オムニ セクシャル。 パンセクシャル・全性愛者とは?パンセクシュアルとバイセクシャルの違い

パンセクシュアル(全性愛)とは?意味からバイセクシュアルとの違いまで

オムニ セクシャル

レズビアンは女性が女性を好きになること、ゲイは男性が男性を好きになること、バイセクシャルは性別関係なく好きになること、トランスジェンダーは性転換した人のこと。 なんとなく「どういう人なのか」理解がされてきているのがLGBTだと思うんです。 ゲイでいうと日本でもさんが活躍されているなど、テレビの影響もあってかLGBTは徐々に認知されていっていますよね。 さて、LGBTはわかりやすく呼びやすいという理由でメディアで用いられていますが、もう少し多様性があります。 最近では欧米では LGBTではなくLGBTQと呼ぶのが一般的になっており、さらに直近はLGBTQ+とプラスが加わりLGBTQ+と呼ばれるようになってきております。 Advertisement LGBTQの頭文字の定義 まずLGBTQの「Q(クィア)」についてあまり認識されていない方もいるのでLGBTQの頭文字からご説明します。 L esbain レズビアン G ay ゲイ B isexsial バイセクシャル T ransgender トランスジェンダー Q ueer or Q uestioning クィア or クエスチョニング 実はLGBTQ+はLGBTTTQQIAAP+の総称!? 今回ご紹介する「LGBTQ+」についてもLGBTと同様、用語としての言いやすさからそのまま使われているらしいのですが、実は、LGBTQ+ってLGBTTTQQIAAP+の総称なのです。 LGBTTTQQIAAP+の頭文字に該当する用語を一覧化していますので下記をご覧ください。 こんなに区分されていたんですね!?と驚きの方、筆者は海外に住んだ時ゲイの友達が数名いたのですが、確かにゲイでもかなり思考だとか趣味が全く違うんです。 ゲイだと思っていた友達が女性と付き合いだしたときは正直驚きましたが彼はバイセクシャルだったようです。 LGBTQの用語を説明する時によく、「ココロの性」ジェンダー・アイデンティティ(自認)と「カラダの性」セクシャルオリエンテーション(性指向)という考え方をします。 自分で受け入れている性別と好きになる対象は異なるという考え方です。 の調べによると、LGBT層に該当する人は8. 計算するとだいたい日本人の11人に1人はセクシャルマイノリティに該当するということに。 ハウスシェアをしていたハウスメイトが、レズビアンとゲイだったのです。 ゲイはゲイでよく男友達を家に誘うし、レズビアンはレズビアンで恋人と仲よさそうにリビングで映画みたりしていましたし、最初はどんな世界やねん!?と少しツッコみたくなったのですが、ある意味とても自分の心に忠実で自然体だなとその時思ったんです。 筆者のハウスメイトに共通していたのは、「自分に自信がある」という点でした。 周りからなんと言われようと、自分は自分なんだという自信をもって強く生きている。 彼らをみていると、「普通はこう」と決めつけている自分自身の常識なんてちっぽけなものに見えてきました。 日本ではLGBTQ+への理解はまだまだ未熟だと感じています。 特に両親や友人にカミングアウトすることは容易なことではないと思います。 そしてLGBTQ+関係なく一人一人の個性は尊重されるべきものであることを理解し、教育することが第一のステップ。 LGBTQ+の方に必要なことは、自分の居心地のいいコミュニティを創り、そして自分の生き方をSNSなどをつかって社会へ訴えかけること。 自分らしく生き抜くことに徹底すること。 お互いにこの二つを繰り返すことで、調和と共生がうまれると筆者は考えています。 Advertisement 関連する記事• 2019. 2018. 17 サイトの雰囲気に合わないかもと思いながら筆者がどうしても書きたかったこちらの記事。 イレギュラーで芸能界速報的なもの書いちゃいます(相方に怒られるかも[…]• 2018. 12 目次 1. フルイッドのメイク、美容業界に衝撃を与える新たな「美」のありかた1. フルイッド(Fluide)とは?1. Fluide […] コメント (1件)•

次の

両性愛

オムニ セクシャル

目次 パンセクシャル・全性愛者とは? パンセクシャルとバイセクシャルの違いは? パンセクシュアル6つの特徴 パンセクシュアルの恋愛の形 様々なセクシャリティの種類 性別で恋愛をしないセクシャリティ パンセクシャル・全性愛者とは? あなたはパンセクシャルという言葉を聞いたことがありますか? パンセクシャルとは全性愛者とも呼ばれ、「身体及び心の性別にかかわらず、全ての人を恋愛・性愛の対象とする人」という意味です。 略して「パンセク」とも呼ばれます。 人は生まれた時の性別によって、男性・女性というジェンダーに当てはめられます。 しかし、自分の認識している性別、性自認が男性にも女性にも当てはまらない人もいるのです。 身体の性別は男性だけれども、心の性別は女性の人。 体の性別は女性だけれども、心の性別は男性の人。 どちらの性別もしっくりこない人。 場面によって認識する性別が変わる人。 まだ自分の性自認がどちらなのか迷っている人もいます。 