退職 届 封筒。 退職願は茶封筒でもOK?正しい選び方と入れ方

退職願や退職届の封筒はのり付けするしないどっちが正しい?

退職 届 封筒

体調不良など何らかの理由で、手渡しができない• 内容証明郵便での郵送方法については、こちらの記事『』で詳しく解説しています。 「退職を拒否される」「退職届を受け取ってもらえず、辞めるに辞められない」などと困っている方はこちらを参考にしてください。 また、一緒に送る『添え状の書き方や例文』、『封筒の書き方』についても紹介しています。 退職届の用紙• 退職届を入れる封筒• 添え状の用紙• 郵送用の封筒 手渡しの場合には、『退職届の用紙』と『退職届を入れる封筒』の2つを用意すればOKですが、郵送する場合にはさらに『添え状の用紙』とそれらを郵送するための『郵送用の封筒』が必要です。 退職願・退職届を用意する まずは、退職願・退職届を用意します。 退職届(願)には、書き方や折り方、封筒への入れ方などいくつか注意すべきポイントがあります。 退職届のマナーについては、下の記事で詳しく紹介しているので、参考にしてください。 check 『添え状』の書き方・例文 添え状の用紙 添え状の用紙は、この用紙でなければならないという決まりはありません。 一般的には「無地のコピー用紙」や「便箋」を使います。 用紙のサイズについては、「B5」または「A4」の大きさが一般的です。 添え状は『縦書き』か『横書き』か? 添え状を作成する際には、手書きでもパソコンでもどちらでもOKです。 最近では、パソコンで作成する方が多くなっています。 一般的に、 パソコンで作成する場合は『横書き』、手書きの場合は『縦書き』にすることが多いです。 『横書きパターン』の例文と書き方のポイント まずは、横書きパターンの「例文テンプレート」と「書き方のポイント」を紹介します。 こちらはあくまで例文なので、細かな文章などはあなたの状況に合わせて修正してください。 記載した日付ではないので注意。 今回の場合では「退職届の送付について」と記載する。 一般的には、「拝啓~敬具」を用いることが多い。 『縦書きパターン』の例文と書き方のポイント 次に、縦書きパターンの「例文テンプレート」と「書き方のポイント」を紹介します。 手書きで書く場合はこちらを参考にしてください。 『封筒』の選び方・書き方(例文あり) 封筒のサイズ 郵送用の封筒には退職届・退職願を入れなければならないので、 退職届・退職願のサイズよりも一回り大きい封筒を選びます。 一般的に、退職届用の封筒は「長形4号」「長形3号」を使うため、それよりも一回り大きいサイズの封筒を用意します。 まとめると、下の通りです。 上の通り、 退職届が「長形4号」なら郵送用封筒は「長形3号」、退職届が「長形3号」なら郵送用封筒は「角形5号」を選びます。 また縦書きの場合、番地や階数などの数字は『漢数字』にする。 文字が長くなるときは、部署と課を2行目に書く。 役職名は小さく、名前は大きく書く。 『親展』と書くことで、「封筒に書いてある人以外は開封しないでください」という意味で、他の人に開封されることであなたの退職が職場に広まらないための配慮。 〆は「封をした」という意味で、途中で他の人に開けられていないという証になる。 封筒への入れ方 添え状の折り方 添え状を封筒に入れる時の折り方は、下の通り、 下3分の1を折ってから、上3分の1を折って、三つ折りにします。 添え状と退職届を封筒に入れる 郵送用の封筒には、『添え状』と『退職届の入った封筒』の2つを入れます。 入れ方は、下の通りです。 郵送用封筒を表にして、 「添え状が前に、退職届が後ろになる」ように入れます。 添え状が前にあることで、後ろの「退職届」の文字が封筒から透けることを防ぎます。 退職届を『郵送する方法』 今回は、 退職届を郵送することを会社に認めてもらっている場合なので、郵送方法は「普通郵便」で問題ありません。 自分で切手を貼ると料金不足になる可能性もあるので、念のため郵便局から発送すると確実でしょう。 一方で、退職交渉で揉めていて、退職届を受け取ってもらえない場合などには、『内容証明郵便』で送ることもあります。 内容証明郵便の送り方は今回の方法とは異なるので、こちらの記事を参考にしてください。 check まとめ:退職届の正しい郵送方法 以上、『退職届の正しい郵送方法(添え状の書き方、封筒への入れ方)』の解説でした。 今回のように添え状の書き方や送り方にもマナーがありますが、『退職届(願)の書き方』にも細かなマナーがあります。 まだ退職届を書いていない方は、こちらの記事『』も参考にしてみてください。 少し面倒ではありますが、マナーをしっかりと守ることで無用なトラブルを避けて、スムーズに退職することができます。 これから転職する人は『転職エージェント』を利用しよう! 「これから転職活動をする・まだ転職先が決まっていない」という方は、退職の準備をすると同時に「転職活動」に力を入れましょう。 退職前から転職活動を始める人はたくさんいますが、 その多くの人が利用しているのが『転職エージェント』です。 『転職エージェント』では、求職者の転職活動を助けてくれるエージェント(担当者)が付いて、 『あなたにおすすめの非公開求人の紹介』や『応募書類のチェック』、『面接の対策』などのサポートをしてくれます。 また、「初めての転職活動」では分からないことだらけで不安になりますが、エージェントにはいつでも相談や質問ができるので、安心して転職活動に取り組めます。 エージェントの使い方は 「複数登録」して、しばらく利用した後に『併用する』か『絞る』かを選択するのがおすすめです。 その理由は、単純に紹介してもらえる求人が増えるというだけでなく、「エージェントの質を比べられるようにしておく」ためです。 エージェントは優秀な人もいればそうでない人もいますし、あなたとの相性が良い人もいれば悪い人もいます。 そのため、ひとつしか登録していないと比較できないので、そのエージェントが良いのか悪いのか分かりません。 「転職はエージェントの質によって結果が変わってくる」と言っても過言ではないので、初めに2~3つのサービスを利用して、自分に合うエージェントと出会ってください。 そこで最後に、おすすめの転職エージェントを2つ紹介します。 各転職エージェントは無料で利用できて登録もすぐに終わるので、まずは転職者に人気の大手サービスを利用してみるのがおすすめです。 1の『 』 転職エージェントで最大手のサービスが『 』です。 リクルートエージェントの特徴は 「求人数が圧倒的に多い」ことで、まずここに登録しておけば業界の大半を網羅した求人の中から自分に合う会社を紹介してもらうことができます。 また、 「非公開求人」もたくさんあり、他の転職サイトにはない求人を紹介してもらえるので、転職先の選択肢がぐんと広くなります。 リクルートエージェントは、 「転職成功実績No. 1」の最大手なので、転職を始める人がまず最初に利用しているサービスです。 1の『 』 『』は、 転職者満足度No. 1の大手転職エージェントで、転職者の多くが「リクルートエージェント」と一緒に利用しているサービスです。 DODAも求人数がとても多く、「非公開求人」も多数所持していますが、一番の特徴は 「転職者満足度No. 1」と言う通り、「エージェントがとても親切なこと」で、『おすすめの求人紹介』や『応募書類の書き方』『面接対策』の対応がとても細やかで丁寧です。 DODAは利用者も多く、実績十分の大手転職サービスなので、「リクルートエージェント」と併せてまず初めに登録しておいて間違いのないサービスです。 まずは、この2つの大手サービスに登録しておけば、あなたに合う求人を紹介してもらえる機会がぐんと増えます。 もしどちらかが「自分に合わない」と思えば、そちらの利用を止めて一つに絞るのがよいでしょう。 登録料はかからないので、気軽に登録してみてください。

