埼玉 参議院 議員 補欠 選挙。 2019 参院埼玉選挙区補選

埼玉県選挙区

埼玉 参議院 議員 補欠 選挙

投票区 投票所名 当日有権者数(人) 投票者数(人) 投票率(%) 男 女 計 男 女 計 男 女 計 1 峰公民館 1,722 1,585 3,307 342 263 605 19. 86 16. 59 18. 29 2 市民会館 2,268 2,211 4,479 516 433 949 22. 75 19. 58 21. 19 3 コミュニティセンター 2,365 1,653 4,018 621 325 946 26. 26 19. 66 23. 54 4 入間川中学校武道場 1,779 1,925 3,704 421 383 804 23. 66 19. 90 21. 71 5 市役所玄関ホール 2,608 2,579 5,187 639 609 1,248 24. 50 23. 61 24. 06 6 中央中学校 1,767 1,744 3,511 440 402 842 24. 90 23. 05 23. 98 7 新狭山小学校 1,604 1,668 3,272 370 354 724 23. 07 21. 22 22. 13 8 富士見公民館 2,578 2,597 5,175 597 522 1,119 23. 16 20. 10 21. 62 9 富士見小学校体育館 2,447 2,530 4,977 603 511 1,114 24. 64 20. 20 22. 38 10 狭山台公民館 1,705 1,849 3,554 485 475 960 28. 45 25. 69 27. 01 11 狭山元気プラザ 1,727 1,789 3,516 413 398 811 23. 91 22. 25 23. 07 12 狭山台小学校体育館 1,941 1,965 3,906 483 479 962 24. 88 24. 38 24. 63 13 御狩場小学校体育館 2,713 2,793 5,506 650 560 1,210 23. 96 20. 05 21. 98 14 入曽公民館 1,858 1,876 3,734 416 384 800 22. 39 20. 47 21. 42 15 入曽第7区自治会館 1,569 1,599 3,168 391 343 734 24. 92 21. 45 23. 17 16 三商自治会館 1,322 1,342 2,664 350 317 667 26. 48 23. 62 25. 04 17 南小学校体育館 2,874 3,141 6,015 662 614 1,276 23. 03 19. 55 21. 21 18 特別養護老人ホーム福寿の里 2,472 2,567 5,039 571 528 1,099 23. 10 20. 57 21. 81 19 山王小学校体育館 2,619 2,631 5,250 549 495 1,044 20. 96 18. 81 19. 89 20 堀兼公民館 1,715 1,775 3,490 373 328 701 21. 75 18. 48 20. 09 21 青柳氷川神社社務所 1,349 1,327 2,676 293 267 560 21. 72 20. 12 20. 93 22 東三ツ木自治会館 2,968 2,633 5,601 733 553 1,286 24. 70 21. 00 22. 96 23 新狭山公民館 2,460 2,057 4,517 659 446 1,105 26. 79 21. 68 24. 46 24 奥富公民館 2,062 2,067 4,129 522 463 985 25. 32 22. 40 23. 86 25 柏原中学校体育館 2,991 3,183 6,174 734 671 1,405 24. 54 21. 08 22. 76 26 柏原小学校体育館 1,841 1,929 3,770 330 282 612 17. 93 14. 62 16. 23 27 広瀬小学校体育館 2,535 2,605 5,140 558 507 1,065 22. 01 19. 46 20. 72 28 西中学校体育館 2,004 1,960 3,964 494 431 925 24. 65 21. 99 23. 34 29 水富公民館 2,197 2,199 4,396 418 385 803 19. 03 17. 51 18. 27 30 笹井保育所 2,372 2,376 4,748 489 410 899 20. 62 17. 26 18. 93 在外 在外投票 44 65 109 4 7 11 9. 09 10. 77 10. 09 合計 64,476 64,220 128,696 15,126 13,145 28,271 23. 46 20. 47 21. 97 前回 64,687 64,404 129,091 33,675 32,761 66,436 52. 06 50. 87 51.

