北 びわこ 農協。 JAバンク滋賀

ふるさと納税返礼品に「千葉県船橋市産こしひかり」 農協組合の思いを受け

北 びわこ 農協

3年に1度の常勤役員改選を6月に迎える北農4連合会の会長、副会長人事が明らかになった。 今回は北海道農業協同組合中央会とホクレン農業協同組合連合会、北海道厚生農業協同組合連合会の3会長が交代、ホクレン会長には59歳の士幌町農協組合長・篠原末治組合長が就任、久々に50代の会長が誕生する。 (写真は、北農中央会会長に就任する小野寺俊幸氏) 中央会会長に就任するのは、小野寺俊幸副会長(68)。 常呂町農協組合長から前回の2017年6月改選で現職に就いた。 飛田稔章現会長(72)は幕別町農協組合長から05年6月に中央会副会長に就任、08年から会長を4期務めた。 飛田氏はTPP(環太平洋経済連携協定)やEPA(日欧経済連携協定)など貿易交渉の過程で北海道農業の地位確保に尽力。 小野寺会長は、飛田氏とコンビを組んで北海道農業への見識を養った。 ホクレン会長に就く篠原氏は15年に士幌町農協専務理事に就き、18年から組合長。 ホクレン会長ポストは、副会長の経験を積んだ上で会長になるケースが多かったが、前回改選で会長に就いた内田和幸氏(71、ながぬま農協会長)は、中央会副会長からホクレンに転じた異色の会長だった。 今回、連合会役員改選の内規(就任時70歳を超えない)のため内田氏は退任することになったが、ホクレン会長ポストを1期で退任するのは珍しい。 篠原氏は、ホクレン中興の祖と言われる太田寛一氏以来の士幌町農協出身のホクレン会長になる。 連合会役員を経験することなく会長に就任するのも異例。 北海道信用農業協同組合連合会の佐藤彰会長(68、北石狩農協会長)は続投、道厚生連会長には北はるか農協組合長の中瀬省氏(66)が就任する。 中央会とホクレンは6月23日、道信連と道厚生連は24日の総会で正式決定する。

次の

東京都|お近くのJAを探す|JAグループ (組織)

北 びわこ 農協

JA北びわこは、平成9年4月に組合員の期待と信頼に応える農協組織の再構築を目指して、長浜市(旧東浅井郡、旧伊香郡)内の7JA(浅井町農業協同組合、虎姫町農業協同組合、大郷農業協同組合、竹生農業協同組合、湖北町農業協同組合、高月町農業協同組合、伊香農業協同組合)が合併いたしました。 以来、組合員と地域住民による、協同活動を実践し、地域の暮らしと営農・生活面にかかる情報提供の拠点として、時代の流れに即応した事業の運営を行っています。 本店は湖北町速水にあります。 気候的には、北陸型に属し、秋の訪れは早く湖北地方特有の秋時雨があり、北部の山間地域は峡谷型の山村が多く、スキー場が整備されるなど積雪地帯として知られています。 湖辺地域では、美しい琵琶湖の四季の景色を撮影に多くの観光客が訪れ、特に秋から冬には白鳥など渡り鳥の休息地として自然環境も保護されるなど風光明媚な場所として知られています。 また、地域物産品の販売所もあり整備された湖周道路の休憩所として賑わいます。 湖辺等から平坦な地域にかけては大規模農家及び集落営農を中心に大型機械の導入による水稲を中心とした作付けが行われています。 品種はコシヒカリが多く、湖北産米として京阪神を中心に販売されています。 また、生産調整作物としては麦・大豆が作付けされています。 特産品についてはメロン・苺・ぶどう・ほうれん草が作付けされています。 露地についてはキャベツ・白菜・玉ねぎ等が作付けされています。

次の

東京都|お近くのJAを探す|JAグループ (組織)

北 びわこ 農協

[広告] 返礼品に追加されたコシヒカリは、船橋市の恵まれた自然環境の中で丁寧に水稲栽培され、「程よい甘味と香りが自慢」の米。 船橋市の学校給食で年に1回提供されているが、生産量が少なく、これまで小売店などで販売されていない。 船橋市役所経済部商工振興課の長澤杏奈さんは「『船橋市ふるさと納税返礼品』でしか手に入らない。 この機会にぜひ、希少な『船橋市産こしひかり』をふるさと納税返礼品でお選びいただければ」と話す。 申込方法はふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」、楽天ふるさと納税から。 同日、同市農業協同組合は「コロナに負けずお米を食べて頑張ろう!」とブランド米の「コシヒカリ」2トンを船橋市に寄贈し、松戸徹市長から感謝状が送られた。 船橋市の指定管理者制度導入施設である知的障がい者の支援施設「北総育成園」(香取郡東庄町)で、入所者や職員が新型コロナウイルスに感染したことを受け、市川市農業協同組合の「新型コロナウイルスに負けないよう、お米を食べ、体力と活力を付けて日々の生活を頑張ってほしい」という思いから、寄贈が実現した。 寄贈された米は、JAいちかわ柏たなか地区の豊かな自然の中で育ったコシヒカリ。 船橋市内の障害者施設や高齢者施設のほか、フードバンクなどへ配布されるという。 「JA いちかわ」の愛称を持つ市川市農業協同組合は、市川市、船橋市、浦安市、柏市北部を管内とする農業協同組合。 1963(昭和38)年4 月に市川市内の4農協が合併して誕生した。 2004(平成16)年7月に船橋市農業協同組合と、2010(平成22)年1月に柏市の田中農業協同組合と合併している。

次の