おしん 台湾。 「おしん」を超えるか「半沢直樹」 台湾、香港でブーム、アジア全域に(2013年11月1日)|BIGLOBEニュース

おしん はアジアでは大好評でしたが韓国では放映されていません。 何という姑息...

おしん 台湾

「働ぐごどは、どだなごどでも苦にはならねえっす」。 NHKの朝の連続テレビ小説で、歴代最高の視聴率を誇るドラマ「おしん」の放映から今年で25年。 貧困、いじめ、夫の自殺……。 次々降りかかる辛苦に耐えた女性の生涯の物語は海外でも人気が続く。 これまで放送した国・地域は64を数え、なお貸し出し依頼は途切れない。 おしんにひかれて日本に来てしまった人もいる。 阿信は中国語で「おしん」。 訪台の目的は東京・新橋演舞場で演じる舞台「おしん」(7月4日〜27日)のPR。 空路、見に来てくれそうなファンが台湾にはいるのだ。 訪台は5回目の小林さんは「初めて来た時と、熱狂的な雰囲気は全然変わらない」。 台湾のテレビで「阿信」は27回目の放送中だそうだ。 小林さんの訪台の2週間ほど前、中国の胡錦濤(フー・チンタオ)国家主席が訪日を控えた会見で、日本について「『おしん』の印象が深く残っている」と言い、その精神を「自強不息」(自らつとめ励んでやまない)とたたえた。 中国は85年に初めて放送し、90%近い視聴率が出た地域もあった。 なぜ中国ではトップが言及するほど人気があるのか。 早稲田大の非常勤講師で映画研究者の劉文兵(リュウ・ウェンピン)さんは「最初に放送された時期がよかった」と言う。 80年代、社会主義の中国は事実上、市場経済へ転換しつつあったが、私企業への偏見は根強かった。 そこに現れた「おしん」。 貧しい女性が行商し、家族で店を開き身を立てる姿に「人々が市場経済への興味をかき立てられたのでは」と劉さんは考える。 「おしん」は日本で放送した後の84年に米国、オーストラリア、シンガポール、タイで放送された。 以来、放送した国・地域は累計64。 アジア、中近東、南米などが目立つ。 NHKのドラマでこれに続くのは時代劇「腕におぼえあり」第1部(92年)の26で、大差がある。 国際交流基金が、途上国へ無償で日本のテレビ番組を貸し出しており、一層の広がりを生んだ。 今年度はイエメン、ザンビア、マダガスカル、インドネシアが「おしん」を要望した。 アラビア半島のイエメンで、日本のドラマはなじみが薄い。 それでもマルワン・A・A・ノーマン駐日大使は「第2次世界大戦後の日本の発展に、国民は興味を持つだろう。 若い人は鼓舞される」と期待する。 「おしん」で日本に興味を持ち、来日した外国人もいる。 「『おしん』が私の人生の変わり目でした。 どうしても日本に行ってみたかった」 スリランカ人のアーシュ・マーラシンハさん(37)は言う。 現在は新潟県の長岡技術科学大の准教授。 中学生のころに「おしん」を見た。 育った農村には、おしん同様、学校に行けない子どももいた。 苦学した母は「私たちみたいに頑張った人が日本にもいた」と感心し、彼自身も耐え忍ぶ姿に感動した。 コロンボ大を卒業して来日。 福島県の会津大の大学院に進んだ。 マーラシンハさんはいま、アジア各国語に訳された「おしん」を、自動翻訳の能力向上などに生かす研究にかかわる。 各国の放送人らを招き、おしんゆかりの山形県酒田市で「おしんサミット」を開くのが目標だ。 アフリカのエリトリアで「おしん」を見たイサム・ヤシンさん(28)は、名古屋大大学院の国際開発研究科で学ぶ。 母国では日本の水産庁に当たる役所に勤めていた。 「貧しかったおしんは、大人になって豊かになった。 日本がどのように発展したか、よく分かった」と話す。 日本大の上滝徹也教授は専門がテレビ文化史。 その立場から、途上国のテレビ放送の歩みに、「おしん」人気のヒントを見いだす。 テレビ文化は米国の影響が強く、途上国も、まず米国の番組を導入する。 米国の少年少女が登場するドラマは、物質的な豊かさの中で精神のうっ屈を描く。 これは途上国の日常とは隔たりがある。 上滝教授は言う。 「『おしん』は貧しい地域で人気が高い。 貧しさに耐え、抜け出す努力をする話はそうした国で普遍性があるんです」(大室一也) おしん 83年4月〜84年3月にNHKが放送した朝の連続テレビ小説。 主役おしんは幼少期が小林綾子、成長して田中裕子、晩年が故・乙羽信子と代わった。 橋田寿賀子原作。 1901(明治34)年、山形県の小作農の三女に生まれたおしんは、学校に行けずに奉公へ。 上京して髪結いをし、魚の行商などを経て、やがてスーパーマーケットの経営に乗り出す。 視聴率の平均52・6%、最高62・9%は、記録がそろう64年以降では「朝ドラ」で最高の数字(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。 検索フォーム.