次の

埼玉 開票速報

埼玉 参議院 議員 補欠 選挙

Contents• 参議院補欠選挙埼玉選挙区2019の開票結果・開票速報・NHK出口調査・当選者得票数など 参議院議員補欠選挙2019埼玉選挙区の開票結果は自治体選挙管理委員会による開票速報やNHKの出口調査情報などが入り次第、こちらに記載していきます。 開票に伴い本ページを随時更新していきますので、ご参考ください。 氏名 年齢 性別 党派 新旧 主な肩書き 立花 孝志 52 男 N国 前 前参院議員、政党代表 たちばな たかし 上田 清司 71 男 無所属 現 前埼玉県知事、元衆院議員、無職 うえだ きよし• 公示日:2019年10月10日• 投票日:2019年10月27日• 執行理由:辞職• 有権者数:• 投票率: 参議院選挙2019埼玉選挙区の立候補者の経歴や公約について 上田 清司(うえだ きよし)の経歴やプロフィール• 名前:上田 清司(うえだ きよし)• 現年齢:71歳• 性別:男• 党派:無所属• 肩書き:前埼玉県知事、元全国知事会会長• 学歴:早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了• 職歴:埼玉県知事4期、衆議院議員3期 福岡県出身。 早稲田大学大学院政治学研究科修士課程に進み、在学中に政党「新自由クラブ」の立党に参画。 1980年に衆院選立候補も落選。 3度の落選後、1993年に新進党の公認を受け衆院選初当選。 以降3選の後、埼玉県知事へ無所属で立候補し当選。 以降4選を果たして2019年勇退。 今回の参院選補選に挑みます。 主な公約・政策主張 国政と県政の架け橋となる4大政策として以下の4点を公約として掲げています。 地方重視の政治の実現(地方分権改革の推進)• 健康立国の実現(持続可能な社会保障制度の確立)• 徹底した行財政改革(第三次臨時行政調査会の設置)• 日本版SDGsモデルの推進(誰一人取り残さない社会の実現) 立花 孝志(たちばな たかし)の経歴やプロフィール• 名前:立花 孝志(たちばな たかし)• 現年齢:52歳• 性別:男• 党派:NHKから国民を守る党• 肩書き:NHKから国民を守る党党首• 学歴:大阪府立信太高等学校卒業• 職歴:元参議院議員、元船橋市議会議員、元東京都葛飾区議会議員 、元NHK職員 高校卒業後の1986年にNHKに入局。 2005年に不正経理を内部告発して依願退職し、フリージャーナリストに転身。 2013年に政治団体「NHKから国民を守る党」を設立して初代党首に就任。 2015年に船橋市議会議員に初当選、2017年に葛飾区議会議員に当選の後、2019年の参議院選挙比例区から立候補し当選。 その3か月後に参院埼玉補欠選挙に立候補したため、参議院議員を自動失職し、同党の次点候補が繰り上がる異例の事態になっています。 参議院補欠選挙埼玉選挙区2019の情勢や当確予想 立花氏は、埼玉県内と特に地縁・血縁や政治歴がなく、固定的な支持基盤がありません。 同氏はこれまでも地方議会議員在職中にもかかわらず他の地方議会議員選に出馬するなど、自身の当落より自身とN国党の知名度アップを目指す戦略を取ってきました。 今回、参院選当選後わずか3か月でわざわざ自動失職して参院埼玉補選に出馬したのも、N国党としての議席を減らさずに、選挙戦を活用してN国党の知名度をアップさせるための戦略とも言われています。 このような事情から、今回の参院補選で立花候補が本気で当選を狙っているのか、訝る声も多く聞こえています。 一方、無所属で立候補した上田氏については、埼玉県知事時代から旧民主党勢力から支持を受けてきたこともあり、立憲民主党や国民民主党から支持を受け、4期にわたる長年の知事時代からの知名度を生かして一定の得票が見込めます。 このような状況の中、県内に支持基盤と組織票が見込めない立花氏が当選を果たすには、浮動票が大きく動くような政治状況が必要です。 しかし、今回の補選は、与党自民党が候補擁立を見送り事実上の不戦敗としたことで、県民の選挙への関心、投票意欲が減退し、投票率が20%程度まで大幅に低下すると見込まれていることから、上田氏有利、立花氏不利の状況は変わらないものと考えられます。 参議院選挙2019埼玉選挙区の開票結果・当選者得票数・投票率 参議院選挙2019埼玉選挙区の開票結果・当選者の得票数・投票率情報などは下記の通り。 結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧 主な肩書き 当 786479 古川 俊治 56 男 自民 現 参院議員(2期)、医師 ふるかわ としはる 当 536338 熊谷 裕人 57 男 立憲 新 元さいたま市議 くまがい ひろと 当 532302 矢倉 克夫 44 男 公明 現 参院議員(1期)、弁護士 やくら かつお 当 359297 伊藤 岳 59 男 共産 新 党埼玉県県民運動委員会責任者 いとう がく 244399 宍戸 千絵 41 女 国民 新 元経産省職員 ししど ちえ 204075 沢田 良 39 男 維新 新 元参院議員秘書 さわだ りょう 80741 佐藤 恵里子 33 女 N国 新 タレント さとう えりぃ 21153 鮫島 良司 64 男 安楽 新 会社員 さめじま りょうじ 19515 小島 一郎 48 男 幸福 新 政党役員 こじま いちろう.

