最果て の バベル まとめ。 あいミス&最果てのバベルの進捗と今週のまとめ

最果てのバベルまとめページ

最果て の バベル まとめ

Contents• 最果てのバベルを評価 最果てのバベルとは 2019年6月12日にコロプラからリリースされたスマホゲーム。 珠玉のJRPG!と公式に書いてある通り、 ゲームシステムは昔ながらのコマンドRPGだよ。 プレイしたことある人ならわかるけど、アナザー・エデンというスマホゲームのコマンドRPG版みたいなイメージ。 スマホゲームながら マルチ要素がない振り切ったタイプのゲームだね。 この手のマルチ要素なしのスマホゲームは数が少ないもののニーズは根強くある。 あと、ソシャゲーではないので、JRPG特有の一本道ゲーっぽい感じ。 別にこれはネガティブな意味ではなくて、プレイヤーはちゃんと一つのストーリーを追いかけていけばいいだけなので、「なにやればいいんだ」と悩むストレスはまったくない。 最果てのバベルの戦闘システムを評価 おそらく検索してたどり着いた人が一番知りたいと思う戦闘システムから解説! 実際のゲーム画面を見てもらうとどんなゲームか一目でわかると思う。 また、最近スマホゲームで主流なのはオート系のRPG(自動でゲームが進行して、プレイヤーは補助的にスキルを選択するタイプ)ではなく、 珍しくコマンド式のRPGだね。 僕はコマンドRPG大好きなので、この点はとてもよかった。 ではなぜ評価が可もなく不可もなくになるのかというと、 ちょっと戦闘するのがめんどうくさく感じてしまう要素がチラホラある。 設計が良くないと思うんだよなぁ。 そもそも、キャラクターをいちいちタップする要素いるかなこれ? 4キャラに命令だすのに8タップするのはちょっと多くないか? あと、 そのターンが終わると毎回コマンドが初期化されて通常攻撃になるので、毎ターン上記のぽちぽちを繰り返す必要がある。 オートでもちゃんとスキル使ってくれるようにするか、1キャラクター事に自動でスキル選択画面が開いた状態で、ユーザはスキルを4回タップ(1キャラ1タップ)すればいいようなUI設計にしたらよかったような。 最果てのバベルのストーリーの評価 ストーリーは割と好きだけど、序盤のセリフ周りがテンポ悪くてちょっと気になった。 ちょこっとだけあらすじを書くね。 舞台は バベルと言う名の塔で、中に丸ごと町が入っている。 主人公は物心ついたころから隔離層に幽閉されていて、外の世界にあこがれている男の子。 で、下記の画像の女の子「マイリージャ」に出会ったことで、 飛翔識という行ったことのある場所へ自由に飛べる能力(要するにルーラ)を持ったことからストーリーが進んでいく。 (3Dの低頭身キャラが基本なんだけど、ちょいちょいアニメーションが入る。 左が主人公のライくん、右がマイリージャ。 ) Sponsored link 最果てのバベルのシステムを攻略 ちょっとした序盤で知っておいたほうがいい知識だけさくっとまとめる。 最果てのバベルのキャラクター育成 武器覚醒 いわゆる限界突破ができる。 ガチャで入手した武器を使用して覚醒レベルを上げることができる。 星3くらいの武器なら大したことなかったけど、星4の武器とか覚醒するとけっこうモリっとステータスあがった。 武器強化 とりあえずプレイして敵に負けてしまったらこれをやろう。 強化アイテム自体はそこそこ入手できるので、ぽんぽん鍛えてしまって問題ない。 (一回目の10連ガチャまでは強化しないほうがいい) 最果てのバベルのジョブ ジョブシステム これは初めて見たゲームシステム。 イメージで言うと、ジョブって装備アイテムなんですよね子のゲームでは。 各キャラごとに3個ジョブがセットできる。 メイン以外にセットしたジョブでも、ステータスやスキルが使えるようになるよ。 ジョブの入手方法はガチャ。 ジョブの限界突破 ジョブも武器と一緒で限界突破できる。 最果てのバベルの陣形 陣形は割と重要。 被ダメージとヘイト値に補正がかかる。 序盤はトノトのワントップの陣形がおすすめ。

