あ つもり あいさつ。 挨拶やお辞儀の仕方やマナーは?コミュニケーションの基本?

あいさつがない職場で、あいさつをする&させる方法 (1/3)

あ つもり あいさつ

挨拶 挨拶 お辞儀と握手 挨拶の仕方はお店や会社によって様々です。 高齢者ほど丁寧な挨拶が適しますが、会社のコンセプトや客層に合った形の挨拶を行いましょう。 このコーナーでは挨拶本来の意味などをまとめました。 民族や宗教によってさまざまなあいさつがあり、その使い方や密接度も異なります。 朝礼のネタなどにお使いください。 お辞儀はゆっくり お作法といえば「小笠原流」が有名ですが、 これは武士階級の伝統から由来し、そのお辞儀も日本間での座礼から応用されたものです。 日本人の挨拶は身体を接触させないのが特徴です。 ある一定の距離を置いてお辞儀し、その前後に言葉を交わします。 外国にも軽い会釈の習慣はありますが、深く丁寧なお辞儀が繰り返されるのは日本独特で、外国人は多少違和感を感じるようです。 お辞儀は「魏志倭人伝」にも日本人の習慣として記述があります。 日本語の挨拶という言葉は「禅宗の問答」から来たものですが、中国で挨拶にあたるものは「礼」に含まれます。 立っている時のお辞儀は3通りに分類され、「浅い礼」「普通の礼」「最敬礼」の3通りです。 お辞儀の角度は、敬意を示す度合いによって変わり、通常は「普通礼」を用い、この場合の角度は45度、浅い礼は15度で、よく知っている相手に用います。 90度の「最敬礼」は神前や仏前の儀式の時に使います。 販売スタッフの挨拶の礼は普通「15度」「30度」「45度」となっています。 一番多く使われる「会釈」は「15度」が一般的です。 手は自然に下げ、頭・背中・腰を一直線にし、状況にあった角度までゆっくり曲げます。 礼三息 礼三息は美しいお辞儀の基本です。 礼をする時の正しい呼吸法で、• 息を吸いながら上体を前傾させ、• その動作を止めたときに息を吐き、• また吸いながら姿勢を戻します。 こうすると、背筋が自然に伸びて、頭の動きがきれいな弧を描き、美しく誠実なお辞儀をすることが出来ます。 上半身はなるべくゆっくりと、相手の動きに調和するように静かに起こします。 もちろん、形だけでなく、心の中で敬意や感謝の気持ちがあってこそのお辞儀です。 正しい握手 握手はしっかり強めにね• 挨拶のデファクトスタンダード(国際標準)は「握手」です。 日本人は不慣れなせいで、どうも軟弱な握手をしてしまいます。 外国式のあいさつなのに日本人の性格である「控えめ、ほどほど、あいまい」が出てしまいます。 何でもインターナショナルな時代ですから、握手も国際的なやり方を心がけましょう。 男性同士の握手は思いきり力強くガシッと握ります。 強くない握手は人格的な弱さと見られますので、 ビジネスの場、特に対アメリカ人では厳禁です。 日本人同士の握手と力の入れ方など全く違うので練習が必要です。 背筋を伸ばし、相手の目をしっかり見て、笑顔を浮かべ、強い握手をしながら、あいさつの言葉を交わします。 「どうもどうも」「まあまあ」「いやここはひとつ」といった曖昧さとは反対で、 どちらかといえば、格闘技の試合でゴング直前にグローブでかわす挨拶の方が近いかも知れません。 「ハロー、マイネイムイズタロウヤマダ、アンドディスィズマイワイフ、ハナコ。 イッツヴェリィナイストゥミーチュウ」• あいさつが終わるまで手は握ったままです。 ここでお辞儀してはいけません。 笑顔を浮かべたまま視線は相手からそらさないのです。 手を上下に振るのも無しです。 相手が複数や家族連れの場合はその全員と握手します。 手を差し出すのは目上の人か、女性からです。 男女の場合は女性から手を出す事になっていますが、最近は男性から出してもOKのようです。 男性同士と違い女性はそっと握ります。 軽く触れる程度の方が女性は上品とみなされるようです。 相手が年配の女性の場合はそっと包むように握ります。 伝統的なイスラム教徒、特に高齢者は異性の手に触れませんので注意が必要です。 同じイスラム教とヒンズー教では食事に左手を使わないように、握手でも左手は絶対使いません。 イギリスでは握手がアメリカほど頻繁でなく、目を合わせて微笑んで軽い会釈、といった場合もあります。 ハグは唇無し 抱擁、キスなどのあいさつも日本人はまだ苦手ですが、フランスを代表に欧州、アフリカ、アラブなどでも行なわれます。 キスといってもあいさつの場合はたいてい頬と頬と合わせるだけで、唇の接触はありません。 東欧など一部には女性の手の甲にキスしたり、頬に唇をつけてキスするあいさつも残っています。 抱擁はハグとも言われますが、男女と女同士が抱擁し合い、頬へのキスはかまいませんが、男同士は家族か、かなり親しい間に限られるようです。 民族別の挨拶 「仲間意識を確認する」「平安を祈る」「良い1日を祈る」「健康を祈る」「相手にみだりに近づくつもりがないことを伝える」などを意味するあいさつがあります。 日本人 お辞儀する。 名刺を交換する• ヒンドゥー教、仏教 合掌する• イスラム教 握手して、左右の頬を付け合う。 国によっては右手を頭の高さに上げ、手のひらを相手に向ける。 旅から無事戻った者とは首と首を合わせて抱擁し、首にキス• 西洋人 握手する、抱擁する、キスする• ニューギニアのビアミ族 握手してタバコを回し喫う• ボルネオのムルット族 すぐに酒を飲ます• ニュージーランドのマオリ族 舌を出す、鼻をこすり合わせる• ビルマ、マレーシア、イヌイット 鼻をよせて相手のにおいを嗅ぐ 動物の挨拶 動物のあいさつは「同種の仲間と出会う時、相手の攻撃を避け、友好的関係を形成・維持するための行動」です。 親子関係をひきずったものや、求愛行動を兼ねたものもあります。 鳥類 くちばしを触れ合う• カモメ、サギ 首を伸ばす• あざらし 鼻を押し合う• ネコ 頭を相手にあずける• イヌ、ネズミ 性器の近くを嗅ぎ合う• チンパンジー 唇を触れ合う、握手する、お尻を触らせる チンパンジーってあいさつまで人間に近いんですね。

