楽天 ゴールド カード キャンペーン。 楽天ゴールドカードへの切り替え方法と特典、メリット・デメリットまとめ

次の6,7月楽天カード8000,7000ポイントキャンペーンは2020年いつ?新規入会&利用特典の確実な受け取り方法は?

楽天 ゴールド カード キャンペーン

「 楽天ゴールドカードって楽天カードとは何が違うの?」「楽天カードよりオススメできるの?」と思っていませんか? 「」の記事でも解説しているように、楽天カードはたくさんあるクレジットカードの中で、利用者数No. 1です。 そんな満足度が高い楽天カードの上位ランクである「 楽天ゴールドカード」は、どれくらいお得なのでしょうか?楽天カードから乗りかえた方が良いのでしょうか? 結論を言うと、 普段から楽天市場を使っている方なら、楽天ゴールドカードにしましょう! 私は初めは楽天カードを愛用していましたが、現在では楽天ゴールドカードをメインに使っています。 というのも、 圧倒的にもらえるポイントが増えるからです!実際、私も に乗り換えてから、毎月もらえるポイントが激増して、とっても満足してます! この記事では、楽天ゴールドカードのメリットと他のゴールドカードとの比較にも触れながら、「どのような人に楽天ゴールドカードが向いているのか」実際の口コミをまじえて解説していきます。 これを読めば、楽天ゴールドカードのメリットがはっきり理解でき、「楽天ゴールドカードと楽天カードのどちらにした方が良いか」が分かります。 ぜひ、参考にしてくださいね。 初めに:楽天ゴールドカードの特徴まとめ 楽天ゴールドカードでは、年会費が2,160円(税込)かかります。 しかし、楽天市場で「ポイント5倍」「空港ラウンジ年間2回無料」など、通常の楽天カードよりメリットが向上しているのが特徴です。 簡単に、の機能についてまとめました。 私はもともと楽天カードを使っていたのですが、 楽天ゴールドカードのメリットを知って、楽天カードから乗りかえてメインで使用するようになりました。 楽天カードを発行:+2倍• 楽天カードを楽天銀行から引き落とし:+1倍• 楽天保険を楽天カードでお支払い : +1倍• 楽天市場アプリで買い物:+0. 楽天証券で月1回以上のポイント投資:+1倍• 楽天モバイルを利用:+2倍• 楽天TVを利用:+1倍• 楽天ブランドアベニューで買い物:+1倍• 楽天ブックスで買い物:+0. 楽天Koboで買い物:+0. 楽天トラベルを利用:+1倍• しかし、郵送の場合だと1回82円の料金が発生します。 追加メリット一覧• 国内の主要空港や、ハワイ・仁川空港のラウンジが 年2回無料!• 世界38拠点の現地デスクが、あなたの旅をサポート! 追加メリット1:国内の主要空港やハワイ・仁川空港のラウンジが年2回無料! 楽天ゴールド会員だと無料でラウンジ使えてVIP気分が味わえる — びーす baklog01 楽天ゴールドカードは、 国内の主要空港や一部の海外空港のクレジットカードラウンジが年2回無料で利用できます。 通常利用でのクレジットカードラウンジの料金は、1,000円ほどです。 つまり 年に2回利用すれば、ほぼ年会費の元を取れる仕組みになっています。 注意したいのが、ラウンジ利用の数え方。 9月1日〜8月31日までを1年間として、利用回数を数えます。 例えば夏休みの旅行で行きが8月、帰りが9月となる場合は、回数がリセットされるので注意しましょう! 札幌へ戻り中。 楽天ゴールドカードを所有していれば、「ニューヨーク」「ホノルル」「パリ」「ミラノ」「上海」など、世界38ヶ所の現地デスクが利用可能です。 現地デスクでは、一般的に3つのサービスを受けられます。 ・緊急時の対応 ・現地情報の紹介 ・各種予約・手配 楽天ゴールドカードのトラベルデスクは、世界の主要国をほぼ網羅しているので、 安心して海外旅行に行けますね。 ・年会費が2,160円(税込) ・カードのデザインがない 楽天ゴールドカードのデメリットは、年会費がかかることでしょう。 楽天カードと楽天ゴールドカードのどちらにすべきかは、この年会費を基準に選ぶことになります。 こちらに関しては後々「」で詳しく解説します! また、カードデザインのバリエーションが少ないというデメリットもあります。 楽天カードは種類が豊富ですが、楽天ゴールドカードは1種類しかありません。 楽天ゴールドカードって他のゴールドカードと比べてどうなの?徹底比較! 一見、メリットばかりの。 しかし、他のゴールドカードとも比較して検討したいですよね。 そこで、楽天ゴールドカードと人気がある主要ゴールドカードとの比較表を作ってみました!比較要素としては、以下を設定しています。 (補足)公式の「」を見ることで、次のポイントアップ日程がわかります。 また、「」の記事でも解説しているように、ポイント優待店の多さも魅力的です。 このように 楽天ゴールドカードは、ポイントがザックザクに貯まるサービスが、他に比べて圧倒的に充実しています。 「 普段使い」だからこそ、ポイントがたまるサービスは多い方が嬉しいですよね。 