渦中 読み方。 コロナ禍の読み方や意味は?コロナ鍋・渦?…読めない!という声多数

コロナ禍の読み方と意味は?コロナ渦とは違うの?

渦中 読み方

コロナ禍の意味や読み方について 「コロナ禍」の意味は、 新型コロナウイルスが招いた危機的、災厄的な状況。 コロナが原因で招いた災難を指します。 コロナ禍の読み方は「ころなか」で漢字は禍 わざわい を使う コロナ禍 は 「ころなか」と読みます。 禍は「カ・ わざわい・まが」と読む漢字です。 禍という漢字は 音読みで 「 カ」と発音し、これで「コロナカ」です。 また、 訓読みでは 「 わざわい」、そして禍々しいで 「 まがまがしい」と読まれます。 しめすへんに鍋の右側「禍」の漢字変換の方法 コロナ禍で打ってみようとしてもスムーズに変換できない方もいらっしゃるのでは?! 禍は「わざわい・まがまがしい」などと打つとスムーズに漢字変換されます。 音読みの「カ」でも出ますが、他の漢字が出るので少し時間がかかります。 禍を 「うず、なべ」と打ってもこの漢字を出すことは出来ません! 「禍」の漢字の意味 禍の漢字は 「よろこばしくない事柄。 不幸をひきおこす原因。 災難」の意味があります。 読みは先にお伝えした 「わざわい」と聞くと「災」の漢字の方が一般的かもしれません。 新型コロナの症状が報告された時点で対策を打てたのに、対策がされずに世界的なパンデミック(広範囲に及ぶ流行)を引き起こした。 新型コロナの騒ぎが原因で医療崩壊やパニックなどの事態も起こってしまったetc…。 「人為的なわざわい」の意味がとれるのは 「禍」の漢字の意味が関係します。 コロナ禍と表記されるのは「禍」の意味が適切だったからですね。 コロナ禍は誰が言い出したの? 「コロナ禍という言葉を誰が 使 い出したか」という特定の人は 厳密に明確には なって いません。 けれど、「禍」の意味をふまえて2020年初旬から現状を表す言葉としてメディアで使われ始めて、広く一般に浸透したと言葉と言えるでしょう。 口語より書き言葉で使われる印象がほとんどです。 コロナ渦は間違いでコロナ禍が正しい! 冒頭でお伝えしているとおり「コロナ渦」(ころなうず)という表記は間違いです!テレビやSNSで目にするのは 「コロナ 禍」と書かれています。 「禍」あまり馴染みのない漢字で 、よく似ている「渦」や「鍋」と は旁(つくり、字の右側)「咼」が一緒で間違われやすいですが、 偏( へん、 左側)は 「 礻/しめすへん」です。 「渦」は 「うず」そして 「 渦中(かちゅう) うずまきの中。 転じて、事件の混乱したさわぎの中 」という単語で馴染みがあります。 渦の意味を考えても勘違いしやすいですが…「コロナ禍」で使われている漢字とは違うのです。 コロナ禍とコロナの渦中の違いは? 「コロナ渦」(ころなうず)という表記は間違いでが、少し表現を変えて「コロナの渦中」は日本語としてOKです。 コロナ禍: 新型コロナウイルスが招いた危機的、災厄的な状況(コロナが原因で招いた災難) コロナの渦中:新型コロナウイルスが原因で混乱した騒ぎの中 この2つであれば(厳密には違ってきますが)似たような状況を指すと言えます。 「コロナ渦」と表記してしまうことがあるのは、 上の2つを混同した誤表記でしょう。 コロナ渦と勘違いしていたよという口コミ コロナ禍をコロナ渦だと思う人は意外と多いです。 あの日経新聞の記事でさえ、一時は間違った表記で掲載されていました。 (現在、この記事の原稿は修正されています!) コロナ渦と勘違いしてしまう人はあなただけではありません!! コロナ禍のことずっとコロナ渦だと思い込んでたけど — ! e2fjz コロナ渦 うず って読んでた — k🐸 ehyukzZZ コロナ禍の読み方。 コロナ渦 うず だと思ってたー😱 コロナ鍋w笑 猫鍋じゃないんだから🐱 ところで、コロナ禍ってなあに?? まとめ:コロナ渦間違いでコロナ禍は「ころなか」と読む ・コロナ禍は「ころなか」と読む。 コロナ渦は間違った表記で「ころなうず」は間違い。 ・コロナ禍は新型コロナウイルスが原因で招いた危機的、災厄的な状況のこと。 ・禍は「わざわい・まが・カ」と読み、人為的な災害を表す意味がある。 ・しめすへんに鍋の右側の「禍」は「わざわい」「まがまがしい」で変換すると出る ・禍の意味をふまえて2020年初旬からメディアで「コロナ禍」と使い出し一般に広がった言葉。

次の

コロナ禍の読み方と意味は?コロナ渦とは違うの?

