北九州 市立 大学 ひびき の。 北九州市立大学国際環境工学部 大矢研究室

北九州市立大学国際環境工学部 大矢研究室

北九州 市立 大学 ひびき の

05 を更新しました。 を更新しました。 08 を更新しました。 26 ホームページ下部の動画を更新しました。 17 Facebookを更新しました。 を更新しました。 09 Facebookを更新しました。 15 Facebookを更新しました。 20 Facebookを更新しました。 19 を刷新しました。 16 Facebookを更新しました。 04 Facebookを更新しました。 31 Facebookを更新しました。 14 Facebookを更新しました。 10 Facebookを更新しました。 09 Facebookを更新しました。 07 Facebookを更新しました。 26 Facebookを更新しました。 18 Facebookを更新しました。 17 Facebookを更新しました。 21 Facebookを更新しました。 11 Facebookを更新しました。 24 15. 07 Facebookを更新しました。 18 Facebookを更新しました。 10 Facebookを更新しました。 09 Facebookを更新しました。 24 Facebookを更新しました。 02 Facebookを更新しました。 28 Facebookを更新しました。 13 Facebookを更新しました。 09 Facebookを更新しました。 06 Facebookを更新しました。

次の

HOME of The University of Kitakyusyu Fomula SAE Project KF

北九州 市立 大学 ひびき の

大矢研究室について 本研究室では、リサイクルについて学び、その技術開発課題を研究します。 主に経済的なリサイクル対象物は金属ですが、昨今の金属価格は乱高下しており、リサイクル業界を取り巻く状況は不安定です。 しかし、国内では失われた20年と言われる不況が続き、景気回復もなかなか期待できない情勢です。 そのような背景で、ものづくりで蓄えた日本の技術をうまく利用した環境、リサイクル産業の創生はこれからの日本の経済復興には不可欠となります。 都市鉱山という考え方は古くから使われていましたが、いわゆるレアメタルパニックと呼ばれた資源枯渇が叫ばれた時代を通じて廃棄物の資源的価値が社会的に認識され、資源を持たない日本におけるリサイクルについて今一度見直すことが重要となります。 これからの新しい産業創出と経済発展に向けて、一緒にリサイクルについて考えていきませんか。 企業の方へ: 本研究室での大学院、学部での研究は、その内容はすべて産学連携に関してのテーマとなっております。 リサイクルをはじめ、環境やエネルギーに関することでお困りの事、共同で開発したい技術などがあれば、お気軽に連絡を頂ければ幸いです。 学生諸君へ: リサイクルや環境に興味のある学生で、企業の人と一緒に技術開発をしたい、意欲のある学生は是非研究室に来てください。 ともかく、どんな研究を行っているかを知りたい学生は研究室を訪問するか、大矢まで連絡をもらえれば、時間がある限り対応します。

次の

北九州市立大学の評判と偏差値【小さいけれど、あたたかい大学】

北九州 市立 大学 ひびき の

地理 [ ] 若松区西部、より北に2. 7kmに位置する。 の中心地区である。 北で、東で、南で、西でと隣接する。 丘陵地に開発された及びを中心とした文教地区である。 また、毎年11月に北九州学術研究都市「ひびきの祭」がなどと同時に開催されている。 歴史 [ ] 整備に伴う実施により誕生した新しいである。 旧町名は塩屋の一部。 従前は地およびが主体の地域であった。 2月より整備開始、2月に住居表示実施、4月に国際環境工学部(ひびきのキャンパス)、が開設されたのを皮切りに、大学院や企業のが続々と進出している。 6月、隣接地区の住居表示が行われ、「ひびきの北」、「ひびきの南」、「小敷ひびきの」と同様にひびきのを名称に含む町名が増加した。 地名の由来 [ ] 若松区が面するの「ひびき」に由来する。 交通 [ ]• 学研都市ひびきのバス停、ひびきの南バス停 施設 [ ] 大学・研究機関.

次の