また、 年会費も2,160円 税込 なので、他のゴールドカードよりも圧倒的に安いです。 私もゴールドカードを使っていますが、SPUやキャンペーンなどの利用で、年間何万ポイントも獲得しています。 他のゴールドカードでは、年会費のほとんどが10,800円だったり、無料でも50万円以上の買い物が必要だったりと、差は歴然です。 言わば楽天ゴールドカードは、「普段使い」に特化した 最強のコスパゴールドカードと言えます。 全てではありませんが、楽天ゴールドカードと併用することで、お得になるキャンペーンがあります。 例えば、下記のようなキャンペーンがあります。 楽天銀行 :支払い口座を楽天銀行にすることで、普通預金利が40倍!• 楽天証券:楽天カードで積立を行うと、ポイントがもらえる! 決済額の100円につき1ポイント付与 このように 楽天カード+他の楽天サービスを併用することで、さらにお得になるパターンがあります。 上手く利用することで、ポイントはもちろん、それ以外でもお得なメリット受けることができるのです。 比較まとめ これら3つの根拠から、 他のゴールドカードと比べると「普段使い」において楽天ゴールドカードが一番コスパが良いと判断しました。 もちろん 楽天サービスを使わない方は、一番コスパが良いカードとは言えません。 しかし、普段の生活のほとんどが楽天でまかなえるようになっています。 変にバラバラで利用するよりも、 楽天のサービスで統一すると非常にお得になるのです。 来年は200,000を目指そう〜! — hastamanana hastamanana9 私も楽天ゴールドカードがあって、普段の生活がとても楽になっています。 では、ここからは「どのような人が、楽天カードより楽天ゴールドカードを使うべきか?また、乗り換えるべきか?」を具体的に見ていきましょう! 3. 楽天カードでなく楽天ゴールドカードを使うべき人! ここまで読んで「楽天ゴールドカードが楽天カードからどれぐらいパワーアップしたのかも分かったし、他のゴールドカードとも比較できた!」「 でも、結局どんな人が楽天ゴールドカードを使ったら良いの?」と思うかもしれませんね。 楽天カードを発行:+2倍• 楽天カードを楽天銀行から引き落とし:+1倍• 楽天保険を楽天カードでお支払い : +1倍• 楽天市場アプリで買い物:+0. 楽天証券で月1回以上のポイント投資:+1倍• 楽天モバイルを利用:+2倍• 楽天TVを利用:+1倍• 楽天ブランドアベニューで買い物:+1倍• 楽天ブックスで買い物:+0. 楽天Koboで買い物:+0. 楽天トラベルを利用:+1倍• しかし、楽天ゴールドカードにすれば、540円分が無料になります。 正確に言えば、楽天ゴールドカードの年会費2,160円の一部になるからです。 例えば、楽天市場で買い物をしたとしましょう。 「年間で162,000円もの利用はきつい…」と思うかもしれませんが、 ガスや電気などの支払いをカードにすれば現実的になります。 また楽天ETCカードを利用すると、100円につき1ポイントつきます。 車を利用している方は「年会費が実質1,620円(税込)」となるため、とってもお得なのです。 飛行機での国内旅行でラウンジを使いたい人 楽天ゴールドカードなら年間2回利用、国内の主要空港なら、ほぼ全てで利用が可能です。 空港ラウンジを通常利用するとき、 料金は約1,000円かかります。 つまり、 空港ラウンジの無料分を利用するだけで、元が取れます! 私も楽天ゴールドカード(家族カード)。 かなり前に空港にいないといけないので、その時間の過ごし方に悩みますよね。 そんなとき、空港ラウンドはとっても役に立ちます。 ゆったりとした空間で友達とおしゃべりしたり、集中して作業することも可能! 旅行でラウンジを使いたい人は、2回の利用枠を消費するだけで元が取れるのでオススメです。 楽天ゴールドカードがオススメな人まとめ!• 海外旅行傷害保険の仕組みは。 楽天カードと同じ?• 審査基準は楽天カードより厳しいの?• カードを解約したくなったら、どうすればいいの? それぞれ見ていきましょう。 海外旅行傷害保険の仕組みは楽天カードと同じ? 同じです。 楽天カードと楽天ゴールドカードは共に、海外旅行傷害保険の適用に条件があります。 ・自宅から出発空港までの交通費 ・海外旅行代金 これらの どちらかを「 楽天カード・楽天ゴールドで決済する」という条件を満たさなくてはいけません。 自宅から出発空港までの交通費の場合、「 公共交通乗用具」に指定されているものになります。 公共交通乗用具とは、航空法、鉄道事業法、海上運送法、道路運送法に基づき、それぞれの事業を行う機関によって運行される航空機、電車、船舶、バスss、タクシーなどを指します。 なんだか難しく書いてありますが、 普段から使う公共交通機関なら適用されますので、安心してください。 海外旅行代金については、「 募集型企画旅行」という条件があります。 これには、 旅行会社が行う「ツアー」が当てはまります。 