そして、それとは別にセクシャリティと呼ばれる性的指向が存在します。 自分と違う性別の人を愛する異性愛、自分と同じ性別の人を愛する同性愛、両方の性別の人を愛する同性愛。 そして、全ての性別や性自認、性的指向の人が恋愛や性愛の対象となる人を、両性愛、パンセクシャルと呼ぶのです。 パンセクシャルとバイセクシャルの違いは? パンセクシャルとバイセクシャルの違い。 この二つは定義が似ているため、間違えたり頭の中でこんがらがってしまう人も多いと思います。 バイセクシャルは日本語に直せば、同性愛者となります。 つまり、男性と女性、両方を恋愛や性愛の対象にできる人のことです。 一方、パンセクシャルは全性愛者です。 これは恋愛対象を男性、女性というジェンダーに縛りません。 そしてセクシャリティについてもまた同じ。 つまり、外見と内面の性別が一致していなくても、戸籍上の性別と自認している性別が違っても、恋をすることができる人です。 相手が異性でも同性でもトランスジェンダーでも、パンセクシャルの人の前では恋愛をするのに障害になることはありません。 もちろんお互いの相性はありますが広い意味では人間そのものを愛する、博愛主義者に近いものなのかもしれません。 パンセクシュアル6つの特徴 相手がパンセクなのかというのは、パッと見ただけでは分からないことが多いです。 しかし、パンセクシュアルだからこその「こんなことを経験した」ということもあるはず。 パンセクシュアルならではの特徴についてみていきましょう。 バイセクシャルと勘違いされる LGBTQの認識が広まってきたことにより、以前よりは知っている人が増えましたが、パンセクシュアルという言葉はまだまだ一般的に認知されているとは言い難いです。 どちらかというと、両性愛者であるバイセクシャルの方が知られているため、バイセクシャルと勘違いされてしまうこともあります。 しかし、相手は知らないだけで悪気があるわけではないでしょう。 もし、相手が気の知れた友達や自分のセクシュアリティを教えても良いと感じる人だったら、これを機会にパンセクシャルのことを教えてあげるのもいいかもしれません。 変わった人だと思われる 「性別に関係なく全ての人が好き」と言って頷いてくれる人もいますが、時には「変わっている」と思われることもあります。 人間は異性と恋愛し、結婚し、家庭をもち子供を育てるもの。 そのような世間一般的な価値観で考えが固まってしまっている人には、「異性以外を愛せる人」が不思議な存在に見えます。 時には否定され、傷つくこともあるでしょう。 自分のセクシュアリティを無理に言うことはありません。 心無い一言で傷ついてしまわない様に、信頼している人以外にはカミングアウトしないというのもひとつの選択です。 チャラいと思われてしまう 「みんなのことが好き」と言ってしまうと、時にはチャラいと思われてしまうことがあります。 よくナンパをする男子の中には、「女の子はみんなかわいい」「女の子ならみんな好き」という言葉で口説いてくる人がいますが、それと同じように捉えられてしまうのです。 パンセクシュアルは性自認に関係なく全ての人を恋愛対象とできる、というだけで、誰にでも無差別に愛を囁いたり付き合えるならだれでもいいという訳ではありません。 他の性的指向を持つ人と同じように、好きになる人はひとりだけです。 恋する相手の性別に関心がない パンセクシュアルの人は全ての人を恋愛対象とできるため、恋した相手の性別にこだわることがありません。 それは外見だけではなく、心の性別や、外見からでは分からなかった本当の身体の性別が分かっても同じことです。 トランスジェンダーの人の中には、身体の性別が男性でも化粧をし女性ものの服を着て、限りなく女性に近い格好をして生活をしている人や、自分の本当の性別を隠して生きている人もいます。 そのような人たちを好きになって身体の性別を知ったとしても、パンセクシュアルの人はそこで恋が冷める、ということはないのです。 性別に関係なく性対象に見える パンセクシュアルの人が性愛を向けるのに、性別は関係ありません。 相手の身体の性別が何であっても好きな人が相手であれば性的に興奮し、セックスをする対象として見ることができます。 そのため、身体の構造などはパンセクシュアルの人にとっては単なる情報のひとつでしかなく、それが性愛の枷になることはありません。 男らしさや女らしさを求められることが苦痛 パンセクシュアルの人の中には、男らしさや女らしさを求められることを苦しく感じる人もいます。 これは自分自身の経験から、ジェンダーが二分化できるものではないということを知っているからです。 そのため、社会に決められた「男性の役割」「女性の役割」という枠にはめられることを苦痛に思うことがあります。 パンセクシュアルの恋愛の形 全性愛と一言で言っても、当事者でなければピンとこない人も多いでしょう。 どんな人に恋心を抱くの?どんなふうに愛し合うの?パンセクシュアルの人の恋愛の形を、少し覗いてみましょう。 性別を超えて恋をする 全ての性別が恋愛対象のため、性別の枠を超えて恋をするのがパンセクシャルの人です。 異性愛者の人は世界の人口の半分、異性のことしか恋愛対象としてみることができません。 しかし、パンセクシュアルの人は、例えば自分が女性であっても、女性のことを好きになることもありますし、もちろん男性やその他の性自認の人に恋をすることもあります。 