会社 を 辞め たい と 思っ た とき。 会社を辞めたいと思ったときの対処法

人間関係で会社を辞めたいと思ったときに試して欲しい5つのこと

会社 を 辞め たい と 思っ た とき

上司や先輩、同僚、部下との付き合いがうまくいかず、悩んだことがありませんか? 中にはストレスを抱えるあまり、「会社、辞めたいな……」と考えている人もいるのではないでしょうか。 「辞めて次へ行こう」と見切りをつけるのは簡単ですが、まだ見ぬ新しい職場に理想の人間関係が待っているとは限りません。 そこで「辞める前にやるべきこと」「考えておきたいこと」についてお伝えします。 <INDEX>• 「業務量や成果に見合った給与がもらえていない」「同年代に比べて給与が安い」などの理由で、転職を考える人が多いようです。 次に多いのが、「人間関係」、そして「仕事内容」と続きます。 多くの人が、職場の人間関係に悩んだり、人間関係のストレスから開放されたいと考えていることが分かります。 しかし、公益財団法人 日本生産性本部が発表している平成 27 年度 新入社員を対象にした『「働くことの意識」調査結果』によると、「仕事をしていくうえで人間関係に不安を感じる」と答える人が66. 5%いる一方、「仕事を通じて人間関係を広げていきたい」と考える人は94. 8%もいることが明らかになっています。 若年層も「職場の人間関係を大切にしたい」「仕事に生かしていきたい」という思いは強いようです。 良い人間関係を築きたい。 でも…… 「会社は仕事をする場所」として、自分の業務に集中していればいいかもしれません。 しかし、人間関係を上手に築いておくと「余計なストレスに悩まされなくて済む」「業務がよりスムーズに行える」などのメリットもあると感じているため、人間関係がうまくいかないと悩んでしまう人が多いのではないでしょうか。 新入社員(新卒者)の場合は、初めての会社生活で、幅広い年代とかかわる必要があり、横だけでなく縦のつながりも生まれる職場の人間関係は複雑に思えるもの。 気の遣い方も学生時代とは大きく異なるので、余計にストレスを感じやすいでしょう。 「良い人間関係を築きたい」と思っていても、理想と現実との違いに戸惑い、不満へと転じてしまっているのかもしれません。 人間関係を理由に「辞める決意」をする前にやるべきこと 例えば「辞めたい」と思った原因が「給与」なら、業績評価の場で交渉してみたり、「仕事内容」なら配置換えを希望するなど、転職をしなくても解決できる可能性があります。 同様に「人間関係」も解決の方法があるかもしれません。 それでは人間関係に悩み、「仕事を辞めたい」と感じたら、何をすればいいのでしょうか。 身近な人に相談する 人間関係の悩みに限らず、仕事内容や働くことそのものに悩んだ時、男女共に多くの人が「勤務先の上司や先輩社員」「家族や親族」「同僚」「勤務先以外の友人・知人」といった身近な人物に相談するそうです。 一人で悩み抜き、退職を決めてしまう人もいますが、できれば誰かに相談することをおすすめします。 一人で悩んでいるとどうしても感情的になり、冷静な判断ができなくなるものです。 人に話をすることで、ストレスが軽減されたり、抱え込んでいた悩みが解決することもあります。 信頼できる第三者の意見を聞き、気持ちを整理してみましょう。 先輩や同僚に相談してみると、「私も同じことで悩んだよ」という答えが返ってくるかもしれません。 ほかの人が悩みとどう向き合い、どのように解決してきたのかを知ることができれば、「辞める」以外の選択肢が見つかる可能性があります。 自分の考え方を変える 厳しすぎる上司、立ち回りのうまい同僚、いいかげんに見える部下……。 ストレスがたまってくると「あの人とはもう一緒に仕事をしたくない!」と言いたくなる気持ちも分かりますが、それは単にあなたと価値観が合わないだけかもしれません。 100人中100人に好かれるのが現実的ではないように、100人の人を平等に好きになるのも無理な話です。 また、仕事では友達関係とは違い、価値観の合わない人とも付き合わなければなりません。 価値観が合わない人に対し、無理に合わせようとしているのですから、疲れてしまうのも仕方がありません。 時には「馴染めないものは仕方ない」「好きになれないものは好きになれない」と割り切ってしまうことも必要です。 失礼な対応はいけませんが、必要以上に気を遣わず、自分の業務に集中するよう心掛けましょう。 過度な批判や嫌がらせをされている場合は、「自分に能力があるから嫉妬しているんだ」と開き直って、気持ちを楽にしてしまうのもいいかもしれません。 考え方や接し方を変えることで、なるべくストレスをためないように心掛けましょう。 人事部など、公正な第三者に相談する どうしても人間関係でガマンできないことがある場合は、社内の人事部などに相談してみるのも一つの方法です。 「職場の仲間から、あからさまに無視されていて、業務が進められない」「ほかの社員の前で延々と怒鳴りつけられる」といったパワハラに近いケースは、一刻も早く相談しましょう。 部署やプロジェクトを変えるなど、職場を変えなくても人間関係を一新できる方法が見つかる可能性もあります。 それでも改善しない場合は、転職も一つの手段 相談したり、考え方を変えてみても、一向に改善が見られない場合や、「そもそも少人数の会社で、配置換えはおろか誰かに相談することもできない」「関係が完全にこじれてしまって、社内にいる限り解決できない」という場合などは、転職でリセットするのもいいでしょう。 無理をしてがんばり続けた結果、心身を病んでしまっては元も子もありません。 追い込まれる前に、転職を視野に入れて動き出しましょう。 でも、転職で「すべてが解決」するわけではない 一度「辞めたい」と考え始めると、辞めればすべてが解決するような気分になり、視野が狭くなりがちです。 しかし転職先の会社に自分の望む人間関係があるとも限りませんし、再び人間関係を理由に辞めることになってしまっては、キリがありません。 まずは、「退職するしかない」ではなく「なぜ辞めたいのか」をじっくり考えるようにしましょう。 辞めたい理由が人間関係以外にもあるのであれば、併せてそれらの解決策も探ってみましょう。 ほかの問題が解決すれば、人間関係に関する悩みやストレスも軽減されるかもしれません。 また、たとえ人間関係が理由で辞めたとしても、何のビジョンも持たないまま辞めてしまうのはあまりおすすめできません。 ネガティブな気持ちのまま転職活動を行っても、思うようにうまくいかないものです。 退職する時は、必ず「円満退職」で! 最終的に「退職する」という決断を下すとしても、今の職場に迷惑をかける辞め方はいけません。 「もう辞めると決めたから」と多忙な時期に突然退職したり、引き継ぎが中途半端だったりすると、残された人は非常に後味の悪い思いをします。 あなたに対して、「自分勝手でいいかげんな奴だった」という印象だけが残るでしょう。 「後でどう思われてもいいや」と思うかもしれませんが、業界内のつながりで、退職後も以前の職場の人と顔を合わせたり、取引先を通じて自分の情報が伝わってしまうことがあります。 まったくの異業種に転職したとしても、どこでどうつながっているか分からないものです。 後々のことも考えて、周囲とはできるだけ円満な関係を築いておきましょう。 豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。 毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。