そのため、自分でホテルやレジャー費の支払いを行っても適用されません。 でもツアーではなく、自分でホテルの予約などをしたいときってありますよね。 その場合は、出発空港への移動を「 公共交通機関」で行い、かつ 移動費用を「楽天カード・楽天ゴールドカードで決済する」必要があります。 より詳しく知りたい方は、公式の「」をご覧ください。 審査基準は楽天カードより厳しい? この質問に関しては、はっきりとお答えすることができません。 というのも、 通常の楽天カードと同様に、楽天から審査基準がはっきりと提示されているわけではないからです。 「楽天カードは誰にでも作れるカード」という評判が流れていますが、これは憶測にすぎません。 ポイントは、他のクレジットカードでの支払い状況です。 普段から支払いを怠っていると、信用は下がります。 当然、審査に通らない確率は上がってしまいますよね。 信用が下がることをしていない以上、楽天ゴールドカードの審査を通る可能性は十分にあるでしょう。 とりあえずは 審査落ちを気にせず、申請してみることをオススメします。 カードを解約したくなったらどうすればいいの? カードの解約は「」へ、 電話での解約のみ手続きが可能です。 詳しくは、公式サイトのページをご確認ください。 キャンペーンを使って楽天ゴールドカードを1番お得に申し込む方法! 現在、ではさまざまなキャンペーンが行われています。 その中には、キャンペーンのエントリーまでに期限が設けられているものもあるので、早めに活用しましょう! ここでは、現在行われている楽天ゴールドカードのキャンペーンから、必ずエントリーすべきお得なキャンペーンを紹介しておきます。 ここを抑えておけば、後悔せずにすみます。 現在、一番お得なのは次の2つのキャンペーンの組み合わせです! ここでは、それぞれのキャンペーンについて詳しく解説しておきます。 スタートボーナスキャンペーンの概要 スタートボーナスキャンペーンは、楽天のサービスを初めて使うごとに1,000ポイントをゲットできるキャンペーンです。 例えば、 ・楽天銀行の口座開設で1,000ポイント ・楽天市場の初回利用で1,000ポイント などです。 対象になるのは初回利用のサービスだけなので、楽天サービスを使ったことがない人ほど、ポイントをたくさんゲットできます。 ポイントをゲットするにはエントリーが必要なので、注意してください。 サービスによってポイント獲得条件は違うので、よく確認しましょう。 つまり、スタートボーナスキャンペーンにエントリーして、楽天市場でカードショッピングを行えば1,000ポイントゲットできます。 これだけで、9000ポイント以上をゲットです!すごくお得ですよね! そして最大限に活用すれば、なんと25,000円相当のポイントを獲得できてしまいます! ここからは、楽天カードを失敗せず契約するための方法を3つのSTEPにまとめましたので、参考にしてくださいね。 STEP1. 公式サイトから申し込む まずは、下記からにアクセスし「カンタン申し込み」を押しします。 先に楽天会員への登録が必要です。 STEP2. 項目に入力する カード発行はとても簡単!入力していけばいいだけです。 しかし、中には少し 気をつけるべき点もありますので、そこのみ解説します。 自動リボサービス申し込み 自動リボサービスは「申し込まない」を強く推奨します! リボ払いはうまく使えばお得になることもありますが、 自動リボはオススメできません! リボ払いとは、月々の支払い額を一定にする返済方法です。 分割支払いと似ていますが、ちょっと違います。 分割払いは分割回数で手数料が変わるのに対して、 リボ払いの場合は支払い残高に対して手数料が一定となります。 しかも、この 手数料は毎月かかる点に注意です。 例えば、リボお支払いコース10,000円で10万円を返済していくとしましょう!一般的に、支払額はだんだん少なくなっていきます。 しかし!自動リボにしてしまうと、リボ残高が増え続け、その分だけ手数料も増えていきます。 そのため、 自動リボはオススメしません。 ちなみに、 自動リボ解除は楽天カードの「楽天e-Navi」からできます。 Edyオートチャージ設定 Edyを楽天カードに付帯させるのはオススメですが、 Edyをそれほど使う予定のない方はオートチャージ設定は「申し込まない」で良いでしょう。 まとめ ただでさえ便利な「楽天カード」の上位版である。 その真髄は楽天カードと同じく、楽天市場の買い物するとポイント還元率が上がる「SPU」にあります。 そんな「楽天経済圏」で生きるようになると、楽天ゴールドカードは圧倒的なパフォーマンスを発揮します。 一度この太っ腹な還元率を体験すると、抜け出せないくらいの中毒性があります。 私も、普段のお買い物はほぼ全て楽天市場です。 もちろん、楽天市場を利用されない方は、楽天ゴールドカードにする必要はないでしょう。 そんな方でも、 年会費無料の楽天カードは1枚は作っておくと何かと便利なクレジットカードです。

次の

楽天カードで実施中のキャンペーン!2020年最新版!

