ダイソン v7 スリム。 掃除機マニアがジャパネットたかたのダイソンは買いなのか本気で調べてみた【チャレンジデー】

Dyson V7 Slim|ダイソンV7スリム 最軽量2.2kg コードレス掃除機は女性におすすめ!V10と比較レビュー|Being

ダイソン v7 スリム

ダイソンが2019年春に発売した、コードレススティック掃除機 以下、V7 Slim。 同社の掃除機は、高い吸引力と、外国メーカーならではのスタイリッシュなデザインが特徴ですが、日本の住宅事情や日本人の体形にはそぐわないといった声も少なくはありません。 そんな中、ダイソンがついに、日本人の要望に応え、ダイソン初のスリムタイプとして登場したのがV7 Slimです。 今回は、新たなラインナップとして登場したV7 Slimを実際に試して感じた、使い勝手や実用性をレポートします。 Dyson V7 Slim• 最新上位モデルにあたる 以下、V11 に比べ、スペック上だとW39mm、H117mm、D40mm小さくなっています。 割合に換算すると、それぞれ84. 数値が示すとおり、手にしてみた感触も、おおよそ1割~2割ほどコンパクトになったことを実感できました。 重さはV11の2. 72kgに対し、V7 Slimは2. 2kgと、520gの減量。 500mlのペットボトル1本分ほど軽くなったことになりますが、使ってみると「こんなもんか」という感じ。 たしかに最上位のV11と比べると軽くはなっているのですが、"軽量"をうたう他社のコードレススティック掃除機は、1. 4kg~1. 5kgというレベル。 あくまでダイソンのラインナップとして軽量であって、絶対的な軽さを求めるのであれば、他社のコードレススティック掃除機を選択したほうがよいと思います。 とはいえ、サイズが小型化されたことにより、操作性がかなり向上しました。 特に掃除機全体を動かすとき、床からハンドル部分までの高さは重要な要素です。 V7 Slimは、V11と比べて床からハンドル部分までの高さが抑えられており、大いに負担が軽減され、「おっ、いいじゃん」と感心。 ササっと掃除しやすくなった気がします。 薄くコンパクトになったモーターヘッドで、従来モデルでは入り込めなかった隙間も掃除ができました! 背の高い人ならば気にならないかもしれませんが、身長161cmの筆者が背の高い掃除機で掃除をすると、ヘッドを手前に引くときに曲げたひじを高い位置まで上げる必要があり、それと連動して肩まで上がってしまうせいで、掃除時にけっこうな疲労がたまります。 体勢が変わることにより、片手で掃除機を動かしながら、もう片方の手で家具を動かすといった動作がスムーズにできなくなり、疲れるうえに掃除効率も悪くなるとストレスを感じていました。 V7 Slimでは、掃除機の延長ホースが短くなり、ストレスが軽減されたので好評価。 本体サイズに合わせて、ヘッドも薄くてコンパクトなものが採用されています。 小回りがよくなり、これまでダイソンのコードレス掃除機では掃除しづらかった場所、入り込めなかった隙間など、対応できる範囲が広がったこともプラスポイントでしょう。 コンパクトになったモーターヘッドは、取り回しがよく、部屋の隅っこや狭い部分の掃除もしやすくなりました• ハンドル部分の裏面に滑り止めのゴムなどは付いていませんが、壁に立てかけておくことは可能。 パイプが短くなり、ヘッドの形状が変わったせいか、 ダイソンの ほかのモデルより、心なしか安定して立てかけておける気がします。 