次の

仕事を辞めようと思った6つの瞬間。【仕事を辞めたいと思った時】

会社 を 辞め たい と 思っ た とき

「同僚と仲良くできない」、「上司からいつも怒られる」、「営業で良い成績がとれない」などなど、「会社を辞めたい」と思うとき、ありますよね? そこで今回は、筆者を含む転職経験のある人たちの体験談などを活かしながら、「会社を辞めたい」と思ったら考えてほしいことと未来のために準備したいことについてご紹介したいと思います。 ぜひ参考にしてくださいね。 どうして辞めたいのかを考えてみよう まずは、「どうして会社を辞めたいのか?」を紙に書き出し、親しい友人に相談されているような感覚で、書き出した文字を読み上げてみましょう。 書き出したり読み上げたりすることによって、自分自身が悩んでいることを第三者目線で判断しやすくなります。 「こんな些細なことで会社を辞めようと思っていたのか」ということも、出てくるかもしれませんし、「結構ストレスが溜まっていたな。 十分頑張ったな」とあらためて気づくかもしれません。 とにかく、一度冷静になって第三者的な立場で冷静に判断することは、とても大切です。 なぜ、そのようなことが大切なのかを、次の項目以降で詳しくみていきましょう。 会社を辞めて後悔した人たちの声に耳を傾けてみよう 「会社を辞めたい」と考え、会社を辞めたものの「後悔をした」という人も筆者の周りには意外と多く、4割ほどが会社を辞めたことを後悔しているようです。 まずは、会社を辞めて後悔をした人たちの声をみてみましょう。 辞めるときは、上司や同僚が必死に引きとめてくれたが、まったく聞く耳を持てなかった。 今、その会社は売り上げを伸ばしていて、給料も驚くほどアップしたのだとか」 Aさん自身は退職後、なかなか転職先が決まらず苦労したそうで、現在は自営業をしながら細々やり繰りをしているそうです。 若かったからすぐに別の転職先がみつかったものの、そこでもセクハラに遭いました。 辞めた会社でセクハラをしていた上司は、女子社員数名がまとまって人事部に訴えたことで子会社に異動となり、平和な部署になったそうです。 私も、誰かに相談しておけばよかった……」 Bさんは現在、転職した先々でセクハラに遭ったことがトラウマとなり、派遣社員など単発での仕事を選んでいる状況だそうです。 実は、AさんやBさんのように後悔した人のほとんどが、「会社を辞めなくて済む方法」まで考えず、感情や勢い、周囲に流される形で辞めたケースでした。 「会社を辞めなくて済む方法がないか」考えてみよう 会社を辞めてから後悔をしても、取り返しがつかないことがほとんどです。 まずは、「会社を辞めるほどの必要があるのかどうか」を自分に問いかけてみましょう。 もし、「会社を辞めるほどの必要がある」と考えたなら、次に「会社を辞めなくて済む方法がないか」を考えてみます。 たとえば、セクハラ・パワハラ被害や職場でのいじめなどが原因の場合、「辞めるほどの必要がある」ほうに振り分けられるでしょうし、辞めたほうが心身ともに健全になれる場合もあるでしょう。 けれど、もしかすると、あなたは辞める必要がないかもしれません。 まずは、信頼できる上司や人事部など専門の部署に相談してみるのがオススメです。 周囲に相談しても職場環境が改善されない場合 周囲に相談しても解決に向かわず、なにも改善されない場合には、「すぐに仕事を辞めたい」と感じるかもしれません。 ある程度の貯金があり、次の職場が決まっている場合には、辞めるという選択肢もアリでしょう。 しかし、貯金もなく転職先も決まっていないという場合にはまず、転職したい企業に面接へ行って次の職場を確保し、退職前に有給休暇を取得して次の職場へ移る準備をするという人が多いようです。 