リチャード フィルス。 ウィリアム・アフィルス

リチャード・フィルスVS愚地独歩

リチャード フィルス

志向の悪魔的思想や吸血鬼伝説などに重点を置き、情感的なや荘厳なの使用、そしてダニ・フィルスによる並はずれた高音のを駆使するなどの個性的なによって、邪悪かつ演劇的な美的境地が築き上げられている。 、、など、このバンドのジャンルをどう定義するかについては様々な議論がなされてきたが、自他ともに思想を伴うブラックメタルではないことは認めている。 フランス・クリソン公演 2009年6月 に結成。 当初のオリジナルメンバーは、 ダニ・フィルス Dani Filth ことダニエル・デイヴィー Vo 、ジョン・プリチャード B 、ダレン・ホワイト Dr 、ポール・ライアン G の4人であった。 4作目のデモ『トータル・ファッキング・ダークネス』から、アンダーグラウンドシーンにおいて実力を発揮し始め、1994年の1stアルバム『ザ・プリンシプル・オブ・エビル・メイド・フレッシュ』は3万枚を超えるセールスを記録、ブラックメタルバンドとして大きな評価を得るようになった。 にはニコラス・バーカーがドラマーとして新たに加入。 翌にはバックボーカルのアンドレ・メイヤーが脱退し、それに伴う形でサラ・イザベル・デーヴァが新たに加入。 続けて発売したEP『ブイ・エンパイア』は、このバンド史上初の女性ボーカルとしてのデーヴァを前面に押し出していた。 このEPを最後にバンドは金銭的ないざこざからカコフォノウス・レコーズとの契約を解消し、に加入。 この間にバーカーが路上飲酒および警官への暴行・公共の秩序を乱した罪で逮捕されるというトラブルも起きた。 2ndアルバム『ダスク・アンド・ハー・エンブレイス』発表に続くツアーで初来日。 、3rdアルバム『鬼女と野獣』をリリース。 同作は「血の伯爵夫人」として悪名高い 英語名エリザベス・バソリー をコンセプトとしている。 、ニコラスが脱退。 何名かのドラマーの後にエイドリアン・アーランドソンが加入した。 、2度目の来日公演。 、5thアルバム『ダムネイション・アンド・ア・デイ』を発表。 中のを題材に、の40人編成オーケストラ、32人のコーラス隊の協力を得て完成した、77分を超える大作である。 のグラミー賞では、「ベスト・メタル・パフォーマンス」部門において6thアルバム『ニンフェタミン』のタイトル曲「ニンフェタミン」がノミネートされるに至った。 翌10月に7thアルバム『ソーノグラフィー』をリリース。 ゲストヴォーカルとしてのが参加する。 その後アーランドソンとデーヴァが脱退し、その後任としてマーティン・スカロウプカが加入した。 フランスの貴族で猟奇的殺人鬼のをコンセプトとした8thアルバム『ゴッドスピード・オン・ザ・デヴィルズ・サンダー』を10月にリリース。 11月に9thアルバム『蔭黒の女神アヴェルサ Darkly, Darkly, Venus Aversa 』をリリース。 このアルバムはバンド史上初のインストゥルメンタルが入ってないアルバムとなった。 、節目の10thアルバム『マンティコア・アンド・アザー・ホラーズ』をリリース。 ベーシストのデイヴ・ピュービスとキーボーディストのキャロライン・キャンベルが脱退。 ダニエル・ファース B が加入した。 リンドセイ・スクールクラフト Key がセッションキーボーディストとなり、に正式加入した。 には、ギタリストのポール・アレンダーとジェイムズ・マッキルローイが2名とも脱退。 アショクとリチャード・ショーが加入した。 、11thアルバム『』をリリース。 、フェス『』の参加と 、12thアルバム『腐蝕への誘惑』を発表。 、5月来日公演。 2月に、キーボーディストのリンドセイ・スクールクラフトが脱退した。 メンバー [ ] 現ラインナップ [ ]• Dani Filth - 1991-• リチャード・"リッチ"・ショウ Richard "Rich" Shaw - ギター 2014-• ダニエル・ファース Daniel Firth - 2012-• マーティン・スカロウプカ Ds 2015年 旧メンバー [ ]• サラ・イザベル・デーヴァ Sarah Jezebel Deva - バッキングボーカル 1996-2006 脱退後にも『ニンフェタミン』を始めとして散発的に参加を行っている。 や コヴナント 、ソロ名義でも活動。 ポール・ライアン Paul Ryan - ギター 1991-1994• Paul Allender - ギター 1992-1995, 2000-2014 脱退後、をメインに活動。 