楽天 ゴールド カード キャンペーン

インターネット大手の楽天が発行するゴールドカードが「楽天ゴールドカード」です。 楽天ゴールドカードは 税別2,000円の格安ゴールドカードでありながら、 最高2,000万円の海外旅行保険や空港ラウンジサービスの付帯したコストパフォーマンスに優れたカードとなっています。 また、楽天ゴールドカードの魅力となっているのは、 大量ポイントを獲得することができるお得な入会キャンペーンの存在も大きいでしょう。 楽天ゴールドカードではお得な 入会キャンペーンがほぼ常時開催されており、一気に大量ポイントを獲得することが可能となっています。 楽天ゴールドカードの入会キャンペーンを完全攻略して、 最大11,000ポイントのキャンペーンポイントをゲットしちゃいましょう! 目次• 楽天ゴールドカードの最新キャンペーン情報 楽天ゴールドカードでは現在、 カードの入会・利用で最大11,000ポイントを獲得することができるお得なキャンペーンを開催しています。 楽天ゴールドカードのキャンペーンは 常時開催となっていますが、キ ャンペーンの内容などは予告なく変更・終了する可能性もありますので、最大11,000ポイントゲットのチャンスを見逃さないようにしましょう。 キャンペーン詳細 楽天ゴールドカードの入会キャンペーンでは、 カードの新規入会とカードの1回以上の利用で最大11,000ポイントを獲得することができる入会キャンペーンを開催しています。 ここでは、楽天ゴールドカードの入会キャンペーンのポイント獲得ガイドとして、それぞれのポイントの獲得方法を解説していきましょう。 カードの新規入会および 「楽天e-NAVI」の会員登録、 ポイントの受け取り申請で 新規入会特典の2,000ポイントを獲得できます。 新規入会特典の2,000ポイントは、楽天e-NAVIでの受け取り申請から5営業日以内には付与され、利用が可能になります。 入会特典のポイント付与がスピーディな点も非常に大きなメリットになりますよね。 新規で楽天ゴールドカードに入会のうえ、 カード申込み日の翌月末までに楽天ゴールドカードを1回・1円以上利用した方に利用特典のポイントが付与されます。 利用特典のポイント数は、カード入会時の楽天ポイントクラブの会員ランクによって変動します。 プラチナ会員 8,000ポイント ゴールド会員 6,000ポイント シルバー・レギュラー会員 3,000ポイント 入会時に楽天ポイントクラブに入会していない方は無条件でシルバー・レギュラー会員の3,000ポイントとなりますが、既に楽天ポイントクラブを利用している方は会員ランクにも気を付けておきましょう。 カード利用特典のポイントは、カードの初回利用の翌月20日ごろに付与されます。 さらに、楽天ゴールドカードの入会特典として、 お申込日の2か月後の20日頃に楽天ゴールドカード入会特典の1,000ポイントが付与されます。 楽天ゴールドカードの入会キャンペーンでは、カードの入会および1回以上のカードの利用のみ合計11,000ポイントのプレゼントを受け取ることが可能となっています。 カードの利用条件が5万円以上・10万円以上と言うカードも多い中で、 利用条件のハードルの低い楽天ゴールドカードの入会キャンペーンは非常に魅力的になっていますよね。 確実にポイントをゲットするために注意しておくべき点 楽天ゴールドカードの入会キャンペーンは、カードの入会と1回以上の利用で最大11,000ポイントを獲得することができるお得なキャンペーンとなっています。 ただし、 正しい手順を踏まないと、入会キャンペーンのポイントを取りこぼしてしまうこともありますので注意が必要です。 特に、新規入会特典の2,000ポイントは、 カード到着後に受け取り申請が必要となっていますので、取りこぼしてしまいがちな特典となっています。 カードを受け取りしたらすぐに、 楽天e-NAVIの登録・ポイントの受け取り申請を済ましておくようにしましょう。 また、楽天ゴールドカードの新規入会特典・カードの利用特典を受け取ることができるのは、新規で楽天ゴールドカードに申込みをした方のみとなっています。 既に楽天カードをお持ちの方で楽天ゴールドカードに切り替えをされる方の場合は、楽天ゴールドカードの入会特典の1,000ポイントのみとなりますので注意が必要です。 獲得したポイントの有効期限に注意 楽天ゴールドカードの入会キャンペーンでは、最大11,000ポイントの 楽天ポイントを獲得することができます。 ただし、獲得することができるポイントは、 ポイントの付与日の翌月末までが有効期限となっている「期間限定ポイント」になりますので注意が必要です。 