次の

「おしん」を超えるか「半沢直樹」 台湾、香港でブーム、アジア全域に: J

おしん 台湾

こんにちは。 笹川祐子()です。 日経新聞朝刊の裏面トップ「私の履歴書」は、毎朝楽しみに読んでいるものの一つ。 5月は、橋田壽賀子さんの連載でした。 その中で、「おしん」秘話があり、橋田さんの若いころからの思いが詰まっていたのです。 記憶に残っていたところ、 「おしん」の再放送が始まっていると知りました! 私は自宅ではゆっくりとテレビを見る暇もなく、見たいドラマは録画してもらって、友だちの家でみます。 おつまみとか作ってもらい、ワイン飲みながら、ゴロゴロと至福のひととき。 やっと、「おしん」を見ることができました! 残念ながら、子役の小林綾子さんから田中裕子さんに変わっていたところからです。 7歳のおしんが働きに出るために、いかだに乗っていく、別れの名場面を見逃しましたが、今の私には涙なしに見られないと思う。 下記の理由から、朝ドラの最高傑作とされる。 1983-84年の平均視聴率は52. これはビデオリサーチの統計史上、テレビドラマの最高視聴率記録となっている。 スリランカ、インドネシア、フィリピン、台湾、香港、ベトナム、アフガニスタン、シンガポール、エジプト、イランなど 世界68ヶ国や地域で放送され、苦難に遭いつつも決してあきらめず、明治、大正、昭和という 貧困・戦乱・復興の中を生きた主人公・おしんの姿が、日本だけでなく世界各国で人々の共感を呼び、 「オシンドローム」という言葉を生み出した。 「世界で最もヒットした日本のテレビドラマ」とされ、なおファンが多く根強い人気がある。 1983年は、今から36年前。 私は女子大生で、アルバイトやともだちとの付き合い、大人との付き合いで、学生生活を満喫。 NHKの朝ドラを見る習慣がまったくありませんでした。 中国人の方との交流が増え、その中で「おしん」に感動した!と聞くことがたまにあったのです。 おしんを見て、日本への反日感情が薄くなったようですね。 中国人も日本人も同じように貧しい苦労する時代をあったんだと。 「おしん」の名前の由来は? 「おしん」の「しん」は辛抱のしん。 真実のしん。 真剣のしん。 体の芯のしん。 曲がりくねった人生を一歩また一歩と進んでいく女の名前としてはそれしかない。 おしんは昭和天皇と同い年にしよう。 おしんにモデルはいない。 いるとすれば、それは苦難の時代を生き抜いてきた「日本の女たち」だ。 (日経新聞、私の履歴書より) オシンドローム(おしん症候群)とは 「おしん」の放送開始からすぐ、「オシンドローム」と呼ばれるブームが起きたそうです。 子役の小林綾子ちゃんには、NHKに数千通の封書が届いたそうです。 おしんの奉公先の山形県酒田市には団体バスが押し寄せ、「おしん後援会」が発足し、「おしん国会」が活字になった。 音羽信子さんのおしんは、晩年にかけてスーパーの仕事に専念するようになると 視聴者から「商売の鬼になっている」「そんなおしんは見たくない」という反響が増えたそうです。 橋田壽賀子さんには、それこそ、自分が狙っていたもの。 その頃の日本人は金儲けに走りすぎていたから、警鐘を鳴らしたのだそうです。 海外で放送されると、イランでは、最高視聴率82%、タイでは81%、北京でも76%を記録。 「耐えるおしん、夢を捨てないおしん、優しさを失わないおしんの姿が言葉や宗教を超えて人々にも届いたのだろうか」(橋田さん) 日経新聞の「私の履歴書」からは、まだまだ書きたいネタがたくさんあるのですが、あらためて。 笹川祐子 詳しいプロフィールはこちら.

