退社するという出来事が発生する。 これによりデベロッパの待遇が悪化し、クレーンもまた経営陣と対立した末にアタリを去り、史上初のサードパーティーとなるアクティビジョンを立ち上げる。 企画・開発 [編集 ] クレーンはAtari2600用ソフトの多くが戦車や飛行機などを主題にしていたことに気づき、キャラクターを人間にして動きをつけることを思い立つ。 彼は、方眼紙にゲームのメイン画面を描きながらイメージを膨らませ、10分足らずで本作の企画書を描き上げる。 そして、彼は一人でゲームを作り上げ、エミュレータもデバッグも自作した。 本作のプラットフォームであるAtari2600のメインメモリは128倍と、プログラムカセットの容量も4キロバイトしかなく、必要メモリ数の節約に知恵を絞った。 それでも、主人公であるハリーは頭・胴体・足に3色を割り振った。 当初、本作は『ジャングルランナー』という題名で発売される予定だったが、マーケティングスタッフから反対意見が出、最終的にはを意味する「ピットフォール」に落ち着いた。 他機種版 [編集 ] キャプション No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数 1 Pitfall! 1982年 アクティビジョン アクティビジョン ロムカセット M-002-03 2 Pitfall! 1983年 1984年 アクティビジョン アクティビジョン 384ロムカセット R48X5501 3 Pitfall! 1983年 アクティビジョン アクティビジョン ロムカセット - - 4 Pitfall! ピットフォールII 失われた洞窟(1984年) - Atari2600/MSX用、原題『』 … 縦横に広がる迷路のような洞窟や泳げる地底湖、掴まると宙に浮く風船などが追加された続編。 ピットフォールII(1985年) - /用 … によるピットフォールIIの同名アレンジ移植。 アーケード版は全4面のに再構成され、より反射神経を要する仕掛けや得点稼ぎ要素が追加されている。 (1986年) - //用 … によるピットフォールIIのアレンジ移植。 拳銃で攻撃できるなど、内容はオリジナルと大幅に異なる。 ピットフォール マヤの大冒険(1994年) - ////Windows//用、原題『』• ピットフォール3D(1998年) - PlayStation用、原題『』• ピットフォールGB(1998年) - 用、原題『Pitfall 3D: Beyond the Jungle』• ピットフォール ザ・ロスト・エクスペディション(2004年) - PlayStation 2///ゲームボーイアドバンス用、原題『』• ピットフォール(2012年) - /用 … 3Dリメイク版 脚注・出典 [編集 ] []• インサイド 2011年3月6日. 2020年4月28日閲覧。 Marriott, Scott Alan. 2014年12月10日時点のよりアーカイブ。 2015年3月30日閲覧。 Blue Flame Labs. 2018年2月15日閲覧。 Arcade Express 1 2 : 6—7 [6]. August 30, 1982. 2012年2月3日閲覧。. Blue Flame Labs. 2018年2月15日閲覧。 Blue Flame Labs. 2018年2月15日閲覧。 外部リンク [編集 ]• - (英語) この項目は、に関連した 書きかけの項目です。