次の

立花氏「ぶっ壊す」上田氏「地方重視」 埼玉補選第一声

埼玉 参議院 議員 補欠 選挙

詳細は「」を参照 国会議員に欠員が生じたときの補充方法についてはに規定があり、同法第112条に基づくを行うか同法第113条に基づく補欠選挙を行う必要がある。 補欠選挙を行う場合には、同法第33条の2第2項に規定があり、補欠選挙を行う事由の生じた時期により原則として4月と10月の年2回に集約して行われることになる。 これに加え、2019年はに参議院議員の半数が任期を迎え、が行われることが決まっているため、同法第33条の2第3項の規定により同通常選挙のタイミングでも補欠選挙が行われる。 本来、4月の補欠選挙は同法第33条の2第2項の規定により「4月の第4日曜日」(2019年は4月28日)に行われるはずだが、2018年ので成立した、2019年(平成31年)4月に執行される予定のの選挙期日を定める『』第1条第5項の規定 により、日程が4月21日と1週間前倒しされることとなった。 これは、によってに()が退位することを踏まえたものである。 以上を踏まえると、2019年に補欠選挙の行われるタイミングとしては以下の通りとなる。 2018年(平成30年)から2019年(平成31年)までの間に補欠選挙を行う事由が生じた場合:2019年(4月第3日曜日)に投票• 2019年から(衆議院議員の場合 )または(参議院議員非改選議員の場合 )までの間に補欠選挙を行う事由が生じた場合:2019年(第25回参議院議員通常選挙の期日)に投票(参議院議員非改選議員の場合、とになる。 上記の日の翌日から2019年(令和元年)までの間に補欠選挙を行う事由が生じた場合:2019年(10月第4日曜日)に投票 当該任期中の補欠選挙の最終期限は、• は解散がない場合(令和3年)(2021年4月の補欠選挙)• は(平成30年)(2018年10月の補欠選挙)を過ぎていた。 は(令和3年)(2021年10月の補欠選挙)• は(令和6年)(2024年10月の補欠選挙) までに欠員が生じた場合補欠選挙が行われる。 4月に衆院2選挙区で補欠選挙が行われた。 7月の参院選のタイミングでの補欠選挙は無かった。 10月の補欠選挙は参議院で行われた。 4月の補欠選挙 [ ] 概要 [ ]• 告示日:(平成31年)• 投票日:2019年(平成31年)(後半戦と同時執行)• 選挙区:衆議院2選挙区(2019年確定) 補欠選挙実施選挙区と実施事由 [ ] 衆議院沖縄3区• 選挙区:衆議院• 選挙事由:()が、に告示されたに立候補したと同時に第89条・第90条の規定によりしたことによる。 が、(2017年10月22日執行)のをめぐり選挙無効を求める訴訟が起こされ、これが同年9月15日まで確定しなかった(2018年12月19日にで請求を退ける判決が確定 )為、公職選挙法第33条の2第7項の規定に基づき実施されなかった。 衆議院大阪12区• 選挙区:衆議院• 選挙事由:()が2018年12月26日に死去したことによる。 参議院の選挙区に欠員が生じた例 [ ]• 第23回では、同区選出の(自由民主党)が2018年(平成30年)12月25日に死去したことにより欠員が生じたが、鴻池の任期満了日が2019年(平成31年 )7月28日であった(第25回参議院議員通常選挙での改選対象)ため、公職選挙法第33条の2第6項の規定(任期満了日の前年の9月16日以後〈任期満了日の6月前の日が属する第一期間の初日以後〉の欠員は補欠選挙を行わない)に基づき、補欠選挙の対象とならない。 