渦中 読み方

渦の書き順【筆順】 読み方 『 渦』の字には少なくとも、 ワ・ ケ・ カ・ うずの4種の読み方が存在する。 うずまき。 うずまく。 「渦潮・渦旋・渦動・渦水」• うずまきのもの。 「渦紋」• 混乱した状態。 「渦中・戦渦」 熟語 カルマン渦【かるまんうず】 [英語]Karmanvortex [気]流体中にある柱状の障害物の下流に、物体の左右両側から逆向きの渦が交互に発生し、規則正しく2列に並ぶ現象。 冬の北風が電線や柵などに吹き付けて鳴る虎落笛 モガリブエ も、この渦によって発生したエオルス音 aeoliantone。 「カルマン渦列 カレツ Karmanvortexstreet 」とも呼ぶ。 ウズムシ/渦虫【うずむし】 [虫]みずすまし ミズスマシ、水澄、鼓虫、鼓豆虫。 渦巻き管/渦巻管【うずまきかん】 [医]蝸牛管の別称。 かぎゅうかん 蝸牛管。 カルマン渦列【かるまんかれつ】 [英語]Karmanvortexstreet [気]かるまんうず カルマン渦。 ウズマキダイコン/渦巻き大根【うずまきだいこん】 [英語]beet [植][農]びーと ビート。 検字番号 検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。 「渦」の検字番号一覧 書籍 出版社 検字番号 角川大字源 角川書店 5083 新大字典 講談社 8609 新潮日本語漢字辞典 新潮社 6178 大漢和辞典 大修館書店 17771 大漢語林 大修館書店 6094 辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検字番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。 国語施策.

次の

「渦中」を「うずちゅう」と読むのは、同音異義語を分かりやすくさせるためのサ...

渦中 読み方

よろこばしくない事柄。 不幸をひきおこす原因。 と出てきました。 「コロナ禍」というのはどうやら漢字の意味そのままのようで、【 コロナによるわざわい】という解釈でよさそうです。 訓読みの「禍々しい禍(まがまがしいわざわい)」がまさにその通りという感じですね。 (当たり前っちゃ当たり前なんですけど。 笑) 「新型コロナ禍」 「コロナウイルス禍」 「新型コロナウイルス感染症禍」 など似たり寄ったりなワードを見かけますが、いずれも新型コロナウイルス(COVID-19)のことですので意味としては一緒ですよね。 ちなみに 「禍」と「災い」、どちらも「わざわい」と読みますが、この2つには差があるのでしょうか? どうやら、 【渦(うず・か)】 渦(うず):勢いよく流れる水(液体)の表面にできる、螺旋 らせん 状に巻き込んだ流れ。 また、それに形が似たもの。 渦(か):水がうずをまいて流れる。 また、うずをまいている形。 うずまき。 渦を使った単語には、「渦中」や「戦渦」といった単語があります。 世界中がコロナウイルスによる混乱に巻き込まれている現状は、「コロナ渦」と表現しても意味的におかしくはありませんよね。 「コロナ禍」の方がよく見かける辺り最初は誤用だったのかな?とも思いますが、認められて使われている部分もあるように思います。 読み方としてはこちらも「ころなか」になるんでしょうかね? ちなみに「 コロナ鍋(なべ)」という言葉もちらほら。 こちらも検索してみましたが、どうやら誤用かな?という印象でした。 笑 コロナウイルスに関しては聞き慣れない単語も多いので戸惑ってしまいますね。 コロナ禍とは? 今回「コロナ禍」という単語を調べてみてすっきりしました! 「ころなうず」だと思っていたでの中々あれなのですが、1つ賢くなりましたね。 笑 とにもかくにも世界中に広まる「コロナ禍」、早く終息することを願うばかりです。

次の