楽天ポイントには、通常ポイントと期間限定ポイントと言った 2種類のポイントがあります。 通常ポイントの有効期限は最後にポイントの増減があった日の翌年同月末まで 特定のキャンペーンで付与される期間限定ポイントには固有に有効期限が定められている このように、通常ポイントと期間限定ポイントではポイントの有効期限に違いがあります。 また、 期間限定ポイントは他社ポイントへの交換などが不可となっていますので、楽天のサービスまたは楽天ポイントクラブ加盟店で消化する必要があります。 期間限定ポイントは有効期限がきたら失効してしまいますので、ポイントの有効期限には気をつけておく必要があるのですね。 楽天プラチナ会員の取得条件 楽天ゴールドカードの入会キャンペーンで獲得できる特典のなかで、最も多くのポイント数を獲得することができるのがカードの利用特典です。 カードの利用特典では、 楽天プラチナ会員では8,000ポイント、シルバー・レギュラー会員では3,000ポイントと、楽天ポイントクラブの 会員ランクによって獲得できるポイント数に大きな開きがあります。 ここでは、楽天プラチナ会員の取得条件をまとめておきましょう。 楽天ポイントクラブには、無料で楽天のIDを取得すれば誰でも登録することができます。 楽天ポイントクラブには「楽天ポイントカード」を登録することが可能となっており、一定の利用時期に獲得したポイント数・獲得回数でランクアップの対象となります。 プラチナ会員取得の為には、 過去6か月間で2,000ポイント以上の獲得、かつ15回以上のポイントを獲得する必要があります。 楽天ポイントカードはマクドナルドやポプラなどでもポイントを貯めることが可能となっています。 半年間で2,000ポイント獲得の為には、月に300ポイント強、楽天ポイントカードの還元率は1. 0%となっていますので 月間約30,000円の利用でプラチナ会員を取得することができます。 楽天ポイントクラブでは、ランクアップの為にあと何ポイント必要かを確認することができますので、 プラチナ会員まであと少しの方はプラチナ会員にランクアップさせてから楽天ゴールドカードを申込みした方がお得です。 楽天ポイントのお得な使い道 楽天ゴールドカードの入会キャンペーンで獲得したポイントは、 他社ポイントなどに交換することができない期間限定ポイントとなっています。 期間限定ポイントは、楽天市場や楽天トラベルと言った楽天のサービスはもちろんのこと、楽天ポイントクラブ加盟店のリアル店舗でも 1ポイント=1円として現金感覚で利用することができます。 期間限定ポイントを利用できる店舗の一例をまとめておきましょう。 くら寿司 マクドナルド ミスタードーナツ サークルKサンクス ポプラ 大丸 松坂屋 ウォンツ ツルハドラッグ 上記はあくまでも一例となっていますが、楽天ポイントは生活に密着した多様な店舗で利用することができますので、使い道に困るようなことは無いでしょう。 また、通常ポイントと期間限定ポイント、有効期限の違う期間限定ポイントが混在していた場合には、有効期限の近い期間限定ポイントから消費されますので安心です。 楽天ポイントの通常ポイントはANAマイルにも交換可能 楽天ゴールドカードの利用で貯めることができる通常ポイントは、 楽天Edyへの交換やANAマイルへの交換に利用することができます。 楽天Edyには1ポイント=1円の等価で交換することが可能となっており、楽天ポイントよりも幅広いシーンで利用することが可能となっています。 ANAマイルに交換する際には、2ポイント=1マイルと交換レートは半分になってしまいますが、1マイルの価値は2円以上と言われていますので、等価交換と捉えても良いでしょう。 特筆すべき点は、楽天ポイントの有効期限が実質無期限で利用することができると言う点です。 楽天ポイントの有効期限は、最後にポイントの増減があった日の翌年同月末となっており、 年に1回以上カードを利用する方であれば実質無期限のポイントとなります。 ですので、特典航空券に必要なマイル数まで楽天ポイントを貯めてからANAマイルに交換することで、実質無期限でANAマイルを貯めることができるのですね。 楽天ゴールドカードは、税別2,000円で維持することができる格安ゴールドカードでありながら、 空港ラウンジサービスが付帯しているのが大きなメリットのひとつとなっています。 楽天ゴールドカードでは、国内28の空港ラウンジと海外2か所の空港ラウンジを無料で利用することができます。 ここでは、エリア別に楽天ゴールドカードで利用することができる空港ラウンジをまとめておきましょう。 