ただし、ちょっと手が本体に当たると倒れてしまうので、あくまでも仮置き程度• 掃除の途中でちょっと手を放したい、くらいなら対応できます V7 Slimの性能や機能面は、名前が示すとおり、ダイソンが2017年に発売した「V7シリーズ」と同様。 毎分最大10万7,000回転する「ダイソン デジタルモーター V7」を搭載し、吸い込み仕事率やバッテリーの駆動時間、充電時間、ゴミをためるクリアビンの構造やゴミ捨て方法といった基本設計はV7と変わりません。 吸引力については、毎分最大12万5,000回転する最新デジタルモーター搭載のV11と比べて見劣りします。 とはいえ、V7が発売された2年前の時点だと、吸引力はダイソン史上最高レベル。 2019年の掃除機市場を見ても、まだまだ高水準ではあります。 吸引力は手元のスライドボタンで、MAXと標準の2段階から切り替えられます• 手前にあるのが充電端子。 コードを直接挿すか、付属のソケット型アダプターでも充電できます。 バッテリー残量は、青く光るLEDライトが目安となります• 床にこぼしてしまったシュレッダーのくずを吸引• MAXモードでしたが、最上位モデルV11のようにスムーズには取り除けず、数回ヘッドを往復させる必要がありました。 吸引力の違いだけでなく、ヘッドが違うせいもあるように思います V7 Slimを端的に表現するなら、「1周り~2周りほどコンパクトになった2年前のダイソンの掃除機」。 2年前に登場していれば、多くの消費者を惹き付けたに違いありません。 しかし、最新のV11を使ったことのあるユーザーにとっては、「小さくなって取り回しはいいけれど、どこか物足りなさを感じる」のが正直なところです。 V7 Slimで軽さとコンパクトさを実現したのは、延長パイプとヘッドのパーツをV7よりも小さなものに付け替えた点にあります。 なのでハンディ掃除機として使う場合、その恩恵を受けられないのが残念です。 ダイソンの掃除機はハンディタイプで使ってもズバ抜けた吸引力。 そこも魅力の1つと思っている筆者としては、ハンディとして使っても軽さを感じられるものを期待します。 ハンディとしての使い心地は、従来のV7と変わりません。 女性の力だと、高い位置に持ち上げての掃除がちょっと辛いかも• ゴミ捨て時は、本体ハンドル付近の赤いレバーを上に引き上げます。 このとき少し力が必要です• 赤いレバーを引くと、ダストカップが自動で開く仕組み。 直感的で、筆者は好きです 筆者がダイソンのコードレス掃除機に望むのは、本体を含めた軽量・小型化。 モーターやバッテリーの軽量・小型化によるサイズダウンは、すでに日本メーカーがチャレンジしているので、コードレス掃除機の覇者として君臨するダイソンにも、ぜひ挑んでほしいです。 液晶ディスプレイを備え、専用の充電スタンドまで用意されたV11の仕様で、V7 Slimのサイズ感と重さを実現すれば、最高・最強だと思います。 ちなみにV7 Slimに付属する交換パーツは、モーターヘッド、コンビネーションノズル、隙間ノズルの3点。 5個のパーツが付属し、V11シリーズの中では最小構成モデルにあたる「V11 Fluffy」の価格が64,303円 税込。 対してV7 Slimは36,050円 税込 と、V11の半値ほどなので、ダイソンの掃除機がほしいと思いながらも、価格面と大きさで断念していた人にとっては、とても魅力的なモデルだと思います。 今後、軽さやコンパクトさを重視しつつ、性能や機能も優れた上級モデルが登場するとしたら、その価格にも要注目ですね。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