第23回 では、同区選出の(自由民主党)が2019年(令和元年 )5月8日に死去したことにより欠員が生じたが、上記の鴻池祥肇同様に島田の任期満了日が2019年(令和元年)7月28日であった(第25回参議院議員通常選挙での改選対象)ため、鴻池同様に公職選挙法第33条の2第6項の規定により補欠選挙の対象とならない。 なお、当選挙区は欠員のまま廃止となった。 第23回 では、同区選出の(自由民主党)が2019年(令和元年)7月4日に群馬県知事選挙に出馬し、自動失職したことにより欠員が生じたが、上記の鴻池、島田同様に山本の任期満了日が2019年(令和元年)7月28日であった(第25回参議院議員通常選挙での改選対象)ため、鴻池、島田同様に公職選挙法第33条の2第6項の規定により補欠選挙の対象とならない。 衆議院沖縄県第3区 [ ] 立候補をめぐる動き [ ] は、2018年12月23日の時点で元、元衆院議員、花城大輔の3名に候補を絞り込み 、翌24日に島尻安伊子を公認候補とすることで決定。 翌年の3月2日に島尻は立候補を表明した 前職で現・沖縄県知事のの事実上の後継候補の擁立を目指すは、12月25日の時点で前長のと、元記者でフリージャーナリストの屋良朝博の2名に候補を絞り込み 、26日に屋良に出馬をオファーし、屋良はこれを快諾。 30日に記者会見を行い出馬を表明した。 なお、屋良には自由党のほか、・・・・地域政党のといったいわゆる「」が、一方自民党公認の島尻には、国政の連立パートナーである、および沖縄県総支部が、それぞれ支援に回った。 立候補者 [ ] 候補者一覧(届け出順) 氏名 年齢 党派 新旧 肩書 推薦・支持 56 新 元論説委員 フリージャーナリスト 、、 、、 54 新 前、元 、沖縄県総支部 立候補を取りやめた人物 [ ]• 瑞慶山茂 - 弁護士 2019年2月27日に立候補を表明したが 、3月20日に立候補を取りやめ、屋良支援に回った。 石田辰夫 - 政治団体役員 2019年3月5日に立候補を表明したが 、4月5日に立候補を取りやめ、屋良支援に回った。 選挙結果 [ ] オール沖縄勢力がバックアップした屋良朝博が自民党公認の島尻に勝利し初当選。 島尻を支持した維新は、支持層の6割強が屋良に流れた。 年代別では、全ての世代で屋良が島尻を上回ったが、20代と30代では他の世代より島尻支持が高い傾向が表れた。 は党大阪府第12選挙区支部長の藤田文武を擁立。 は当初3月22日に、同選挙区から立候補経験のある元衆議院議員秘書の吉井芳子が立候補の意向を示したが 、同31日に同党衆議院議員の(単独)に差し替えた上で、野党統一候補として無所属で擁立すると発表。 党籍を持つ共産党に加え、、大阪府連も宮本の推薦に回った。 また、無所属で大阪12区を地盤とする元の(比例近畿ブロック単独)も補選への出馬を表明し、1月28日付けで議員辞職した。 候補者を擁立しなかった、は自主投票とした。 立候補者 [ ] 候補者一覧(届け出順) 氏名 年齢 党派 新旧 肩書 推薦・支持 59 無所属 前 前、日本共産党中央委員 ・・大阪府連 38 新 会社役員 59 無所属 前 前衆議院議員、元 北川晋平 32 自由民主党 新 会社役員 公明党 選挙結果 [ ] 日本維新の会公認の藤田が自民党の支持層を切り崩し 初当選。 これにより維新は、2週間前の統一地方選挙前半戦にて行われた大阪府知事・大阪市長のダブル選挙に引き続いての連勝となった。 