北海道 新千歳空港 函館空港 東北 青森空港 秋田空港 仙台空港 関東 羽田空港 成田国際空港 北陸 新潟空港 富山空港 小松空港 中部・近畿 中部国際空港 関西国際空港 伊丹空港 神戸空港 中国 岡山空港 広島空港 米子空港 山口宇部空港 四国 高松空港 松山空港 徳島空港 九州・沖縄 福岡空港 北九州空港 大分空港 長崎空港 熊本空港 鹿児島空港 那覇空港 海外 (ハワイ)ダニエル・K・イノウエ空港 (韓国)仁川空港 このように、楽天ゴールドカードでは非常に多くの空港ラウンジを無料で利用することができるのですね。 空港ラウンジでは、フリードリンクや軽食のサービスをうけることができ、リクライニングシートでゆったりと搭乗までの時間を過ごすことができます。 また、ビジネスデスクが設置された ビジネスラウンジもありますので、ビジネスでの出張の際にも時間を無駄にせずに有意義に時間を活用することが可能です。 楽天ゴールドカードでは、本会員だけではなく、 家族カードをお持ちの方でも空港ラウンジを無料で利用することができます。 楽天ゴールドカードの 家族カードの発行は無料となっていますので、家族旅行の際には家族カードを発行してから出かけた方がお得ですね。 航空機の搭乗の際に、意外と負担になってしまうのが航空機の到着待ちの時間です。 特に、喫煙者の方の場合などは喫煙ルームを探してさまよった経験がある方も多いのではないでしょうか。 空港ラウンジには、喫煙スペースが設けられているラウンジもありますので、喫煙者の方でも落ち着いて航空機の到着を待つことができるのですね。 海外旅行保険も付帯しており、海外旅行にもおすすめ 楽天ゴールドカードには、旅行代金や交通機関などの料金をカードで支払った際の 利用付帯ではありますが、 最高2,000万円の海外旅行保険が付帯しています。 ここでは、楽天ゴールドカードの付帯保険の内容をまとめておきましょう。 死亡・後遺障害 最高2,000万円 傷害治療 最高200万円 疾病治療 最高200万円 救援者費用 最高200万円 携行品損害 最高20万円 賠償責任 最高2,000万円 楽天ゴールドカードの海外旅行保険の優秀な点となっているのが、 傷害・疾病治療の補償が最高200万円まで付帯している点です。 海外旅行の際には、死亡・後遺障害の保険よりも、やはり傷害・疾病治療の補償を使う機会の方が多くなってきます。 特に、海外での急病やケガの場合は医療費が高額になってしまうケースが多く、傷害・疾病治療の補償は必要不可欠なものとなっているのですね。 税別2,000円と言う格安の年会費でありながら、空港ラウンジサービスと海外旅行保険まで付帯した楽天ゴールドカードは、海外旅行にもおすすめできるカードとなっているのです。 楽天カードと楽天ゴールドカードの損益分岐点は? 楽天ゴールドカードは、年会費無料のカードの中でも特に人気の高いのゴールドカードとして発行されています。 楽天ゴールドカードの年会費は税別2,000円となっていますので、 永年年会費無料の楽天カードと比べると税込で2,160円の年会費の差があります。 それでは、 楽天カードと楽天ゴールドカードの損益分岐点はいくらになってくるのでしょうか? 楽天カードと楽天ゴールドカードでは、通常還元率はともに1. 0%と同額になっているものの、楽天市場の利用で1. 0%の還元率の差があります。 ですので、単純に 楽天市場と楽天トラベルを合わせて216,000円以上年間で利用される方の場合は、楽天ゴールドカードの方がお得なカードと言えます。 また、楽天ゴールドカードには、ゴールドカード特典として空港ラウンジサービスが付帯しています。 空港ラウンジサービスの利用では、通常1,000円強の使用料が必要になっていますので、 年に1回・往復で空港ラウンジを利用した場合には年会費のもとを取ることができます。 楽天ゴールドカードは、格安ゴールドカードとしては非常にコストパフォーマンスに優れたカードとなっているのですね。 楽天ゴールドカードの基本情報 年会費 税別2,000円 家族会員 無料 ETC 無料 還元率 1. 0% 旅行保険 最高2,000万円 空港ラウンジ 〇 楽天のサービス利用時のポイントの優待 空港ラウンジサービスの付帯 取得しやすいゴールドカード 年会費無料のカードの中でも特に人気の、のゴールドカードとして発行されているのが 「楽天ゴールドカード」です。 楽天ゴールドカードでは、 楽天市場でのポイント5倍・楽天トラベルでのポイント2倍など、楽天カードよりもさらにポイントを貯めやすいカードとなっています。 