そら豆 保存。 【そら豆】の正しい保存方法。冷凍保存はできる?

そら豆の保存方法、冷凍や冷蔵庫では?乾燥できる?薄皮やゆで方、保存期間は?

そら豆 保存

そら豆の選び方・保存方法・下ごしらえ きれいなグリーンのふっくらとした莢に、すべすべとした皮を持つ豆が入ったそら豆は、初夏を彩る野菜のひとつです。 天を向くことから「空豆」とも、蚕が作る繭の形にも似ていることから「蚕豆」とも呼ばれています。 そら豆と言えば、塩ゆで。 上手にゆで上がったそら豆は、いもに似たホクッとした食感があり、甘みが口に広がります。 一度食べ始めたら、止まらない人が多い、魅惑の味です。 また、栄養的にもすばらしく、豆類に特徴的炭水化物とたんぱく質を含む他、野菜特有のビタミンB1・B2・Cや豊富なミネラルを含んでいます。 ここ最近、消費量が増えている、人気上昇中の野菜です。 そら豆の旬っていつ? 実は露地栽培が主流のそら豆。 5月~6月に旬を迎えます。 とはいえ、今は全国の産地で作られているおかげで、1年を通しておいしいそら豆を食べることができるようになっています。 次に、主要なそら豆の産地と時期を紹介します。 鹿児島:11月下旬~5月• 愛媛、熊本:4月~5月• 福岡:4月~6月• 千葉、茨城:4月下旬~6月• 宮城、青森、秋田:5月下旬~6月• 北海道:7月~10月 よいそら豆の選び方 莢の中の白い部分が綿です。 莢から豆を出した状態のものも売られていますが、莢のものの方が鮮度が断然よいので、なるべく莢を選ぶようにしてほしいです。 では、莢のそら豆の選び方を紹介します。 緑色でみずみずしく、しわのないものを。 莢の中のワタがパンパンに詰まっているような、弾力があるもの。 莢の背筋の部分が茶色いものは避ける。

次の

そら豆の保存方法と保存期間、長持ちのコツ

そら豆 保存

冷凍保存で注意しなければいけないのは長期保存できるからとついつい忘れてしまいがちなことです。 後になっていつ頃保存したのかがわからなくなると、保存期間を超えているのかどうかも確認できません。 そこで保存する際は保存袋に保存した日とその中身を記入しておくことで、後になってもいつ保存したのかがすぐ確認できるようになり便利です。 ちなみに冷凍用保存袋といえばジップロックが有名ですが、こちらはあらかじめ保存袋の表面に日付や保存する食材名を記入する欄がプリントされています。 ジップロックはS、M、Lとサイズがあり、スーパーやドラッグストアなどでも売っていますが、ネットでまとめて購入することもできます。 ジップロック フリーザーバッグ レシピ(2人分)• そら豆 … 30粒(150g)• むきエビ … 100g• 下味調味料• 酒 … 大さじ1• 塩・こしょう … 少々• しょうが … 1片分• 塩・こしょう … 少々 まずはむきえびの背ワタがあれば竹串で取ってからボールに入れ、酒と塩、こしょうをふりかけて軽くもみ、下味をつけます。 そら豆は皮をむき、長ねぎは1cm幅に斜め切りに、しょうがはみじん切りにします。 フライパンにサラダ油をひいて中火にかけ、しょうがのみじん切りとむきえびを加えて炒めます。 えびの色が変わってきたらそら豆と長ねぎも加えて炒めます。 長ねぎにも火が通ってきたらマヨネーズと塩、こしょうで味付けしてさっと炒めて完成です。 そら豆とベーコンの炒め物.

次の

そら豆の保存方法は?冷凍・冷蔵庫・常温の最適な方法や期間は?