言い換えれば世界中全ての性別の人が、恋愛対象になり得るのです。 性対象を性別で判断しない パンセクシュアルの人は性別が原因でセックスができない、ということがありません。 体の構造が違う相手であっても同じ相手であっても、分け隔てなく受け入れることができます。 女性の心を持っていても男性の身体だからセックスできない、男性の心を持っていても女性の身体だからセックスできないということがあれば、その人はパンセクシュアルではなく、別のセクシュアリティに当てはまる可能性があります。 特殊な恋愛をしていると思われる LGBTQの認識が広がってきたといえど、日本ではまだまだ異性愛以外の恋愛は特別だと思われることが多いです。 そのためパンセクシュアルという性的指向に馴染みのない人に言うと、特殊な恋愛をしていると思われることがあります。 しかし、パンセクシュアルの人にとって、相手がどんな人であれ普通に恋愛をしていることと変わりありません。 何が特殊か、特別かということは人によって定義が変わります。 パンセクの人にとってはどんな性別の人と恋愛をしても、それが特殊な事ではありません。 異性に恋をしないと思われる パンセクシュアルであることを伝えると、異性に恋をしないと思われがちです。 しかし、全ての人が恋愛対象になる可能性がある、ということはもちろん異性も恋愛対象となります。 そのため、異性愛者の人と同じように、異性を愛することもあるのです。 異性にも、同性にも、性自認がはっきりしない人にも、どんな人でも恋愛対象になる可能性がある性的指向、それがパンセクシュアルなのです。 様々なセクシャリティの種類 「性別はグラデーション」という言葉があります。 これは性の多様性を表す言葉です。 この言葉の通り虹色に見立てることができるほどに、いろいろなセクシャリティの人が世の中にはいます。 セクシュアリティの多様な一面をひとつひとつ、少しずつ知っていきませんか? 1. バイセクシャル バイセクシャルは両性愛者を意味する言葉です。 これは、男性と女性、両方の性別の人が恋愛や性愛の対象になる性的指向の人を指します。 歴代の恋人に彼氏と彼女どちらもいるという人に出会ったら、このバイセクシャルである可能性が高いです。 昔から異性と同性両方に恋をしていたという人もいれば、自分は異性愛者だと思っていたのに雷に打たれたように突然同性を好きになったという人もいます。 子供のころから自覚がある人もいれば、大人になってからバイセクシャルであることに気づく人もいます。 レズビアン レズビアンは恋愛、性愛共に女性だけが対象になる女性のことを指します。 同性愛者とも呼ばれ、男性には恋愛感情を抱くことはなくまた性的欲求を抱くこともありません。 近年はレズビアン同士の恋愛のことを「百合」といい、漫画やアニメなどで取り上げられることも多いです。 また、「レズ」という略称には不快感を感じる人も多いため、略称として使う時は「ビアン」が多く用いられます。 ゲイ ゲイは男性の同性愛者のことを指します。 恋愛、性愛ともに男性を対象とする男性のことです。 日本では男性の同性愛者を指すことが多い言葉ですが、広い意味では同性愛の人たち全てを指すこともあります。 最近はTVなどで、オネエタレントが注目されることも多いため、ゲイについては広く周知されるようになってきています。 ただし、オネエ言葉を使う人が必ずしもゲイな訳ではなく、異性愛者の男性と変わらない外見や言葉遣いをするゲイの人も多くいます。 トランスジェンダー トランスジェンダーは、身体の性別と心の性別が一致しない人のことを指します。 性同一性障害とも呼ばれ、最近ではトランスジェンダーを取り上げた番組や、トランスジェンダーの登場人物が出てくるドラマも増えてきています。 トランスジェンダーの場合、身体は男性で性自認が女性のひとは「MtF」、身体は女性で性自認が男性の人は「FtM」と呼ばれることがあります。 ホルモン治療などで心の性別に合わせて身体を作り変えている人も多く、ぱっと見ただけでは性別が判断できない人もいます。 アセクシャル アセクシャルとは、他者に恋愛感情や性的な欲求を抱くことのない人のことを意味します。 無性愛者とも呼ばれ、性自認や性的指向にかかわらず恋愛や性愛を向ける対象がいません。 これは意識的、意図的に恋愛をしないようにしている訳ではなく、このような性的指向なのです。 しかし、アセクシャルだから愛情がないのだ、という訳ではありません。 アセクシャルの人でも他者に愛情や友情を抱くことはあります。 恋愛対象にはならないけれど、人生を一緒に生きるパートナーが欲しいという意味で結婚願望がある人もいます。 Xジェンダー Xジェンダーとは性自認が、女性でも男性でもない人のことをいいます。 自分の性別がどちらだか分からなかったり、どちらの性別もしっくりこなかったり、男女という枠に自分をはめることに抵抗を感じる人など、こちらも種類は様々です。 また、今日は男性の気分だけど、昨日は女性の気分だった、というように男性と女性を行ったり来たりする人もいます。 シスジェンダー シスジェンダーという言葉は、初めて聞いたという人も多いのではないでしょうか。 シスジェンダーとはトランスジェンダーの対義語として生まれた言葉で、身体の性別と性自認が一致している人のことを指します。 