あつ 森 ゲーム 機。 【ランキング】小学生が遊ぶゲーム、3位は『あつ森』、1位に「早めにやめさせた」「子供にやらせるな」の声

【あつ森】攻略 タヌキ商店で買える物一覧・まとめ/あつまれどうぶつの森

あつ 森 ゲーム 機

島でのスローライフを楽しむニンテンドースイッチ向けゲーム「あつまれ どうぶつの森(あつ森)」(任天堂)。 オンラインによって顔を合わせなくても他のプレーヤーと遊べるシステムが、コロナ禍で起きた「ステイホーム」の状況とマッチしたこともあり、発売から6週間で全世界1341万本の大ヒットを記録した。 「あつ森」は、プレーヤーが、どうぶつたちが暮らす村での釣りや虫取り、どうぶつとのコミュニケーションを気ままに楽しむ人気シリーズ「どうぶつの森」のニンテンドースイッチ向け新作として、3月20日に発売された。 従来の「村」から、手つかずの「無人島」に舞台を移し、必要なものを自作していくことで、気ままに島を発展させていく。 また、服や家具などの柄を自分で作成することも可能で、米メトロポリタン美術館などが所蔵作品の一部をデザインとしてゲーム中で使えるようにするなど、さまざまな広がりを見せている。 自分の島をSNSなどで披露する動きも盛んで、有名人が自分の島を公開したり、人気ユーチューバーがYouTubeで遊んでいる様子を公開したりと、大きく盛り上がりを見せたことで、情報番組などで特集が組まれることも多く,社会現象として人気はさらに加速。 スイッチ本体は現在も深刻な品不足状態に陥っている。 しかし、これまでと異なる動きも出てきている。 複数の関係者は「他のタイトルの売り上げに影響が出た」と明かす。 2018年12月の発売以来、スイッチの売り上げを長期にわたって支えていた人気ゲーム「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」(任天堂)や、5月に発売された名作RPGのリメーク「ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション」(同)といった従来のゲーマー向けタイトルは、想定ほどの売り上げに至らなかったという。 一方で、「東北大学加齢医学研究所 川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のNintendo Switchトレーニング(脳トレ)」(同)が、発売から半年近く経過していたにもかかわらず、大きく売り上げを伸ばしたほか、気軽に楽しめるパーティーゲームがそろった「スーパー マリオパーティ」(同)も、2018年10月の発売から1年半過ぎているにもかかわらず、昨年同時期をはるかに上回る売れ行きになったという。 将棋、チェス、五目並べ、マージャンなど、古今東西のゲームを集め、6月5日に発売された「世界のアソビ大全51」(同)はテレビCMが放送されたこともあって大きく予約を伸ばし、発売日には「アソビ大全」がSNSのトレンド上位に入るなど、大きく話題を集めた。 「脳を鍛える大人のDSトレーニング」「nintendogs」(いずれも任天堂)など、2画面とタッチパネルという斬新な構造を生かした「Touch! Generations」シリーズで、それまでゲームに触れてこなかったユーザーの取り込みや、「おいでよ どうぶつの森」(同)でライトゲーマーの回帰に成功した「ニンテンドーDS」(同)の時に酷似しているのだ。 2006年3月の「ニンテンドーDS Lite」(同)発売日は、各地の家電量販店にかつて例を見ないほどの長蛇の列ができた。 当時、記者も前日から現地取材したが、列に並んでいた人の年齢層もそれまでのゲーム機の発売と異なり、比較的年齢の高い人の姿もかなり見受けられた記憶がある。 余談だが、その日の夕方ごろからネットオークションに高値で出品されていたのも、スイッチ本体が多数出品されている現在のフリマアプリの状況と似ている。 DSブームは、据え置きゲーム機「Wii」(同)でのフィットネスソフト「Wii Fit」(同)のヒットなどに派生し、ある程度息の長いものになったが、やがて、無料で楽しめ、グラフィックもゲーム専用機と遜色なくなったスマホアプリの台頭もあって、後継機「ニンテンドー3DS」(同)もヒットはしたものの、DSほどの社会現象には至らず、ブームはひっそりと終わりを迎えた。 思えば、現在も品薄が続く「リングフィット アドベンチャー」(同)のヒットも「Wii Fit」を思わせるものがある。 これまで圧倒的にスマホゲームの後じんを拝していた家庭用ゲーム市場だったが、今回の「あつ森」のヒットに始まる新規ユーザーの取り込みで、少し状況が変わりつつある。 もちろんブームはやがて去るものだし、必ずしもスマホゲームと家庭用ゲームは対立する存在という訳でもないが、ユーザーが何に時間を使ってくれるかという点で、どれだけの新規ユーザーをつなぎ止められるかが、家庭用ゲーム市場の今後を左右するだろう。