次の

ピットフォールとは

ピット フォール と は

ピットフォール ジャンル 対応機種 開発元 発売元 アクティビジョン 人数 1人 メディア 発売日 198204201982年4月20日 その他 型式:AX-018 『 ピットフォール』 Pitfall! はに社から発売された用。 主人公の探検家ハリー( Pitfall Harry)を操作してさまざまなやを乗り越え、制限時間内に財宝を集めるアクションゲーム。 舞台はジャングル、はサイドビューで、はせず主人公が画面端に達すると次の画面に切り替わる。 操作はレバーによる左右移動とハシゴ昇降、ボタンによるジャンプのみで、敵を攻撃することはできない。 本作はAtari 2600ののひとつであり、用ソフト『』()が登場するまで世界で最も売れたアクションゲームであった。 売り上げ本数は400万本を超え、Atari 2600用ゲームの売り上げとしてはの700万本に次ぐ第2位となっている。 多くの機種に移植され、米国においてはいまだ知名度が高く、2000年代以降も同名のシリーズ作が作られている。 開発 [ ] 背景 [ ] 本作の開発者であるデヴィッド・クレーンがアタリに在籍していたころ、創業者のが退社するという出来事が発生する。 これによりデベロッパの待遇が悪化し、クレーンもまた経営陣と対立した末にアタリを去り、史上初のサードパーティーとなるアクティビジョンを立ち上げる。 企画・開発 [ ] クレーンはAtari2600用ソフトの多くが戦車や飛行機などを主題にしていたことに気づき、キャラクターを人間にして動きをつけることを思い立つ。 彼は、方眼紙にゲームのメイン画面を描きながらイメージを膨らませ、10分足らずで本作の企画書を描き上げる。 そして、彼は一人でゲームを作り上げ、エミュレータもデバッグも自作した。 本作のプラットフォームであるAtari2600のメインメモリは128倍と、プログラムカセットの容量も4キロバイトしかなく、必要メモリ数の節約に知恵を絞った。 それでも、主人公であるハリーは頭・胴体・足に3色を割り振った。 当初、本作は『ジャングルランナー』という題名で発売される予定だったが、マーケティングスタッフから反対意見が出、最終的にはを意味する「ピットフォール」に落ち着いた。 他機種版 [ ] キャプション No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数 1 Pitfall! 1982年 アクティビジョン アクティビジョン ロムカセット M-002-03 2 Pitfall! 1983年 1984年 アクティビジョン アクティビジョン 384ロムカセット R48X5501 3 Pitfall! 1983年 アクティビジョン アクティビジョン ロムカセット - - 4 Pitfall! (1984年) - Atari2600/MSX用、原題『』 … 縦横に広がる迷路のような洞窟や泳げる地底湖、掴まると宙に浮く風船などが追加された続編。 ピットフォールII(1985年) - /用 … によるピットフォールIIの同名アレンジ移植。 アーケード版は全4面のに再構成され、より反射神経を要する仕掛けや得点稼ぎ要素が追加されている。 (1986年) - //用 … によるピットフォールIIのアレンジ移植。 拳銃で攻撃できるなど、内容はオリジナルと大幅に異なる。 (1994年) - ////Windows//用、原題『』• (1998年) - PlayStation用、原題『』• (1998年) - 用、原題『Pitfall 3D: Beyond the Jungle』• (2004年) - PlayStation 2///ゲームボーイアドバンス用、原題『』• ピットフォール(2012年) - /用 … 3Dリメイク版 脚注・出典 [ ] []• インサイド 2011年3月6日. 2020年4月28日閲覧。 Marriott, Scott Alan. 2014年12月10日時点のよりアーカイブ。 2015年3月30日閲覧。 Blue Flame Labs. 2018年2月15日閲覧。 Arcade Express 1 2 : 6—7 [6]. August 30, 1982. 2012年2月3日閲覧。. Blue Flame Labs. 2018年2月15日閲覧。 Blue Flame Labs. 2018年2月15日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語) この項目は、に関連した です。

