バサ という ゲーム。 やりすぎ都市伝説のバサが怖い!一度すると人生が狂うゲームって本当!?|のんびりWORLD

バサってどんなトランプゲーム?やってはいけない危険な遊び方やルールも紹介

バサ という ゲーム

各プレイヤーはカードを投げるためにターンを取る。 この場合、バスラは授与されません。 2つのバスラのために最大のピックと20ポイントを得る)。 3人のプレーヤーのバスラ バスラは、中近東のコーヒーハウスで広くプレイされている楽しい魅力的なカードゲームです。 これは、次のスーツや勝利のトリックとは異なるものを提供するゲームです。 バスラは釣りゲームとして最もよく説明されています。 メカニズムがシンプルでスタイルが簡単なBasraは、戦略とスキルに豊富な機会を提供します。 ギリシャ、キプロス、レバノン、そして地中海全域でオスマン帝国の時代から広く演奏されてきたバスラは、さまざまなバリエーションで登場します。 ここで説明するバージョンは、3人のプレーヤーにとって優れたカードゲームになります。 各プレーヤーは自分でプレイします。 カード 52カードの標準デッキ。 取引 各プレーヤーには一度に8枚のカードが配られ、次に4枚が表向きでセンターに配られます。 これは「床」と呼ばれます。 それらのいずれかがジャックまたはダイヤの10である場合、それはデッキに埋め込まれ、新しいカードがその場所に置かれます。 デッキの残りの部分はとりあえず取っておきます。 目的 プレーヤーの順番を決める目的は、正しいカードをプレイすることで、フロアからカードを獲得または収集することです。 特に興味深いのは、ダイヤの10、エース、ジャック、クラブの2です。 そして彼が良ければ、彼は「フロア」からのすべてのカードを占めるカード、バスラをプレイすることができます!カードは次の人が利用できます。 ペアリング—床にあるカードの額面を単に一致させます。 6は6を取り、キングはキングを取ります。 結合—値が2枚以上のカードの合計に等しい番号カードをプレイできます。 たとえば、10をプレイして6と4をキャプチャすることができます。 そのため、1つの写真カードは別の写真カードでしかキャッチできないことに注意してください。 ジャックをプレイ—ジャックをプレイすると、すべてのカードを受け取り、フロアをクリアします。 バスラ—バスラは、プレーヤーがジャックを使用せずに床からすべてのカードをキャプチャしたときに発生します。 たとえば、フロアに2、4、エースが表示されていたとします。 あなたは7をプレイし、フロアをクリアすることができます。 または、フロアが7、2、4、および5を示している場合は、9をプレイしてそれらすべてを取ることができます。 床にカードが1枚しかない場合でも4枚以上である場合でも、バスラは5ポイントを獲得します。 遊び ディーラーの左側のプレイヤーから始めて、各プレイヤーは「フロア」に向かってカードを表向きにプレイすることで自分の順番を取ります。 上記のルールに従って表向きのカードのいずれかに一致する場合、プレーヤーは自分の捕獲を発表し、自分のカードと彼が捕獲したカードを取り外して、自分の前にきちんと脇に置きます。 プレイヤーがカードをキャプチャできなかった場合、そのカードは、今後のプレイでキャプチャできる「フロア」上に表向きのままになります。 ターンは次のプレーヤーに渡され、それぞれの手札がなくなるまでカードを1枚ずつプレイします。 プレーヤーが手札からすべてのカードを使い果たしたら、ディーラーは再び各プレーヤーに8枚ずつカードを配り、デッキを使い果たします。 「フロア」にカードは追加されません。 もう一度最初にプレイするのはディーラーの手であり、カードが手札に残っているプレイヤーがなくなるまでハンドがプレイされます。 最後のプレイの後で「フロア」にカードが残っている場合、最後にカードを取得したプレイヤーが自分のためにカードを取得します。 得点 プレイの終了時に、各プレーヤーは次のポイントを獲得してスコアを集計します。 ダイヤの10は3ポイントを獲得します クラブ2は2ポイントを獲得 各エースの得点は1ポイント 各ジャックの得点は1ポイント カードの3ポイント-つまり、プレイの終わりにカードの大部分を保持している人は、そのために3ポイントを獲得します。 最も多くのカードを持っていることで2人のプレーヤーが同点である場合、どちらのプレーヤーもそれに対するスコアとそれらの3ポイントは単にゲームに失われます。 バスラごとに5ポイント-バスラは1回のプレイでフロアをクリアすることでスコアが付けられますが、フロアがジャックでクリアされた場合は授与されません。 ゲーム バスラはいくつかのハンドでプレーされ、合計51ポイントになります。 ハンドの終わりで複数のプレーヤーが51ポイント以上の場合、どちらのスコアが高いかに関係なく、ゲームは合計61ポイントまでプレイされ、その後、1人のプレーヤーが合計をクリアするまで71が続きます。 彼の反対者とゲームの勝者と宣言されています。 「バサ」が危険といわれる理由は何? 中東で良好しているゲームですが、レバノンでは政府が介入しプレイが禁止されているほど、興味本位ではプレイしないほうが良いゲームとの事。

