東京都コロナ 内訳。 東京都コロナ感染者数と内訳の速報【2020年7月11日】

【図解・社会】東京都の新型コロナ新規感染者数推移:時事ドットコム

東京都コロナ 内訳

最新コロナニュース記事: マスク関連情報 東京都23区別 新型コロナ感染者数 最新の東京都23区別の新型コロナ感染者数の一覧は上の通りです。 上位順に取り出すと、 新宿1207人・世田谷669人・中野428人・港425人・練馬392人。 11日時点の集計で中野区が練馬区を上回り、さらに14日時点で港区を上回って増加がみられます。 他に、池袋のある豊島区は314人です 東京都区別感染者数の推移 感染者数の多い5区の推移は下の通りです。 日付は集計をした日です 7月 新宿 世田谷区 港区 中野区 練馬区 4日 814人 550人 376人 319人 324人 5日 855 555 379 320 322 6日 888 558 381 332 337 7日 898 562 387 337 344 8日 900 576 390 339 351 11日 1101 614 403 389 372 12日 1146 629 409 398 378 13日 1179 638 413 411 382 14日 1207 669 425 428 392 新型コロナの感染者が多い区の特徴 ・新宿区 夜間営業に関わる仕事をしている人やスカウト行為をしていた人など、夜の街の感染者や客に、若い人の感染が多くなっており、小池知事は「パーティー」などの大ぜいが集まる場での感染に注意を促しています。 「新宿は蔓延」忽那医師 国立国際医療研究センター(東京都新宿区)で患者を診る忽那(くつな)賢志医師は、新宿区の増加について 新宿ではもはや、夜のクラスター(感染者集団)にとどまっていない。 若者に蔓延(まんえん)している印象です。 と増加の印象を語り、「今のうちに感染を抑え込む必要がある」と話しています。 ・豊島区 7月に入って、池袋の繁華街で感染者数が急増しています。 ・港区 「海外からの帰国者」や「夜の繁華街」での感染が疑われる例が多くなっています。 ・練馬区 20代30代の感染者の増加がみられます 世田谷区に感染者が多い理由は 世田谷区は、当初はもっとも感染者数の多い区となっていましたが、今は新宿区が上回っています。 2番目に感染者数が多くなっている、世田谷区に住んでいる人に話を聞いてみると 「(世田谷区は)住んでる人が多いのかな」 「(感染者が多いのは)人口が多いからだと思う。 通勤とかで、(ほかの区に)出ていき、また帰ってくる人が多いから」 と住民たちは判断しているということです。 「海外渡航者が多い」世田谷区長 世田谷区長は、区内に海外への渡航者が多いことを指摘しており、欧州で感染が拡大した3月には、帰国者の中から、まとまった感染者が出たと話しています。 英語では、ソーシャルディスタンシングといわれ、1. 8mの距離を保つことが良いとされています。 「三密」は具体的には下の三点です。

次の

【速報】東京の「コロナ倒産」50件に 最多は「飲食店」(帝国データバンク)

東京都コロナ 内訳

2020年7月16日の東京都コロナ感染者数と内訳の速報 2020年7月16日の東京都コロナ感染者数は、10歳未満から90代の男女、合わせて286人。 この数字は7月10日の243人を上回り、過去最多です。 これにより、東京都コロナ感染者数は8640人になりました。 286人のうち149人は、これまでに感染が確認された人の濃厚接触者。 そのうちホストクラブやキャバクラ店など接待を伴う店の従業員と客が67人。 このうち、地域別では新宿エリアが51人、池袋エリアが1人でした。 このほか、家庭での感染が25人、職場での感染が21人、新宿区の劇場で行われた舞台公演の客などが9人、介護施設や医療機関などの施設での感染が8人、会食が8人などとなっています。 なお、137人はこれまでのところ感染経路がわかっていません。 東京都コロナ感染者数は5月に入ってから減少傾向にあり、5月23日は2人にまで減りました。 ところが、5月24日は14人、5月25日は8人、5月26日は10人、5月27日は11人と再び増加傾向へ。 7月以降もその増加傾向は加速しています。 7月10日にはイベントの人数制限も緩和され、5000人までなら開催可能にもなりました。 しかし、2020年7月9日には8日時点での最多記録・206人(4月17日)を超え、非常に警戒が必要です。 いくら感染者数が減少しても気を緩めた途端に再び増加するのが現実。 これがコロナの厄介なところです。 この状況を受け、7月22日から実施予定のGo toキャンペーンも東京都は対象から除外されることとなりました。 このままだと再び自粛要請が出る可能性もあります。 それを防ぐには、新しい生活様式を意識していく必要がありますね。 東京アラートから再度自粛要請にならないようにしたいところです。 繰り返しになりますが、2020年7月16日に東京都で確認された陽性者数は286人。 今一度気を引き締め、新しい生活様式の継続を心がけましょう。

次の

東京都コロナ感染者数と内訳の速報【2020年7月11日】

東京都コロナ 内訳

最新コロナニュース記事: マスク関連情報 東京都23区別 新型コロナ感染者数 最新の東京都23区別の新型コロナ感染者数の一覧は上の通りです。 上位順に取り出すと、 新宿1207人・世田谷669人・中野428人・港425人・練馬392人。 11日時点の集計で中野区が練馬区を上回り、さらに14日時点で港区を上回って増加がみられます。 他に、池袋のある豊島区は314人です 東京都区別感染者数の推移 感染者数の多い5区の推移は下の通りです。 日付は集計をした日です 7月 新宿 世田谷区 港区 中野区 練馬区 4日 814人 550人 376人 319人 324人 5日 855 555 379 320 322 6日 888 558 381 332 337 7日 898 562 387 337 344 8日 900 576 390 339 351 11日 1101 614 403 389 372 12日 1146 629 409 398 378 13日 1179 638 413 411 382 14日 1207 669 425 428 392 新型コロナの感染者が多い区の特徴 ・新宿区 夜間営業に関わる仕事をしている人やスカウト行為をしていた人など、夜の街の感染者や客に、若い人の感染が多くなっており、小池知事は「パーティー」などの大ぜいが集まる場での感染に注意を促しています。 「新宿は蔓延」忽那医師 国立国際医療研究センター(東京都新宿区)で患者を診る忽那(くつな)賢志医師は、新宿区の増加について 新宿ではもはや、夜のクラスター(感染者集団)にとどまっていない。 若者に蔓延(まんえん)している印象です。 と増加の印象を語り、「今のうちに感染を抑え込む必要がある」と話しています。 ・豊島区 7月に入って、池袋の繁華街で感染者数が急増しています。 ・港区 「海外からの帰国者」や「夜の繁華街」での感染が疑われる例が多くなっています。 ・練馬区 20代30代の感染者の増加がみられます 世田谷区に感染者が多い理由は 世田谷区は、当初はもっとも感染者数の多い区となっていましたが、今は新宿区が上回っています。 2番目に感染者数が多くなっている、世田谷区に住んでいる人に話を聞いてみると 「(世田谷区は)住んでる人が多いのかな」 「(感染者が多いのは)人口が多いからだと思う。 通勤とかで、(ほかの区に)出ていき、また帰ってくる人が多いから」 と住民たちは判断しているということです。 「海外渡航者が多い」世田谷区長 世田谷区長は、区内に海外への渡航者が多いことを指摘しており、欧州で感染が拡大した3月には、帰国者の中から、まとまった感染者が出たと話しています。 英語では、ソーシャルディスタンシングといわれ、1. 8mの距離を保つことが良いとされています。 「三密」は具体的には下の三点です。

次の