ヘテロセクシュアルと何が違うの?と思うかもしれませんが、ヘテロセクシュアルは恋愛、性愛ともに異性を対象とする人を指します。 つまり、シスジェンダーは性自認で、ヘテロセクシュアルは性的指向なのです。 シスジェンダーでヘテロセクシュアルの人もいれば、シスジェンダーでゲイ、またはレズビアン、という人もいます。 性別で恋愛をしないセクシャリティ パンセクシャルの恋愛に、性別は関係ありません。 好きなタイプを聞かれると、よく「好きになった人が好き」という人がいます。 パンセクシャルはそれの最も広いもの、という風にとらえることができるかもしれません。 あらゆる性別や性自認の壁に邪魔されず、「好きになった人が好き」なのです。 パンセクの人の中には、自分が異性愛者ではないことに悩んでいる人もいるかもしれません。 恋人を作ることも結婚することもできないかもしれないと、嘆く人もいるかもしれません。 しかし、恋愛をするのに性別の隔たりがないということは、この世界にいる全ての人と恋ができる可能性があるということです。 それは誰にでもできることではありません。 様々な人を愛することができるパンセクシャルの人は、素晴らしい可能性と感情をもっています。 それは誇りに思うべきものだと信じてやみません。 サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。 人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。 自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。 今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。 待ってるね。

次の

【LGBT用語解説】パンセクシュアル(全性愛者)とは?

オムニ セクシャル

両性愛(りょうせいあい)、 バイセクシュアリティ(:bisexuality) は、男性にも女性にも見られる、異性・同性にかかわらずいずれの性の人に対しても、的な憧れや的・的な魅惑、あるいは性的・的な欲望を抱きうるをいう語。 両性愛の性質を持っている人を 両性愛者(りょうせいあいしゃ)、 バイセクシュアル(英:bisexual) あるいは略して バイという。 この場合、・という「性」は、身体的な(セックス)に加えて、文化的な性も同時に指している [ ]。 両性愛という語はおよびと並ぶ性的指向の類型であるが、他方、両性愛とは「同性愛と異性愛との混合状態」であるとする見解もある [ ]。 また、(セクシュアルマイノリティ)という時、バイセクシュアルは同性愛者という部分でセクシュアルマイノリティなのであり、異性愛者である部分はであるとする考えから、広義のゲイやレズビアンに含むこともある [ ]。 両性愛は歴史上、人間および動物社会においてもさまざまな形態で観察されてきたものである [ ]が、後半に入って初めて本格的に研究の対象となった [ ]。 それでもなお、両性愛が広範囲に存在していた事実や、両性愛の定義については異議が唱えられている [ ]。 概説 [ ] 両性愛とは何か [ ] 「両性愛」という語は、同性愛および異性愛を両極とする、その間の性的指向を示している [ ]。 両性愛の人々は必ずしも双方の性に同等に魅力を感じるとは限らない。 むしろ、いずれかの性を、もう片方の性よりも好む傾向が見られることが多い [ ]。 また、両方の性を好むが、としては一方を好んだり、両方のセックスへの指向をもちつつも一方の文化的性のみに魅力を感じる、という形態も存在する [ ]。 両性愛という語は同時に、同性愛および異性愛といった指向を内包するものであると定義されることもあるが、両性愛自体を独立した性指向とみなすべきだという議論も少なくない [ ]。 両性愛者のアイデンティティ [ ] 同性愛者や異性愛者と自認する人でも、他者からその性的指向に基づき両性愛者であるとみなされることもある。 たとえば、自身を同性愛者とみなす両性愛者の女性を考える。 「同性愛とは、自らと同じ性を愛することである」という定義に従えばこの女性は同性愛者といえる。 このような女性がたまたま最初に女性に恋愛感情を抱いた場合には、両性愛者であるとは認識しにくいであろう。 同様に、たとえば、両性愛者の男性であっても、自らが男性に対し感情を抱くことがありつつも、はしないという立場から自らを異性愛者であるとみなしていることがある。 このように両性愛という概念はあいまいなものである。 一部の人 [ ]は、単性愛は「両性愛を除く」と否定的に定義されたものであるとの立場を示すし、また一部の人 [ ]は実際に個人がどのような状況にあるかだけが両性愛に該当するか否かを決定するという立場を示す一方で、またある人 [ ]は両性愛の存在自体を否定する(両性愛は本来同性愛で、社会的適応のために異性愛的指向を持つようになったのが異性愛であるとする立場)ために大変厄介な議論となる。 一部の両性愛者 [ ]は、自身を同性愛者とは異なるものだとみなしつつ、両性愛は広義での(Lesbian、Gay、Bisexual、Transgender personの略)に属すると考える。 