楽天モバイル 評判 悪い。 [楽天モバイルの口コミ]悪い評判・デメリットと実際の通信速度は?

【感想】楽天モバイルのRakuten Linkをレビュー!通話品質は悪い?

楽天モバイル 評判 悪い

楽天回線エリアデータ無制限が凄い• データ制限後1Mbpsなので十分使える• eSIMを選択できるので便利• モバイルWi-Fiの代わりとして使える• 楽天回線エリア内の速度が速い• iPhoneでも使える• 専用アプリで国内通話料金が無料が凄い• 購入したスマホにSIMロックが無いのが良い 良い口コミと評判とまとめるとこんな感じ。 他のキャリアにはないデータ無制限(楽天エリア内)と安い料金の評判が良いです。 サブの回線はもちろんのこと、主回線としても十分に使えます。 楽天ポイントなど楽天ユーザーとの相性が良いのも良いですね。 また、公式での動作保証はないもののiPhoneでも問題なく使用できました。 楽天エリアがごく一部しかない• 通信が途切れることがあった• 楽天回線エリア内なので楽天回線に繋がらない• サポートが繋がりにくい• 初期不良が多い 通信が無制限で使えるのは楽天エリアのみです。 それ以外はau回線を使用したパートナーエリアとなる為、「Rakuten UN-LIMIT」の恩恵を全て受けることはできません。 今後エリアの拡大は広がっていくと思いますが、楽天エリア内に住んでいない方は現状ではイマイチです。 まぁ1年間は無料で使えるので現状は最強ですが。 また、サービスが開始されたばかりということで、通信速度が安定していないとの口コミがありました。 僕が実際に使った感じでは通信速度が速く、安定していましたが地域によっては安定しないところもあるのかもしれません。 あと楽天回線エリア内にいるのに楽天回線の電波を掴めないということもあるようです。 出典:楽天モバイル 2020年4月9日時点のエリア 僕自身、実際に楽天エリアに行って試してみましたが、公式サイトのでは楽天回線エリア内でしたが、楽天回線の電波を掴むことはできませんでした。 他にもこのような口コミが多いので、公式サイトのサービスエリアでも繋がらない場所はあります。 1年間無料で使えているので文句はないですが、エリアに関してはまだまだという感じです。 Rakuten UN-LIMITのポイント• 楽天エリア無制限なのでモバイルルーターとして使える• 月額料金が安い• 1年間無料キャンペーンが凄すぎる• 楽天回線エリアはまだ狭い サービスが始まったばかりなので、通信速度等も今後変わってくるとは思いますが、この料金でここまでのサービスを受けられるのは凄いです。 楽天エリアは拡大していく予定なので、今後にも期待できます。 さらに パートナーエリアはau回線なのでほとんどの場所で使うことができ、月5GBまで使えて、制限後も1Mbpsと高速。 Rakuten Linkアプリを通して電話を掛けると無料で通話ができるので、評判はかなり良いです。 1年間は無料で使用できるので、最初に不具合があったとしても許容できますよね。 最初からメインの回線として使うのは不安かもしれないので、 サブ回線として一度使ってみるのがおすすめです! 僕が実際に使って良かったことも書いています! Rakuten UN-LIMITの速度は速い 通信キャリアにとって通信速度はかなり重要なポイント! 時間を変えて何度か通信速度を計測してみましたが速いです。 こちらが僕が実際に使用した通信速度です。 59Mbps 28. 26Mbps 25. 05Mbps 26. 7Mbps 1. 05Mbps これからユーザー数が増えてくると速度が低下する可能性がありますが、現状では 十分な速度です。 楽天回線がギリギリ掴める場所でも快適にネットが見れる速度が出ていました!速度はかなり満足できるレベルです。 利用者が増えてもこの速度だったらうれしいけど、どうなるかな〜。 このエリア内であれば通信量を気にせず無制限で利用可能。 現在のところ主要都市のみの提供で今後順次エリアを拡大するとのことです。 MEMO また、楽天回線とパートナー回線どちらに繋がっているかはアプリで確認することができます。 AndroidはPlayストアでダウンロードできる「my 楽天モバイルアプリ」で確認可能! はこちら パートナーエリアは5GB使える 楽天回線エリア外はパートナーエリア(au回線)を使った通信が可能です。 データを使い切った後も1Mbpsと 他のキャリアと比べて高速で使うことができます。 Twitterでもパートナーエリアで5GBが使えて、制限後の速度が1Mbpsというのが特に評判が良いです。 回線速度測定してみたけど正確だった…。 また、大手キャリアは家族割や光回線のセット割りを適用などプランの割引を考えるのが面倒ですが、Rakuten UN-LIMITは 割引がなくても安いので分かりやすいのが特徴。 