次の

質的研究のピットフォール: 陥らないために/抜け出るために

ピット フォール と は

発売元:パック・イン・ビデオ 発売時期:1986年11月 定価:5800円 機種:PC8801 メディア:FD 標準モード:V2モードでも遊べました 『ピットフォール』とは、 以前にAtari2600で登場した ジャンプアクションゲームであり、 日本ではイマイチだったが、 世界ではに次いで有名なゲームタイトルである。 オリジナルの『ピットフォール』はにも移植されている。 のちに続編の『ピットフォールII』も登場 本作『スーパーピットフォール』は 『ピットフォール』 及び『ピットフォールII』 のアレンジ版という位置づけで、 同名のソフトが同時期に発売されている。 これが『スーパーピットフォール』のアクション画面だ。 オリジナルのピットフォールは、 海外ゲームらしい棒人間風のハリーを操作するゲームだったが、 日本向けに愛嬌のある2. 5頭身のデフォルメキャラに変更されている。 軽快なBGMとともに操作も快適で小気味よい。 主人公ハリーの行動は、4と6で左右移動、 シフトキーでジャンプ、スペースキーで射撃、 水中では2468で泳ぐ・・といった4種類。 タイム制限は無く、倒した敵は画面を切り替えてもしばらくは再出現しない。 慎重に落ち着いてプレイする事で先へ進む事が出来る。 [攻略] 前述したように、このゲームのアクションは 落ち着いて少しずつ進めれば決して難しいものではない。 ゲームスタート時、銃には弾が20発装填されている。 つまりは20回しか攻撃出来ない。 弾が尽きるともう敵を攻撃する事が出来ない。 銃使わないと通過出来ない場所もあるし、 銃で倒すボスキャラもいるので、 弾が尽きるとハマる。 このゲームはとにかくアイテムが大事。 画面の至るところに隠しアイテムが隠されている。 特定の場所でジャンプすると出現するので、 用が無くてもピョンピョンジャンプして探索しよう。 序盤は隠しアイテムで弾丸を補充していくしかない。 隠しアイテムには体力値を増やすものや、 防御力を上げるもの、弾の威力を増加させるものなどがある。 隠しアイテムを見逃し続けて進めると後半の難易度がかなり変わってくる。 また、などをしながらルートを理解して進まないと 迷っているうちに消耗してしまう。 探索が重要なケームとはそういう事だ。 無闇に敵を殺してはならない。 動物愛護の精神で言っているのでは無い。 弾が勿体無いからだ。 途中、紋章の描かれた壁に行く手を塞がれる。 だがこれも隠しアイテムの紋章を手に入れていれば開くぜ! 20000点に到達すると残機が増える。 なぜか アイテムショップが洞窟内で営業しているw それまでに集めた金塊でアイテムを入手出来るのだが、 ショップで有効なのは弾丸ぐらいで、 それ以外は隠しアイテムを残らず掻き集めれば何とかなる気がする。 モアイのような形状のボスキャラ出現。 こいつは今まで節約していた弾丸を消費して撃破しよう。 弾のあたる箇所によって音が違うので、上手く弱点を見つけよう。 撃破に成功すると大きなダイヤモンドを入手。 冒険についてきた 姪っ子のロンダと飼猫のクイッククローが洞窟で迷子だ。 探し出さなければ帰れない。 ヤレヤレだぜ。 出た! ピットフォールと言えばこのターザンロープを思い浮かべる人も多いだろう。 途中、溶岩へと落ちると壁に「かくれDATA」と書かれた部屋に。 ここに落ちると 死にもしないが復活も出来ない。 つまり実質、一発ゲームオーバー。 隠しアイテムで拾うだけでは、どうしても弾丸がジリ貧になるからだ。 猫のクイッククロー救出成功。 さて、残るはロンダのいる場所を見つけるのみのはずだが、 猫救出で戦ったとき、かなり残弾を消耗した。 帰り道に銃で氷のブロックを壊さなければならない箇所があるので、 これ、あのボス戦で残弾0になってたらハマる気がする・・。 ひとまず残弾補給のために近場の店へと戻る。 帰路には金塊が復活してたりするのでこれらを集めて資金にしよう。 随分序盤のルートに、まだ入れなかった扉があったはず。 もうそこを開けるスペードの石は持っているのでそこから先に進む。 BGMが緊迫感のあるものに切り替わり、いよいよ終盤の雰囲気。 ここは4つのワープ扉をくぐり抜けていく迷路エリア。 間違ったのを選択するとすぐに前の場所に戻される。 ただし落ち着いて選んでばかりもいられない。 敵がウヨウヨしていて、体力をガンガン減らされる。 丁寧に敵を倒して進めるときっと弾が足りなくなるので、 ダメージ上等で迷うこと無く扉へ進むべし。 苦戦しつつもボスの元へ。 怪鳥みたいなやつ。 残弾に気をつけて、なるべく外さないようにしながら戦うぜ。 こうして迷子のロンダ救出に成功するハリー。 スタート地点に戻ると、そこには風船が帰りを待っていた。 さらば愛しき冒険の日々。 Congratulations! HARRY SAVED RONDA AND QUICK CROW FOR THE LOST CAVERNS. AND FOUND THE LARFE DIAMOND. 最後に残機と残GOLDが点数に還元されてエンド。 [版との比較] 気になったので版も遊んでみた。 これが似て非なる内容。 体力制ではなく敵に触れると一発で死ぬので、激ムズ。 88版のように落ち着いて少しずつ攻略していく・・というものでは無い。 操作性も変で、しゃがむと銃が撃てないなど、ストレスが急上昇する。 マップの形状もまったく違う。 おそらくはアレンジという同じお題で別々に作られたゲームであり、 これらは同名タイトルの別ゲームとして取り扱った方が良さそう。 版を開発したのは マイクロニクスという電子計測器などを製造している会社。 マイクロニクスのホームページを見てもゲーム開発の痕跡は無い。

次の