伏見支援学校。 京都市教育委員会事務局:教育調査統計資料

苫小牧に特別支援学校 苫明徳小校舎を改修-21年4月に開校予定

伏見支援学校

不登校支援教育充実。 安心して通学できる居場所づくり+高卒資格取得が目標です。• ~百人百色の生徒に対応~ ~楽しくなければ学校じゃない~• 授業終了後のおしゃべりもOK。 内容をチェックしてから自由に参加申込できます。 制服・私服どちらでも可。 (制服を着ている人0人)。 携帯の持参可。 髪型・髪染め・アクセサリー自由。 アルバイト可。 免許取得可。 他の学生の迷惑になる行為や法律違反行為は不可 学習スタイル• 週2日~5日制• 週1日制• 鹿島朝日高等学校• 学習センターからのお知らせ• 元気が出る学習センター・ブログ.

次の

総合支援学校

伏見支援学校

1 本書は,昭和23年から毎年実施されている文部省(現文部科学省)「学校基本調査 指定統計第13号 」及び本市教育委員会が「学校基本調査」に併せて実施してきた「学校現況調査」等により調査したデータのうち,文部省の『学校基本調査報告書』や本市教育委員会の『教育調査統計』等で公表してきた京都市立学校・幼稚園にかかる統計データを収録し,体系的にまとめたものである。 なお,可能な限り原典となった公表資料の項目に則した収録に努めたが,社会情勢の変化による調査項目の変遷等のために,一部の調査項目については項目の集約や組替えを行った。 2 統計表中の符号は,次のように使い分けた。 「0」又は「0. 0」計数が単位未満の場合 「空欄」又は「-」 計数がない場合 「・・・」調査対象とならなかった場合又は計数が入手できなかった場合。 3 統計数値の表示値以下1位で四捨五入したものは,その計が合計欄 の数値と一致しない場合がある。 4 使用した資料 (1) 学校 園 数,学級数,幼児・児童・生徒数 京都市勢統計年鑑(昭和24年,25年)・京都市教育概要(昭和25年)ただし,学校数(園数は除く)のみ使用・教育調査統計 「学校現況調査」 (昭和26年~令和元年) (2) 学年別幼児・児童・生徒数 京都市勢統計年鑑(昭和25年)ただし,幼児数のみ使用・京都市教育概要(昭和25年)・教育調査統計「学校現況調査」 (昭和26年~令和元年) (3) 学校 園 別幼児・児童・生徒数 京都市勢統計年鑑(昭和25年)ただし,幼稚園のみ使用・京都市教育概要(昭和25年)・教育調査統計「学校現況調査」(昭和26年~令和元年) (4) 教職員数 京都市教育概要(昭和25年)・教育調査統計「学校現況調査」(昭和26年~令和元年)・京都府教育委員会資料(昭和32年~39年)ただし,高等学校の教職員数のみ使用 (5) 卒業後の状況 教育調査統計「卒業後の状況調査」(昭和30年3月卒~平成31年3月卒)・教育調査統計「長期欠席児童生徒調査」(昭和31年3月卒)ただし,高等学校の卒業後の状況のみ使用 5 上記の各資料の調査期日又は調査実施時期は,次のとおりである。 京都市勢統計年鑑 昭和24年,25年(各年4月30日現在) 京都市教育概要 昭和25年(昭和26年1月現在) 教育調査統計 「学校現況調査」 昭和26年度 (昭和26年4月30日現在) 昭和27年度~ (各年5月1日現在) 教育調査統計 「卒業後の状況調査」 昭和30~33年3月卒 (各年7月1日現在) 昭和34~39年3月卒 (各年6月1日現在) 昭和40年3月卒~ (各年5月1日現在) 「卒業後の状況」について 卒業後の状況にかかる進路区分の名称及び内容は,専修学校制度の創設による調査項目の追加や通信教育履修者の取扱いの変更などの変遷を経てきているので,一貫した指標による集計ができない。 したがって,本表においては,集計項目を専修学校制度が創設された昭和51年度以前と以降に区分し,文部省(現文部科学省)発行の年表等を参考にして再構成した。 本表で用いた進路区分の名称と内容は以下のとおりである。 「進学者」とは,高等学校の本科,別科及び高等専門学校 昭和37年以降 ,盲・聾・養護学校(現特別支援学校)高等部の本科及び別科 昭和55年以降 へ進学した者及び進学しかつ就職した者である。 なお,昭和59年3月卒以降の進学者には,高等学校本科の通信制課程進学者を含む。 昭和51年以降の「専修学校等入学者」とは,専修学校,各種学校及び公共職業訓練施設等への入学者である。 なお,昭和50年以前の専修学校等入学者は「無業者」に含んでいる。 なお,昭和51年3月卒に限り,就職しつつ専修学校等に入学した者は,「専修学校等に入学した者」及び「就職進・入学者」には計上せず,「就職者」に計上している。 昭和51年以降の「その他」は,無業者と死亡・不詳の計である。 産業別・職業別就職者数は,日本標準産業分類及び日本標準職業分類により分類している。 「進学率」と「就職率」の算出方法は以下のとおり。

