デイトナ 自転車。 Daytona PotteringBike

デイトナのお洒落な電動自転車

デイトナ 自転車

デイトナとは? デイトナは、従来よりオートバイを手掛けている企業で、JASDAQ(ジャスダック)に上場しています。 上場しているということは、 世間一般に株を買えますと公表しているということになります。 株を買ってもらい企業の活動の資金にするので、当然きちんとした会社でなければなりません。 でなければ、だれも株を買ってくれないですからね。 ですので、上場している会社というのは一定の安心感があるわけです。 そんなデイトナから発売されている電動アシスト自転車が、 電動アシスト自転車DE01シリーズ です。 電動アシスト自転車DE01シリーズ DE-01、DE-01S、DE-01Xの3シリーズがあります。 () 使われているパーツやデザインの違いは上下スクロールで比較してみてください。 走行感で一番変わってくるのはタイヤではないでしょうか。 空気圧とタイヤの太さから判断できるでしょう。 07kg 出展: 試乗フィーリング 試乗した感じは、ミニベロとしてごく一般の乗り味でした。 レザー風グリップ ハンドル部)や、サドル(いす) なんといっても後ろにレザーバック風バッテリー の質感とデザインが特徴な自転車になるでしょう。 サービス体制 サービス体制(ユーザーサポート)として、引き取りメンテナンスサービスです。 オーナーとして登録し、電話をすると梱包資材が送られてくるのでそれで自転車を 入れて送ると修理してくれるサービスになります。 販売店も現状20の都道府県のみになっているので、遠方の方には有難いサービスですね。 また、部品表と価格も公表しているのはYAMAHAしか見たことがないので、安心感があります。 保証期間内は、送料もサービスになるようです。 <保証期間> 保証期間1年間のもの:バッテリー、コントローラー、モーター等の電気部品。 保証期間2年間のもの:フレーム、フロントフォーク、シフター、ディレーラー等の機構部品。 その他 濡れた路面を走る可能性のある方は、多少デザイン性は損なわれますがオプションの泥除けを装着した方が良いでしょう。 見せるバッテリーがどうしても後輪で路面の水や小石を跳ね上げる位置になるからです。 まとめ やはりこの自転車が候補に挙がるのは、デザインや質感にピンと来た方でしょう。 ポタリング的に長距離乗ったり、やや速めに乗りこなすなら、 DE-01S以上がおすすめになりますが、 正直、この自転車の性格上、スタイリッシュに街乗りするぐらいのユーザーが多いとすると 価格的にもデザイン的にもDE-01で十分と思われます。 タイヤは英式バルブなので、アダプター(詳細)を使って、 空気圧はしっかりと管理しながら使っていけば、たまの長距離でも、 乗り心地と走行感のバランスを確保できるのではないでしょうか。