次の

これで完璧!退職願/退職届の封筒 全マナー(見本付き)|転職Hacks

退職 届 封筒

退職届の封筒は、何も書かないまま提出してはいけません。 表面には退職届 退職願 と記載し、裏面には左下に自分の所属と氏名を明記しましょう。 また、封筒の文字は黒のボールペンか万年筆を使用するのが適切です。 表には退職届もしくは退職願のみ記載 封筒の表には、退職届または退職願とのみ書きます。 少し大きめの文字で、封筒の中央に書くようにしましょう。 その際、退職願・退職届を渡す会社名や部署名、上司の名前を書く必要はありません。 裏には自分の所属と名前 裏には自分の所属と名前を書くようにしてください。 書く位置は、封筒裏の下、左側です。 封筒の左半分にちょうど収まるように書いていきます。 封筒路書き際は黒でボールペンか万年筆 封筒に書く文字は、ボールペンまたは万年筆を使って書きます。 筆ペンやマジック、サインペンは避けたほうがいいでしょう。 そして、文字の色は黒にします。 目立つように青や赤を使うのはNGです。 退職届・退職願を封筒に入れるときの折り方 退職届・退職願は巻き三つ折り 退職願・退職届は折り曲げて封筒の中に入れます。 しかし、適当に折ってはいけません。 折り方にも決まりがあるのです。 退職願・退職届を四つ折り、二つ折りにするのはマナー違反で、三つ折りにするのが正解です。 さらに、同じ三つ折りでも、巻き三つ折りにしてください。 巻き三つ折りの折り方 まず、退職願・退職届の文面が内側になるように、下側3分の1を折り曲げます。 そのあと、上側3分の1を被せるように折ります。 退職願・退職届を折るときは、角と角を合わせて、ずれないようにしてください。 定規を使うときれいに折り曲げることができるでしょう。 また、退職願・退職届は公式なもの。 折るときに汚れないように注意します。 封筒に入れる際に気を付けておくポイント 退職願・退職届が折れたら、封筒に入れます。 その際、適当に入れてシワがつかないようにしてください。 また、入れるときは、退職願・退職届の右上の裏面が、封筒の裏面の右上と重なるようにしましょう。 退職願・退職届を入れ終えたら、フラップ(フタ)を閉じます。 封筒はのりづけしてもしなくても、どちらでもかまいません。 ただし、のりをつけない場合でも、フラップだけは折っておきます。 また、封筒にのりシールがついている場合は、のりづけしておいたほうがいいでしょう。 のりづけしたときは、フラップの中央に閉じた印のマークを書くようにしてください。 退職願・退職届は汚れたり、しわになったりしないように、上司に出すまでクリアファイルに保管しておきます。 退職届・退職願を入れる封筒は白を選ぶ 退職届・退職願を入れる封筒は、何を使用してもいいというわけではありません。 封筒の色にも決まりがあるのです。 ビジネスの場では、領収書や請求書などを入れるのに薄茶色の封筒が使われることがあります。 しかし、退職届・退職願を入れる場合は、薄茶色の封筒はNGです。 白い封筒を選ぶようにしましょう。 封筒のサイズは用紙がA4なら長形3号、A5・B5なら長形4号 封筒のサイズです。 退職届・退職願の用紙の大きさによって、封筒のサイズは使い分けるようにしてください。 たとえば、A4サイズの用紙の場合は長形3号の封筒、A5・B5サイズの用紙の場合は長形4号の封筒を選ぶといいでしょう。 ちなみに、退職届・退職願はA4サイズで書くことが多いため、封筒も長形3号が一般的です。 これらの条件を満たした退職届・退職願を入れるのに適した封筒は、百円ショップでは売られているため、簡単に手に入れることができます。 郵送用に別の一回り大きな封筒を用意する 退職願・退職届を郵送する場合は、もう1つ封筒を用意したほうがいいでしょう。 