そら豆 保存

もくじ• livedoor. しかしながら、大量にいただいた場合など、すぐに食べないこともあるかと思います。 そのような場合は、新鮮なうちに冷凍保存をすると比較的長く保存することができます。 ここでは、そら豆の保存期間(賞味期限)の目安等からご紹介します。 生のそら豆の賞味期限 生のそら豆の賞味期限は、1~3日程度! そら豆は、時間が経つと黒ずんできます。 そのまま生の状態で保存するのであれば、ビニール袋やジップ付き袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存してください。 この時注意することは、そら豆をサヤから出してしまうと急激に劣化しますので、サヤから出さずにそのまま保存することです。 また、切り込みを入れると更に劣化しやすくなるので、これにも注意してください。 茹でたそら豆の賞味期限 茹でたそら豆の賞味期限は、1~2日程度! 茹でたそら豆は、ジップ付き袋やタッパーに入れて、冷蔵庫で保存しましょう。 焼いたそら豆も同様の保存方法になります。 冷凍したそら豆の賞味期限 冷凍したそら豆の賞味期限は、1~2か月程度 生のそら豆や茹でたそら豆を冷蔵庫で保存すると、長くても3日くらいで食べれなくなってしまいます。 それでは冷凍した場合は、どうなのでしょうか? 結論からいうと、冷凍したそら豆は、1か月程度は保存可能と言われています。 冷凍の方法など、詳しくは後ほどご紹介しますが、しばらく保存するのであれば、やはり冷凍したほうがよいうことになりますね。 hatena. ところで冷凍する際は、生のままで冷凍する場合と、茹でてから冷凍する場合と、どちらがよいのでしょうか? 茹でてから冷凍する場合には、解凍時に若干水っぽくなるものの、逆に調理は楽であるという違いが見つかりましたが、この程度の違いで、どちらが正解というほどの差はないようです。 どちらの方法で冷凍されるかは、お好みでいいと思います。 生のまま冷凍保存する場合1:皮をむかないパターン 特に新鮮味を残して風味よく保存したい場合は、そのまま保存しましょう。 ジップロックなどのファスナー付きの袋に入れてそのまま冷凍保存します。 この時のポイントは、袋の中の空気をしっかり抜くことです。 asahi-kasei. html 生のまま冷凍保存する場合2:皮をむくパターン コンパクトに保存したい場合は、そら豆の豆のみで保存してもOKです。 以下にそら豆の薄皮の簡単なむき方をご紹介しますので参考にしてください。 サヤを両手でひねって割るように開いてから、そら豆を出します。 続いて薄皮をむきましょう。 そら豆のお尻みたいな形の部分(ツメの部分)の方を出します。 割れ目に垂直に自分の爪を立てて上に引き上げるように薄皮をめくります。 平たい面を親指と人差し指でつまみ、ぎゅっと押しましょう。 すると簡単に中身が出てきて、傷も付けずに取り出せたと思います。 中身が取れ出せたら、前のパターンと同様に、ジップロックなどのファスナー付きの袋に入れてそのまま冷凍保存します。 ここでのポイントも同様で、しっかりと袋の中の空気を抜くようにしましょう。 asahi-kasei. html 茹でてから冷凍保存する場合 最後に茹でてから冷凍保存する場合をご紹介します。 生のまま冷凍する場合との違いは、解凍後の調理が楽という点でしょうね。 前項の1~5を参考にそら豆の薄皮をむいてください。 鍋にお湯を沸かし、1で剥いたそら豆と塩(小さじ2杯程度)を入れて塩茹でします。 あまり柔らかくなるまで茹でてしまうと、解凍したときにべちゃっとなってしまいますので注意してください。 3分程度茹でたら、ざるに取り出して水気を切り、自然に冷まします。 粗熱がとれたら、ジップロックなどのファスナー付きの袋に入れてそのまま冷凍保存しましょう。 ポイントはこれまで同様に、袋の中の空気をできるだけ抜くことです。 自然解凍・・・文字通り常温で解凍です。 電子レンジで解凍・・・電子レンジの解凍モードでお手軽に解凍できます。 柔らかくなりやすいので注意しましょう。 茹でて解凍・・・沸騰したお湯で1~2分加熱します。 柔らかくなりすぎないように、様子が見れるのでおススメです^^• グリルで焼く・・・サヤ付きのままで冷凍した場合は、そのままグリルや網で焼くこともできます。 goo. そら豆は傷むとどうなるのでしょうか?また、どうなったら食べないほうがよいのでしょうか? 最後に傷んだそら豆の見分け方等について、ご紹介します。 そら豆が黒く変色している場合 そら豆は、サヤに入っている状態でも傷むのは早い野菜です。 多少、黒く変色している程度であれば、加熱して食べることができると思いますが、確実に鮮度は落ちていますので、生で食べることは、避けたほうがいいと思います。 変色以外の変化もある場合 そら豆は、完全に傷んでしまうと、黒く変色するだけでなく、加えて異臭が発生したり、ぬめり・カビなどの変化が起きてきます。 こうなってしまったら、もう腐っている状態ですので、絶対に処分しましょう。 もったいないと思って、加熱して食べると食中毒の可能性もありますので、絶対にやめましょう。

次の