キハ52 いすみ鉄道。 いすみ鉄道

いすみ鉄道 キハ52 お披露目撮影会

キハ52 いすみ鉄道

「いすみ鉄道」(大多喜町)で、訓練費700万円を自己負担して運転士となった元IT会社社員が今春から、同社の観光車両キハ52の運行を担っている。 日本の経済成長を支えたディーゼルカーとして、今では貴重な存在となったキハ52。 多くの乗客からも愛され、動かす喜びはひとしおという。 いすみ鉄道は房総半島東部沿岸にある大原駅(いすみ市)と内陸部の上総中野駅(大多喜町)を結び、営業距離は26・8キロ。 車窓からはのどかな田園風景が望め、週末には観光客でにぎわう。 朱色のキハ52を操るのは武石和行さん(46)。 経営再建に取り組む同社が2010年から始めた「訓練費自己負担の運転士養成コース」の1期生だ。 運転士を目指し高校の運輸科に進んだが、当時は国鉄分割民営化で新卒採用がなく別の道へ。 IT会社でシステム関連の仕事をしていた時、新聞記事で養成コースを知り夢がよみがえった。 高額の費用負担へのためらいは「これが最後のチャンスだ」と振り切った。 同社での訓練を経て、3回落ちると受験資格を失う国の免許試験に3度目で合格した。 12年に運転士として働き始め、週末の観光車両として走るキハ52を今年4月から任されるようになった。 キハ52は高度経済成長期に各地の国鉄で活躍。 昭和レトロの雰囲気を復活させようと、いすみ鉄道は10年に長野、新潟両県を走るJR大糸線から車両を導入した。 現在、国内で営業運転しているのはいすみ鉄道だけだ。 1965年製の車両は、ブレーキをかけてから減速し始めるまでに独特の間がある「くせ者」。 計器だけに頼らず車両の微妙な振動を体で感じ取ることが求められ、武石さんは「学ばなければならないことはまだ多い」と気を引き締める。 それでも最近は、運転席の背後から聞こえてくる乗客の弾んだ声を感じる余裕も出てきた。 「乗客として長年利用してきた車両を運転でき、今は胸がいっぱいです」とかみしめるように話した。 開業以来赤字が続き、2007年に社長を公募。 現社長の鳥塚亮氏は海外の航空会社の部長から転じて09年に就任。 鳥塚氏の下でキハ52の導入や、訓練費自己負担の運転士養成制度の創設など、さまざまな活性化策が打ち出された。

次の

いすみ鉄道

キハ52 いすみ鉄道

いすみ350形 基本情報 製造所 主要諸元 1067 mm 最高運転速度 95 車両定員 125名(座席44名) 自重 30. と同様に社長のブログで導入が発表された。 導入のきっかけ [ ] 本形式は、開業時から運用されてきたが老朽化したことから、その代替として2013年から導入した軽快気動車で、同時期に導入されたがクロスシート・付であるのに対し、ロングシート・トイレなしで2両(351, 352)が製造された。 いすみ鉄道は従来から「ムーミン列車」の運転を行ったり、元(国鉄)の・を譲り受けて運転したりして観光客の利用促進を行ってきたが、これらと並んだ際に見栄えのする車両とすることを、社長の鳥塚は考えた。 鳥塚は、キハ52形を製造したを前身とするに対し、いすみ300型をもとにキハ52形風の外観への設計変更を提案した。 何度もの交渉の末、試行錯誤しながらも製造することとなり、本形式が完成した。 結果として、この車両のデザインは鳥塚の意向が反映されたものとなった。 (平成27年)には、本形式と同様の外観ながらイベントに対応するため、いすみ300型同様のトイレ付き・クロスシートととし、国鉄標準色となった キハ20 1303を導入した。 このため、キハ20形はいすみ300型に分類される。 車両構造 [ ] エンジン・台車などの走行機器はいすみ300型と同一のであるが、車体は上記のように国鉄キハ52形に似せた外観としており、前面窓・・・の形状と配置、屋根部の色などをキハ52形などのキハ20系気動車に似せている。 側面窓の配置もいすみ300型と異なっている。 車内は対応としてとスロープ、イベント列車としての使用に備え座席前に簡易テーブルを固定できる設備と簡易手洗い器を設けている。 なお、351と352では、前照灯のケースに差異が見られる。 脚注 [ ] [].