その理由は、退職願・退職届の封筒に直接、宛名を書かないためです。 退職願・退職届の封筒を入れるための、もう一回り大きな封筒を用意するといいでしましょう。 大きめのサイズの封筒にする理由は、同じぐらいのサイズの封筒だと、退職願・退職届の封筒を折り曲げて入れることになってしまうからです。 また、封を開けるときに、退職願・退職届を破いてしまうかもしれません。 だからといって、大きすぎる封筒を使うのも適切ではありません。 封筒の色は白、サイズは長形4号であれば長形3号を。 長形3号であれば長形5号を選ぶとよい 退職願・退職届が長形4号の封筒の場合は長形3号の封筒を、長形3号の封筒の場合は角形5号の封筒を選ぶとよいでしよう。 封筒の色に関しては、退職願・退職届の封筒と同様に、白色を選ぶようにしてください。 それ以外の色はNGです。 ただし、郵送する場合は郵便番号が必要となります。 退職願・退職届の封筒と違って、無地ではなく郵便番号入りを使うといいでしょう。 退職届・退職願の書き方は手渡す時と同じ 郵送する際も文書を入れる封筒の書き方は手渡す時と同じです。 表面に退職届を記載し、裏面左下に自分の所属と名前を書きます。 封筒の表の宛名は人事部や上司に確認の上、個人宛に送付 郵送する場合は、封筒の表に宛名を書きます。 宛名については、部署だけでなく、人の名前も書くようにしましょう。 なぜならば、部署だけだと、誰かに封を開けられるか、分からないからです。 誰の名前を書けばいいのかは、人事部もしくは上司に聞きます。 左下には「親展」 そして、左下に赤ボールペンで「親展」と書き、四角で囲います。 親展とは、宛名に書かれた本人以外は開けないでくださいという意味です。 退職願・退職届が正式に受理されないうちに、職場内に退職の噂が広まってしまうのは良くありません。 「親展」の文字を記載することによって、部署内の誰かが勝手に開けることを防ぐことができます。 封筒の裏には自分の住所と名前を記載 封筒の裏の左下には、自分の住所と名前を書きます。 そして、きちんとのりづけをして、フラップ(フタ)を閉じ、中央に閉じた印のマークを書くようにしてください。 退職願・退職届を郵送する際には郵便局を使うとよい 郵送の場合は、切手を貼ってポストに投函するのでなく、郵便局に出向きます。 それは、料金不足で会社に届かないという事態を防ぐためです。 また、郵送する際は、「配達証明」を利用するのをおすすめします。 「配達証明」とは、一般書留とした郵便物や荷物がきちんと先方に届いたかどうかを証明してくれるサービスのことです。 退職願・退職届は大切なものです。 このサービスを使えば、安心して郵送することができるのでおすすめです。 「配達証明」を利用する場合は、基本料金・運賃と一般書留の加算料金に加えて、310円の追加料金がかかります。 退職願・退職届を郵送する場合は添え状を入れる 郵送で送る場合は、退職願・退職届だけ入れればいいというわけではありません。 必ず、添え状を入れるようにしましょう。 添え状はパソコンの場合は無地のコピー用紙、手書きの場合は便箋を使用します。 用紙の大きさは、B5またはA4が適切です。 そして、パソコンの場合は横書き、手書きの場合は縦書きにするようにしましょう。 添え状の例文 添え状に書く内容は、以下の例文が参考になるでしょう。 この例文を基にして、自分自身の状況に合わせた文章を付け加えるといいでしょう。 このたび一身上の都合により退職させて頂くこととなりました。 つきましては、同封の通り、退職願(または退職届)を提出させて頂きます。 ご査収の程よろしくお願い申し上げます。 短い間ではございましたが、大変お世話になりました。 末筆ながら 貴社のご発展をお祈り申し上げます。 添え状を上にすることで、退職願・退職届の文字が透けて見えることを防ぐこともできます。