リシ・メータ Rishi Mehta - ギター 1994• ブライアン・ヒップ Bryan Hipp - ギター 1994-1995• スチュアート・アンスティス Stuart Anstis - ギター 1995-1999• ジャン・パイアズ Gian Pyres - ギター 1996-2002• ジェイムズ・マッキルローイ James McIlroy - ギター 2004-2005, 2009-2014• Charles Hedger - ギター 2005-2009 を経てクレイドル・オブ・フィルスに加入。 ジョン・プリチャード Jon Pritchard - ベース 1991-1992• ロビン・グレイヴス Robin Graves - ベース 1992-1994, 1995-2002• ジョン・ケネディ Jon Kennedy - ベース 1994-1995• デイヴ・ピュービス Dave Pybus - ベース 2001-2005, 2005-2012• ベンジャミン・ライアン Benjamin Ryan - キーボード 1991-1995• ダミエン・グレゴリ Damien Gregori - キーボード 1995-1997• レクター Lecter - キーボード 1997-1999• ロジー・スミス Rosie Smith - キーボード 2005-2009• アシュリー・"エリオン"・ユルゲマイヤー Ashley "Ellyllon" Jurgemeyer - キーボード 2009-2011 出身。 キャロライン・キャンベル Caroline Campbell - キーボード 2011-2012• リンドセイ・スクールクラフト Lindsay Schoolcraft - 2013-2020 出身。 2012年にサポート参加し、2013年より正式メンバーとなった。 ダレン・J・ホワイト Darren J. White - ドラムス 1991-1992• ニコラス・"ニック"・バーカー Nicholas "Nick" Barker - ドラムス 1992-1999 、、等で活動。 デイヴ・クヌート Dave Kunt - ドラムス 1999• ウィリアム・A・"ワズ"・サージンソン William A. Adrian Erlandsson - ドラムス 1999-2006 出身。 、を経てクレイドル・オブ・フィルスに加入。 他に、など多数のバンドで活動経験がある。 のドラム担当のは実弟にあたる。 リンドセイ・スクールクラフト Key 2012年 ディスコグラフィー [ ] アルバム [ ] オリジナル・アルバム• ザ・プリンシプル・オブ・イーヴル・メイド・フレッシュ The Principle Of Evil Made Flesh 1994年• ダスク・アンド・ハー・エンブレイス Dusk And Her Embrace 1996年• 鬼女と野獣 Cruelty And The Beast 1998年• ミディアン Midian 2000年• ダムネイション・アンド・ア・デイ Damnation And A Day 2003年• ニンフェタミン Nymphetamine 2004年• ソーノグラフィ Thornography 2006年• ゴッドスピード・オン・ザ・デヴィルズ・サンダー Godspeed On The Devil's Thunder 2008年• 暗黒の女神アヴェルサ Darkly, Darkly, Venus Aversa 2010年• マンティコア・アンド・アザー・ホラーズ The Manticore and Other Horrors 2012年• Hammer of the Witches 2015年• 腐蝕への誘惑 Cryptoriana - The Seductiveness of Decay 2017年 ライブ・アルバム• ヴェンパイア・オア・ダーク・フェアリィテイルズ・イン・ファルスタイン V Empire Or Dark Fairytales In Phallustein 1996年• フロム・ザ・クレイドル・トゥ・エンスレイブ From The Cradle To Enslave 1999年• ビター・スイーツ・トゥ・サキュバイ Bitter Suites To Succubi 2001年• エバーモア・ダークリー Evermore Darkly 2011年 コンピレーション• Midnight in the Labyrinth 2002年 映像作品 [ ]• PanDaemonAeon 1999年• Peace Through Superior Firepower 2005年 脚注 [ ].

