アタッカー アーマー ガア。 剣盾S1使用構築 カバギャラジュラルドン/最高12位最終33位

アーマーガアの単体考察

アタッカー アーマー ガア

アーマーガアの後攻蜻蛉返りから高速アタッカー並べとけば勝てるやろ的なコンセプト。 コンセプトとはいいつつも選出率はわりと均等だった。 「うらめしや~」な手がめっちゃかわいいですねコイツ。 鬼火で起点を作って自分で舞ったり後続に任せるのがお仕事。 主な対象はやなど。 おにびとラムをうまいこと活用すると黒い霧にも有利なため、意外と受け回しにも選出できます。 攻撃範囲・火力的には龍霊で十分足りていたのですが…。 アーマーガアが苦手なやパッチラゴン、などにも強めです。 対受け回しへの崩し能力に長けているのが強く、スカーフトリックと広めの攻撃範囲から受け回しを崩す要になる存在でした。 トレースもなかなか使いどころが多く、相手のすいすいやの再生力をコピーできるのが強かったです。 物理に投げて後攻蜻蛉からアタッカーを召喚します。 やパッチラゴン、特殊ドラパルトといった明確な対策を後出しされるので、そこにとんぼがえりを合わせてなどを後出しすることでアドを稼げます。 アーマーガアミラーではちょうはつが飛んできますが、こちらとしてはとんぼがえりでサンダースやエースバーンに繋ぐだけ。 を中心としたタイプ一致ダイジェッターに頭を悩ませていたときに考えた。 他の電気と比べての長所はあくびで、相手のックスをいなしつつ、後続のドラパルトやの積み起点を作りにいけます。 はよく後出しされるドラパルトへの打点。 耐久に厚く振っていない限りは2発で落とせます。 相手のダイジェッターやダルマに強くてにも弱くない枠がほしい…そんな万能ポケいるわけ…いたわ。 つららやフレドラで中になった、ダイジェットを積んだ、、に死に出しからからやぶを積んで岩技で切り返していく。 元々はシーズン中盤にダイジェットの対策に頭を悩ませていたころ、そういえば環境にステロ展開と先制技がほとんどいないし襷からやぶできるコイツ強いんじゃね??と思い起点作成のサンダースとともに採用。 終盤はステロ展開が数を増やしてはいましたが、それでも出せば活躍する試合が多かった印象。 と違って相手のタスキやばけのかわを貫通できないのが本当に惜しいところ。 ロクブラは試してみましたが、全然安定せず…。 と比べていいところはこんな感じ。 メリット ・最低限の特殊耐久があり、積みにいける。 ・バンギやカバの砂でタスキが潰れない。 むしろDがあがる。 ・硬い爪によるの火力。 積まずともH252火確1。 ・でを突破できる。 ヌオーがいない受け回しを崩せる。 タッタッ……タッ…タッ…ズドーン シーズン中盤まではダイバーンとダイナックルで火力を、ダイジェットでSを上げるックス積みエースとして大活躍していましたが、がして数を戻したり、やヌオー入りが多くてエースとして選出しづらくなったので最後は展開阻害の挑発に変更しました。 タイプヌルの電磁波を止めたり、壁を貼りにきたオーロンゲの両壁を阻害したり、使いどころはそれなりにありました。 持ち物はックスの有無を問わず火力を出せるいのちのたま。 バトルタワーのレンタルパでそのパワーの虜になってしまったのでそのまま採用…。 一部紹介します。 ドラパのような相手に出しがちな選出。 先発はドラパルト読み。 アーマーガアの後攻とんぼがえりを軸にやエースバーンを召喚して上から殴りつづける。 サンダースで相手のダイジェットをいなしながらこちらのを通す。 1には早いスイーパーのいずれかを入れて通しに行く。 の使い方がキーになる。 mawilegenger22.