またある人々 [ ]は、やという概念を尊重しつつ、自らはいずれにも属さないと考え、またいかなるレッテルも自身の状況を的確に表現していないと考える。 しかし以上の議論は現代に入り、の教義に基いて同性愛がタブーとされたことにより、異性愛のみが一般社会で認められる様になった為と考えられる [ ]。 後述の両性愛の歴史に見られるとおり、近代以前においては両性愛が異性愛以上に一般的な性的指向であったとさえ言える [ ]。 自らを同性、異性の一方のみの愛ではなく両性を同様に愛する、両性愛者と自認する人も多い [ ]。 用語 [ ] 両性愛という語は、元々19世紀にの者をいう時に用いられ出した語である。 遅くとも1914年までには、両性愛は一つの性的指向を指す語として用いられるようになっていた。 一部の両性愛者および性に関する調査に携わる者 [ ]の中には、「両性愛」という語の定義に不満を抱き、多様な代替語を用いるようになったり、両性愛のあり方やある一面を適切に説明できるように追加的な用語をたくさん用いた。 しかしながらこうして作り出された語は、まだ社会に広く認識されているとは言えない。 例えば、においては以下のような代替語、拡張語が提唱されている [ ]。 パンセクシュアル・オムニセクシュアル(pansexual, omnisexual) [ ] パンセクシュアル(pansexual)あるいはオムニセクシュアル(omnisexual) という言葉について日本語にはまだ対応する語は存在しないが、以下本項では仮に「」と訳すこととする。 バイセクシュアル(bisexual)という語に含まれる「」 というを避けて、両方の性に惹かれるというよりもあらゆる性に魅力を感じるとする立場から作られた。 これらの語は主に、の人々やをした人々をも含むあらゆる性(文化的性を含む)の存在を尊重する立場の人が好んで用いる [ ]。 全性愛という語は、時にはのような特殊な性行動を含意することがある。 また、全性愛に分類されるのが適当である人であっても、両性愛という語の方がより一般的に浸透している語 [ ]であり、かつ両性愛という語がにおいて重要な意味を持つ語であるという理由から、自らを両性愛と称することがまだ多い [ ]。 バイ・パーミッシブ(bi-permissive) [ ] バイ・パーミッシブ(bi-permissive)という言葉について日本語にはまだ対応する訳語は存在しない。 この語は、積極的に自らの性に性的な意味を見いだそうとすることはないながら、時に特定の性の人とを行うこともあるという人々を指している。 このような人々は自らを異性愛であるとか同性愛であると認識し、また圧倒的に多く同じ性の人と性行動をとることもあるだろう [ ]。 アンビセクシュアル(ambisexual) [ ] アンビセクシュアル(ambisexual)という言葉について日本語にはまだ対応する訳語は存在しない。 この語は本来、いずれの性に対しても全く同様に魅力を感じる状況を指してきた。 自らをアンビセクシュアルであると認識する人は、面でも、面でも、の面でも、また的な面においても、パートナーの性(文化的性含む)に左右されることなく同じように相手に惹かれる。 またある人は、パートナーの性的な特徴(e. 異性であるということ)によって引き起こされるようなものとまったく変わらない、激しい恋愛感情をもつこともある [ ]。 トリセクシュアル(trisexual) [ ] トリセクシュアル(trisexual) という言葉はバイセクシュアルという語の拡張であり、また単なる語呂合わせでもある。 もっと重要な用法で用いられた時には、この語は学的・文化的な男性や女性に加え、の人にも同様に性的魅力を感じる状況を指す [ ]。 精神分析においては、ジェンダー論は異なる文脈で、クリストファー・ボラスが提唱したものがある。 一言で言えば、トリセクシュアルは、両性愛に自己愛が加わった形として理解されている。 ただし、これは単純にナルシストなバイセクシュアルを指すものではない。 なぜなら、ナルシストとは本質的に他者に関心がなく、自分自身が作り出した理想的な自己イメージを他者に与えることで、他者の中にある自己イメージを愛しているだけの人物であるのに対し、トリセクシュアルは、性別を問わず他者に強い関心を持っており、他者が持つ理想を十分に受け入れられる存在だからである。 このため、トリセクシュアルな人物は、ナルシストとは異なり、才気に長け、官能的で魅力的であることが多い。 ただし、トリセクシュアルは、相手の性的願望を、最終的にはすべて自分に対する賞賛や尊敬の念に変換させてしまうため、自分自身に対する愛情を備給している点で、自己愛的である。 バイフォビア(biphobia) [ ] (biphobia) は、両性愛者に対する嫌悪感や、両性愛者であることについて非難されるのではないかという両性愛者の恐れを示す。 ほとんどの場合、これは異性愛もしくは同性愛だけがふつうな性指向で、適切なであるという信条に基づく。 両性愛という性的指向は同時に、異性愛だけが適切だと考える異性愛者にとってはホモフォビア の対象でもある。 これとは逆に、両性愛の人がヘテロフォビア の対象となりうること、また同性愛の人々からのの対象であるという時にもあてはまる [ ]。 