次の

子供が人見知りや恥ずかしがり屋で挨拶できない時、親ができるお手本やアドバイス

あ つもり あいさつ

この記事の目次• あいさつできる子は間違いなく得する! あいさつはできて当たり前、できないとどうしてもマイナスイメージになります。 印象としては「元気がない」「陰気」「可愛げない」など… 反対に元気にあいさつできる子の印象はどうでしょう。 「明るい」「ハツラツとしている」「礼儀正しい」といった良い印象になります。 さらにその裏まで見て、「親のしつけが行き届いているかどうか」親のことまでジャッジされている場合が多いようですね。 あいさつくらいで損得勘定はいかがなものかと思われるかもしれませんが、あいさつができるだけで子どもにはとてもいい影響を与えられます。 人に喜んでもらえる• 相手から褒めてもらえる• 友達ができ、仲良くなれる• 自分自身の気分がいい 近所の人にあいさつができると、中には褒めてくれる人や返事を返してくれる人、一言二言話し相手になってくれる人たちもいます。 この体験が子どもたちにとってとても重要なのです。 親や祖父母以外のよその大人とのコミュニケーションが社交性を育て、社会的な成長につながります。 あいさつをかわすことが単純に気持ちいいということが一番ですが、世の中の良さや、人間関係の暖かさなどを肌で感じることができます。 親が共働きで一人でいる時間の長いお子さんほど、このような人と人のつながりや自分を気にかけていてくれる大人がいるということに安心します。 まさしく社会で子育てするということではないでしょうか。 親は子どもが社会に好意的に気持ちよく受け止めてもらえるようそれなりの役目を果たさなければなりません。 親が近所で嫌われていたり疎ましく思われていたりすると、いくら子どもは関係ないと言っても「あの親の子」となり、白い目で見られたり風当たりが強くなったりするものです。 また手伝ってあげよう。 親切にしてあげようと優しい気持ちになるのが「ありがとう」の効果です。 いつも何をしてもらっても当たり前のように振舞われると、家族であってもいい気がしないものです。 他人だと尚の事ですよね。 大人でもなかなかありがとうが言えない人もいるようですが、我が子は誰にでも「ありがとう」と言えるように育てたいですね。 親がまず手本を見せることが大事です! 私は子供にことあるごとに「ありがとう」と「ごめんなさい」を言います。 「申し訳ない、すいません」などもよく使います。 礼儀や挨拶は、対子供にも大人と同じように使うべきだと思うからです。 子供だからとは一切思いません。 子供に対してならば、なおさら大事です。 子供は大人の言動に敏感だし、よく観察しています。 子供が言わなくても、私は言うように心がけました。 すると子供も突然言い出しました。 挨拶できると他の人と意思が通じ合って楽しいと、子供が少しでも感じてくれるように、大人が積極的に挨拶し子供に見せましょう。 子供の頃の「できない」というのは、恥ずかしいことではありません。 ついつい比べてしまいがちな育児、比べるほど、子供にとっては辛いものです。 それは大人の都合ですから。 大人が見本を見せ続けて、子供がそれを真似たり、やる気になるまで見守っていきましょう。 良いあいさつの仕方、あいさつのマナーについて子どもにアドバイス! あいさつもただ言葉にすればいいというものでもありませんよね。 良いあいさつとは相手を気分よくさせるようなあいさつです。 まずは家庭内で基本の挨拶を使っていくという所からスタートさせてみましょう。 朝はおはようございます。 ご飯を食べる時はいただきます。 終わったらごちそうさまでした。 眠るときにはお休みなさい。 嬉しいことをしてもらえたらありがとう。 悪いことをしたらごめんなさい。 どうしても他人に挨拶するのは恥ずかしくて出来ない子供もいるからです。 家族で挨拶していくうちに、自然と挨拶することが身につきます。 それから徐々に自宅以外の場所でも挨拶が出来るようになっていくわけです。 お友達に会ってもしらんぷり、は恥ずかしいですからね。 そしてあいさつをするときにさらにこういったこともできるといいねとアドバイスしていきます。 あいさつは明るく元気な声ではっきりと• にっこり笑顔を心がける• 相手の目を見て聞こえるように• 通りすがりにボソボソあいさつしても、相手に聞こえていなければ、していないことと同じです。 