次の

国鉄型車両の運行を削減、「ムーミン」列車も廃止…いすみ鉄道の3月16日ダイヤ改正

キハ52 いすみ鉄道

ページコンテンツ• いすみ鉄道とは? 千葉県大原~上総中野を結ぶ全長27㎞弱の第3セクター路線です。 国鉄木原線を受け継ぎ、現在まで30年経営されています。 いすみ鉄道を語る上で外せないのが 「 菜の花」です。 3月下旬~5月上旬まで沿線に無数の菜の花が咲きます。 鮮やかな黄色い花はいすみ鉄道のイメージカラーでもあり 車両も菜の花色に統一されています。 最近ではインスタ映えすると話題になり観光に人気が高まっていますが、この菜の花のキレイさを見れば納得でしょう。 そして、元国鉄形車両「 キハ52」と「 キハ28」が動態保存されている 日本唯一の路線でもあります。 フォトジェニックスポット 東総元駅 沿線には菜の花が鈴なりに咲いている ホーム先端から撮影 陸橋からホームまでの間で菜の花の中を走る列車の様子が撮れます。 もこもこと咲き乱れる菜の花の中を小さいディーゼルカーがゆっくり走る姿は現実離れしたロマンチックさがあります。 ただし、 望遠が必要なのでスマホでの撮影には向いてません。 国吉~上総中川「第二五之町踏切」 いすみ鉄道で最も有名な撮影地です。 菜の花は少ないですが、 周りは畑で人家が無いので邪魔にならずキレイな構図で撮る事が出来ます。 遮断機の無い小さな踏切もローカル線らしい味があります。 ここまでは国吉駅から徒歩で25分 国吉駅ではレンタサイクルがあるので利用することをオススメします。 注意 菜の花内への 立ち入りや 三脚の設置が目立っています。 「立ち入り禁止」と注意書きがある場合、指示に従いましょう。 また警報や遮断機が無い踏切があるので 線路内への立ち入りは危険です。 撮影の際はマナーとモラルに配慮した行動を心がけましょう。 昭和の懐かし車両「キハ52」と「キハ28」 いすみ鉄道では国鉄型のキハ52とキハ28が走っています。 2011年4月29日より運転を開始 (昭和の日なのは偶然) この車両はかつて日本全国で乗る事が出来た昭和のローカル線では代表的な車両でしたが、 今ではいすみ鉄道でしか乗る事が出来ません。 主に土日・急行として大原~大多喜・上総中野で運転されています。 台数に限りがあります。 また大多喜駅付近に町営駐車場(有料)があります。 鳥塚社長が抱いたいすみ鉄道の再生 糸魚川駅にて こちらの125号機がいすみ鉄道に譲渡された 実際に金沢へ赴き、3両の中でも状態のいい「125号機」を譲渡してもらうことになりましたが、 製造から50年近くたっているうえ、手続きに時間が掛かり、いすみ鉄道に来るまで半年間 放置されたので もはやボロボロといった状態で修復作業に取り掛かります。 その後、塗装の変更、エンジン部の亀裂の修復や線路の補強など、 JR西日本からの支援は全く受けられない条件でなんとか走行まで出来るようになります。 鳥塚氏はこう語ります。 我々おじさん世代が乗った鉄道と言えばこういった国鉄型の車両で 50代にとってSLと同じくらい思い出に残る車両といえばキハ52なんです。 よく旅行の時に乗っていた車両で、停車中にふっと窓を見てると聞こえてくるのが DMH17のカランカランという音でした。 想い出の中にある車窓の風景のBGMは絶対DMH17のエンジン音だったので どうしても残したかったです。 国鉄型の車両っていうのは里山の風景によく合うんです。 いすみにいけば山の中をキハ52が走ってる。 それを求めてやってくるお客さんがいるはずだと思ったんです。 インタビューより引用 導入時は 「こんなボロを走らせて本当に大丈夫か?」 「縁もゆかりもないこの場所に走らせる価値はあるのか?」 といった周りの不安がありましたが デビューと同時にそんな不安を一気に吹き飛ばします。

次の