次の

【ポケモン剣盾 シーズン1】慎重HD「アーマーガア」+DM雨エース「ガマゲロゲ」の薦め

アタッカー アーマー ガア

アサギです(対魔忍ではありません) USUMでは構築で頑張った後あまりやらなかったですが、剣盾ではックスが想像していたよりも何倍も面白くてハマってます…………。 今回は自分の頭の整理も含めて今作で自分がビビっと来たアーマーガアの単体考察、調整を置いておきます。 見た目 はい、格好いい 黒く鋼鉄でできている全身と鋭い目付き……格好いい……。 思わず色違い粘っちゃいましたよ。 やっぱ見た目ってモチベに繋がるので大事ですね…! 2. 基本概要 タイプ:鋼・飛行 特性:きんちょうかん・プレッシャー・ミラーアーマー() 体重:75. 0kg H98 A87 B105 C53 D85 S67(計495) 最初見たときはと比較して(こいつに物理受け出来るんか…?)と一瞬思いました(杞憂でしたね……) 3. タイプについて タイプについては鋼・飛行という優秀なタイプを持ってます…!同じタイプはとのみとなってます。 特性について 特性はまだまだ考察のしがいがありますが、基本ミラーアーマーがとても強いので基本ミラーアーマーかなと……。 型によってプレッシャーもありかなとも思ってます。 (ミラーアーマーとは、AダウンやBダウンのデバフを相手に跳ね返す特性です。 具体例をあげると、の威嚇が跳ね返って自信にAダウンが働きます。 ) 5. について これは同タイプのとを並べて見てみます。 D方面もと違って85あるのでタイプ一致弱点を付かれなければ一発は耐える性能してます。 (例:ドラパルトの10万ボルトダイサンダーでH252振りアーマーガアに対して69. 2~81. (、は居ませんが分かりやすいため……。 ) まず採用されやすい覚える技の差について アーマーガア ・ ・ドリルくちばし ・はねやすめ ・とんぼがえり ・ビルドアップ ・ボディプレス ・みがわり……etc ・ ・ドリルくちばし ・はねやすめ ・ほえる ・ ・どくどく(今作で没収されてるかもだけど一応) ・……etc ・やどりぎのたね ・ヘビーボンバー ・ ・ ・ ・ ・ ・ばかぢから ・ラスターカノン……etc こんな感じですかね・・? 技の差を見てみるとそれぞれこんな特徴があると思われます。 〈アーマーガア〉 ビルドアップやとんぼがえり等を覚えるのでサイクルしつつアーマーガア単体でも詰められる性能 〈〉 ステロやほえるなどの受けが他の2匹に比べて秀でている 〈〉 はねやすめの用な瞬間回復技か無い代わりに物理、特殊方面どっちでも使える上に技範囲が豊富で崩し性能に秀でています。 (特性のビーストブーストと相まって強力でしたね……) 他2匹との一番の違いは恐らく物理耐久を上げつつ火力貢献もできるビルドアップを覚える点だと思います。 (は今回居ないんで普通にサイクルでも強いんだけどね……) 一度ビルドアップを積んでしまえば並大抵の攻撃では落ちなくなるし火力面でもの用な高火力技も使えます。 ただSが67でありAも87と中速中火力なため "純粋な"アタッカーには向いてません。 恐らくアーマーガアの最大の強みは調整によっては"受けきるアーマーガア"と"詰めるアーマーガア"の2パターンが少なくともあるところだと思います。 受けきるアーマーガアですね。 環境に増えるやろ!と思って、みがわりがのサマ確定残り、の熱湯でも確定残りできる調整です。 実際にはももあまり見かけませんでした………なのでもっと調整する価値があると思います。 物理受けの性能を少し落とす代わりに通し、詰めの性能を伸ばしたアーマーガアとなっています。 純粋にが辛い……ひたすらが無理なのであくびによる起点も作れる、ヌオー。 特殊方面のケアとしては辺りは間違いないかなと思っています。 でステロ巻いてアーマーガア、等で受け回してタイミング良くアーマーガアで詰める。 なんて動きが基本かつ理想な気がしますね。 まったりゆったりソードシールドはやっていくのでお願いします・・・! p. ソードシールドって皆なんて略してるんだろね・・・。

次の

剣盾S1使用構築 カバギャラジュラルドン/最高12位最終33位

アタッカー アーマー ガア

『ポケットモンスターソード・シールド(ポケモン剣盾)』の対戦で強力なポケモンの1匹、「アーマーガア」の育成論を掲載しています。 「オボンのみ」を持たせて繰り出し性能を上げ、物理ポケモンを受ける役割を持たせた「物理受けアーマーガア」の育成論をご紹介します。 5倍 0. 25倍 無効 解説 特殊物理共に安定した耐久を持ち 、回復技や耐久を上昇させる積み技もある優秀な受けポケモンで、特にタイプによる耐性から物理の受け適性が非常に高いポケモンです。 「サニーゴ」「ナットレイ」などの耐久ポケモン相手でも「ちょうはつ」によって動きを封じる事が出来、特殊以外であれば幅広い相手に対応してく事が可能です。 特性の「ミラーアーマー」によって「ダイホロウ」などの防御ダウンも受けずに立ち回れるというのもポイントです。 タイプも相まって非常に広い範囲の物理アタッカーを受ける事が出来、一度てっぺきを積んでしまえばほとんど 物理では突破不可能なレベルの耐久になります。 ウエポンは3択ですが、てっぺきを使用する場合は「ボディプレス」の選択肢が非常に強く1度の行動で防御面攻撃面の両方を強化する事が可能になります。 どれを採用しても半減以下にされてしまう相手は環境に多数存在するので自分のパーティと相談して採用を決めるか、「ちょうはつ」を削って2ウエポンにしましょう。 ちょうはつの優位性は相手の耐久ポケモンに仕事をさせづらい点、アーマーガアミラーに強くなる点、最悪の場合でも起点にはなりづらい点などが挙げられます。 メインメニュー•

次の