「自分はしたつもり」でも、聞こえていなければ意味がありません。 相手には「あいさつしない人」と判断されてしまい、せっかくの行為が無駄になってしまいますね。 あいさつしっぱなしではなく、相手の反応を受けるところまでがあいさつです。 あいさつはコミュニケーションの一つであることを忘れてはいけません。 相互の関係なのです。 あいさつされた時はあいさつを返すのがマナーと教えよう あいさつする時、当然あいさつが返ってくると思っているものです。 ですから返事が無いと少しムッとなったり「次からこの人にはあいさつしない」と意固地になったりします。 これはお互い様のことですから、あいさつをされたら必ずあいさつを返すよう子どもにも教えてあげましょう。 でも返事が無くても、悪気が無く仕方ないこともありますので、あまり気にしないようにしたいものですね。 あいさつを返したい気持ちはあるがタイミングを逃した• あいさつされたことに気付かなかった(高齢の場合などは聞こえなかった)• 機嫌が悪く返事がない• 上にあげたような理由で返事が返ってこないこともありますから、返事が無くても気にしない。 でも子どもには必ず返事をするのがマナーだと教えておきましょう。 恥ずかしがり屋さんには無理強いをせず見守ってあげて 恥ずかしいのか、どうしてもあいさつが苦手なお子さんには、つい「ちゃんとあいさつしなさい」とキツく言ってしまうかもしれませんね。 子どもは言いたい気持ち、やる気はあるのです。 無理強いをせず本人のタイミングを待ってあげてください。 保育園や幼稚園の頃うまく言えなくても、小学校に上がって子ども世界が広がったり変化したりと、何かのきっかけで少しずつ言えるようになります。 まずは顔を覚えている人。 知っている場所からやっていくように教えてあげます。 お友達とのごっこ遊びの様子を見てみてください。 上手に声を出してやり取りできているなら問題ありません。 お母さんとのごっこ遊びにさりげなくあいさつをとりいれながら教えるという方法もあります。 ご近所の人とのあいさつも同じ感じでできればOKだと教えてあげてください。 幼少期の恥ずかしがりはあまり気にしないで見守ってあげるのがいいと思います。 社会に出る機会が多くなれば人にも慣れて恥ずかしい気持ちもだんだん薄れてくるのではと思います。 「挨拶できない子は悪い子、ダメな子」のような、心理的に追い詰めるようなプレッシャーはかけないであげましょう。 顔を覚えてもらうことで「危険防止」になったり生活環境が良くなると教えてあげて! 我が家では、子どもたちがマンションのエレベーターなどであいさつしたり親も一緒に少し話をしたりすることで、子どもたちの顔を覚えてもらっている人が多かったです。 子どもが車のそばで遊んでいて危ない時や、日が落ちて暗くなっても公園にいる時など、近所の人が「危ないよ」「早く家に帰りなさい」と親代わりをしてくれていました。 横断歩道を渡る時も車を止めてくれたり、息子が小さな子と遊んで面倒見ていれば「お兄ちゃん偉いね」と褒めてもらえたり、本当にいいことがたくさんあるんですよ。 公園掃除を手伝えば、近所のおばあちゃんがお菓子をくれたり、親の見ていないところでも随分お世話になっているんだろうと想像できます。 近所の人達が、私の代わりに子どもたちを見守って、時には監視してくれているようなものです。 地域で子育てを手伝ってくれているようでした。 また、小さい時からちゃんとあいさつできる子は、家では無愛想で気難しい思春期になっても、外でのあいさつは意外にできるものなのです。 あいさつすることがきっかけで子どもたちの生活環境はとても良くなるのです。 それは大人の私達にも同じ事が言えるのかもしれませんね。 幼少期に覚えたあいさつは一生もの 物心着いた時から親と一緒に覚えたあいさつは一生ものです。 当たり前に身に付いたあいさつはどんなシチュエーションでも、いくつになっても自然とできるものなのです。 特に成長してから先生や先輩との上下関係、社会で働き始めた時の上司や仕事関係での人づきあいの大きな助けになります。 たかがあいさつされどあいさつ。 親がしてやれる大切な家庭教育です。 小学生、中学生になってもぺこりと頭を下げられる子どもになれます。