1人暮らしの方や家族とは違うキャリアを使っている方の評判が良いです。 MEMO Rakuten Linkを利用すると通話料金が無料 左のアプリが「Rakuten Link」 専用アプリ「Rakuten Link」を使用すると通話料金が無料でかけ放題になります。 セットで購入できるスマホが豊富 大手キャリアと比べるとラインナップは少ないですが、格安SIM会社と比べると楽天モバイルが取り扱っているスマホは種類が豊富です。 Galaxy S10などのハイスペックスマホから、OPPO A5 2020などの安くて評価の高いスマホも取り扱っています。 さらに楽天モバイル限定のRakuten Miniを販売。 Rakuten Mini Rakuten Miniは超小型のポケットサイズのスマホで、おサイフケータイにも対応しています。 最低限の連絡手段と機能があれば良いという方におすすめのスマホです。 このように他にはないスマホが購入でき、販売されているスマホは全てSIMフリーなので乗り換える時もSIMロック解除の必要がありません。 端末とセットで購入する際も選べるスマホが多いのでおすすめです。 無制限エリアでも1日10GBの速度制限がある• 公式(正式)に対応しているのは楽天モバイルのスマホだけ• iPhoneは非対応• 始まったばかりのサービス• ユーザーが増えると通信速度が遅くなる可能性がある 1日10GBで速度制限がある 楽天モバイルエリア内で1日10GB使うと1Mbpsに通信制限されるようです。 これについては公式アナウンスはないですが、多くのユーザーが体感しているので間違いないかと思われます。 ただし、24時にリセットされた1日10GBだとかなり使えるのでモバイルルーター代わりとしても優秀です。 楽天エリア内だと本当に魅力が多いです! 楽天モバイルMNOの速度制限が1日10GBで制限されるという風の噂を聞いて、いまミスドで2時間かけて10GB通信してみた。 確かに速度が即時で制限された、1Mbpsになった。 0時になれば制限解除されるなる、これはなかなかいいんじゃ無いかな。 これからのエリア拡大におおいにきたいしたい。 楽天モバイルよりご購入いただいた楽天回線対応製品以外の動作保証はしておりません。 引用: その為今まで使っていたスマホはそのまま使えない可能性があります。 確実に動作させる為には楽天モバイルのスマホを購入する必要がある点に注意が必要。 楽天モバイルで販売されているスマホは全てSIMフリーで販売されています。 楽天モバイルのアプリはiPhoneで使えない 僕はiPhoneをメインに使っているので、iPhoneが対応していないのは致命的でした。 しかし、実際に使用してみると自己責任ではありますが、 データ通信・発信・着信も普通に使うことができています。 また、月額料金が安く通信速度が速いのは魅力的なポイント。 無料で通話ができるRakuten Linkも使えます。 そして混雑する時間帯の平日昼間でも十分すぎる速度が安定して出ていました。 楽天エリアは一部の人しか恩恵を受けれませんが、 au回線で5GB使えて、制限後も1Mbpsの速度があるのは本当に良いポイントです。 楽天モバイルは設定もかなり簡単です! 面倒な設定は必要なく、スマホの電源を切って、楽天モバイルのSIMカードを挿入、スマホの電源を入れるだけで使えるようになります。 スタートガイドもシンプルで分かりやすく、到着後5分以内で開通できるので「難しい設定は嫌」という方にもおすすめ。 から申し込むと楽天ポイント3,000ポイント貰えます! 一方で気になったのは「my 楽天モバイル」アプリがAndroidでしか使えないところです。 iPhoneは非対応なので使えなくて当たり前なのですが、日本はiPhoneユーザーが半分以上とiPhoneを使っている人が特に多い国。 魅力的なプランだけにやはり正式にiPhoneにも対応して欲しいですね。 今後iPhoneに対応する可能性は十分にあると思うので、 それまではサブ回線として使うのが良いのかなと思いました。 もちろん Androidスマホを使っている方にはかなりおすすめできる通信キャリアです。 公式サイト スマホとセットで購入したい方はY! mobileも要チェック 楽天アンリミットは少し上級者向けなのかなと思います。 現状では日本で人気の機種も少ないですし、 楽天モバイルで購入した以外の端末は公式には対応していません。 メインの回線として 安心して使いたい方はY! mobileなどの大手キャリアのサブブランドがおすすめです。 mobileであればなどの安くて使いやすいスマホをセットで購入することが可能。 