ヒトヨタケ。 図鑑・きのこ

ササクレヒトヨタケ

ヒトヨタケ

担子菌類、ヒトヨタケ科の食用であるが、酒とともに食べると毒性を現す。 キノコは高さ6~12センチメートル。 傘は長卵形からのちに鐘形になる。 表面は白ないし灰白褐色で、ほとんど平滑であるが、放射状に並ぶ条線がある。 傘の下側には薄いナイフ状のひだが密に並ぶ。 ひだは初め白いが、傘の縁に近いほうから胞子が熟して黒くなる。 これにつれて、傘もひだも下のほうから黒い汁となって溶け、ついには棒状の茎だけを残すようになる。 夏から秋、広葉樹の切り株または埋もれ木の上に叢生 そうせい する。 ヒトヨタケに似たキノコにササクレヒトヨタケC. comatus Fr. Grayがある。 このキノコは傘の表面に著しいささくれを帯び、春から秋にかけて草原などに群生する、きわめて美味な食菌である。 両菌とも、日本全土をはじめ、世界中に分布する。 ヒトヨタケの名は、胞子の成熟とともにひだと傘が溶け、寿命が短いことによっている。 この属(ヒトヨタケ属)のキノコには、堆肥 たいひ やイネ科の枯れ草に生えるものが多く、そのほとんどは小形で繊維質のため、食用にはならない。 なお、酒といっしょに食べると中毒するヒトヨタケ型の毒性は、ホテイシメジにもみられる。 [今関六也].

次の

ササクレヒトヨタケ

ヒトヨタケ

担子菌類、ヒトヨタケ科の食用であるが、酒とともに食べると毒性を現す。 キノコは高さ6~12センチメートル。 傘は長卵形からのちに鐘形になる。 表面は白ないし灰白褐色で、ほとんど平滑であるが、放射状に並ぶ条線がある。 傘の下側には薄いナイフ状のひだが密に並ぶ。 ひだは初め白いが、傘の縁に近いほうから胞子が熟して黒くなる。 これにつれて、傘もひだも下のほうから黒い汁となって溶け、ついには棒状の茎だけを残すようになる。 夏から秋、広葉樹の切り株または埋もれ木の上に叢生 そうせい する。 ヒトヨタケに似たキノコにササクレヒトヨタケC. comatus Fr. Grayがある。 このキノコは傘の表面に著しいささくれを帯び、春から秋にかけて草原などに群生する、きわめて美味な食菌である。 両菌とも、日本全土をはじめ、世界中に分布する。 ヒトヨタケの名は、胞子の成熟とともにひだと傘が溶け、寿命が短いことによっている。 この属(ヒトヨタケ属)のキノコには、堆肥 たいひ やイネ科の枯れ草に生えるものが多く、そのほとんどは小形で繊維質のため、食用にはならない。 なお、酒といっしょに食べると中毒するヒトヨタケ型の毒性は、ホテイシメジにもみられる。 [今関六也].

次の

キララタケ(雲母茸)

ヒトヨタケ

解説 [ ] からにの枯れ木や埋もれ木に発生するである。 は灰色で細かい鱗片があり、初め卵型だがだんだん縁が反転していく。 は初め白色で、胞子が成熟するにつれ、胞子自体の着色のため、黒色に変わっていく。 は白色、無味でややキノコ臭がある。 は白色で中空、不明瞭なの跡がある。 成熟したの傘は周縁より中心部に向かってにより次第に液化し、ついには柄のみ残し、一夜で溶けて黒色の(担子胞子)を含んだ黒のような液と化してしまう。 これがヒトヨタケの名の由来である。 胞子の一部は空気中に飛散するが、大部分はこの液とともに流出する。 英語ではこのキノコを"インク・キャップス"(インクの傘)と呼ぶ。 ヒトヨタケやササクレヒトヨタケ、(無毒)などいくつかの近縁種は腐った古やなど、腐敗した植物質によく発生する。 漫画家が押入れにしまっていた(猿股)に生えたキノコを、「さるまたけ」と称して自らの漫画作品の題材にしたり、漫画家仲間のに食べさせたというエピソードがあるが、状況から考えてこの仲間のいずれかである可能性が非常に高い。 (松本本人も、「図鑑で調べたらヒトヨタケ」と言っている。 ) 食・毒性と成分 [ ] 液化する前の幼菌は食用になり美味であるとされるが、類を飲む前後に食べると症状を呈する。 含有成分の代謝生成物は様作用を持ち、体内のを阻害する。 エタノールは代謝過程においてを経由して酢酸へと代謝されるが、この酢酸への変換にかかわるのがアルデヒド脱水素酵素である。 この結果、アセトアルデヒドが血中に蓄積するために、著しい悪酔い症状様の中毒症状を起こすこととなる。 コプリンの作用が体内から消えるまで、食後一週間程度は飲酒を控えたほうが良い。 コプリンと同様のエタノール代謝阻害作用による中毒を起こす美味なキノコとしては、他に(成分はなどの共役エノン、ジエノン類)、キララタケが知られている。 中毒症状は通常は4時間以内に、自然に回復する。 食用されるにはコプリンは含まれない。 さっとゆでて、ねぎや、やの香りのなどに適する。 特に脂質との相性がよいので大量に収穫した場合は肉とのバター炒めにしてもよい。 脚注 [ ]• Redhead SA, Vilgalys R, Moncalvo J-M, Johnson J, Hopple JS Jr. ; Vilgalys, Rytas; Moncalvo, Jean-Marc; Johnson, Jacqui; Hopple, Jr. John S 2001. and the disposition of Coprinus species sensu lato. Taxon International Association for Plant Taxonomy IAPT 50 1 : 203—41. 週刊ポスト2012年4月20日号• 化学的な機構はの概説が参考になる• Benjamin, Denis R. 1995. Mushrooms: poisons and panaceas — a handbook for naturalists, mycologists and physicians. New York: WH Freeman and Company. 285. 参考文献 [ ]• 『北陸のきのこ図鑑』• Kienzler, Thomas、Strazewski, Peter、Tamm, Christoph 、1992年「」『Helvetica Chimica Acta』75号1078ページ、2010年11月27日参照 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 外部リンク [ ]• 財団法人 日本中毒情報センター• 2016年3月までは滋賀大学教育学部サイト内で公開されていたコンテンツの移転先 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の