次の

トランプゲーム「バサ」ができる工場の場所は?やり方やルール、危険な理由とは

バサ という ゲーム

ルール 1人4枚の手札を配り、山場から4枚のカードを場に置く。 様々な条件を元に、プレーヤーが手札のカードを駆使しながら、順番に場のカードを回収していく。 場から回収したカードは手札には加えない 場のカードを回収できる条件は ・手札と場のカードが一致する 7と7、2と2など ・場にあるカードのうち2枚の合計が手札のどれかと数が一致する 10は6と4、8は3と5など ・ジャックは利用可能なすべてのカードを選択することができる ・ダイヤモンドの7はジャックと同じ など様々な条件があります。 もし条件に当てはまらなければ自分の手札から1枚とって、場のカード4枚のうちどれか1つの上に置く。 場のカードは回収されていくので、場に4枚のカードが常にあるように山札から補充していく。 プレイヤーの手札がなくなったら山札から再度プレーヤーにカードを配り、もう一度条件が合えば場のカードを回収していきます。 山札がなくなったら終わり。 勝敗はポイントによって決まります。 特定のカードを回収できているor特定の条件でカードを回収できているか等でポイントが変わります。 ・ダイヤの10:3ポイント ・クローバーの2:2ポイント ・エース:1ポイント ・ジャック:1ポイント これら以外のカードにはポイントはありません。 ・最終的に1番カードを持っていれば3ポイント ・場に7、2、4、5があり、手札に9があれば7+2、4+5のように合計が9になる組み合わせが2つでき、場のカード4枚全てを一度に回収できる。 これをBasraと呼ぶ Basra1回で5ポイント 51ポイント以上に一番早く到達した人が勝ちです。 もし1回のゲームで到達している人がいなければ、もう一度ゲームを加算していきます。 こちらのルールはたくさんあるルールの一つで、大富豪のように場所によってルールが違うそう。 ですが、このルールだとクイーンはそんなに強い印象がないんですよね・・・。 楽しそうだけど、廃人になるまでのゲームなのか・・・。 番組でクイーンが強いとか言われていたのですが、このルールだとクイーンは強くないんですよね・・・。 違うゲームなのかもしれないです。 わかり次第、追記していきます! バサに関する噂 なんと都市伝説で紹介されていた内容ですが、で質問がありました。 質問者 「バサ」というカードゲームをご存知ですか? とある芸人が「バサ」というカードゲームにはまり、のめり込みすぎたため、芸人をやめてしまったそう。 20年ほど前に傾倒したが、友達、家族、恋人を失ってしまいました。 今は、社会復帰し、1人で普通の生活ができるまでになりましたが、プライベートで人との交流は何年もとっていません。 このゲームにより多くの人を傷付けてしまい、人と接する価値のない人間だと思っています。 今後の人生は1人でいきていくつもりです。 他の人が回答してある通り中東で流行しているゲームですが、レバノンでは政府が介入し、プレイが禁止されています。 興味本位で突っ込まないほうがいいゲームです。 なんと、レバノンでは政府が介入までするほどのゲームだそう・・・! まとめ 今回は都市伝説で放送された「バサ」というゲームについてまとめました。 まだ、情報がわからないことが多いので、わかり次第、追記していきます! したっけ!.

