在職 老齢 年金 と は。 年金制度改革法成立2020年 在職老齢年金の見直し

年金改正の重大ポイント「在職老齢年金」のカットが大幅緩和

在職 老齢 年金 と は

厚生年金基金に加入していた期間がある場合は、厚生年金基金に加入しなかったと仮定して計算した老齢厚生年金の年金額をもとに基本月額を算出します。 厚生年金基金加入期間がある人の年金は、老齢厚生年金のうち報酬比例部分の一部が代行部分として厚生年金基金から支払われます。 このため、在職老齢年金の停止額を計算するにあたっては、代行部分を国が支払うべき年金額とみなして、基本月額を算出します。 年金支給月額がマイナスになる場合は、老齢厚生年金(を含む)は全額支給停止となります。 老齢基礎年金およびは全額支給となります。 70歳以上の方については、厚生年金保険の被保険者ではありませんので、保険料負担はありません。 厚生年金に加入しながら老齢厚生年金を受けている70歳未満の方が、退職して1ヵ月を経過したときは、退職した翌月分の年金額から見直されます。 年金額の一部または全部支給停止がなくなり、全額支給されます。 年金額に反映されていない退職までの厚生年金に加入していた期間を追加して、年金額の再計算が行われます。 その際は、別途、手続きが必要となります。

次の

働きながらもらう「在職老齢年金」と「高年齢継続給付金」 60歳以降の合計額をシミュレーションしてみた | マネーの達人

在職 老齢 年金 と は

在職老齢年金とは? 年金をもらいながらの働き方について、週刊誌などに特集が組まれています。 「 在職老齢年金」とはどんな制度か確認してみましょう。 在職老齢年金とは、 60歳以降に厚生年金に加入して働きながら受ける老齢年金のことです。 在職していて給与と調整が行われるのは、老齢厚生年金のみです。 給料と調整され減額されるのは「 特別支給の老齢厚生年金」なので、「繰上げした老齢基礎年金」は、60歳から64歳までそのまま受けられます。 ただし、 国民年金期間の長く婚姻期間の長い妻がいる男性の場合、老齢基礎年金を繰り上げすると、この男性亡き後、妻が「寡婦年金」をもらえなくなるので要注意です。 また、 「老齢基礎年金の繰上げ」をすると、厚生年金に加入して働いていても障害厚生年金を請求できなくなってしまいます。 働きながら老齢年金を繰り下げたら? 働いている場合、お給料をもらっているので、「 年金繰り下げ」も考えることでしょう。 老齢年金を66歳以降に受ける代わりに年金を割り増しして受け取ることを「繰り下げ」といいます。 老齢厚生年金を65歳で受け取り、老齢基礎年金を66歳以降に受け取る等(逆も可能)、別に繰り下げられます。 繰下げ受給の請求をした時点(66歳から1ヶ月ごとに選べる)に応じて、 年金額が1月につき0. 例えば、老齢厚生年金を65歳から80万円、老齢基礎年金を70万円もらう人が、老齢厚生年金を66歳0ヶ月で繰り下げして受けた場合 86万7,200円に増額します。 併せて老齢基礎年金を1年繰り下げると 75万8,800円です。 そういう人が老齢基礎年金だけを66歳まで繰り下げると、 8. 投資信託の運用利率より高い可能性もあります。 「じゃあ、給料で止まっているけど老齢厚生年金も繰り下げして年金を増やしちゃおう!」と考えたとします。 ところがそう甘くありません。 ところが 「もらっていない老齢厚生年金部分」は繰り下げで増額させることはできないのです。 配偶者のいる人は、老齢年金繰り下げで損をする場合もあり 配偶者のいる人で家族手当ともいうべき 「加給年金」や「振替加算」を65歳からもらう要件を満たした人は、「年金繰り下げ」すると損をする可能性があります。 66歳で老齢厚生年金を繰り下げした場合、 1年間で39万100円の加給年金を受けることができなくなります。 66歳で老齢基礎年金を繰り下げすると、振替加算も66歳までの間受けられません。 老齢年金繰り下げをできない場合 遺族年金や障害年金など老齢年金以外の年金をもらっている(権利がある)場合は、 老齢年金を66歳以降に繰り下げることはできません。 厚生年金に加入して働きながら、お得に老齢年金をもらうには? 今までのお話と併せて、厚生年金に加入して働きながら、お得に老齢年金をもらうには、どうするかまとめてみました。 60歳から64歳までは、雇用保険に入って働き続け、高年齢雇用継続給付金を受ける。 65歳過ぎて働き続ける場合でも、可能なら厚生年金に入らない働き方にする。 65歳までそのまま労働時間を変えずに働いた場合、厚生年金に加入し続け、保険料を支払います。 65歳を契機に労働時間を30時間未満に減らし、厚生年金から外れると給与が高くても年金を全額受け取れます。 65歳過ぎに厚生年金に入り続けるなら、年金月額と給与が47万円を超えないように調整する。 いろいろな事情で週30時間以上働くこともあるでしょう。 厚生年金に加入し続けるなら、給与を調整すれば、老齢年金を全額受け取れます。 65歳の前々日以前(65歳に達する前)に退職すると失業等給付を多くもらえます。 可能なら、 65歳になる前々日以前(64歳)の給与締切日に雇用契約終了にすれば、65歳以降に退職するより失業等給付は多くもらえます。 余命いくばくもなければ、年金は早めにもらいましょう 在職老齢年金は、厚生年金保険料を長く支払いその分、退職後に増えた老齢年金を受けるので「 長生きするほど得」です。 自分が短命だと思う人は、無理をせず、労働時間を短めにし、厚生年金には入らず、必要に応じて老齢年金を繰り上げ、早めに老齢年金をもらえるような働き方をした方が得です。 (執筆者:社会保険労務士 拝野 洋子).

次の

在職老齢年金の基礎知識について 年金支給停止額・年金支給額の計算の仕方を教えてください

在職 老齢 年金 と は

厚生年金基金に加入していた期間がある場合は、厚生年金基金に加入しなかったと仮定して計算した老齢厚生年金の年金額をもとに基本月額を算出します。 厚生年金基金加入期間がある人の年金は、老齢厚生年金のうち報酬比例部分の一部が代行部分として厚生年金基金から支払われます。 このため、在職老齢年金の停止額を計算するにあたっては、代行部分を国が支払うべき年金額とみなして、基本月額を算出します。 年金支給月額がマイナスになる場合は、老齢厚生年金(を含む)は全額支給停止となります。 老齢基礎年金およびは全額支給となります。 70歳以上の方については、厚生年金保険の被保険者ではありませんので、保険料負担はありません。 厚生年金に加入しながら老齢厚生年金を受けている70歳未満の方が、退職して1ヵ月を経過したときは、退職した翌月分の年金額から見直されます。 年金額の一部または全部支給停止がなくなり、全額支給されます。 年金額に反映されていない退職までの厚生年金に加入していた期間を追加して、年金額の再計算が行われます。 その際は、別途、手続きが必要となります。

次の