また、 税別2,000円の格安ゴールドカードでありながら、 空港ラウンジサービス・最高2,000万円の旅行保険が付帯したコストパフォーマンスに優れたゴールドカードでもあります。 楽天ゴールドカードの 申込資格は20歳以上で安定した収入のある方となっています。 年会費の安さ、お得な入会キャンペーンと相まって、非常に取得しやすいゴールドカードであると言えるでしょう。 楽天のサービス利用者は今すぐお得に楽天ゴールドカードをゲットしよう! 今回は、 空港ラウンジサービスまで付帯した、コストパフォーマンス抜群の楽天ゴールドカードの入会キャンペーンをガイドしてきました。 楽天ゴールドカードのキャンペーンでは、 カードの入会と1回以上のカードの利用で最大11,000ポイントを獲得することができます。 獲得した楽天ポイントは、生活に密着した 楽天ポイントクラブ加盟店で利用することができますので、現金をプレゼントされるようなお得なキャンペーンなのです。 お得な入会キャンペーンで楽天ゴールドカードを手に入れて、楽天のサービスでガンガンポイントを貯めてみるのも良いのではないでしょうか。

次の

楽天ゴールドカードへの切り替えキャンペーンに応募して切り替えました!

楽天 ゴールド カード キャンペーン

楽天市場などで5. 国内の主要空港、ハワイ&韓国の空港ラウンジを無料で利用できる• ETCカードの年会費が無料になる• 年会費の割に海外旅行保険の補償額が大きい• ANAマイルを貯めるのにも適している• ポイントは楽天市場や楽天ペイで使えるので、交換できるアイテムは実質無限大• 年会費が税別2,000円かかる• ゴールドカードの中では比較的ステータスは低め• 券面がややピンクゴールド寄りなので人を選ぶデザイン• 家族カードの年会費が楽天プレミアムカードと同じ• Edyより絶対にnanaco!という人には向かない まずは 切り替え方法や審査にかかる時間を見ていきましょう。 ) 切り替え手数料は無料楽天ピンクカードや楽天ANAマイレージクラブカードへの切り替えは、手数料が1,000円(税別)かかります。 しかし、 楽天ゴールドへの切り替え手数料は完全に無料です。 切り替え手数料 楽天ピンクカード 1,000円(税別) 楽天ANAマイレージクラブカード 1,000円(税別) 楽天ゴールドカード 無料 切り替え審査時間:最短1分〜5・6時間 「切り替え」と言っても、審査自体は新規申し込み時と同様に行われます。 審査時間は 最短で1分。 何はともあれ、スコアリング点数が高い人 (審査に問題がない人)は、平日の営業時間内に申し込めば、まずその日のうちに審査が終わるでしょう。 (審査基準に関してはで後述) 届くまでの期間:4〜7日間 楽天ゴールドカードへの切り替え審査が終わると「発行手続き完了のお知らせ」というメールが届きます。 (審査結果自体はメールで届きません。 ) そこには以下のような文言が。 カードはお申し込みから通常1週間でのお届けとなりますが、年末年始やゴールデンウィークなどの連休が重なる場合や、審査状況や配送地域により、通常よりもカードのお届けが遅れる場合がございます。 連休が重なる日以外は審査終了から1週間以内に届くと捉えて良さそうですね。 現在実施中のキャンペーンはありませんが、 過去には3,000〜5,000ポイントもらえたことも。 2019年のキャンペーン予想もしているので、参考にして見てください。 切り替えキャンペーンは基本的にない 新規入会では5,000〜10,000ポイントの楽天スーパーポイントをもらえる楽天ゴールドカード。 しかし、楽天カードなどからの 切り替えでは基本的にキャンペーンはなく、ポイントはもらえません。 ただ開催事例が全くないわけではなく、 稀に切り替えキャンペーンで3,000〜5,000ポイントもらえることがあります。 (くわしくはで後述) インビテーションで1,000〜3,000ポイントもらえることも 楽天カードをしばらく使っていると、楽天ゴールドカードのインビテーションが届きます。 その インビテーション用紙に1,000〜4,000ポイントの切り替えキャンペーンの案内が記載されていることがあるんですね。 楽天カードのインビテーション初めてはがきで届いたけどe-naviで申し込める内容と同じだしわざわざ何で送ってきたんだってレベル 楽天プレミアムカードの三年無料のインビテーションくれよなあ — ごみたそ gmi84 稀に開催されるキャンペーンよりは少なめの傾向がありますが、全くもらえないよりはマシなので、 インビテーションを待つのも1つの手でしょう。 