次の

リチャード・フィルスVS愚地独歩

リチャード フィルス

モデルは言うまでもなくマイク・タイソン。 アニメ版では諸般の事情でイアン・マクレガーという名に変更されている。 初戦はボクシング対策に特化して来た李猛虎というピンポイントすぎるを撃破。 二戦目の相手は暴走族出身の 素人、。 実力差は圧倒的だったが、対戦相手の驚異的なまでもの根性に苦戦、拳を粉砕してしまう。 その後、チャンピオンの肩書きを捨てて、自らを「ブルックリンを代表するけんか小僧 ファイティングキッズ 」と任じて、千春と「けんか小僧」対決となる。 両者一歩も譲らず正面から打ち合うが、セコンド乱入で反則負け。 結果として 素人に負けたヘヴィ級になってしまった。 だが、読者の間でも最大トーナメント屈指の名勝負と名高い一戦である。 アニメでは微妙に結末が変わっており、更に感動必至である。 ちなみにこいつのセコンドもサム ロジャー・ハーロンのセコンドとは別人。 さらに勇次郎乱入の際、ボクシングのカウンターパンチでダウンを喫した。 その後第三部の『範馬刃牙』の監獄バトル編にも登場(実際のタイソンも逮捕歴がある)するが、 かませのその又かませになってしまう。 ・ ピットファイティング ロシア出身の巨漢のアマチュアレスラー。 驚異的な腕力と運動神経とを併せ持つ怪物。 熱烈な愛国者であり、祖国のためにたった一人で永久凍土の大地に巨大なウラン採掘場を掘り抜いた。 徳川老が用意したリザーバーの一人で、ロシア代表の敗北と出場枠の空白が出場条件。 の敗退でその条件を満たした。 敗北した同じロシア出身のタクタロフに制裁を加えた上で、御老公に自身の出場を要求。 同じアマレスのロジャー・ハーロンを威圧し、 柴千春の抗議を圧倒的な力で天井にぶつけることであっさり排除、さらにをスープレックスで投げ飛ばすなど上々の滑り出し。 さらに一・二回戦を試合せずに突破したため、無傷での参戦を不服として250㎏のアナコンダと試合場で対戦。 蛇相手にレスリング技をかけて、最後は頭を踏み潰した。 …だが、その後のとの試合では、「明日を見ない」ジャックの超人的な強さに敗れ去った。 第二部『バキ -BAKI-』でも名前は出たが、同じロシアの死刑囚に 戦闘描写もなく敗北した。 結果、まともに作中で勝てたのは上記のアナコンダだけであり、 そのインパクトある登場とは裏腹の極端なっぷりに、ファンからは 「アナコンダにだけ勝った男」 …という有難くないニックネームで呼ばれるハメに… モチーフは人類最強クラスのレスリング選手、アレクサンドル・カレリン。 諸般の事情でアニメ版ではアンドレアノフ・ガーランドに名前が変更された。 徳川光成 []• とりあえず完了。 出場選手については、あまり細かい追記をするより、そのキャラの個別項目を建ててくれると嬉しい。 書いてて、マイケルやガーレンなんかは個別ページもあったほうが良さそうだと感じた。 …でもまあ、とりあえずこれで、主だったバキ項目は建てられたかな(細かいのはまだあるけど)。 花山薫・愚地独歩の二大巨頭に始まり、もう一人の腕利きの建て主との建て合戦もあって、なかなかに楽しませてもらいました! -- 名無しさん 2014-08-14 22:38:34• ガーレンは要るね。 -- 名無しさん 2014-08-14 23:59:25• リーガン、刃牙道でまた出てこないかな。 ジャックに身長抜かれちゃったしその記念に -- 名無しさん 2014-08-15 00:48:21• お疲れ様。 原作が原作なだけに、かなり読み応えのある記事になりましたな。 -- 名無しさん 2014-08-15 13:24:08• リーガンのモチーフはアンドレじゃなくて同じ巨人レスラー、エル・ヒガンテだって聞いた事がある -- 名無しさん 2014-08-15 22:30:15• 修正しておこう。 -- 名無しさん 2014-08-15 22:43:59• 開会から閉会まで22巻を要したのは男塾の天挑五輪(18巻)を抜いて当時最長だったんだよね…後に肉2世に抜かれるけど -- 名無しさん 2014-08-16 00:08:16• ワンデイどころかほぼ半日の濃密過ぎるスケジュールなんだよな。 どっかのサイトにタイムスケジュールの考察があったっけ -- 名無しさん 2014-08-16 00:10:18• チャモアンはスケジュールが合わなかったという建前で乱入するつもりだったんだろうか…? 良く見たら原作ではアフリカ勢がいなかったし、ズールをアフリカ人にしたのは正解だと思う。 -- 名無しさん 2014-08-16 00:16:40• バランスの良い山本選手。 クッソwwwww -- 名無しさん 2014-08-16 03:12:46• ズタボロなのにチャンピオンを笑顔で迎える選手の皆さんの気の良さに泣ける -- 名無しさん 2014-10-17 09:26:55• 決勝戦の徳川のじっちゃんの演説は読んでで震えた -- 名無し 2015-01-01 23:19:58• 充実しすぎだろこの項目www -- 名無しさん 2015-03-29 02:50:33• 改めて烈海王強すぎだろ、刃牙以外にマトモに勝負になってない -- 名無しさん 2016-10-17 01:01:51• ハードスケジュールとはいえ既に老害の片鱗が見えてたんすねー -- 名無しさん 2020-04-27 12:23:19.