ダイソン「V7 Slim」を試す!最軽量モデルはより小回りがきく!|試用レポート

ダイソン v7 スリム

Contents• 新発売の「ダイソン V8 スリム」 Dyson V8 Slimは、2016年から販売されてきた ダイソンのスタンダードシリーズから、2019年8月に発売された新商品です。 ダイソンV8スリムの最大の特長は、パワフルな吸引力はそのままに 軽量・小型化されていること。 新しく開発された 新型のスリムソフトローラークリーナーヘッドを搭載していることも注目のポイントです。 このV8スリムの登場にともない、公式サイトからは他の スタンダードなV8シリーズは掲載が終了しています。 おそらく今後しばらくはセール品やクリアランス品として販売されることとなるでしょう。 その 違いは、付属するアタッチメントの種類と価格。 ダイソン V8 スリムの特長 シリーズ 最軽量・小型のダイソンV8スリムの特長を見ていきましょう。 ポイントは、こちらの5つ!• シリーズ最軽量2. 15kg!コンパクトなダイソン• 新しい小型スリムソフトローラークリーナーヘッド• 吸引力は従来通りパワフル• もちろん排気もキレイ• シリーズ最軽量2. 15kg!コンパクトなダイソン なんといっても、V8スリムの最大の特長が、 軽量・小型であること。 従来のダイソンは、 重くて長時間は使えないことがデメリットと言われてきました。 さらに、背の高い海外の方を基準に作られているので、 パイプが長くて操作しづらいという意見も。 実際のユーザーの声を見ても、 駆動部が手元にくるので、重い(多分まだコツを掴めていない)。 (より) 皆さん言うように、よく吸います。 でも、 男性の私でも筋肉痛になるくらい重いです・・・。 (より) 使用していると 思ったより重く感じ、身長が低いせいか少し掃除機が長くて不便に感じました。 (より) …と、「重くて長い」という声はたくさん出てきます。 そんなユーザーの不満を解消した V8スリムは、シリーズ最軽量の2. 15kg。 ダイソンのパワーを持ちながらこれほどの 軽さを実現しているのはすごいですね。 また、従来品と比較してコンパクトになっているのも嬉しいポイント。 パイプの長さが従来より短めで、 全長が約10㎝程短くなっています。 軽くてコンパクトなV8スリムは、 日本の家庭に最適化されたおすすめのダイソンです。 新しい小型スリムソフトローラークリーナーヘッド 軽量&コンパクトなダイソンV8スリムの秘密は、 新しく開発された小型の。 新型のスリムソフトローラークリーナーヘッドは、従来モデルに搭載されていて人気を集めている ソフトローラークリーナーヘッドを、40%も小型化したスリムなモーターヘッドです。 このスリムソフトローラークリーナーヘッドは、フローリングの床に最適。 柔らかいナイロンフェルトとカーボンファイバーブラシの組み合わせで、大きなゴミから小さなゴミまで同時に取り除きます。 硬い床面の掃除は得意なのですが、叩き出し効果は弱く ソファや絨毯などの布製品にはあまり向かないので、アタッチメントをミニモーターヘッドなどに取り替えて掃除することをおすすめします。 吸引力は従来通りパワフル ダイソンといえば パワフルな吸引力。 いくら軽量・小型でも、吸引力が低くなっていては意味がありませんよね。 V8スリムは、 毎分107,000回転する強力なデジタルモーターV8を搭載していて、V8シリーズの 従来モデルと同等の吸引力を維持しています。 V8シリーズ自体がスタンダードモデルのため、上位シリーズと比較すると吸引力は劣りますが、それでも十分強力です。 通常モードでは 最大40分間吸引力が持続します。 強モードは吸引力が高いぶん極端に稼働時間が短くなりますので、ゴミがとくに多い場所のみ切り替えて使うようにしましょう。 