次の

苫小牧に特別支援学校 苫明徳小校舎を改修-21年4月に開校予定

伏見支援学校

概要 [ ] 古くは にての中でもいち早く水稲耕作が始まり、の総本社である が渡来系豪族のによって創建され、には一大政治都市として に と群が、西に広がる沿いの低地にかけてを軸としたが形成される。 初期には伏見城下に最初のが置かれ、三代までのも伏見城で行われるなど幕府の政治拠点であった。 その後が置かれ、水運の重要な港町( )・宿場町( )としても栄えるなど、昭和初期まではとは独立した別の都市であった。 幕末期に、をはじめとする討幕の志士たちが活躍した地としても知られる。 京都との間は街道やで結ばれ、明治にはや鉄道も早期に開通し、各地から京都への物資を運んだほかなどの産業も盛んであった。 1931年に京都市に編入されて以後は、周囲の市街地化が進み、「京都の郊外」という色も濃くなっている。 深草・伏見以外にも、城下町として栄えた や、が建つ 醍醐などの地区が区内に含まれる。 西部や南部は水系の低地、中央にはから続くや、東部の山間部は滋賀県境まで続いている。 京都市の11区の中でも最大の人口を擁し、平安時代の貴族の別荘地や天正時代以降の武家屋敷が立地していた桃山丘陵は現在もとしても利用されているが、大部分はの広大な緑地が広がり、酒造に用いられる豊富な伏流水の水源となっている。 城下町の伝統を受け継ぐ商業拠点である一方、京都市都心部や方面へのとしての性格を持つ。 なお、が生涯を閉じ、がを受けた伏見城のある 桃山の地名は、織田・豊臣政権期の時代区分「」や、その文化「」などの呼称の元となっているが、江戸時代の『伏見鑑』が発行された頃から固定・広まったとされている。 歴史 [ ] 平安遷都以前より [ ]• 17年(? ) - 『』雄略天皇十七年条の記事中に、「山背国の俯見村」の記載があり、文献上の初見とされる。 の祖・吾笥が献上した土地。 2年(? ) - 欽明天皇、一帯に勢力があったを里に探し右腕とする。 4年() - によって深草が創建されるという。 4年() - のが貞観寺を創建。 深草はの領地であったとされる。 貞観16年() - が上醍醐に一寺を建立、となす。 6年() - 醍醐寺のが建立される。 年間( - ) - がを一望にする景勝地・の丘(現在の南麓)にを営む。 鎌倉時代から足利時代まで [ ]• 2年() - が伏見殿御所に移る。 3年() - 、伏見城南寺に揃えと称しの兵を上げる。 年間( - )以降、が伏見山荘を代々の相伝地とし家が創設。 33年() - 丹波の矢田座が伏見御香宮の楽頭職を得る。 元年() - 伏見など京都近郊の諸村がを起こして洛中に押し寄せる。 天正時代から戊辰戦争終結まで [ ]• 17年() - 伏見九郷の舟戸の庄の(後の)5代目岡本善右衛門が、を開発しに献上。 19年() - 豊臣秀吉がをに譲り隠居所として伏見のに築いた屋敷に隠居する。 3年() - 豊臣秀吉が隠居屋敷をへと大規模に改修、のとして伏見の町割、開発を行ない、町の原型が形作られる(現在も区内に残る地名や鍵状に曲がった道路には城下町の特徴が色濃く表れている)。 文禄4年() - 関白豊臣秀次が切腹し、政治の中心がから伏見に移る。 文禄5年() -。 指月の伏見城が倒壊し、2日後には木幡山伏見城の作事に着手。 2年() - 伏見城の築城が終わる。 慶長3年() - 豊臣秀吉、醍醐にてを行う。 同年、伏見城にて死去。 慶長5年() - にて伏見城炎上、の火ぶたが切られる。 慶長6年() - が伏見城の再建を開始。 城下にが置かれる。 