貯金もなく転職先も決まっていない状態にも関わらず、すぐに仕事を辞めた人の中には「実家に頼る」、「派遣社員として登録した」、「会社員時代からの副業とアルバイトでしばらく頑張った」というケースもありました。 仕事が決まるまでのお金は、消費者金融やキャッシングで借りて凌いだという人もいましたが、「いつお金が尽きるのか不安だった」、「転職先がなかなか決まらず、ストレスから胃潰瘍になった」という声もあり、実際に借金額が増えていき破産寸前の状態に至った人もいました。 お金を借り入れながらの生活は、不安やストレスも増幅するため、別の方法で転職するまでの生活を維持する計画を立てる必要があるでしょう。 仕事を辞めることを考えている人は、今のうちから副業やWワークなどでお金を貯めておくというのもオススメです。 まとめ 「会社を辞めたい」と思っても、お金の問題もあって現実的には難しいという場合も少なくありません。 一度冷静になって、本当に仕事を辞めるべきかどうかを第三者目線でジャッジしてみてくださいね。 もし、辞めたほうが心身ともに健全でいられると判断したときには、転職先を確保しておいたり実家に相談したり、転職先が見つかるまで生活を維持していけるだけのまとまったお金を準備したりしておきましょう。

次の

「会社を辞めたい!」と思ったときに気付くべきこと

会社 を 辞め たい と 思っ た とき

5.本当にしたいことは何か考える 場合にもよりますが、逃げ出すようなそういう会社の辞め方はおすすめしません。 やはり会社を辞めるのであれば、そのあとどうしたいのか、具体的に考えておくべきだと思います。 まぁしばらくのんびりして、それからまた就職活動はじめようかな、とそういうスタンスでもよいのですが、その場合就職先を見つけるのは案外難しいです。 つまりブランクができてしまうことでそれが足をひっぱる、と、ある転職経験者は言っていました。 仕事がなかなか見つからなくてブランクができてしまう場合もありますが、雇う側としては、病気療養等を別として、働いていない期間が長いと、その間は一体何をしていたの?と思いますよね。 ある友人の場合、仕事をやめたあと資格をとるためスクールに1年間みっちり通っていたということを面接の際アピールしたそうです。 働いていない期間が長かった場合、聞かれることはあると思います。 その間何をしていたのか。 収入が必要で、働き続けなければならないのであれば、転職先を見つけてから辞めることでしょうか。 もっとも、今の会社で働きながら転職先を探すというのは時間的に体力的に厳しいというのはありますが。 辞めたい理由を考える時間すらない、もう辞めたいから辞めたいんだ。 そこまで追い詰められているのであれば、とにかく休みましょう。 いきなり辞めるのではなく、休む。 辞めることを選ぶ前に休むという選択肢もあると思います。 会社を辞めること、それはやはり自分自身のことで、自分で考えて動くしかないのですよね。 情報収集して、参考にしてもよいと思いますし、しかしながら、どんな情報も鵜呑みにするのはよくないです。 そこにはそう書いてあったけれど、いや、自分的にはちょっとちがうと思う。 あの人はああいっていたけれど、いやでもどうなんだろう?と、その違和感は大事です。 ちなみに、私は転職経験者ですが、転職してよかったと思っています。 転職して専門性を身につけることができましたし、これこれこういうことが私はできます。 と胸を張って言えるようになったのも転職してからです。 資格をとるために勉強したり、その勉強が面白いと思うようになったのも転職してからです。 が、転職を手放しですすめるわけではないです。 転職を繰り返す人もいますし、転職したからといって、転職先が必ずしも自分の希望に副うものとは限らないです。 転職しても転職先でまたなんだかんだとあるかもしれない。 それは頭においておいたほうがいいと思います。

次の