楽天 証券 手数料。 【アメリカ株の手数料を比較】マネックス証券・楽天証券・SBI証券どこがおすすめ?

成功報酬併用型について

楽天 証券 手数料

超割コース 超割コースはワンショットコースと同じく1回の約定ごとに手数料がかかるコースですが、一定条件をクリアすることでワンショットコースより手数料がお得になります。 投資信託や海外株式の取引手数料も1%ポイントバックが付くお得なコースです。 そうなると現物取引手数料の割引、信用取引手数料の無料2%ポイントバックなどかなりお得になります。 大きく取引するのであればこのコースがお勧めです。 また、楽天証券は海外株式も幅広く扱っています。 米国株式、中国株式、アセアン株式それぞれ手数料が異なりますので注意して下さい。 『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 、株式会社FXプライムbyGMO、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、SIX ファイナンシャルインフォメーションジャパン、Dow Jones、Hang Seng Indexes、株式会社bitFlyer 等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

楽天証券株式会社・IFA専用手数料について

楽天 証券 手数料

楽ラップのリスクと費用について 楽天証券ラップサービスは、国内投資信託および外国投資信託等を主な投資対象として運用を行うため、投資元本は保証されるものではなく、これを割り込むことがあります。 また、お客様には運用にかかる費用等をご負担いただきます。 費用等には、直接ご負担いただく費用(投資顧問料(投資一任フィー)及び管理手数料(ラップフィー))と、間接的にご負担いただく費用(投資対象に係る費用)があります。 楽天証券ラップサービスの手数料体系には固定報酬型と成功報酬併用型があり、固定報酬型では投資顧問料(投資一任フィー)と運用管理手数料(ラップフィー)の合計が最大で運用資産の0. 715%(税込・年率)、成功報酬併用型では投資顧問料(投資一任フィー)と運用管理手数料(ラップフィー)の合計が最大で運用資産の0. 605%(税込・年率)+運用益の積み上げ額の5. 50%(税込)となります。 このほかに間接的にご負担いただく費用は、投資信託では運用管理費用として、信託報酬 (最大で信託財産の0. 330%(概算)(税込・年率)。 但し、楽天証券ラップサービスで投資する投資信託が投資対象とする他の投資信託の信託報酬等を加えた実質的な運用管理費用は最大で信託財産の0. 682%(概算)(税込・年率)です。 )、信託財産留保額(最大で信託財産の0. 30%(概算))、その他費用をご負担いただきます。 これらの費用の合計額および上限額については、資産配分比率、運用状況、運用実績等に応じて異なるため、具体的な金額・計算方法を記載することができません。 詳しくは、契約締結前交付書面および目論見書等でご確認ください。 なお、楽天証券ラップサービスにはクーリング・オフ制度は適用されません。 金融商品仲介業者を通じてお申込みいただいたお客様は、ご担当者までお問合せください。

次の

【アメリカ株の手数料を比較】マネックス証券・楽天証券・SBI証券どこがおすすめ?

楽天 証券 手数料

楽ラップのリスクと費用について 楽天証券ラップサービスは、国内投資信託および外国投資信託等を主な投資対象として運用を行うため、投資元本は保証されるものではなく、これを割り込むことがあります。 また、お客様には運用にかかる費用等をご負担いただきます。 費用等には、直接ご負担いただく費用(投資顧問料(投資一任フィー)及び管理手数料(ラップフィー))と、間接的にご負担いただく費用(投資対象に係る費用)があります。 楽天証券ラップサービスの手数料体系には固定報酬型と成功報酬併用型があり、固定報酬型では投資顧問料(投資一任フィー)と運用管理手数料(ラップフィー)の合計が最大で運用資産の0. 715%(税込・年率)、成功報酬併用型では投資顧問料(投資一任フィー)と運用管理手数料(ラップフィー)の合計が最大で運用資産の0. 605%(税込・年率)+運用益の積み上げ額の5. 50%(税込)となります。 このほかに間接的にご負担いただく費用は、投資信託では運用管理費用として、信託報酬 (最大で信託財産の0. 330%(概算)(税込・年率)。 但し、楽天証券ラップサービスで投資する投資信託が投資対象とする他の投資信託の信託報酬等を加えた実質的な運用管理費用は最大で信託財産の0. 682%(概算)(税込・年率)です。 )、信託財産留保額(最大で信託財産の0. 30%(概算))、その他費用をご負担いただきます。 これらの費用の合計額および上限額については、資産配分比率、運用状況、運用実績等に応じて異なるため、具体的な金額・計算方法を記載することができません。 詳しくは、契約締結前交付書面および目論見書等でご確認ください。 なお、楽天証券ラップサービスにはクーリング・オフ制度は適用されません。 金融商品仲介業者を通じてお申込みいただいたお客様は、ご担当者までお問合せください。

次の