楽天モバイル Y! mobile プランの数 1つ 3つ プラン Rakuten Unlimit プランS プランM プランR データ量 楽天エリア:無制限 パートナーエリア:5GB 3GB 9GB 14GB 料金 2,980円 2,680円 3,680円 4,680円 データ繰越 なし なし 通話量 Rakuten Linkで無料 国内通話10分以内無料 家族割 なし あり 2台目以降500円引き プランMでも新規割と家族割が適用されれば月額2,480円で利用できるので、楽天回線エリア外にお住まいの方で通話をよく利用する方はY! mobileも要チェックです。 関連記事• 楽天モバイルの評判まとめ この記事では楽天モバイルの携帯キャリア参入プラン「Rakuten UN-LIMIT」について紹介しました。 楽天モバイルは現時点でも評判が良いキャリアで今後のサービスも期待できます! 1年間無料でeSIMも選択できるので、まずはサブ回線として使うのがおすすすめ。 ぜひチェックしてみてください! 最後に他の人の口コミ・評判をTwitterから紹介します。 昨日の夜がサーバー重かっただけだったみたい。 — ishistyle2019 ishistyle2019 ちょ!昨日は調子良かったのに… 真っ昼間とはいえもうちょい頑張ろーぜ! — からあげレモン K75779540 auエリアのデータ容量が5GBになったので楽天モバイルけいやくしようかな?非公式なごらeSimにぶち込んでiPhone11でも使用できそうだし。 — 朝霞ながもり asakanagamori 楽天モバイルの通信速度速すぎ! 平日昼12時台で87. 8Mbpsとは… (東京23区内で計測) — 宪人 gonyfun 楽天モバイルで申し込んだ端末とSIMカード来た。 僕自身は今のところ速度落ちることなく、安定して速い速度で使えています。 また、今後に期待する方やメインとして使っていきたいという方も多く、楽天モバイルに期待している人が多い印象でした。 サービスが始まったばかりということで不具合もあるかもしれませんが、料金が無料ということを考えると仕方ないですね。 魅力的なサービスであることは間違いないのでとりあえず使ってみるのがおすすめです。

次の

【2020年版】UQモバイルの評判は?2年使って感じたメリット・デメリット

楽天モバイル 評判 悪い

先日、楽天カードが顧客満足度1位になったという記事を書いた私。 すると、ある程度は予想していましたが、楽天嫌いな方々からこの顧客満足度調査の内容は間違っているとか、楽天カードに有利なようになってる、恣意的だ!という指摘をいただきました。 要するに楽天がなんらかの裏工作をした結果、顧客満足度調査1位に違いない…そう言わんばかりのコメントが多数あった状況です。 ただ、さすがに楽天憎し…と言えども、公的な調査結果までをも否定するのは無理がある話。 そこで今回は参考までに、なぜ楽天カードのそこまで評判が悪いのかという内容について雑談がてらに記事を書いてみたいと思います。 これから楽天カードを作ろうと思うんだけど、ネット上の評判が悪くて不安…という方は、是非、読んでみてくださいね。 楽天カードの口コミ調査に関するアレコレ: 顧客満足度が5年連続1位ってマグレでは無理: まず、調査の取り方うんぬんは抜きにいても、5年連続で顧客満足度調査1位って凄くないですか? しかもこの日本版顧客満足度指数調査が実施されたのは過去5回のみ。 つまり その全てで楽天カードは1位だということです。 2009年の顧客満足度調査:1位• 2010年の顧客満足度調査:1位• 2011年の顧客満足度調査:1位• 2012年の顧客満足度調査:1位• 2013年の顧客満足度調査:1位 これは疑いようのない結果であり、且つ、安定して5年間も1位で居続けることなんてそうそう出来ることではありません。 楽天カードが長く、多くの利用者に満足して使ってもらっているからこその結果だと思います。 比較対象がこれなら当然1位? …という内容を書いたら、こういうコメントを頂きました。 還元率の高い信販系、AMEXなどのプレミアム系が無く、流通でもEPOSやTポイント系がない中、時代遅れの銀行系や提携を除いたプロパーカードと比べての1位に意味あるの? 恣意的過ぎでしょ。 他にもこんなコメントも。 『今回比較されたカード一覧:イオンカード、ANAカード、OMCカード、JCBカード、JALカード、セゾンカード、DCカード、NICOSカード、Viewカード、三井住友カード、楽天カード』それなら一位だろうとしか。 なるほど、比較するカードブランドがダメなところばかりだから、これなら楽天カードが顧客満足度で1位になるのも当然だ…という話ですね(1つ目のコメントを寄せてくれた方、業界の方っぽい?)。 