次の

最果てのバベルまとめページ

最果て の バベル まとめ

コンテンツ一覧• 最果てのバベルってどんなゲーム? シングルプレイ専用の王道ファンタジー 『最果てのバベル』は、協力バトルなど マルチ要素を完全に廃止したシングルプレイ専用の王道ファンタジーRPG。 据え置き系に近い本格RPGって感じですね! ゲームの雰囲気的には「アナザーエデン」に近いような感じ。 運営が白猫プロジェクトなどでお馴染みのコロプラなので、女の子キャラが可愛いのが魅力です。 主人公はとあるトラブルをきっかけに出会った「マイリージャ」や、10年間の友達である「ポッケ」達と共に、 様々な事件に巻き込まれながら冒険していきます。 序盤では明確な敵キャラクターがわからず、バベルの真相はかなり謎に包まれてます。 ストーリーを読み進めると徐々に真相が明らかになっていきますよ。 都市を仕切る議会、軍隊が敵か味方なのか…。 ランダムエンカウント制バトル 戦闘はフィールド上を歩いていると発生するランダムエンカウント方式。 「攻撃」「防御」「各種スキル」などを選ぶシンプルな試合方式になっていき、 キャラクターのスピード順に行動していくターン制システムです。 敵を攻撃していくと 「ブレイク」「ダウン」など有利な状態に出来るので、いつスキルを使って攻めるかなど戦略性もなかなかありました。 最果てのバベルの魅力をレビュー 隅々まで探索する楽しさ フィールドMAPは一本道ではなく、 ちょっとした隠しエリアに宝箱が落ちていたりと探検するのがめっちゃ楽しいです! その他にもNPCが話してくれたりするので、どんどん寄り道したくなるゲーム。 サブミで強制されたりもしないので見つけたら嬉しい感じ。 ボス前演出とか好き ボス前にはシステムメッセージがでたりと、 やっぱファンタジーRPGといえばこれだよなって演出が粋! 一般的なスマホRPGではなかなか味わえないので余計に高評価したくなっちゃいますね。 (少なくとも開始3時間時点では) 回復手段としてはSPを消費してHPに変換するか、各エリアに設置されている先人の遺産「回復装置」を使用するかの2種類。 この 回復装置を回復させるのが時間がかかるので、強敵とは永続的連戦ができません。 この程度ならアップデートで直せる範囲と思うんでお願いします。。 それぞれ最高レアリティは3%(合計6%)になっていました。 リセマラは通常のアプリ削除で可能ですが…ガチャ解放まで30分以上かかります。 まとめ.

次の

あいミス&最果てのバベルの進捗と今週のまとめ

最果て の バベル まとめ

ひとつひとつに、シナリオを担当された野島さんのこだわりが強く反映されています。 今日も剣技の練習のために、イタクとポッケがやってきたようです。 ジョブを装備することで使用可能なスキルが増え、ステータスも付与されます。 それぞれのジョブに応じて、外見も変化! 明日からは、各キャラクターの人物像や、ジョブの一部をご紹介していきます。 戦闘はコマンド入力方式のオーソドックスな親しみやすいもので、コロプラフェス2018では試遊もすることができた。 今後も順次情報が発表されていくので、続報に期待しよう! 古き良きRPGの雰囲気が漂う 今回プレイできたのは、ひとつのエリアでNPCを救出するというクエスト。 エリア内の移動は画面をスワイプして行うオーソドックスなもので、上下左右の移動が可能。 3D空間を自由に動き回るという形ではない。 主人公たちは4人パーティで目的を達成するためにエリア内を探索することになる。 移動しているとランダムエンカウントで敵とのバトルに突入する。 バトルはいわゆるコマンド選択式のターン制。 パーティーメンバーの行動を順番に選択して、攻撃開始ボタンを押すとバトルスタートだ。 攻撃には通常攻撃、スキル、魔法などがあり、スキルや魔法はSPを消費して使用する。 SPは戦闘が終わっても回復はしないので、エリア攻略中にSPのマネジメントが必要になる。 とはいえ道中にはHPとSPを回復する装置なども設置されているので、これらを活用して探索を進めよう。 バトルに関わる要素はほかにもいくつかあるが、以下で簡単に紹介する。 ・陣形特性:陣形を組むことで得られる効果。 陣形はさまざまな特徴を持ったものが複数存在する。 ・敵視率:そのキャラクターが攻撃対象に選ばれる確率。 全体を100%として4人で分割。 ・物理ダメージ特製:武器によって得意な攻撃範囲があり、その範囲を外れると攻撃力が下がる。 陣形でキャラクターをどこに配置するかを決める際などに考慮する必要がある。 ・ブレイクとダウン:敵キャラクターにはブレイク値が表示されており、ゲージが溜まるとブレイク状態、さらにゲージを溜めるとダウン状態になり、どちらの状態も与えるダメージが大きく上がる。 おもに強力なボス戦などで活用したい要素だ。 実際の戦闘はいたってシンプルな形だが、上記のような要素を踏まえた準備、戦闘中の選択肢を考えるようになると奥が深いものになりそうだ。 今回の試遊版はエリア内のNPCを見つけたら、最後にボス戦があって終了。 10分弱ほどのプレイだった。 プレイの感想としては、事前の情報から想像したとおり、シンプルな王道RPGという印象。 BGMも素晴らしく、今回はほぼ語られなかったが物語も非常に気になるところ。 これから最終的にどんな仕上がりになるのか? 続報を楽しみに待ちたい。

次の