告示日:2019年(令和元年)• 投票日:2019年(令和元年)• 選挙区:参議院1選挙区(2019年確定) 補欠選挙実施選挙区と実施事由 [ ] 参議院埼玉県選挙区• 選挙区:第24回参議院• 選挙事由:(、・)が、告示・8月25日執行のに立候補したことにより、8月5日付で議員を辞職したことに伴うもの。 選出議員扱いであるために、新選出議員の任期は大野の残任期間である(4年)までとなる。 参議院埼玉県選挙区 [ ] 立候補をめぐる動き [ ] 2019年の任期満了で埼玉県知事を退任したが、9月20日に記者会見で無所属で出馬することを正式に表明した。 なお、上田陣営は政党推薦などを受けない意向だとしているが、立憲民主党と国民民主党の両県連は上田の支援に回る方向とし 、両党は「友情支援」という形で自主的に上田の支援に回った。 一方、日本共産党は、上田の支援については「改憲を進める議席は絶対に認められない」とし、憲法への態度を見極めて対応を判断するとしたが 、共産党埼玉県委員会は総会を開いた末、対抗馬擁立を断念し、自主投票とすることとした。 また、社会民主党埼玉県連合も上田の支持には回らず自主投票とする。 自由民主党埼玉県連は、幹部による会合を9月24日に開き、今回の補選への公認候補者擁立を見送る方針を決めた。 その後、10月1日に自民党本部は役員会を開き、独自の候補者を擁立しない方針を決めた。 自民党が国政選挙で候補者を擁立しない、いわゆる「不戦敗」を選んだのは、2016年4月の衆院京都3区補選以来3年半ぶり。 自民党埼玉県連は、今回の補選は自主投票とした。 また、国政での連立パートナーである公明党埼玉県本部も自主投票とするとしている。 日本維新の会も、今回の補欠選挙において候補者の擁立及び支持・推薦を見送り自主投票とするとした。 これにより、自民党や旧民進党勢力 立憲民主党・国民民主党 ・共産党といった与野党の主要政党が公認候補を擁立しない国政選挙では異例の選挙戦となった。 上田の出陣式には、前首相、元外相、元旧建設相ら野党の重鎮 のほか、自民党広報本部長や名古屋市長らも参加し「与野党相乗り」の構図となった。 は、現職の党首が参院議員を失職する形で辞職して出馬する意向を表明した。 立花の辞職(失職)に伴い、での同党の選挙後の比例名簿登載者の順位で2位となった(参院選後の埼玉県知事選挙に出馬して落選)が、10月21日にが決定し 、23日付で告示された。 立候補者 [ ] 候補者一覧(届け出順) 氏名 年齢 党派 新旧 肩書 推薦・支持 52 前 前、元区議 71 新 前、元 (自主支援)埼玉県連・埼玉県連 ・の一部 選挙結果 [ ] 27日に投開票され、その結果、前埼玉県知事・上田が、立花を大差で破って初当選。 埼玉県選挙管理委員会によると、投票率は20. 81%。 衆議院議員又は参議院議員の公職選挙法第三十三条の二第二項に規定する統一対象再選挙(次条第二項各号において「統一対象再選挙」という。 )又は補欠選挙のうち、同法第三十三条の二第二項の規定により選挙を行うべき期日が平成三十一年四月二十八日となるものの期日は、同項の規定にかかわらず、同月二十一日とする。 本来は「参議院議員の任期満了日54日前」となるべき(公職選挙法第33条の2第3項)だが、その日に該当するがの会期中に当たるため、第25回参議院議員通常選挙の期日の「公示の日の直前の国会(第198通常国会)閉会の日」が期間末となる。 第25回参議院議員通常選挙の公示日前日• 当時は改元日は確定していたが、年号が確定していなかったので、執筆時点では平成表記• 改元後なので令和表記。 出典 [ ] []• 衆議院 立法情報. 