次の

おしん感激、台湾から観劇ツアー

おしん 台湾

きのうの記事で日本のドラマ史上、少なくとも視聴率では最高の作品である「おしん」のことを書いた。 小さな体で貧困や寒さに耐える少女の姿を見て、「野蛮で残酷だった日本人」のイメージが破壊された中国人もいる。 くわしいことはこれを。 今回はその続きのようなもので、「おしん」を見たエジプト人の様子を中心に書いていこうと思う。 感動には国境もなければ宗教もない。 けなげで懸命なおしんの姿にはイスラーム教徒も涙したのだ。 でもその前にエジプトって国について簡単に知っとこう。 面積:約100万平方キロメートル(日本の約2. 7倍) 人口:9,304万人 首都:カイロ 民族:主にアラブ人(その他,少数のヌビア人,アルメニア人,ギリシャ人等) 言語:アラビア語,都市部では英語も通用 宗教:イスラム教,キリスト教(コプト派) 以上の数字は外務省ホームページ、から。 日本人で初めてスフィンクスを見たのは江戸時代のサムライだちだった。 記念撮影する侍(1864年) 彼らに興味のある人は以下をクリック! 明治から昭和の激動の日本をえがいた「おしん」は中東のアラブ人の心をもぶち抜いた。 ベトナムで「ホンダ」がそのままバイクをさすように、イランでは「Oshin(ウーシン)」が日本をあらわす言葉となった。 でもそこは厳しいイスラーム教の国。 男女がふれ合うシーンはカットされてしまう。 「オシンドローム」はエジプトでも起こった。 1993年に放送されたエジプトでも、「おしん」は人々の心をさらってしまう。 これで、「なんだよ。 途中で終わっちゃったよ」とみんな肩を落としたという、なんてかわいい展開にはならないのがエジプトという国。 放送が途切れたことで、エジプト国民がキレた。 怒り狂った人々が電力会社やテレビ局に押しかけ、石を投げるわ火はつけるわの暴動状態となる。 それでエジプト政府が再放送を約束したという。 彼らは日本人以上に「おしん」を愛していたかもしれない。 このドラマが好きすぎて、自分の子供に「おしん」と名づける親が続出してしまった。 くわしいことは「テレビドカッチ」の記事(2018. 23)をどうぞ。 朝ドラ『おしん』の影響でエジプトに「OSHIN」さんが続出 他にも店や会社の名前にしたエジプト人もいるという。 そんな日本人は聞いたことがない。 だれも知らないし、知りたくもないと思うけど、ボクは1996年にエジプトを旅行した。 そのとき首都カイロで泊まったホテルに、「おしん」を見て涙が止まらなかったというエジプト人スタッフがいた。 でも彼はとんでもないかん違いをしていたらしい。 「あれを見てオレは、日本はなんて貧しい国なんだ。 エジプトよりずっと遅れているじゃないか。 かわいそうに」と、ドラマの話を現代の日本とガチで思ってしまった。 でもその後、ホテルで働きはじめると、エジプトより貧しいはずの日本から大学生が海外旅行でやって来るではないか。 海外へ出稼ぎではなくて遊びに行くなんて、エジプトでは金持ちのすることだ。 「これはおかしい」と思って仕事仲間に聞いたら、「バカ、日本は世界第2位の経済大国なんだよ。 エジプトよりずっと金持ちだ。 それに日本は最先端の科学技術を持っている」と言われて驚いた。 明治~昭和初期をえがいた「おしん」の社会に近いのは、むしろエジプトだったというオチ。 1カ月半のエジプト旅行で聞いた話のなかで、もっとも印象深いのがこの話だった。 ここから宿の予約ができますよ。 こちらの記事もどうぞ。

次の