次の

あつまれどうぶつの森を配信する方法を解説|Switchのゲーム実況のやり方【あつ森】

あつ 森 ゲーム 機

ソニー・プレイステーション4で、スクウェア・エニックスから発売された「ファイナルファンタジーVII リメイク」は世界で350万本以上売り上げた(写真提供:ロイター) PS4販売台数110万台減 苦戦のソニー まず、PS4擁するソニーの状況を見てみよう。 実は、PS4を製造・販売をする子会社のソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)単体の決算は発表していない。 ソニーグループ全体の連結決算という形で数字を公表していて、SIEの部分は、「ゲーム&ネットワークサービス部門」として公開されている。 このゲーム部門だけの2020年3月期の連結決算によると、売上高は前年同期比14. 4%減の約1兆9776億円、営業利益は23. 3%減の約2384億円だった。 売上高、営業利益共に、前年度を下回る結果となった。 売上高は3333億円の大幅減収、営業利益も727億円の大幅減益だ(ソニーのWebサイトより) 低迷の原因として考えられるのが、PS4の発売から7年目となり、新しくゲーム機を買う層があまり望めなくなってきている点だ。 さらに、次世代後継機となる「PS5」を2020年末に発売することを19年10月に発表していて、これによるPS4の買い控えも起きているものと考えられる。 この動きは、PS4の出荷数にも現れている。 2019年1〜3月の販売台数は約260万台だった一方、20年1〜3月は約150万台。 実に110万台もの落ち込みで、四半期で最も少ない販売台数となった。 一方で、7年ぶりの新機種となるPS5に向けた期待は高く、特に昨今では、その値段がいくらになるのかという点が注目されている。 PS4の価格が発表された7年前の13年、さらに7年前の06年に発売されたPS3の定価が約5万円にものぼったことから、4の値段はそれを上回るのではないかという噂が当時飛び交った。 結果的にPS4は、PS2などと同じ約4万円の定価で販売されたが、PS5においても7年前と同じ噂が飛び交っている。 価格も、従来通り約4万円とするものから、部品高から約8万円とするものまでさまざまだ。 今まさに7年前と同じ現象を繰り返しているあたり、PS5に対する期待は変わらず高いままと言えるだろう。 参考までに、PS4が発売された13年度決算をみると、売上高は前年度比38. 5%増の9792億円となっている。 PS5が発売される20年度決算も、似たような動きになるかもしれない。