衆議院. 2018年12月20日閲覧。 産経新聞. 2018年11月9日. 2019年3月20日閲覧。 日経電子版. 日本経済新聞社. 2019年8月5日. 2019年8月5日閲覧。 日本語. 日経電子版. 日本経済新聞社. 2018年12月19日. 2018年12月20日閲覧。 日本語. 時事ドットコム. 時事通信社. 2018年9月13日. 2018年12月20日閲覧。 日本語. 産経ニュース. 産業経済新聞社. 2018年12月19日. 2018年12月20日閲覧。 日本語. アサヒ・コム. 朝日新聞社. 2018年12月27日. 2018年12月27日閲覧。 日本語. 神戸新聞NEXT. 神戸新聞社. 2018年12月26日. 2018年12月28日閲覧。 時事ドットコム. 時事通信社. 2019年5月8日. 2019年5月9日閲覧。 日本語. 時事ドットコム. 時事通信社. 2019年7月4日. 2019年8月31日閲覧。 沖縄タイムス 2018年12月23日• 沖縄タイムス 2018年12月24日• 沖縄タイムス 2019年3月2日• 沖縄タイムス 2018年12月25日• 沖縄タイムス 2018年12月30日• 日本放送協会(NHK)• 沖縄タイムス. 2019年2月28日. 2019年4月23日閲覧。 沖縄タイムス. 2019年3月21日. 2019年4月23日閲覧。 沖縄タイムス. 2019年3月6日. 2019-04-閲覧。 産経新聞. 2019年4月5日. 2019年4月26日閲覧。 NHKニュース. 2019年4月21日. の2019年4月21日時点におけるアーカイブ。 琉球新報. 2019年4月22日. 2019年11月17日閲覧。 日本経済新聞. 2019年2月4日. 2019年4月15日閲覧。 産経新聞. 2019年3月20日. 2019年4月15日閲覧。 産経新聞. 2018年12月27日. 2019年4月15日閲覧。 産経新聞. 2019年3月22日. 2019年4月15日閲覧。 日本経済新聞. 2019年3月31日. 2019年4月15日閲覧。 しんぶん赤旗. 2019年4月9日. 2019年4月15日閲覧。 産経新聞. 2019年1月21日. 2019年4月15日閲覧。 毎日新聞. 2019年4月21日. 2019年11月17日閲覧。 時事ドットコム. 2019年4月22日. 2019年11月17日閲覧。 埼玉新聞 2019年9月21日• 産経新聞 2019年9月24日• 時事通信 2019年10月2日• ライブドアニュース 2019年10月10日• 毎日新聞 2019年10月2日• 朝日新聞 2019年9月24日• 讀賣新聞 2019年10月1日• 毎日新聞 2019年10月1日• 産経新聞 2019年9月30日• 毎日新聞. 2019年10月7日. 毎日新聞. 2019年10月11日. 2019年11月17日閲覧。 産経新聞. 2019年10月11日. 2019年11月17日閲覧。 産経新聞. 2019年10月8日. 2019年10月8日閲覧。 2019年10月21日配信 2019年10月21日閲覧• 『官報』第116号3頁 令和元年10月23日号• 朝日新聞. 2019年10月10日. 2019年10月10日閲覧。 時事ドットコム. 2019年10月26日. 2019年11月17日閲覧。 NHKニュース. 2019年10月27日. の2019年10月27日時点におけるアーカイブ。 フジテレビジョン 2019年10月28日.

次の