次の

リチャード・フィルスVS愚地独歩

リチャード フィルス

1973年 プロフィール リングネーム ディック・ザ・ブルーザー ザ・ブルーザー ブルーザー・アフィルス ディック・アフィルス 本名 ウィリアム・フリッツ・アフィルス・ジュニア ニックネーム 生傷男 身長 185cm 体重 118kg(全盛時) 誕生日 死亡日 1991-11-10 (62歳没) 出身地 スポーツ歴 デビュー 引退 ウィリアム・フリッツ・アフィルス・ジュニア( William Fritz Afflis, Jr、 - )は、の。 ディック・ザ・ブルーザー( Dick the Bruiser)ので活躍し、その名の通りの荒っぽいファイトスタイルから、日本では「 生傷男」の異名で呼ばれた。 主戦場としていたとの提携のもと、本拠地のインディアナポリスにて を主宰するなど、プロモーターとしても活動した。 来歴 [ ] シニアハイスクール時代からで活躍し、のなどを経て、にのに入団した後、にプロレス入り。 地元のインディアナを含むを活動拠点に、1月14日にはにてのに初挑戦した。 のとして殴る蹴るの喧嘩ファイトを押し通し、にはの前身団体であるキャピトル・レスリング・コーポレーションに参戦。 中西部地区では1957年12月13日、を下して版のUSヘビー級王座を獲得。 以降、初頭にかけて、スナイダー、、、、らを相手にタイトルを争った。 7月15日にはにてを破り、ハワイ版のUSヘビー級王座も奪取している。 その後、にて同タイプのとを組み、1963年8月20日にクラッシャーとのコンビでを獲得した。 4月22日にはのにてからWWA世界ヘビー級王座を奪取。 同年、自身の団体をインディアナポリスに設立。 ロサンゼルス版WWA王座を獲得した同日に、自らをインディアナポリス版WWAの初代世界ヘビー級王者に認定する。 ロサンゼルス版のWWA世界ヘビー級王座は同年7月22日にに敗れて失ったものの 、インディアナポリスではの団体エース兼オーナーとして活躍し、にはやとインディアナポリス版のWWA世界ヘビー級王座を争った。 AWAでもベビーフェイスのポジションに回り、11月12日にはにてを破りを獲得している。 以降、全般に渡り、インディアナポリスのWWAおよび提携団体のAWAを股にかけて活躍。 WWAではフラッグシップ・タイトルのWWA世界ヘビー級王座を巡り、、、、、、、、らと抗争を展開。 の総本山だったのにも再三出場し、、ハーリー・レイス、、ら歴代のNWA世界ヘビー級王者に挑戦した。 その後はシングルでの活動に注力し、では7月14日にからNWAミズーリ・ヘビー級王座を奪取。 AWAではニック・ボックウィンクルのに再三挑戦し、本拠地のWWAではからにかけて、同じく「ブルーザー」をリングネームとしていたとWWA世界ヘビー級王座を賭けた抗争を展開した。 1月1日には、セントルイス地区のプロモーターだったサム・マソニックの引退興行にてを破り、NWAミズーリ・ヘビー級王座への通算3度目の戴冠を果たしている。 同年12月18日にはシカゴにて、当時AWAで大ブレイク中だったともタッグを組んだ。 からはセミリタイアの状態となるも、レジェンドとしてAWAのビッグマッチに登場。 同年に現役を引退し 、プロモーターとしてWWAの運営に専念。 グレート・ウォージョことグレッグ・ウォジョコウスキーやなどを輩出したが、体制下のによる全米侵攻の余波で観客動員が落ち込み、後半にWWAは活動を停止した。 その後はにてタレント・エージェントとなって活動。 12月16日のでは、対のにてスペシャル・ゲスト・レフェリーを務めた。 、の血管破裂により死去。 62歳没。 日本での活躍 [ ] 11月、に初来日。 11月24日ににて、の死後、空位となっていたをと争った。 当時すでにアメリカではに転向していたが、日本ではのスタイルを押し通し、この王座決定戦でも3本勝負のうち2本で反則負けを取られ、馬場がストレート勝ちで第3代王者となるも、壮絶な暴れっぷりで馬場を蹂躙した。 3日後の11月27日には、にて馬場の初防衛戦の相手を務めている(結果は1-1のタイスコアの後、両者リングアウトで馬場が防衛)。 以降、馬場の同王座には2月28日に、8月12日ににて挑戦した。 1969年8月11日には札幌にて、盟友とのコンビでBI砲を破り、同王座を奪取している。 2日後にBI砲に奪還されたものの、この来日時がクラッシャーと組んでの「ブルクラ・コンビ」の日本初参戦であり、大きなインパクトを残した。 