しかしながらこの調査には回答者のや回答者の規模などに関して方法的な難点が存在するし、回答を自己分析に頼ることによって正確性も疑問視されている [ ]。 従って、この調査が報告する両性愛者の人口は論争の対象である。 さらに、個々の調査で両性愛の基準が統一されていないことも問題である。 ある調査 [ ]は両性愛という現象の存在自体を無視しているし、同性愛と異性愛の括りに入れてしまう調査 [ ]も存在する。 報告されている結果を検討しても、語の定義が統一されていないことから、同性愛と異性愛とどちらがより多く見られるのかを決定することはできない。 ちなみに、西洋以外の地域からの逸話的報告 [ ]では、両性愛を示す割合が同性愛よりはるかに高いことが示唆されている。 おそらくのについての統計を初めて記述した [ ]は、「あらゆる人間は誰でも、のうちのある時期において両性愛者になりうる可能性を持っている」と考えた。 彼は、人間の社会的成長の過程において、同一の性(それが自然に得たものか努力で得たものかにはよらない)における性的経験が、その人のもつであろう必要と欲望、特に性的欲望を愛着のもてるものとするか否かを決定する、という考えに基づいているのである。 両性愛に関する諸研究 [ ] Main article: の Sexual Behavior in the Human Male(1948)、 Sexual Behavior in the Human Female(1953)(人間男性の性行動・人間女性の性行動)に代表される数件の論文は、ほとんどの人はある程度両性愛的傾向を持つと述べている。 つまり、異性愛を自覚する人は、ただ単に異性を同性より好むというだけであって、本来は同性に対する性的魅力も持っていると述べるのである。 一方で、ごく少数の人々は一方の性をより好むという自分の傾向をはっきりとは自覚していない。 両性愛はいずれの性に対しても同じくらいの強さで性的魅力を感じるということのみを意味するのではない。 実際、一方の性を明確に好みながらも他方の性への魅力を排除しようとはしないという人は、両性愛者となりうるし実際自身が両性愛者であると認識していることも多い。 2005年にメディアの注目を集めた、ジョン・マイケル・ベイリーによる今後議論を呼びそうな研究を含む、最近のいくつかの研究は、両性愛は男性に極めて少ないものであるとする見解を提示している。 両性愛の社会的地位 [ ] 両性愛と同性愛 [ ] 歴史的に見て、両性愛は同性愛から俗に連想されるような社会的汚名とは一般に縁がなかったどころか、両性愛が普通のことだと見なされている社会 [ ]においてはむしろ広く流行していることであった [ ]。 では、男性が最終的にはしてを作る限りにおいて、ということ自体は全く問題視されなかった。 世界中の異性と結婚している男性たちの間では、同性愛の問題は比較的平穏に受け入れられている。 また、両性愛者のうちにも、異なる性の者と生活していくことによりお互いにないものを補完しあえるということを価値あることと見なし、のパートナーとしたりしたりする者 [ ]もある。 このような者の中には、異性間のの下で同性愛的関係を持つことで、自らの存在が豊かなものとなったと感じている者 [ ]もいる。 同性愛社会の一部の人 [ ]は、両性愛者を「裏表がある」として非難する。 彼らは両性愛者が「真の同性愛」が社会で認知を勝ち取るための「自らの義務を果たしていない」として批判する。 また一部同性愛者 [ ]は、両性愛というのは異性愛者としてのが揺らいだ人が至るもので、単なる同性愛の初期段階に過ぎないと疑い、両性愛者は結局自らが同性愛者であることを認めると考えている(同性愛者が陥りやすいこの種の誤解は、"Bi now, gay later. " という揶揄的な言い回しに端的に表されている)。 こういった状況は起こりうるし実際起こっているが、両性愛者の大部分に真実として適用されるわけではないようである [ ]。 それでも往々にして両性愛者は、同性愛者から余り受け入れられないことがある [ ]。 その理由は、特に男性両性愛者において「いずれは女性を優先して結婚し、子供をつくり、家庭を持つという選択をすることが多く、同性愛との関わりは性欲処理だけだ」「同性との恋愛は異性の恋人ができるまでの間に合わせだ」という反感が同性愛者 [ ]の側にあるからだ。 また一部両性愛者 [ ]が異性と結婚してからもその事実を隠し、同性の愛人をつくったり、同性愛の世界で下半身だけの関係を繰り返したりすることへ反発もある。 異性愛結婚制度の中で婚姻関係を結び、自分は家庭という安全地帯で守られながら同性とも関係するのは、配偶者も同性の愛人もその両方を大切にしていない、とする声もある [ ]。 因みに両性との性的行動を「実践」することはの両性愛の少年少女にとってもごく一般的なことである。 同性愛と異性愛 [ ] 両性愛という語は、同性愛であることをしないままに異性愛的な結婚をして、なお同性愛的性行動をとる男性のこととしばしば結びつけて考えられる [ ]が、このような男性たち("men living on the down-low ")の大部分は自分のことを両性愛者だとは認識していない [ ]。 