慶長8年() - 徳川家康が伏見城にて宣下を受ける。 慶長10年() - 徳川家康が伏見城でと会見し、文禄・慶長の役で関係が悪化していた朝鮮と和議を成立する。 慶長11年() - 徳川家康がを正式に居城とし、伏見城の作事が停止される。 慶長12年() - が伏見城代となる。 慶長13年() - 銀座が京都に移される。 慶長18年() - 京都二条と伏見の間にが開通する。 3年() - 伏見城代が廃止される。 元和8年() - が伏見城にて宣下を受ける。 元和9年() - が伏見奉行となる。 1年() - 伏見城が廃城となる。 以後、伏見はが支配する。 寛永2年() - がの藩主となる。 7年() - 例祭の芝居・見世物が始まる。 元禄11年() - 伏見奉行・建部内匠頭、伏見舟200艘の新造を許可。 1年() - 伏見指物町の銭座で銭貨が作られる。 5年() - が起こる。 天明6年() - 伏見町の人口が4万人を数える。 2年() - が起こる• 1年() - が兵を率いて伏見に入る。 幕府軍に敗れ、長州藩伏見屋敷焼失。 3年() - 伏見奉行が廃止される。 慶応4年() - で伏見市街が戦場となる。 戊辰戦争終結から伏見市消滅まで [ ]• (12年) - により伏見区が設置される。 1879年(明治12年) - の開設。 (明治14年)1月 - 伏見区が廃止される。 (明治22年) - 施行によりが発足する。 (明治27年)9月 - の冷泉放水口から伏見を経て、伏見城外堀の濠川までを結ぶが開通する。 (明治28年) - 前(七条)と伏見下油掛の間で、営業用としては日本初のである開業(後の、廃止)。 1895年(明治28年) - の開設。 1895年(明治28年) - 奈良鉄道の開設。 (明治38年) - が深草に置かれる。 (元年) - の遺言によりにが造営される。 (大正3年)5月 - 鴨川運河の伏見インクラインの落差を利用したが運転を開始する。 (4年) - 伏見町が京都府下で2番目にを施行してが成立した。 しかし、これはへの編入を前提とした市制施行であった。 京都市への編入から現在まで [ ]• (昭和6年)4月1日 - 伏見市、紀伊郡深草町、下鳥羽村、横大路村、納所村、堀内村、向島村、竹田村、醍醐村の1市1町7村が、に編入された。 自治体としての伏見市は消滅し、京都市の行政区としての伏見区となった(と同日)。 (昭和25年) - 羽束師村および久我村を編入する。 (昭和32年) - 淀町を編入する。 (昭和42年) - が都市計画決定。 港湾としての歴史が名実ともに終結した。 地理 [ ]• 山岳:、、、、、• 河川:、、、、、、• 区を構成する町: 隣接している自治体・行政区 [ ] 京都府• (、、)• 人口 [ ] 伏見区の人口の推移 (昭和45年) 190,569人 より 行政 [ ] 区役所・支所 [ ] 区役所のほか、2つの支所が設置されている。 なお、住民登録や行政事務はそれぞれで独自に行われており、区内相互間で住所地を移した場合でも管轄区域をまたぐ場合は転出入に関わるそれぞれの区役所または支所・出張所で手続きをする必要がある ほか、証明書についても管轄の区役所または支所・出張所でしか発行できない物もある。 区役所・支所および出張所と管轄区域は以下のとおり。 伏見区役所 - 各支所・出張所が管轄しない地域を管轄する。 鷹匠町に所在。 深草支所 - 深草を管轄する。 深草向畑町に所在。 醍醐支所 - 醍醐・日野・石田・小栗栖を管轄する。 醍醐大構町に所在。 神川出張所 - 久我・羽束師を管轄する。 