4月にに初登場し、4月10日ににてジャイアント馬場のに挑戦 、両者の日本での久々の対戦が実現した(この来日前の2月6日、アメリカのでも馬場のPWF王座に挑戦している)。 3月、国際プロレスに久々に来日。 これが最後の来日となり、日本マットには日本プロレスに3回、全日本プロレスと国際プロレスに各2回、通算7回参戦したが、いずれも1週間程度の特別参加という大物扱いだった。 逸話 [ ] 生傷男の異名そのままに、「酒場の用心棒をしていた」などという定番的なフィクションも含め、数々の武勇伝を持つ。 日本で紹介されたエピソードでは、学生時代はフットボール選手として各大学からスカウトの声がかかったが、喧嘩が原因の放校処分で7つの大学を渡り歩き、結局は卒業できなかったという(在籍期間の最長はの7カ月間で、地元のは2日間で退学になったとされる)。 初の黒人選手である ()とは当時チームメイトで、マンがタクシー運転手に人種差別から乗車拒否を受けた際、ブルーザーが運転手に怒り、乗車拒否を撤回させたこともあった。 直接の原因はグラハムがロッカを流血させたことによるものだが、ブルーザーはリングに仁王立ちしたまま、暴徒と化して詰め寄ってくる観客を次から次へと客席へ投げ飛ばしていたという。 その後もブルーザーは翌までMSGに時折出場したが 、度を越した荒っぽいファイトスタイルのためにニューヨークから永久追放され 、以降はのリングに上がることはなかった。 3月の国際プロレス参戦時に、当時国際プロレスの外国人送迎補助兼通訳を務めていたが行ったインタビューでは「謝罪するつもりはない。 客が投げた椅子で頭部に裂傷を負った被害者だ。 客に椅子を投げ返したのは正当防衛だ」「ガーデンに出場できなくても他に稼ぐ場所はいくらでもある。 永久追放? 上等じゃないか」などと答え、追放処分を受けた際にも「嬉しかった。 ガーデンに出場するよりも、プライドを守るのが大事だ」と思ったという。 の初来日時、との決定戦の調印式で、ブルーザーは馬場を小僧呼ばわりして凄み、電話帳を真っ二つに破り裂き、ビール瓶の栓を指で抜いてラッパ飲みするなどのパフォーマンスを敢行。 あまりの迫力に、馬場は貫録の差を見せつけられ、震え上がったという。 この試合で馬場は、ブルーザーのあまりのタフさに無我夢中となり、師匠のから「相手が死んでしまうぞ」と止められていたを解禁したとされる。 にアメリカで馬場と再会した際にも、当時でも屈指の大プロモーターとなっていた馬場に "Hey, Kid! (よう、小僧)" と声をかけて馬場を苦笑させたが、これは業界の後輩に対する親しみを込めた表現であり、なども彼からは常に「キッド(小僧)」と呼ばれていた。 プロモーターになってからも、ブルーザー・ブロディ相手にバックステージで大喧嘩をするなど、血気盛んなところは変わらなかった。 をくわえつつをラッパ飲みし、野太いでがなりたてるパフォーマンスがトレードマークだったが、彼のしゃがれ声は時代に喉を負傷したことが原因だという。 このに向けて、当初はブルーザーをスパーリング・パートナーに指名していたが、ブルーザーはその要請を断り、5月にシカゴで行われた猪木のテレビ会見に同席した。 6月10日にシカゴのインターナショナル・アンフィシアターにてアリがらとミックスド・マッチを行った際も、アリの役のに対抗し、レスラー側のを務めている。 に登場するリチャード・フィルスは彼がモデル。 得意技 [ ] 、 ブルーザーの基本戦法であり、同時に彼の喧嘩屋としてのキャラクターを最大限に引き出すムーブでもあった。 レスラー仲間の間でも「タフガイ」「化け物」と呼ばれ恐れられた打たれ強さを活かし、相手からの反撃を受けても構わずひたすら殴り、蹴るという豪快な喧嘩ファイトがブルーザー最大の見せ場だった。 ストンピング 相手の腹部などを大袈裟に振り上げた足で体重をかけて踏みつけ、さらに大声で怒鳴りつけながら相手を踏みにじる。 当時のプロレス界におけるトップロープからの攻撃の定番技。 下記のアトミック・ボムズ・アウェイの布石として使われることも多かった。 (ダイビング・フット・スタンプ) トップロープから跳躍し、倒れた相手の腹部などを踏みつける、ブルーザー最大の必殺技。 踏みつけ方には両足式と片足式の2種類があった。 和名は「原爆落とし」だが、現在この呼称で呼ばれることは少ない。 や、実況席にある電話機など、会場内のありとあらゆるものを凶器として利用した。 