通常の楽天カードだけでなく、楽天ANAマイレージクラブカードや楽天PINK(ピンク)カードからの切り替えも対象。 もらえるのは期間限定ポイントですが、キャンペーンがないよりは全然マシですね。 過去には3,000〜5,000ポイントの切り替えキャンペーンあり 過去に行われた楽天ゴールドカードへの切り替えキャンペーンは以下のとおり。 2018年にはダイヤモンド・プラチナ会員限定の切り替えキャンペーンも開催されたみたいなので、 日頃から楽天カードを使って会員ランクをあげておくようにしましょう。 2019年の切り替えキャンペーンのタイミングはいつ? 次回の楽天ゴールドの切り替えキャンペーン開催時期、こればっかりはかなり予想するのが難しいです…。 ただ、過去の開催時期を分析すると、なんとなくは以下のような傾向がありそうです。 8,000ポイントキャンペーンの開催時期と酷似?通常の楽天カードでは新規入会で5,000ポイントですが、年に4,5回ほど8,000ポイントになる時期があります。 この 8,000ポイントキャンペーンと、楽天ゴールドカードの切り替えキャンペーンの開催時期が酷似しているんですよね。 空港ラウンジを無料で使える 楽天ゴールドカードでは、国内主要29空港とハワイ・韓国の空港ラウンジを無料(年2回まで)で利用できます。 いやほら、ポイント5倍になるし。 ほら、空港ラウンジ使えるし。 ちょっとゴールドでイキりたい訳じゃないですよ!決して! — ザブロー アフィリーマン「20万の壁の巻」 zabroow いわゆるカードラウンジというもので、ソフトドリンク無料・WiFi完備。 (那覇の空港ラウンジではシークワーサージュースが無料) 空港に早く着きすぎても、ゆったり休憩できますし、充電も完備なので仕事もできますね。 楽天カード:3,024ポイント• 楽天ゴールドカード:5,040ポイント これが損益分岐点です。 つまり、月々にして9,000円以上楽天市場で使うなら、年会費以上のポイントが貯まるので、楽天ゴールドカードのほうがお得になります。 年会費500円(税別) 年会費無料 発行不可 ・楽天カード ・楽天PINKカード ・ ・楽天銀行カード ・楽天ゴールドカード ・楽天プレミアムカード ・楽天カードアカデミー 確かに通常の楽天カードでも、楽天会員ランクが「ダイヤモンド会員」「プラチナ会員」以上であれば、ETCカード年会費が無料になります。 利用額が多い人なら楽天カードでも問題ないんですが、 楽天ゴールドカードに切り替えれば最初から無料なので気楽ですね。 家族カードの年会費が500円(税別)と有料に 楽天ゴールドカードは家族カードの年会費が500円(税別)と有料に。 本カード年会費 無料 2,000円(税別) 家族カード年会費 無料 500円(税別) せっかく本体の年会費が安くても、 家族が多ければ意外と維持費がかかりそうなので、切り替えの際には十分に考慮する必要があるでしょう。 損益分岐点も上がる 家族カードの 発行枚数が増えるにつれて、楽天カードとの損益分岐点も上がっていきます。 切り替えできないのはなぜ?• 切り替え審査に落ちたらどうするの? Q. 切り替えできないのはなぜ? ほとんどのケースでは、 申し込み条件を満たしていないことが原因です。 (20歳未満や学生など) ただ、稀に原因不明のエラーが発生することもあるみたいです。 なーんどやっても楽天ゴールドカードへの切り替えができん 「申し訳ございません。 エラーが発生いたしました。 お客様は既に楽天銀行カードをお持ち、あるいは申し込み済みですので、新たにカードをお申し込みいただくことができません。 切り替え審査に落ちたらどうするの? 楽天ゴールドの切り替え審査に落ちてしまった場合は、まずは理由を究明することが先決です。 大体は、年収や職業の面で支払い能力が低いと判断されたのだと思いますが…。 切り替えは楽天e-NAVIから無料で簡単にできる• 審査は最短1分、届くまでは最短4日と発行スピードにも定評あり• 年会費が2,000円(税別)と有料になるが、楽天市場での還元率がアップし、空港ラウンジも無料で使えるようになる• 基本的に楽天ゴールドの切り替えキャンペーンはない• 過去には3,000〜5,000ポイントの切り替えキャンペーンあり• 2019年は残り2回ほどキャンペーンが行われると予想 使う人によっては楽天カードよりも確実にお得になる楽天ゴールドカード。 切り替えキャンペーンは基本的にないですが 、ごくたまに3,000〜5,000ポイントあるので、定期的に公式サイトをチェックするといいですよ!.

次の