久我東町に所在。 淀出張所 - 淀・納所および葭島渡場島町・向島又兵衛を管轄する。 淀池上町に所在。 分区問題 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2011年1月) 伏見区は全国ののの中で上位10位 に入る人口を有する行政区である。 人口が多いことや区域が広いこと、区域内での繋がりが必ずしも深くはない ことなどから、昔から分区構想がたびたび出ている。 区内の行政管轄は区役所の直轄区域を除くと深草支所・醍醐支所・神川出張所・出張所に分かれているが、主な分区構想では、このうち深草支所と醍醐支所管内を伏見区から分離させるものである。 しかし、深草支所管内および醍醐支所管内とも人口は10万人にも満たない(それでもよりは人口が多い)ほか、両地域は隣接してはいるものの間に大岩山を挟むなど地域的な結びつきが希薄であることもあって、分区の機運が盛り上がらない要因の1つとなっている。 なお、醍醐支所管内は伏見区中心部よりも地形的、歴史的に同じだったとの結びつきの方が圧倒的に強い ため、同管内のみを分離して山科区に編入する方が合理的とする考え方もある。 主な学校 [ ] 小学校 [ ] 醍醐一ノ切、二ノ切、および三ノ切の児童は滋賀県大津市への依託により、通学に便利な大津市立石山小学校および大津市立石山中学校に通学する。 本社ビル 農業 [ ] 伏見区の西部・南部に水田が広がる。 工業 [ ] 伝統的なの名産地として知られるほか、先進的なエレクトロニクス産業やそれをサポートする資材製造の事業所が見受けられる。 (通称は「新油小路通」「新堀川通」)沿いはの地域名でが産業集積を推進している。 沿道には(京都府総合見本市会館)があり、様々な業種による見本市や発表会が頻繁に開催されており、京都の産業を対外的にPRする拠点として重視されている。 先端技術分野の世界的企業であるおよびの本社が所在している。 以下は、区内に所在する日本酒の蔵元の一覧である。 なお、この中には全国に販路を持つ企業も複数ある。 「英勲」 - 齊藤酒造• 「黄桜」 -• 「月桂冠」 -• 「松竹梅」 - ()• 「キンシ正宗」 - キンシ正宗• 「花洛」 -• 「玉乃光」 - 玉乃光酒造• 「月の桂」 - 増田徳兵衛商店• 「富翁」 -• 「桃の滴」 -• この他、に本社があるメーカーの工場も所在する。 商業 [ ] 小規模の店舗は旧来からの街区に多い。 一方、や油小路通沿線には郊外型の大規模小売店および飲食店や娯楽場が多く立地している。 郵便 [ ] のうち、および担当地域は以下のとおり。 - は、612-00xx,-08xx,-09xx,-80xx,-81xx,-82xx,-83xx,-84xx,601-13xx,-14xxである。 までは、601-13xx,-14xxはの担当だった。 () - 伏見区外にあるが、区内のうち公称町名の冒頭に「淀」がつく地域(かつての淀町)を担当している。 郵便番号は、613-00xx,-08xx,-09xxである。 本社を置く上場企業 [ ]• 交通 [ ] 鉄道 [ ]• 京阪電気鉄道• 京都市営地下鉄• - 運行は委託先の各社による。 高速自動車国道 [ ]• (一部が伏見区にまたがる) 都市高速道路 [ ]• - -• - 一般国道 [ ] 区内の一般国道の全てをが直轄管理している。 (一般有料道路)• 主要地方道 [ ] 市内の主要地方道は81号八幡宇治線を除きが、81号八幡宇治線は(山城北土木事務所)がそれぞれ管理している。 - の一部を成す。 - 京都外環状線の一部を成す。 - 京都外環状線の一部を成す。 その他の府道 [ ] 市内の一般府道は、全線を京都市が管理している。 - 京都外環状線の一部• 受賞・選定 [ ] 寺田屋• - 「伏見の酒蔵」• 行ってみたい、歩いてみたい、日本の100か所• - 伏見地区• 京都美観風致賞・特別賞(1987年)• 重要界わい景観整備地域(1997年)• 京都市自然100選 - 「伏見濠川の柳並木」 名所・旧跡 [ ]• - の総本宮。 - の。 (伏見港公園、伏見みなと公園)• - 「古都京都の文化財」の一部としてに登録。 月桂冠所蔵物伏見の酒造用具• 内蔵酒造場• 月桂冠旧本社• 月桂冠昭和蔵• 旧・大倉酒造研究所• (仕込蔵、貯蔵蔵)• - の一部であったと比定される。 ・三十石船 - 濠川の。 - 伏見港の船宿、の舞台。 - 寺田屋事件烈士の墓および、で自刃した(薩摩藩家老)の墓が所在。 出身者 [ ]• (元)• (プロ野球選手、所属)• (・女優)• (、元所属)• (・)• (、所属)• (鋳造師・彫金家)• (元)• (中央競馬)• (元吉本興業常務取締役)• (歌手・タレント)• () 出生は。 (声優)• (吉本新喜劇座員)• (モデル・女優)• () 出生は。 (元中央競馬調教師)• (中央競馬騎手)• (女優)• (元中央競馬調教師。 旧淀町出身)• (政治家)• (プロレスラー)• (俳優)• (作家)• - プロ(、所属)• (俳優)• (日本画家)• (中央競馬調教師)• (騎手)• (俳優)• (中央競馬騎手)• (フィギュアスケート選手)• (フィギュアスケート選手)• (女優・フィギュアスケート選手)• (子役・フィギュアスケート選手)• (プロ野球選手、所属)• (元プロ野球選手)• (歌手・タレント(倖田來未の実妹))• (、メンバー)• (フランス文学者) 脚注 [ ] []• 浅井建爾『日本の道路がわかる辞典』日本実業出版社、2015年10月10日、初版、132-134頁。 2016年11月19日. 2018年1月2日閲覧。 京・伏見学叢書第3巻『伏見の現代と未来』(聖母女学院短期大学伏見学研究会編)あとがき , 清文堂出版. この時、京都市は宇治郡にも京都市への編入を打診していたほか、は京都市への編入を希望していたが、いずれも実現しなかった。 - 京都市 伏見区役所(2011年1月13日閲覧)• - 京都市 伏見区役所(2011年1月13日閲覧)• - 京都市 伏見区役所(2011年1月13日閲覧)• 2019年現在人口の多い順に、横浜市港北区、福岡市東区、岡山市北区、仙台市青葉区、横浜市青葉区、横浜市鶴見区、札幌市北区、相模原市南区、横浜市戸塚区、京都市伏見区。 区内の各地域は、京都市への編入前には4つのに属していた(淀のうち美豆は綴喜郡だったので厳密には5つ)。 警察もおなじの管轄である 関連項目 [ ]• - 1931年以前の伏見についてはこちらも参照。 - 伏見宿に通じる「伏見口」がある。 - いけばな伝統流派の家元が所在。 (宇治川)、 - 巨椋池は、かつて宇治川の南側に存在した池。 後に事業が行われて農地が形成されると同時に、現在の宇治川の河道が確定した。 - の区の一つ。 同じ酒どころとしてまちづくりプロジェクト事業を連携。 - の東にある(伏見:京の東にある)ことに由来。 外部リンク [ ] オープンストリートマップに があります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 京都市情報館(京都市役所公式サイト).

次の