次の

【圧倒的におしゃれ】デイトナの”電動アシスト折りたたみ自転車”は軽量&デザインが魅力でおすすめ│はまぞうニュース

デイトナ 自転車

2020. 2 お知らせ欠品中DE01入荷時期決定のお知らせ 大変お待たせしておりますDE01について、工場での生産が始まり入荷時期が決定致しました。 ご注文頂いている販売店様には6月末頃の出荷を予定しております。 今回入荷の車両をお届け出来るお客様には販売店を通じて納期のご案内をさせて頂きます。 しかし、既に今回の入荷台数を超えるご注文を頂いておりますので一部のお客様にはまだお届けする事が出来ません。 他、DE01S、DE01X、DE03につきましても今回まだ入荷致しません。 納期が分かり次第ご案内させて頂きます。 大変お待たせしてしまい誠に申し訳ございません。 2020. 17 お知らせ 2020. 3 お知らせ新型コロナウイルスの影響による当社参加イベントの中止又は延期のお知らせ。 出展を予定していたCYCLE MODE RIDE OSAKA 2020 の開催中止を始め、今年3月22日までの弊社参加試乗会等は新型コロナウイルスの感染拡大防止の為、全て中止又は延期とさせて頂きます。 尚、3月22日以降の店舗試乗会等の開催についても状況を見て開催可否の判断となります。 開催を楽しみにしていただいた皆さまには、大変申し訳ございませんが、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。 2020. 3 お知らせ新型コロナウイルスの影響による納期のご案内。 DE02及びDE03については弊社倉庫に在庫がございますので通常通り出荷が可能です。 DE01シリーズにつきましては全車種在庫を切らせております。 DE01シリーズの次回入荷時期については生産に必要な部品、材料の入荷目処が立っていないため次回入荷時期を未定とさせていただいております。 入荷時期など最新の情報は、弊社ホームページ又はFacebook等SNSページにてお知らせさせていただきます。 ご迷惑をお掛けして申し訳ございませんが、ご理解いただきますようにお願い申し上げます。 2019. 19 イベントイベント情報更新 自転車に実際に乗れる試乗会やサイクルイベント情報を更新しました。 2019. 10 イベントイベント情報更新 自転車に実際に乗れる試乗会やサイクルイベント情報を更新しました。 2019. 27 イベントイベント情報更新 自転車に実際に乗れる試乗会やサイクルイベント情報を更新しました。 2019. 10 イベントイベント情報更新 東京都内でトークショー&サイクリングイベントのお知らせです。 2019. 7 イベントイベント情報更新 自転車に実際に乗れる試乗会やサイクルイベント情報を更新しました。 2019. 10 イベントイベント情報更新 今年も、横浜の赤レンガで開催されます「YOKOHAMA CYCLE STYLE 2019」に出展します。 2019. 10 イベント試乗会 東京都世田谷区にある「モトベロ二子玉川」さんで試乗会を行います。 2019. 10 イベント試乗会 東京都渋谷区にある「代官山モトベロ」さんで試乗会を行います。 2019. 10 イベント試乗会 横浜市にある「LORO馬車道」さんで試乗会を行います。 2019. 23 イベント試乗会・イベント情報更新 2019. 13 イベント試乗会・イベント情報更新 2018. お客様には色々とご不便をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。 2018. 19 お知らせ納期遅延のお知らせ DE01Xマットブラックをご注文頂いているお客様及び販売店様へ納期遅延のお知らせを致します。 DE01Xマットブラックの次回入荷を10月中旬と予定しておりましたが、一部部品の大幅な納期遅延の影響を受けまして入荷予定を12月中旬とさせて頂きます。 お待ち頂いているところ大変申し訳ございません、少しでも早くお届けできるよう調整しておりますのでご理解頂けますようお願い致します。 2018. 5 お知らせ試乗会・イベント情報更新 2018. 6 お知らせ社員研修による休業のお知らせ 【休業日】2018年9月7日(金) 株式会社デイトナ社員研修合宿の実施に伴いまして、休業とさせていただきます。 お客様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますよう宜しくお願い申し上げます。 2018. 2 お知らせ試乗会・イベント情報更新 2018. 1 お知らせ2018年夏季休業について 2018年の夏季休業についてお知らせいたします。 尚、休暇明けの出荷業務につきましては8月20日(月)以降の対応とさせて頂きます。 2018. 2 お知らせ試乗会・イベント情報更新 2018. 14 お知らせ試乗会・イベント情報更新 2017. 14 お知らせプロテクトフィルムの取付方法について 2017. 24 お知らせクリスマスキャンペーンが始まります 2017. 24 お知らせ新カラー『DE01S』にパールホワイト登場 2017. 23 お知らせ新型車『DE01X』の情報をリリース 2017. 4 重要連絡重要連絡 2017. 2 お知らせ2017年夏季休業について 2017年の夏季休業についてお知らせいたします。 尚、休暇明けの出荷業務につきましては8月21日(月)以降の対応とさせて頂きます。 2017. 29 イベントサイクルツアーレポート公開 2017. 16 イベントイベントのお知らせ 2017. 16 お知らせ出荷再開のお知らせ。 大変お待たせ致しましたが、車両の出荷を再開致しました。 色によっては在庫が少なくなっております。 2017. 7 重要連絡重要連絡 2016. 21 重要連絡重要連絡.