次の

「やりすぎ都市伝説」バサという謎のトランプゲームのやり方・ルールは?なぜ危険といわれるのか | タピタピ

バサ という ゲーム

スポンサードリンク バサというトランプゲームのルールは? バサのルールについて、ネットやSNSを活用していろいろと調べてみたんですが、直接バサのルールを解説してくれているものは全くなく、結局ルールは全然わかりませんでした。 アルコ&ピースさんのラジオによると、バサのルールを知っているのは元芸人の岡野陽一さんらしいです。 岡野さんが言うには、人生を狂わせるほど面白いから、詳しいルールを知ってしまうと、芸人を辞めてしまうとのこと。 面白すぎて熱中してしまい、本業のことも忘れてしまうほどに「バサ」は面白いということなんですね。 また、同じくこのラジオによると、 「麻雀」や 「大富豪」のようなゲームなんだとか… 確かに、麻雀や大富豪も面白いゲームですし、ハマる人はけっこう熱中しちゃいますよね~ 私も小学校の時に大富豪がめちゃくちゃ流行って、休み時間には大富豪ばっかりやってたことありましたw それにしても、「麻雀」や「大富豪」のようなゲームと言われると、逆にどんなゲームなのかわからなくなってきますね… 麻雀は牌を揃えてより強い役を作るゲームですし、大富豪は、手札のトランプカードを順番に出していって、誰よりも早く手札を使い切った人が勝つというゲームです。 そのゲーム名は 「Basra」というものらしく、「バサ」と名前が似ていますね~ このBasraについてもルールを調べてみたんですが、やはりなかなか情報が出てきません。 やっと見つけた海外サイトに掲載されていたルールを翻訳してみたところ、次のようなルールみたいです。 1 トランプを使ったゲーム 2 プレーヤーの手札は8枚、それとは別に場に4枚のカードが出される 3 プレーヤーは手札から場にカードを出し、条件が満たされると場に出ているカードを手に入れることができる 4 手に入れたカードに応じて得点が入る。 5 51点以上の得点を早く手にした人が勝ち! 翻訳機能を使ったので、ところどころ日本語がおかしく、詳細なルールはちょっとわかりませんでしたが、高い点数が得られるように考えながら手札を使うというのは、少し麻雀に近い感覚の部分がありますし、周囲より早く高い得点を得て抜け出すというところは大富豪に近い感じもします。 加えて、「Basra」という名前が「バサ」と似ているところから、確かにbasraがバサの元となったゲームなのかもしれませんね。 こちらのBasraも、ハマる人がどんどん出てきてしまったという噂もあるようです。 「Basra」も「バサ」もどちらもあまり深く知りすぎると危険なのかもしれませんね…w まとめ バサについての詳しいルールについては、結局のところ情報が全然得られず、どういうゲームなのか真相を知ることはできませんでした。 ただ、アルコ&ピースさんのラジオによると、バサは「麻雀」や「大富豪」に似たゲームのようですね。 「バサ」という名前、そして「麻雀や大富豪に似ている」というところから調べてみたところ、中東の「Basra」というゲームがバサに近い可能性が考えられます。 Basraも熱中する人が多すぎたという噂もあるようなので、もしかしたら本当にバサの元となったゲームはBasraなのかもしれませんね。 知ってしまうと芸人を辞めてしまうほどのめり込んでしまうという話のようなので、私たちも知らないほうがいいのかもしれませんw 知ってしまうと、職場や学校に行かなくなっちゃうかもしれませんもんね~笑 そうならないためにも、この辺でリサーチはやめておこうかなと思います。 それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!.

次の