ブランド調査&比較相手は大手ばかり: 確かに信販系でカード保有者から人気のあるジャックスや、20~30代に支持されてる流通系のエポスカード、Tポイントが貯まるメリットのあるTカードプラス等を発行しているアプラスがないのはわかりますが、これらのカードブランドを除いたとしても1位って凄くないですか?• 充分に凄い:エポスカード、ジャックス、アプラスを除いて1位 なにせ相手はJALカード、三井住友カード、JCBカード、NICOSカード、イオンカードなどの、知名度もブランド力も高く、保有者数も多いカードばかり。 この中で顧客満足度1位を取るというのは並大抵のことではありませんし、充分に誇っていい結果であると私は思います。 全てが調査対象になっても上位は間違い無い: それにたとえ前述の除かれてしまったジャックスやエポスカードを含めたとしても、楽天カードが1位になる可能性は高いと思う私。 仮にそれらのカード会社に顧客満足度を抜かれて楽天カードのの順位が2位や3位になってしまったとしても、 充分すぎるほどに顧客満足度が高く評判のクレジットカードであると言えるはずですよね。 顧客満足度調査1位:文句なしに凄い• 顧客満足度調査2位や3位:称賛に値する価値あり もし2位や3位でダメ出しされてしまったら、楽天カード以下だったカードブランドの立場がありません。 発行枚数が少ないブランドは調査対象外でもおかしくない: また、それらのエポスカードやアプラス、ジャックスなどは楽天カードと比べて発行枚数が少ないために、顧客満足度調査の比較対象から除外されてしまっていても不思議ではない感じ。 わざわざ楽天カードを1位にする理由がない: 次に、そもそもの話、顧客満足度調査を担当するJCSIがわざわざ不正をし、楽天カードを1位にする理由ってどこにあるんでしょうか?()。 JCSIは、サービス産業に開かれた日本最大級の顧客満足度調査です。 JCSIでは、商品・サービスを購入・利用するときに共通する心の動きをモデル化し、利用前から利用後までの各ステップ全体を調査・分析します。 こうしたアプローチによって、お客様の利用行動の因果関係と満足度を、同業種内での比較だけでなく、業種横断的に比較・分析が可能な「顧客満足度指数」として提供します。 たとえば、調査時に楽天側からお金を貰ったんじゃないかとか、楽天に気を使って1位にしたんじゃないか…などの「陰謀」はいくらでも想像しうるんですが、そういった賄賂が通じるのであれば、もっとお金持ち企業である三井住友カードやイオンカードが1位になる可能性のほうが高いはず。 賄賂が通じる場合:お金持ち企業が1位を買える• 忖度がある場合:2位や3位の企業にも忖度がありえる 敢えて楽天カードをナンバー1にしつづける必要性がJCSI側にはありません(お金で順位が変わるなら他のカード会社も時には1位になるということ)。 この後も1位を獲得した楽天カード: 加えてこの記事を書いた後にも顧客満足度調査が6回ほど実施されましたが、そのすべてで楽天カードは1位を獲得(11年連続1位)。 2014年の顧客満足度調査:1位• 2015年の顧客満足度調査:1位• 2016年の顧客満足度調査:1位• 2017年の顧客満足度調査:1位• 2018年の顧客満足度調査:1位• 2019年の顧客満足度調査:1位 さすがにここまで来ると偽りなく、「楽天カード=顧客満足度1位のクレジットカード」ということが出来ると思いますね。 もはや不動の1位です(2019年の統計結果は下記記事参照)。 ネットの声を見ると調査結果はおかしい?: ここまでは表向きな話で、正直いうと私も、この調査結果には少し疑問に思う部分がありました。 理由は単純で、これだけインターネット上に多数の悪い口コミがある中で、楽天カードが顧客満足度調査1位はさすがに無理があるだろう…と。 最初に調査結果を聞いた時、そんな印象を持ったのも事実です。 間違っているのは調査結果ではない: しかし、たぶん 間違っているのは調査結果ではなく、私の周りのネット世界のほう。 なぜながらインターネットにどっぷりと浸かってしまうと、ついついこのネット世界における価値観を一般常識と同じように扱ってしまいがちになりますが、この感覚自体がたぶん間違いなんだと思います。 例をあげるなら『みんなもうテレビなんて見ていない!』という意見はネット上に多く、賛同を受けられることが多いんですが、一般的にはまだまだテレビを見ている人のほうが圧倒的に多いですからね。 そんなネット世界と現実のギャップがあるのだと推測します。 間違い:楽天カードが嫌いな人が多い• 正解:一部な人達のみ、楽天カードが嫌い そして 圧倒的多数の楽天カード保有者から支持された結果が、この調査結果になったのではないでしょうか。 そう考えると合点がいきます。 