もちろん排気もキレイ ダイソンコードレスクリーナーの特長の一つでもある「 排気のキレイさ」もV8スリムはクリア。 V8スリムは 15個の2 Tier Radial サイクロンを搭載し、掃除機内部に強力な遠心力を発生させて、ミクロのゴミまで分離。 さらに2箇所のフィルターを通過することで 0. 3ミクロンの微細なゴミやハウスダストまで99. 隙間掃除用の細くて長い ノズルの先端にLEDライトがついていて、暗い隙間の奥までしっかり確認しながら掃除することができます。 ダイソンV8スリムとV7スリムを比較 ダイソンV8スリムは、従来の V8スタンダードモデルと比べて吸引力はそのままに小型・軽量化したモデルということがわかりました。 それでは、 同じスリムタイプの従来モデル「」と比べるとどのような違いがあるのでしょうか? V8スリムとV7スリムの違いを比較すると、4つの違いが見つかりました。 モーターヘッド V8スリムとV7スリムの最大の違いは、この モーターヘッドの違いです。 それぞれ得意とする床の素材が違うので、お家の床に合わせて選びましょう。 V8スリムには新しい スリムソフトローラークリーナーヘッドが付属。 ふわふわのナイロンフェルト素材のブラシで フローリングが得意なヘッドです。 一方のV7スリムには、 が付属しています。 カーボンファイバーとナイロンの硬い毛のブラシで、 カーペットやマットレスの掃除が得意なヘッドです。 V8スリム V7スリム モーターヘッド スリムソフトローラークリーナーヘッド コンパクトモーターヘッド 稼働時間・充電時間 稼働時間を比較すると、 V8スリムのほうが長時間掃除が可能です。 通常モードでモーターヘッドを使わない場合、 V8スリムは40分、V7スリムは30分まで稼働。 家中の掃除を一気に済ませたい方や、隅々まで掃除したい方にはV8スリムのほうがおすすめです。 ただし、バッテリー容量が大きいぶん、 充電時間についてはV8スリムのほうが長くなっています。 5時間 重さ・サイズ 重さで比較すると、 V8スリムのほうが若干軽量。 ただ、 わずか50gの違いなので、実際に使用していてその差を感じることはないでしょう。 大きさに関しても、 いずれも数cmの違い。 よほどこだわる方以外は気にならないと思います。 V8スリム V7スリム 重さ 2. 15kg 2. 2kg 高さ 210mm 206mm 奥行 1123mm 1140mm 幅 250mm 211mm アタッチメント は、 V8かV7かの違いではなく、機種ごとに違っているようです。 V8スリム FluffyとV7スリムはまったく同じで、 コンビネーションノズル・隙間ノズルの2種類。 各機種で約1万円の違いがあるので、ライフスタイルや掃除頻度をよく検討して選びましょう。 モーターヘッド・連続稼働時間・付属品が十分だと感じるなら、もっとも安価なV7スリムがおすすめです。 まとめ ダイソンコードレス掃除機の中では 最軽量・小型のコードレス掃除機「Dyson V8 Slim」。 これまで 重さや長さが気になってダイソンに手が出せなかった方に、おすすめの軽量モデルです。 ダイソンを購入前に家で実際使ってみたい方には、 レンタルでお試しという方法もあります。 家電レンタルの Rentioでは、ダイソンをお試しでレンタル可能。 また、3カ月~の月額レンタルでじっくりお試しもできます。 最新のV8スリムや、同じ小型軽量モデルの V7スリムもレンタル可能。 スタンダードなダイソンもレンタルできるので、比較してみるのもいいかもしれません。 レンタルできるダイソンの種類や価格など詳細については、こちらからチェックしてみてくださいね。 【関連記事】ダイソン全機種比較.