初来日時の1965年11月27日、でのジャイアント馬場とのインターナショナル・ヘビー級王座戦の再戦において、リングサイドの床板を蹴破り、その破片で馬場に殴りかかったというエピソードは特に知られている。 また、と同様にを隠し持っていたこともあった。 獲得タイトル [ ]• NWA USヘビー級王座(版):7回• NWA USヘビー級王座(版):2回• NWA USヘビー級王座(版):1回• NWAミズーリ・ヘビー級王座:3回• :1回• WWA世界ヘビー級王座(版):1回• WWA世界ヘビー級王座(版):13回• Online World of Wrestling. 2015年2月4日閲覧。 [ ]• Wrestlingdata. com. 2015年2月4日閲覧。 Wrestlingdata. com. 2015年2月4日閲覧。 プロレス桃源郷へのいざない. 2015年2月5日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2015年2月4日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2015年2月11日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2015年1月23日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2015年1月23日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2015年1月23日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2015年1月23日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2015年2月7日閲覧。 Wrestlingdata. com. 2015年2月4日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2015年2月4日閲覧。 Wrestlingdata. com. 2015年2月4日閲覧。 Wrestlingdata. com. 2015年2月4日閲覧。 Wrestlingdata. com. 2015年2月4日閲覧。 Wrestlingdata. com. 2015年2月4日閲覧。 Cagematch. net. 2015年2月4日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2013年8月26日閲覧。 Cagematch. net. 2015年2月5日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2015年2月5日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2015年2月5日閲覧。 』P86-87(2003年、日本スポーツ出版社、監修:)• Wrestlingdata. com. 2015年2月5日閲覧。 『Gスピリッツ Vol. 15』P73(2010年、、)• Cagematch. net. 2015年2月5日閲覧。 Wrestlingdata. com. 2015年2月5日閲覧。 『忘れじの国際プロレス』P99(2014年、ベースボール・マガジン社、)• Bryant, Arabelle 2010年1月16日. Sun Journal(の新聞). 2020年2月4日閲覧。 Wrestlingdata. com. 2015年2月5日閲覧。 『週刊プロレスSPECIAL 日本プロレス事件史Vol. 10』P64 - 65(2015年、ベースボール・マガジン社、)• 『16文が行く (新装版) 』P87-88(1999年、ダイナミックセラーズ出版、)• Cagematch. net. 2015年2月4日閲覧。 12』P14-15(2009年、辰巳出版、)• Wrestling-Titles. com. 2015年2月11日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2015年2月11日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の