楽天が嫌いな人の声は大きい: ではなぜ楽天カードの口コミや評判は悪いのかというと、世の中には『楽天大嫌い、Amazon大好き』というアンチ楽天な方が一定数いることが影響しているんじゃないかな…と推測。 彼らは楽天と名の付くサービスすべてを批判する立場にあるため、楽天カードについても問答無用で批判する傾向にあります。 ロゴすらも嫌悪の対象: 事実、悪質な方ともなると楽天のロゴマークはダサいから、楽天カードなんて持ったら恥ずかしい…という理論を展開する方もいるくらい(他、楽天カードが嫌われている理由は下記記事にて)。 でもこれってたとえるなら、自民党への批判が目立つけど実際に選挙が行われると自民党が圧勝する、あの現象に近いように思います。 批判の声をあげない大多数の人たち、いわゆるサイレントマジョリティーが楽天カードを支持した結果なのでしょう()。 サイレントマジョリティー【silent majority】 公の場で意思表示をすることのない大衆の多数派。 1969年にアメリカ大統領ニクソンが、声高に政府批判をする者は少数派であるとする意をこめて言った語。 物言わぬ大衆。 楽天カード保有者は1,000万人以上: そんなネット上の声だけでいうと嫌われているはずの楽天市場には、2017年2月現在で1億1,489万人、ログイン歴のあるユーザー数でも8,747万人という膨大な数の会員がいます。 そして楽天カードについても2017年現在で1,400万人以上の保有者がいる日本を代表するクレジットカードになっていることを考えると、 ネット上の批判が正しいのか、それとも顧客満足度調査が正しいのかは火を見るより明らか。 間違い:嫌われているので利用者が少ない• 正解:楽天カード利用者は1,400万人以上いる そんなにも嫌われているなら、カード利用者がこんなにも増えるはずがありません。 Twitter統計でも不満は少ない: 加えて2019年に当サイト『クレジットカードの読みもの』がでも、59. 5%の楽天カード保有者がサービス内容に満足しているという回答結果あり(1,922名の方を対象に調査)。 楽天カードをお持ちの方に質問です。 実際に楽天カードを使ってみて、このクレジットカードに満足していますか?教えてください(満足度が高いかどうかの質問)。 楽天カード保有者のうち、不満に思っている人は5. 8%のみ 逆に楽天カードに不満を感じている方は保有者のわずか5. 4%のみ…と、こういった結果からも、楽天カードがいかに顧客満足度の高いクレジットカードであるかがわかります(楽天カードを批判している人は楽天カードを持っていない可能性が高い)。 楽天カードは日本で一番使われているカード: 『楽天カードなんて、所詮は楽天市場が発行しているクレジットカードだろ?』なんて思われる方は多いかも…ですが、2018年に楽天カードは「日本で一番ショッピングで使われているクレジットカード」に成長。 これは楽天市場のみに限らず、コンビニやスーパーマーケット、百貨店や薬局等での利用すべてを含めた全体的なクレジットカード決済額で比較した話なので、楽天カードは今や、三井住友カードやJCBカードよりも利用されている国民的クレジットカードになったといっても過言ではありません。 そして現時点でもその発行枚数や利用額は右肩あがりで急成長中。 この先、どこまで記録を伸ばしていくかはわかりませんが、そのくらい多くの方に保有&愛用されているクレジットカードなので、作成に不安がある方も安心して申込をしてもらえればな…と思います()。 楽天カードを持つのを躊躇しなくてOK: ということで結論です。 一部に批判や悪い口コミがあることは確かですが、全体的には楽天カードが満足度の高いクレジットカードであることに間違いなし。 それゆえ、みなさんがもし『楽天カードを作ってみようかな…』と思っているなら、申込を躊躇する必要性はまったくありません。 年会費無料なので不満なら解約すればOK: また、楽天カードはご存知のように年会費無料&作成費無料のクレジットカードなので、仮にネットの口コミ通りに使い勝手やサービス内容に不満があれば、入手後に解約してしまえばOK。 作ること自体にはなんら落とし穴など存在しないため、ほんとに使い勝手が悪いクレジットカードどうかを確認してみたい方は、まずはお試し感覚で作成してみてください。 Check! 今なら入会&利用で、5,000円分以上の楽天ポイントが貰えますよ。 以上、なぜ楽天カードはこれほどまでに評判や口コミが悪いのか?確かにデメリットはありますが、顧客満足度1位でもおかしくない万能カードです…という話題でした。 参考リンク: 楽天カードについてもっと知りたいという方は、下記の記事などもチェックしてみてください。 楽天カードのお得な入会ポイントを、効率よく余さず獲得する方法を説明しています。

次の

楽天モバイル「楽天アンリミット」の2020年最新口コミ!評判は最悪?