両性愛の象徴 [ ] Bisexual pride flag 両性愛者のうちいくらか [ ]は異性愛社会にも同性愛社会にもあてはまらないと感じ、また公にはしばしば「見えない」存在となってしまうために(同性愛社会と異性愛社会との両方に所属してどっちつかずな存在に見えてしまうために)、、および的動議を1から形成せざるを得ない状況におかれている。 両性愛者としてのの一般的象徴は、最上段に濃い桃色で同性愛を、最下段に青色で異性愛を、中段に桃色と青色の合成色である紫色を配した旗"bisexual pride flag"である。 この旗と同じ配色を用いているその他の象徴的記号には、図のような一組のオーバーラップした桃色と青色の三角形でつくられる図形がある(桃色の三角形は、同性愛者のコミュニティの象徴としてよく知られている)。 重複している部分の紫色はもちろん両性愛を象徴する。 The overlapping triangles 三角形に代わる象徴としては、男女の性的分化の象徴としても用いられる火星と金星の天文学的記号が、両側の切れた2つの円に変更されてうまれた"bisexual double moon symbol"がある。 このような図形に変更されたことで、この記号は両性愛者がどちらの性社会にも開かれたものであることを象徴しているのである。 "bisexual double moons"の配色は様々なものがある。 しばしば、両性愛者が同性愛者のコミュニティに属することを強調して虹色で表されることもあるし 、上で述べた他の象徴記号のように、桃色・紫・青の3色で構成されることもある。 両性愛の歴史 [ ] 教養的な社会 [ ]における的および的な記録 [ ]は、より男性の両性愛が日常的なことであって、実際に望ましいことであったのだと示している。 このような性的関係は一般に年齢的構造をとったり(時代までのや、からのにおけるのようなもの)、もしくは文化・社会的構造を取ったり(同じ身体に2つの異なる性が存在すると考えた北アメリカに伝統的なものや、中央アジア地方の社会におけるのようなもの)していた。 男性の異性愛や同性愛は記録に残ってはいるが、そのほとんどがむしろ例外的なものとして現れている(のように、異性愛者を特権化し、同性愛や両性愛を強く弾圧する宗教に影響を受けている社会のように非常に特殊な例がまれに存在するが)。 先の文化における男性「同性愛」の例としてしばしば引用されるものの多くは、実のところはどちらかというと両性愛に分類した方が適切であるのだ [ ]。 女性による両性愛の歴史を確定することはもっと厄介な問題である。 というのも、研究されている社会の大部分で女性は男性より社会的に低い身分に置かれ、かつ移動や表現の自由が制限されて自分自身を考えることも少なく、他方では女性が歴史を文字に記し伝える立場になかったからである [ ]。 古代ギリシャでは、一般に男性は、のうちに同性愛的指向を示す段階を経験し、続いてにおいてに特徴を見いだせる両性愛的指向を示す段階を経験し、そこからの遅い時期にしを作る時になって初めて的指向を示す段階に至るのだと考えられていた [ ]。 や、、、また現在もその慣習の残るにおいても男性は類似の両性愛的振る舞いを見せていた [ ]。 特に日本においては、にみられる実践とそれに関連する作品や作品が莫大な数遺されてきていたために、本来なされてきた両性愛的はとても詳細に記述されているし、なんとに至るまで実際にその習慣が続いてきているのである。 おそらく最も有名 [ ]な例は複数の妻と愛妾を持っていたであろう。 多くの歴史作家 [ ]は彼には少なくとも2人の男性の恋人がいたのだと断言している。 そのうちのひとりは彼の古い友人である。 両性愛的振る舞いはや、日本の・たちの間ではしばしば見られることであった。 の著作『』は(の元恋人)のくだりから同性愛の書物とされることも多いが、同時に両性愛に関する有名な寓話も含む。 男女()の話がそれで人間は両性に分かれる前は一体であったが、神によって今の男と女に切り離されたため以前の状態に戻ることを渇望して互いに求め合う、というものである。 ギリシアの彫刻ではこの寓話に基づいて男女の美点を繋ぎ合わせた「ヘルムアプロディテ」という像が作られた。 プラトンのイデア説から禁欲主義が発達したように、後の宗教界でも異性愛をも含めたの概念が無いわけではなかったが抑圧したものとして続いていた。 古代ギリシャ [ ] のの伝統法は、年頃の若者との同性愛関係は、男性が最終的には結婚して子供を作る限りにおいて、成人男性の判断に任せていた。 スパルタ市民は、経験豊富な兵と未熟な兵との間の恋愛関係および肉体関係は、に対する忠誠心を強固なものとし、またパートナーを感動させようと兵士たちが互いに競いあうことで、英雄的戦術に積極的に取り組むよう仕向けるものであると考えたのである。 ひとたび年下の兵が成熟した年齢に達したならば、は肉体的なものでなくなるのが望ましいとされたが、この暗黙のルールがどれくらい厳格に順守されたのかということは明らかではない。 成人した兵と性的関係を継続したことで汚名を着せられた若い男性に関する話も残っている [ ]。 しかしながら古代ギリシャ世界のほとんどの地域においては、例えばを例として挙げると、老齢の男性と、かなり若年の少年とが少年の成人まで性的関係を継続すると言うことは社会的に厳しく蔑まれていたのである。 