次の

ダイソンのV7 SlimとV8 Slimの違いを比較!どっちが用途に合っているのか分かる!

ダイソン v7 スリム

ダイソンが2019年春に発売した、コードレススティック掃除機 以下、V7 Slim。 同社の掃除機は、高い吸引力と、外国メーカーならではのスタイリッシュなデザインが特徴ですが、日本の住宅事情や日本人の体形にはそぐわないといった声も少なくはありません。 そんな中、ダイソンがついに、日本人の要望に応え、ダイソン初のスリムタイプとして登場したのがV7 Slimです。 今回は、新たなラインナップとして登場したV7 Slimを実際に試して感じた、使い勝手や実用性をレポートします。 Dyson V7 Slim• 最新上位モデルにあたる 以下、V11 に比べ、スペック上だとW39mm、H117mm、D40mm小さくなっています。 割合に換算すると、それぞれ84. 数値が示すとおり、手にしてみた感触も、おおよそ1割~2割ほどコンパクトになったことを実感できました。 重さはV11の2. 72kgに対し、V7 Slimは2. 2kgと、520gの減量。 500mlのペットボトル1本分ほど軽くなったことになりますが、使ってみると「こんなもんか」という感じ。 たしかに最上位のV11と比べると軽くはなっているのですが、"軽量"をうたう他社のコードレススティック掃除機は、1. 4kg~1. 5kgというレベル。 あくまでダイソンのラインナップとして軽量であって、絶対的な軽さを求めるのであれば、他社のコードレススティック掃除機を選択したほうがよいと思います。 とはいえ、サイズが小型化されたことにより、操作性がかなり向上しました。 特に掃除機全体を動かすとき、床からハンドル部分までの高さは重要な要素です。 V7 Slimは、V11と比べて床からハンドル部分までの高さが抑えられており、大いに負担が軽減され、「おっ、いいじゃん」と感心。 ササっと掃除しやすくなった気がします。 薄くコンパクトになったモーターヘッドで、従来モデルでは入り込めなかった隙間も掃除ができました! 背の高い人ならば気にならないかもしれませんが、身長161cmの筆者が背の高い掃除機で掃除をすると、ヘッドを手前に引くときに曲げたひじを高い位置まで上げる必要があり、それと連動して肩まで上がってしまうせいで、掃除時にけっこうな疲労がたまります。 体勢が変わることにより、片手で掃除機を動かしながら、もう片方の手で家具を動かすといった動作がスムーズにできなくなり、疲れるうえに掃除効率も悪くなるとストレスを感じていました。 V7 Slimでは、掃除機の延長ホースが短くなり、ストレスが軽減されたので好評価。 本体サイズに合わせて、ヘッドも薄くてコンパクトなものが採用されています。 小回りがよくなり、これまでダイソンのコードレス掃除機では掃除しづらかった場所、入り込めなかった隙間など、対応できる範囲が広がったこともプラスポイントでしょう。 コンパクトになったモーターヘッドは、取り回しがよく、部屋の隅っこや狭い部分の掃除もしやすくなりました• ハンドル部分の裏面に滑り止めのゴムなどは付いていませんが、壁に立てかけておくことは可能。 パイプが短くなり、ヘッドの形状が変わったせいか、 ダイソンの ほかのモデルより、心なしか安定して立てかけておける気がします。 ただし、ちょっと手が本体に当たると倒れてしまうので、あくまでも仮置き程度• 掃除の途中でちょっと手を放したい、くらいなら対応できます V7 Slimの性能や機能面は、名前が示すとおり、ダイソンが2017年に発売した「V7シリーズ」と同様。 毎分最大10万7,000回転する「ダイソン デジタルモーター V7」を搭載し、吸い込み仕事率やバッテリーの駆動時間、充電時間、ゴミをためるクリアビンの構造やゴミ捨て方法といった基本設計はV7と変わりません。 吸引力については、毎分最大12万5,000回転する最新デジタルモーター搭載のV11と比べて見劣りします。 とはいえ、V7が発売された2年前の時点だと、吸引力はダイソン史上最高レベル。 2019年の掃除機市場を見ても、まだまだ高水準ではあります。 吸引力は手元のスライドボタンで、MAXと標準の2段階から切り替えられます• 手前にあるのが充電端子。 コードを直接挿すか、付属のソケット型アダプターでも充電できます。 バッテリー残量は、青く光るLEDライトが目安となります• 床にこぼしてしまったシュレッダーのくずを吸引• MAXモードでしたが、最上位モデルV11のようにスムーズには取り除けず、数回ヘッドを往復させる必要がありました。 吸引力の違いだけでなく、ヘッドが違うせいもあるように思います V7 Slimを端的に表現するなら、「1周り~2周りほどコンパクトになった2年前のダイソンの掃除機」。 2年前に登場していれば、多くの消費者を惹き付けたに違いありません。 しかし、最新のV11を使ったことのあるユーザーにとっては、「小さくなって取り回しはいいけれど、どこか物足りなさを感じる」のが正直なところです。 V7 Slimで軽さとコンパクトさを実現したのは、延長パイプとヘッドのパーツをV7よりも小さなものに付け替えた点にあります。 なのでハンディ掃除機として使う場合、その恩恵を受けられないのが残念です。 ダイソンの掃除機はハンディタイプで使ってもズバ抜けた吸引力。 そこも魅力の1つと思っている筆者としては、ハンディとして使っても軽さを感じられるものを期待します。 ハンディとしての使い心地は、従来のV7と変わりません。 女性の力だと、高い位置に持ち上げての掃除がちょっと辛いかも• ゴミ捨て時は、本体ハンドル付近の赤いレバーを上に引き上げます。 このとき少し力が必要です• 赤いレバーを引くと、ダストカップが自動で開く仕組み。 直感的で、筆者は好きです 筆者がダイソンのコードレス掃除機に望むのは、本体を含めた軽量・小型化。 モーターやバッテリーの軽量・小型化によるサイズダウンは、すでに日本メーカーがチャレンジしているので、コードレス掃除機の覇者として君臨するダイソンにも、ぜひ挑んでほしいです。 液晶ディスプレイを備え、専用の充電スタンドまで用意されたV11の仕様で、V7 Slimのサイズ感と重さを実現すれば、最高・最強だと思います。 ちなみにV7 Slimに付属する交換パーツは、モーターヘッド、コンビネーションノズル、隙間ノズルの3点。 5個のパーツが付属し、V11シリーズの中では最小構成モデルにあたる「V11 Fluffy」の価格が64,303円 税込。 対してV7 Slimは36,050円 税込 と、V11の半値ほどなので、ダイソンの掃除機がほしいと思いながらも、価格面と大きさで断念していた人にとっては、とても魅力的なモデルだと思います。 今後、軽さやコンパクトさを重視しつつ、性能や機能も優れた上級モデルが登場するとしたら、その価格にも要注目ですね。 予めご了承ください。 関連記事•

次の