楽天モバイル 評判 悪い

UQモバイル uq mobile を契約を検討している人の中には、「本当にお得なんだろうか」「乗り換えるメリットはあるのか」、「UQモバイルを使うことで起こりうるデメリットはあるのか」、「実際に使っている人の評価を聞きたい」と思っている方も多いでしょう。 そこで本記事では、 UQモバイル評判やメリット・デメリットについて徹底解説。 ユーザーからの良い口コミ・評判の紹介• 実際に使ってわかったメリット・デメリット• UQモバイル利用者への生インタビュー• UQモバイルを契約する方法 筆者の主観的な評価ではなく、UQモバイルを実際に使っている第3者にインタビューも行いました。 それも加味して、UQモバイルの評判はどうなのかを吟味してもらえたら幸いです。 結論:UQモバイルユーザーからの評判は悪くない UQモバイルを契約しているユーザーの口コミは様々あります。 それぞれ、良い口コミ、悪い口コミに分けてどのような評価が下されているのかをまとめました。 良い口コミ・評判• mineoから乗り換えたが、通信速度が速くなったので満足• 都内の人混みの中でもそこそこ速度が速い• ぴったり/おしゃべりプランだと無料通話がついてくるのが嬉しい• 機種変更したらデータ増量2倍が2年間延長になった• 最新のiPhoneが問題なく使えて安心した• 夜やお昼の時間帯もサクサクYouTubeが見れる UQモバイル最大の特徴は、格安SIMの中でも通信速度が段違いに速いことにあります。 良い口コミでも多く書かれていますが、他の格安SIMからの乗り換えで通信速度が大きく改善した、人混みでもサクサク動くという声が多いです。 悪い口コミ・評判• 通信速度が速いのはいいが、少し月額料金が高い• UQモバイルショップの店員さんが最悪だった• CMが嫌い。 出演タレント・女優が嫌い• 通信制限後は使い物にならない• LINE ID検索ができない 悪い口コミを見ていると、UQモバイルの回線や料金への不満ではなく、それを取り巻く店員さんの対応だったり、CMが嫌いだったりと言う声が多かったです。 UQモバイルは基本的にオンラインでの契約に力をいれているため、ショップ数が少なく、店員さんもそこまでスマホに関する知識があるわけではありません。 ショップに出向いた人の多くは「店員さんの言っていることがわからない」、「対応が悪い」と感じるようでした。 ただ、サポートが悪いと言う方もいますが、これはドコモやau、ソフトバンクでもあまり変わらないと思います。 むしろUQモバイルは他の格安SIMより、サポートに電話がかかりやすいと感じました。 プラン名 月額料金 税抜 データ容量 データ高速 980円 3GB データ高速+音声通話 1,680円 データ無制限 1,980円 無制限 速度500kbps制限 データ無制限+音声通話 2,680円 ワイモバイルと似ていることで有名なUQモバイルですが、ワイモバイルにはないプランも用意されています。 その代表が「 データ通信のみのプラン」です。 通信速度が速いUQモバイルを通信専用スマホとして使って、音声通話は別の格安SIMで運用するという使い方もできるのが大きなメリットです。 また、音声通話に関しては、電話はほぼ受け取る側で相手にコチラから掛けることがない。 もしくは、電話はほぼ利用しないが、音声通話は出来るようにしておきたい人におすすめなプランです。 なお、無制限プランに関しては通信速度が常時500kbpsになっています。 無制限で使えるのは嬉しいですが、UQモバイルは通信速度の速さを売りにしているところもあるので、正直あまりメリットのないプランかと思います。 ぴったりプラン、おしゃべりプランのいずれかに加入• その他音声プランから、ぴったりプラン、おしゃべりプランへのプラン変更 プラン変更した場合、対象プランに切り替わった月を1ヶ月目として、そこから最大24ヶ月オプション料金が無料となります。 また、機種変更をするとさらに2年間データ増量オプションが無料に。 メリット6:auかんたん決済を使える 2018年5月22日から、本来auでしか使えなかった「 auかんたん決済」が、UQモバイルでも無料で利用できるようになりました。 申し込みの必要もなく、UQモバイルで契約したスマホならば簡単に利用できます。 DIGNO Phone除く 様々なサービスをauかんたん決済で支払いすることで、請求は全てUQモバイルの利用料金にまとめられるメリットがあります。 また、SIMフリースマホでも、アプリをダウンロードして「UQ mobileの決済を利用」を選択すれば利用できます。 