このような関係は、少年に対し男性が優位に立っているものと見なされ、奨励されていなかった。 世界におけるいくつかの的書物は、両性愛の話題をまとめる試みを行っている。 その論理は、的なものから的なものまで多岐にわたってはいるが。 中東および中央アジア [ ] 諸国においては、対象の性が何であっても、の教義に背かない限り愛は絶対的な善であるとみなす文化が発達した。 男性が美しい少年に魅力を感じるということはにおいて万国共通であり、ごく普通のこととしてかなり寛容に理解されていた。 このような逸話がある。 イブン・アル=ジャウージという13世紀の学者は「あの、美しい少年を見ても何にも感じないとか言う男はうそつきだ。 奴を信じることができるとしたら奴は人間じゃない。 動物でしかあり得ない」と述べたことで有名なのである。 宗教的書物の一部 [ ]は、少年に対する感情は女性に対するものよりしばしば強いものであったので、この感情にのめり込まないよう若い男性に警鐘をならすほどであった。 は、議論の分かれる所であるのだが、男の子の美しさをじっと見つめることは神と交流する方法なのだと教えている。 詩人やアーティストは中世から20世紀初頭に至るまで、受け入れられたか否かは別問題としても、繰り返し少年の愛を表現してきた。 に男性とのを厳しく禁じる規定()があることは一部の人により愚弄され、またこのような関係に耽った人により曲解されてきたが、性交以外の行為は思いとどまらせてきた。 男性はしばしばこのリワートが原因でパートナーもろとも有罪宣告を受け、折を見て処刑された。 しかしながらは、犯罪者を有罪とするために、犯罪現場が4人の男性または8人の女性により押さえられていることを必要としているのである。 動物の両性愛行動 [ ]• バイセクシャリティとも表記。 バイセクシャルとも表記。 ()として「両刀」という言葉もある。 「pan」、「omni」は英語のであり、「全ての」という意味を添える。 例:Pan-Pacific(パンパシフィック=環太平洋の)• 「バイ」(bi)は英語の接頭語(系)であり、「両方の」「二つの」という意味を添える。 例:bilingual(バイリンガル=二つの言語を使用できる人)• 「トリ」(tri)は英語の接頭語(ラテン語系)であり、「三つの」という意味を添える。 「フォビア」は英語の接尾語であり、「〜恐怖症」という意味である。 同性愛者であることについて非難されるのではないかと恐れること、またそのように恐れる人。 異性愛者であることについて非難されるのではないかと恐れること。 またそのように恐れる人。 直訳すれば「とりあえず両性愛、あとで同性愛」。 日本語にしてもわかるとおり、このには両性愛者に対する誤解を内包している。 down-lowとは英語のスラングであって、隠れてする何かをいう時用いる。 このような文脈では特に同性愛のことを指す。 逆に、有史以前に遡るほど崇拝・生殖器信仰もあり性的な表現には寛容である 出典 [ ]• [ ]• (Oxford English Dictionary, 2nd ed. より出典)• Christopher Bollas, "The trisexual", In The shadow of the object, London, Free Association Books Ltd, 1987. 2006年4月27日時点の [ ]よりアーカイブ。 2006年4月27日閲覧。 2012年2月4日 -• 2006年9月27日時点の [ ]よりアーカイブ。 2006年10月2日閲覧。 2006年9月27日時点の [ ]よりアーカイブ。 2006年10月2日閲覧。 El-Rouayheb, 2005, pp. 14-24 より出典• Monroe, 1997, p. 117 より出典• 2007年1月1日時点の [ ]よりアーカイブ。 2007年2月17日閲覧。 関連項目 [ ]• Bi newsgroup. Bi community online resource international• Serving the World Bisexual Community international• 144 KB. Report on the problems caused by stereotyping of bisexuals. Bisexual Online Community• International Bisexual forum• Bisxual Community it the Philippines• Extensive resource of gay and bisexual history. News, Reviews and Commentary on Lesbian and Bisexual Women in Entertainment and the Media. 小説家ののサイト。 彼女は自分がバイセクシュアルであるとカミングアウトしており、セクシャリティをテーマにした作品を多く発表している。 第8回国際バイセクシュアリティ会議(2004年8月 米国)で基調講演もした日本の活動家、のサイト。 同性愛者のコミュニティー内部における「バイセクシュアル」への差別についても積極的に発言している。

次の