次の

「あつ森」は最高の宣伝ツール?海外一流ブランドが参戦する理由

あつ 森 ゲーム 機

新型コロナウイルス感染拡大に伴う「巣ごもり」需要に沸く家庭用ゲーム業界。 新作ソフトウエア「あつまれ どうぶつの森」に代表される任天堂をはじめ、ゲーム各社の足元の業績は好調だ。 一方、新型コロナの影響でソフト開発の遅れが懸念されるほか、部品調達の停滞によるゲーム機の出荷にも影響が生じている。 コロナリスクへの対応力が問われている。 (京都・大原佑美子、大阪・園尾雅之) 家庭用ゲーム機好調 「あつ森」6週間で1300万本 家庭用ゲーム業界で好調さが目立つのが任天堂だ。 2020年3月期連結決算は営業利益が前期比41・1%増の3523億円。 家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の販売台数は同24・0%増の2103万台と17年の発売以降最高で、スイッチ向けソフト販売本数は同42・3%増の1億6872万本だった。 「あつまれ どうぶつの森」が3月の発売から6週間で1300万本(ダウンロード版含む)を販売するなどスイッチ向けソフトで過去最高の出だしとなったほか、期中に発売した「ポケットモンスター ソード・シールド」など新作ソフトがハードウエアの販売を押し上げた。 任天堂の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」 ハードを持たないソフト開発企業も同様だ。 20年3月期に過去最高の業績を達成したコーエーテクモホールディングス(HD)。 オンライン・モバイル分野の伸長がけん引、売上高は同9・4%増の426億円となった。 IP(知的財産)許諾タイトル「三国志・戦略版」が貢献し、営業利益は同16・6%増の141億円となった。 カプコンは「モンスターハンターワールド:アイスボーン」などのソフト販売が堅調に推移し、20年3月期の営業利益は同25・8%増の228億円で過去最高を更新した。 パッケージ販売からダウンロード販売へのシフトを進め、コストを抑えて利益率を高める戦略も奏功した。 ゲーム「モンスターハンターワールド:アイスボーン」のプレー画面 快走を続けるゲーム業界だが、先行きには慎重だ。 任天堂は21年3月期について、売上高が同8・3%減の1兆2000億円、当期利益が同22・7%減の2000億円を予想する。 古川俊太郎社長は「新型コロナの影響で(ゲーム機の)部品の調達に課題が生じている。 4月以降の生産に影響が出ており、夏頃に収束する」と予測。 供給の遅れで、スイッチの販売台数は同9・6%減の1900万台、スイッチ向けソフト販売本数は同17・0%減の1億4000万本に設定した。 コロナ禍によるソフト開発の遅れも懸念だ。 古川社長はコロナ対策による在宅勤務の導入で「開発行為に影響が及ぶ。 長期化すれば同じ効率は求められない」と新作ソフト開発の遅れを指摘する。 コーエーテクモHDも「ゲーム開発を含む事業面での影響について慎重に見極める必要がある」(襟川陽一社長)と、21年3月期見通しの公表を見送った。 カプコンも同社のクリエーターが在宅勤務を余儀なくされている。 戦力ダウンは避けられないとした上で、野村謙吉取締役専務執行役員は「約2000人のクリエーター全員が新作コンテンツの制作に携わるわけではない。 工程の見直しなどで対応したい」とし、21年3月期の新作コンテンツは予定通り発売する計画。 ダウンロードなどのデジタル販売の販売比率も高水準を維持し、8期連続の営業増益を目指す。 通常時のゲームソフト制作。 現在はこのような出社がままならず、制作の遅れが懸念されている 既存タイトル積み上げ ハード・ソフト、機動的に投入 野村証券の山村淳子リサーチアナリストは任天堂について「既存タイトルを中心に好調な販売本数、台数の積み上げを維持できれば足元のポジティブな流れを年末商戦へつなげられる」と指摘。 高効率な開発体制に定評があるコーエーテクモHDについても「新型コロナ感染症の影響による一部タイトルの発売時期の遅れが、同社の成長ストーリーに与える影響は限定的」と見る。 新型コロナ影響で、コンピュータエンターテインメント協会は9月開催予定の展示会「東京ゲームショウ2020」について、展示会場での開催を中止、オンラインによる開催を検討している。 ゲーム各社は例年、同展示会に向けて販売戦略を練る。 イベントの概要が不透明な中、会員制交流サイト(SNS)を活用した情報発信など、各社の販売戦略にもより柔軟な対応が求められる。 年末商戦に向け、ソニーと米マイクロソフトは次世代機を投入予定で、ゲーム業界はさらなる競争激化が進む。 商機を逃さずにハード・ソフトを機動的に投入できるか否かが、コロナ禍での勝負の分かれ道となりそうだ。 日刊工業新聞2020年5月14日.

次の