月額料金 税抜 月間データ容量 音声通話 おしゃべりプランS 1年目:1,980円 2年目:2,980円 2GB 国内通話5分間かけ放題 おしゃべりプランM 1年目:2,980円 2年目:3,980円 6GB おしゃべりプランL 1年目:4,980円 2年目:5,980円 14GB ぴったりプランS 1年目:1,980円 2年目:2,980円 2GB 月間60分かけ放題 ぴったりプランM 1年目:2,980円 2年目:3,980円 6GB 月間120分かけ放題 ぴったりプランL 1年目:4,980円 2年目:5,980円 14GB 月間180分かけ放題 UQモバイルの1年目はイチキュッパ割が適用されるため、月額料金が安くなっています。 イチキュッパ割とは UQモバイルを新規/乗り換えで、「ぴったりプラン」もしくは「おしゃべりプラン」を契約すると、利用開始月から13ヶ月目まで基本料金が1,000円割引される「イチキュッパ割」が適用されます。 そのため、1年目の料金は1,980円からと格安になっていますが、2年目以降は最安でも2,980円からになります。 ぴったり/おしゃべりプランのイメージ 2年目からは若干高く感じるかもしれませんが、無料通話のかけ放題や通信速度の面を考慮するとそこまで高いとは感じないでしょう。 費用対効果は高いです。 特にスマホの通信費を節約しようと思っている方は、他のMVNOも検討するかもしれませんが、UQモバイルやワイモバイルを除いた格安SIMは、ハッキリ言って通信速度が遅くストレスが溜まるのは間違いありません。 私自身、LINEモバイル、mineo、BIGLOBE、nuroモバイル、OCNなどを使ってきましたが、 現時点でも継続して使っているのは、データ通信専用のLINEモバイルと、音声通話のUQモバイルの2つだけです。 格安SIMは確かに月額料金が安いのが魅力的ですが、結局安かろう悪かろうの品質です。 その点UQモバイルは通信速度の担保、リーズナブルな価格での利用ができるので、2年目に1,000円料金が上がるのはそこまで大きなデメリットにならないでしょう。 デメリット2:オンラインショップでの新規契約はクレジットカード払い必須 2つ目のデメリットとして、UQモバイルをオンラインショップで契約する場合、支払い方法が「 クレジットカードのみ」の一つしかないことです。 リアル店舗のUQモバイルショップに行けば口座振替に対応していますが、 オンラインショップや電話窓口で新規契約する場合は支払い方法がクレジットカードに限定されます。 なお、 MNPに関しては口座振替にも対応しています。 新規契約で口座振替や自動振込を選択肢た場合、UQモバイルの審査に無条件で落ちるので注意して下さい。 デメリット3:データチャージが手動 UQモバイルを新規契約、MNP乗り換え、機種変更した際、2年間データ容量無料で2倍オプションがついてきます。 本来のオプション料金は500円。 非常に嬉しいキャンペーンとなっています。 しかし注意したいのは、 データの追加は手動でやらなければいけないことです。 あくまでもオプションなので自動でデータの追加はできません。 My UQからデータのチャージを行うことで、本来発生すべきチャージ料金が無料となるだけです。 契約後に「 データ2倍は嘘!」と騒ぐ人がいるのは、この辺を理解せずに契約してしまったからです。 チャージし忘れると、その月のチャージデータは切り捨てられます。 UQモバイルは余ったデータを翌月に繰り越しできるので、とりあえず翌月前に無料分のチャージはしておくことをおすすめします。 デメリット4:iPhoneのテザリング問題 UQモバイルでは基本的にSIMフリー端末であればテザリング可能になっています。 しかし、iPhoneに関してはSIMフリー端末にも関わらず一部の機種でテザリングがサポート外となっています。 2018年11月時点でiPhoneのテザリングがサポート外になっているのが下記です。 iPhone 8/8 Plus• iPhone X• iPhone XS/XS MAX• iPhone XR それ以前の端末や、UQモバイルで販売しているiPhone 6、iPhone SEなどではテザリングが可能になっています。 また、UQモバイル公式には記載されていませんが、SIMフリー版のiPadでもテザリングはできませんでした。 実際使ってみるとそんなことはないんですけどね。 通信速度が遅くなって後悔するという嘘 UQモバイルにすると、auよりも速度が遅いと言う方もいます。 実際のUQモバイルの速度ですが、下記のように非常に速いです。 回線が混雑しやすいお昼の12時台でも、室内絵約17. 8Mbps、屋外で約79. 9Mbps。 これ以上の速さを求めるとなると、固定回線を引くしかないと思います。 速度は決して3大キャリアに負けていません。 UQモバイルの速度が遅いという人は、たまたま電波の悪いところで通信速度を測ったか、もしくは一時的に繋がりにくい状況だったのでしょう。 