次の

【日本のメーカー 】折りたたみ式電動アシスト自転車「Daytona PotteringBike(DE01X)」~「Daytona PotteringBike(DE01S)」との違い~【電動アシスト自転車のように見えないDaytona PotteringBike DE01シリーズの最上位モデル】

デイトナ 自転車

Daytona DE01Sとは この自転車のコンセプトは公式webサイトによると 写真を撮りに行きたくなる、写真に撮りたくなる自転車 楽しく乗れて、被写体にもなる。 所有欲をそそる自転車を創りたい。 写真を撮りに行きたくなる=自転車で散歩したくなる。 さらに、写真に撮りたくなる=オシャレな感じ。 自転車の写真を見て欲しい。 たしかに電動アシスト車の象徴ともいえる バッテリーがどこにあるかわからないようなデザインは秀逸だ!これは期待できる。 いや、これがバッテリーケースです。 Daytona DE01Sのスペック 今回試乗したのは3ランクあるモデルの中でも中位モデル。 スペックをざっと確認してみよう。 バッテリーは他のモデルにあるような段階別ではない。 実にシンプルだ。 走行環境にもよるが、50kmくらいは余裕で走ることができるらしい。 モーター 後輪ハブに内装されているタイプだ。 前回に試乗したtern Vectron S10はボトムブラケットに搭載されていたが、Daytona DE01Sは後輪ハブ。 私が鈍いのか、実際の走行時に違いを感じることはなかった。 これをshimano製にすれば変速性能を向上させることもできそうだ。 しかし、しっかりとメンテナンスをすれば、microshift製でも大丈夫かと。 Daytona DE01Sの走行性能 電動アシスト折りたたみ自転車に慣れてきたよw スタートでギューーーンって感じの加速性能。 「今、わたしはあなたをアシストしていますよ!」という声が自転車から聞こえてきそうな感触。 Daytona DE01Sも予想通りにいい感じにアシストをしてくれる。 「ハイ来た、坂道!おまかせ!」 という感じでスイーーーと登ることも可能だ。 」と内心、諦めていた。 が、 意外とアシストなしでも走れることがわかった。 これは、 16. 1kgという電動アシスト自転車にしては劇的な軽さを実現しているのが理由だろう。 そして、フレーム設計がしっかりしているのか重量バランスが良いと感じた。 平地を走っている分にはアシスト無しでも全く気にならずにスイスイと走ることができる。 折りたたみ方法はDAHONとほぼ同じ3ステップ。 店長さんの助けなしでもパッと折りたたむことができた。 DAHONに慣れていれば、簡単に折りたためるだろう。 しかし、 折りたたみサイズは気になる。 しかし、 実際は Tyrell IVEよりも一回り大きい。 車で輪行することが前提ならば、購入前に収納できるかどうかを確認するべきだ。 そして、重量。 1kgを「よいしょ」と持ち上げることはできるけれど、やはり重い。 これで、電車輪行は骨を折るか、途中で投げ捨てたくなってしまうw Tyrell IVE(12kgくらい)がとても軽く感じた。 どういう利用がよいかを考察 走行性能はコンセプト通りで文句なし。 また、色の選択肢があるのは嬉しい。 白かな、グリーンかな、いやオレンジでしょ!?いやいやインディゴブルーもいいなぁ〜〜と 色の検討するのは楽しそうだ。 電動アシスト折りたたみ自転車として16. 1kgは素晴らしい軽さ。 しかし、 電車輪行で16. 1kgは辛すぎる。 電車輪行しないとすると車輪行。 平坦なら電動じゃなくてもよさそう。 そうすると、 車輪行して、坂道があるところをちょっと楽しむくらいがよいかもしれない。 今日も『』にお越しいただきありがとうございます。 軽くてバッテリーがもつ電動アシスト折りたたみ自転車とかってないよな。

次の