次の

1回だけ試すつもりが、翌月も送られてきた健康食品(身近な消費者トラブルQ&A)_国民生活センター

あ つもり あいさつ

同じあいさつを交わすにしても、言い方や態度によって相手の受ける印象は変わります。 あいさつの基本に立ちかえり、心の通うあいさつをしましょう。 日本の心はお辞儀にあり。 相手に丁寧な印象を与えるために、美しいお辞儀をしましょう。 お辞儀は何度もせず一度、手をきちんとそろえ、首からではなく上体を腰から倒します。 また、歩いていたらゆっくりと立ち止まってお辞儀をすることでより丁寧な印象を相手に与えます。 落ち着いた雰囲気の中では、会釈でも充分相手に気持ちは伝わります。 元気のいいあいさつはかえって相手を困らせてしまうので注意しましょう。 きちんとあいさつをしたいのであれば、声のトーンは低めにして、手短に交わしましょう。 場の雰囲気を読むことが大人のあいさつの基本です。 明るいあいさつが似合わない場もあります。 言葉は最後まではっきりと伝えるのが基本ではありますが、謝罪やお悔やみの場では言葉はあえてつながないことで、相手に気持ちを伝えるようにしましょう。 伏し目がちな表情で、もちろん笑顔は場違いです。 手が遊んでしまうといったくせは、相手にだらしない印象を与えてしまいがち。 くせを押さえるためにも、座りながらのあいさつの場合には手を重ねておくとよいでしょう。 くせが出やすい方の手を下にするよう意識しておくと効果的です。 指先をそろえて、美しく見せることも忘れずに。

次の