auからの乗り換えは料金が高いという嘘 UQモバイルへauから乗り換えすると、スマトク割/長期利用割引が適用されず、1年目から1,980円じゃなくて2,980円での利用になる、という嘘の情報を流している人がいます。 事実昔はそうでしたが、 2018年11月時点ではauからの乗り換えでもスマトク割が適用され、1年目から1,980円で利用できます。 スマトク割がauからの乗り換えでも適用されるようになったのは2017年3月1日から。 同時に2年間データ容量2倍キャンペーンも適用されるようになっています。 デメリット6:LINEの年齢認証、ID検索ができない UQモバイルでは、LINEの新規登録時に年齢認証やID検索ができません。 そのため、友だち追加はふるふるやQRコードを利用する必要があります。 もしこれからUQモバイルにキャリアから乗り換える場合は、先に新規LINEアカウントを作成して年齢認証まで済ませておくことをおすすめします。 なお、一度認証が通ったLINEアカウントであれば、UQモバイルでもID検索が可能です。 乗り換え前に年齢認証しているかは絶対に確認してください。 現在LINEの年齢認証ができる通信事業者は、ドコモ、au、ソフトバンク、LINEモバイル、ワイモバイルの5社となります。 UQモバイル:利用者からの本当の評判・評価 実際にUQモバイルを利用している方にインタビューをし、評価を聞いてみました。 その他、ネット上の良い評判、悪い評判についてもお話しましたが、ほぼこの記事で紹介しているメリット・デメリットと同じ意見でした。 UQモバイルショップの対応が悪いのかについては、使ったことがないから不明という答えが。 ネット上から簡単に契約できるので、実店舗の利用者が少ないかもしれません。 UQモバイルはどこで契約すべき? 店舗契約のメリット・デメリット UQモバイルはリアル店舗もちらほら見かけますが、まだまだ店舗数が多いとは言い切れません。 また、店舗契約の場合指定の時間にスマホを取りに行ったり、混雑していると自分の順番が来るまでずっと並んでいなければならなかったりと、お店ですぐに契約できるわけではないのがデメリット。 スマホは初めて!という方に一から丁寧に説明する事もあるので、一人あたりにかかる接客が1時間を超えることもザラにあります。 そうすると、10人以上並んでいたらスタッフの数にもよりますが、2~3時間後の可能性も十分に考えられるのです。 また、 UQモバイルの店舗では端末購入アシストが一部のお店でしか対応していません。 せっかく購入したいスマホがあっても、店舗では在庫切れということもしばしば。 メリット ・店員さんから丁寧なサポートを受けられる ・実際に端末を触って使用感を確かめられる デメリット ・混雑しやすく順番待ちが多々 ・営業時間内に行かなければならない ・端末購入アシストが受けられない店舗も ・ショップによっては端末の在庫切れがある ・ショップでは扱っていない端末もある ネット申し込みがおすすめな理由 単純に言ってしまえば、 店舗でデメリットだった部分がメリットに置き換わるのがネット申し込みの良い所です。 UQモバイルはどちらかと言うとネット申し込みに力を入れており、店頭では説明が受けられないお得なキャンペーンを使うことができます。 例えば、「 SIMのみの契約なら3,000円キャッシュバック」というキャンペーンは、UQモバイルオンラインショップだけの特典となっています。 店頭ではスマホとセットで購入してもらうよう接客するので、こういったサービスを受けられません。 SIMのみを契約する方は、この手順はスキップしてOKです。 まず最初にUQモバイルで利用したい端末を選びます。 UQモバイル公式オンラインショップでは、iPhone 6sとAndroid端末が販売されています。 SIMサイズを決める iPhoneの場合、nanoサイズのSIMカードを選ぶのが鉄則。 Androidの場合、機種によってバラバラなので、UQモバイル公式サイトでチェックをしましょう。 「SIM種別」という項目にサイズが書かれています。 契約する料金プランを選択する 最後に、料金プランを選びましょう。 UQモバイルの料金プランが下記表になります。 大容量プランが欲しい方はプランL、データ容量が少なくても良い方はプランS、3GBではちょっと足りないという方はプランMを選ぶのが良いでしょう。 また、それぞれのプランには無料通話もついているのがポイントです。 ぴったり/おしゃべりプランは正規代理店契約がおすすめ もしこれからUQモバイルを、ぴったりプラン/おしゃべりプランで契約する場合、公式オンラインショップではなく正規代理店での契約をおすすめします。

次の