次の

退職願や退職届の書き方は?封筒はどう書く?手書きじゃないとダメ?

退職 届 封筒

人生の中でもあまり書く機会のない 退職届。 それだけに、 退職届の 書き方を知らない人も多いと思います。 ここでしっかりと 退職届の 書き方を覚えておきましょう。 まず、白無地の便箋で縦書きで書くのが一般的です。 そして、万年筆またはサインペンを使用しましょう。 ・一行目に「 退職届」(または「退職願」)と書く。 ・「退職届」から一行開けて一番下に「私事」または 「私儀」と書く。 ・一行開けて 退職届の提出日と所属部署、自分の名前を書き、 捺印。 シャチハタは不可です。 きちんと印鑑を使いましょう。 ・一行開けて宛名を書く。 以上が、 退職届の 書き方のポイントです。 普段書きなれない文体や、書く位置に注意しながらなので 神経を使いますし時間もかかります。 余裕を持って時間のある時にじっくり作成しましょう。 退職届の封筒は? 封筒に関しても、白地の 封筒を用意しましょう。 茶封筒ではダメなの?と思うかもしれませんが、渡す相手や 書類の内容から茶封筒は適さないと判断できますね。 封筒の 書き方ですが、中央に「 退職届」と大きめに書きます。 そして裏面の左下に自分の所属部署と氏名を書きます。 封の仕方ですが、直接手渡する場合にはのり付けをせずに そのままの状態で渡しましょう。 本社に郵送する場合などの時には しっかりとのり付けをして、〆マークを書きます。 テンプレートを使って退職届が作れる!? 最近ではパソコンで無料ダウンロードして手軽に 退職届が 作成できる テンプレートが数多く存在しています。 スポンサーリンク 退職届・ テンプレートで検索すると 実に色々な種類の テンプレートが! かえってどれを使ったらいいか迷いそうです。 これならすぐに 退職届が作成できとても便利ですね。 ですが、私個人的にはは手書きで書く事をおすすめします。 自分の字で書く事で相手に気持ちが伝わるものです。 テンプレートで 書き方をマスターしつつ、それを真似して 手書きで作成してみてはいかがでしょうか。 退職の理由って具体的に言うべき? 退職する 理由は人それぞれあります。 会社の体質が合わなかったり 人間関係がうまくいかなかったり、病気をしてしまったり…。 これらは全て「一身上の都合」として、わざわざ 理由を明確に 退職届に書く必要はありません。 退職したい旨を上司に報告する時に、自分が 理由を言う必要が あると判断すれば言えば良いと思います。 病気など体の不調の場合に関しては、病欠が多くなったりと周りの 人間に迷惑をかけてしまった時には謝罪の意思を 伝えておくと良いでしょう。 以上、 退職届について説明しました。 退職を決意したら早目に相談し、 退職届は遅くても一か月前に提出して 引き継ぎを滞りなく行えるようにしましょう。

次の